Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ヒトクローン胚作製容認について | Main | ゼミコンパ »

July 01, 2004

ライブドア頑張れ

僕は昔からの「ホークス」ファンなのですが(生まれ育ちが南海高野線沿線というのもあって)、今回の近鉄・オリックス合併騒動、はたまた1リーグ制か、という問題にも、さすがに無関心ではいられませんでした(僕は基本的に2リーグ制支持派です)。
関西育ちというのに、実はそれほど阪神タイガースに昔から肩入れできなかった僕は(この性格のおかげで友人を何人か失いかけました)、判官贔屓というのでしょうか、結構セ・リーグよりもパ・リーグ、『巨人の星』よりは『あぶさん』を愛するマイナー指向の持ち主なのです(ですから、大学の専攻もマイナーなものを選んでしまいました)。

さて、その近鉄を買い取ってやる、という侠気を見せた企業が現れました。その名も「ライブドア」。インターネットビジネスの風雲児、堀江貴文氏が率いる新進気鋭の会社と申し上げて良いかと思います。
実は、本当に偶然なのですが、僕は堀江氏とちょっとした関係があります。というのは、実は彼は、僕の大学時代の学科の一つ下の後輩なのです。しかし学生時代からこの手の仕事で辣腕を振るっていた彼は全く大学に来ず(僕が彼の姿を最後に見たのは、年末のゼミにふらっと現れて、先生から「出席が足りなさすぎるねえ」とお小言をもらっていた現場です)、そのままフェードアウトしてしまい、いつの間にか、僕などは及びもつかない「金持ち父さん」(お子さんがいるかどうかは知りませんが)のお一人になっていました。

でもお金を持っているんだからすんなり移譲、というわけにはどうもこの世界は行かないようです。ライブドアの参入に、渋い顔をしている球団オーナーや関係者が結構いるとの報道もなされています。曰く球団経営を本気でやるのか、その資金は大丈夫なのかetc。大体、球団経営にまず参加料として30億円必要だ、というのを、初めて僕は今回の報道で知りました。これは一体なんでしょう。家を借りる時の敷金みたいなものでしょうか?謎のお金ですね。どういう使われ方をしているのでしょうか?ご存じの方はご一報ください。

しかし、「野球を愛しているかどうか」とか、そういう抽象的な条件より、第一に「球団を経営できる財政的な足腰」があるかどうかが問われなければなりません。堀江氏は会見で「自信あり」と明言しています。選手も地元ファンも、野球を愛する「貧乏父さん」より「野球?ほとんど知らないけど、ビジネスチャンスの一環だと思って」という軽い気持ちで球団経営に乗り出す「金持ち父さん」の方が、結果としてはありがたいのです(Jリーグのヴィッセル神戸の経営に乗り出した「楽天市場」を思い出しましょう)。選手も「合併よりは買収されて欲しい」との本音を述べています。
恐らくこれから身に降り掛かるであろう(1リーグ制に移行したがっている人からの)姑の嫁いびりのような嫌がらせに負けず、堀江氏にはふてぶてしく前進していただきたいと思います。


というわけで、僕は堀江氏及びライブドアを応援しています(あれ、この口調、どこかで聞いたことがあるような)。

« ヒトクローン胚作製容認について | Main | ゼミコンパ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こんばんわ。うちにコメントをいただいたので、足跡辿ってやってきました。

合併だの1リーグ制だのと、野球ファンには気の休まる日がありませんね。
我らがホークスもロッテと合併、なんていう話も出ていましたし…。

ところで「あぶさん」はマイナーですか?
水島大先生の作品なのに…私はこれで野球に目覚めて、ホークスのファンになったというのに!(笑)
むぅ、これはホークスファンとしてもっと布教活動をするべきでしょうか?

最後になりましたが、うちのブログからリンクさせていただきました。
でも私と先生の関係はヒミツですよ?
(先生と呼んでしまった時点でばれている気がする)
(そして誤解を受けそうな書き方ですね・笑)

加盟金はプロ野球の規約である野球協約36条の6に定められたもので、球団の譲渡に際して払わなければならないとされています。支払われたお金は、支払った球団以外の各球団で均等に分配されます。
新規参加の球団所有者に対する敷金というよりは、あいさつ料(?そんな金聞いたことないけど)って感じですかねえ?
でもオーナー会議の意向次第では、TBSの例のように免除されることもありえるようです。
まあプロ野球村で身内になるために必要なお金といったところでしょうか。もともと身内とみなされた場合は除外され、いけすかない奴は身内になりたくないから金を受け取らない、というようなシステムですかね。

へえ、堀江氏ってあの学科にいたのかぁ
…ひとつ勉強になりました(笑)

彼は、テレビ番組でさとう珠緒とお見合いしてたようなので、独身だと思いますよ。

>REILAさん
ぼくも水島御大のマンガにはちょっとうるさいですが、川瀬センセイがいいたいのは、「あぶさん」の舞台はパ・リーグ中心であるから、巨人そしてセ・リーグ中心の「巨人の星」よりは《マイナー》な世界を描いているってことではないですかねぇ?

うーん、業界に身をおくものとして、ライブドアの活動がいわゆるインターネット業界の活動なのかといわれれば、わたしはむしろ懐疑派。もちろん企業経営として多角化はひとつの方法だけど、なにか違うような気がする。
今勝ち組といわれている企業は、ITバブルでひとやまきづいた後、「IT」という言葉(技術ではなく)を使って、市場からうまい具合に資金を調達するすべを覚えて、話題を作りながら、買収、M&Aをすすめているベンチャーファンドのように感じる。なにかと株価や投資案件が話題になるライブドア、楽天、GMO、サイバーエージェント、デジタルガレージなどはみんな似たようなもの(もちろん、楽天にはショッピング、サイバーエージェントにはネット広告営業という強みはあるけど、技術としてはそんなにすごくない)。むしろものすごい技術を築き、その技術をコアにものすごい額の資金を市場から調達しそうなgoogleこそがインターネット業界の会社だと思う。果たして「インターネット業界」ってなんなんだろうね。とインターネット業界の端に身を置くものとして自問自答。

何か、えらく皆さんの食いつきが良いですね、この話題は(笑)。まとめてレスしちゃいますね。

まずREILAさん
そうでした。あなたと僕とは「若鷹」で結ばれた仲でした、サークルの顧問とかじゃなくて(笑)。まあ冗談はさておき、『あぶさん』をマイナーと敢えて言ったのは、じんさんが解説してくださっているように、マイナーなパリーグを舞台にしている、という以上の意味はありません。もちろん、作品としては、超メジャーですよね。僕がいつも感心するのは、『ドカベンプロ野球編』とともに、水島先生の頭の中はどうなっているのか、ということです。よくもまあ、あそこまでホラを広げるというか、ウソをつきつづけていられるな、と。悪口じゃないですよ。実在の人物をいじりながら強引に作品世界を構築し続ける水島先生を心の底からリスペクトしての発言です。
あ、あとリンクもありがとうね。うちの大学の評判が下がらないかが心配ですが・・・(笑)。

ふろむとーきょーさん、さすが専門家、タイガースファンにもかかわらず(笑)解説ありがとうございます。でも、やっぱり30億円って、よく判らない使途不明金のような気がします。TBSみたいな放送局は、放映することが織り込み済みだから免除されたのでしょうか。じゃあ、ライブドアもインターネット中継をしてやれ、と思ってしまいます。

じんさん、ここでは初めてですね。コメントとフォローありがとうございます。
でも、さとう珠緒とお見合いとは・・・。ちょっと羨ましいです(笑)。良く「あのブリッコが気にくわない」とバッシングされている彼女ですが、僕は断然弁護したいです。一般論を言いますが、たとえ周りからブリッコと呼ばれる女の子がいても、僕に対する態度に不快なものが見えなければ、僕は平気だからです(まあ、さとう珠緒の場合はちと鼻につかなくもないけど・・・)。「底の浅さ」なんて、みんな隠しながら生きているんだから、その底が割れなければ良いんです。

で、やすやすさん。
そういえば、僕の友人で一番こういう業界に身を置いていて詳しいのは君でしょうね。言われると、ライブドアってインターネットの会社と言うより、投資家集団のような気がしてきた、確かに。僕としては「その心意気や善し」という、結構古い浪花節でライブドアを応援しているんですよね、実は。他のブログを回ると、結構賛否両論ですね(試しに「ココログル」で「近鉄 ライブドア」というキーワードで検索すると、結構な数が出てきた)。

The comments to this entry are closed.

« ヒトクローン胚作製容認について | Main | ゼミコンパ »