Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 「科学的知識」を得るって? | Main | 今年の夏はマツケンでGO!! »

July 25, 2004

「賢者」の言葉

前にDVDで買っておいた『チョムスキー9.11-Power and Terror Noam Chomsky in Our Times』をようやく今日見てみた。これは2002年に行われたチョムスキーの講演とインタビューからなるフィルム(これを見ているとき、近くの街道に右翼の街宣車が通りかかった。これも広い意味でのシンクロニシティ?)。

チョムスキーは「生成文法」論で知られる言語学の大家で、筋金入りの平和主義者として知られるアメリカの貴重な「知性」だ(「最後の砦の一つ」と言った方が正確かも知れない)。「9.11」直後の過度に愛国的な雰囲気の中で彼は「非国民」扱いされたこともあったようだが(フィルムでは新聞各紙からのチョムスキーバッシングのようなコピーがテロップとして流れる)、アフガニスタン、イラクとアメリカが「しでかした戦争(チョムスキーはこれらの行為を明確に「テロ」と呼ぶ)」により、混迷の度合いを深める昨今において、彼の言葉と洞察の正しさが証明されつつある。
このフィルムが作られた直後にこれを見ずに、今の時点で見たのはある意味正解だったかも知れない。それは、このフィルムの完成から約二年間経って現時点までの時間が、時の流れに左右されないチョムスキーの言葉の「正しさ」を確認するのに相応しいインターヴァルだと思うからだ。充分すぎる長さにはまだならないだろう。それは、アフガンもイラクもまだ「終わってはいない」のだから、彼の通時代的な言葉はこれから先、何度でも確認して参照すべきものとなるだろう。

フィルムは淡々と講演とインタビューを繰り返して行くだけだが、僕が聞いたのは、まさに「賢者」の言葉と呼ぶべきものだったと思う。チョムスキーが卓越した知識人だなんていうのは、僕ごときが論評するまでもなく、当たり前のことだろうが、何故「賢者」という言葉を使ってまで彼を賞賛したくなるのか。それは、彼が決してペシミスティックにならず、常に笑顔を絶やさず前向きな提言をしているからだ。僕はその様子を見て、非常に感銘を受けた。大袈裟に言うと、知識人かくあるべし、というモデルを彼に見たような気がした。恐らく、エドワード・サイードもチョムスキーのこのような「明るさ」に救われたのではなかったかと想像してしまう。
絶望し、皮肉を言ったりすることは簡単なことだ。それはまさに「凡百」の反応だった(僕も含めて)。しかし彼は違う。彼は一見逆説的に聞こえるようなことを言う。例えば「アメリカは、この2、30年で非常に文明化した」と。これはどういうことか。チョムスキーはヴェトナム戦争から反戦活動をしているが、その時はもっと絶望的な状況だったと回顧する。反戦集会を開こうとすれば妨害される、脅迫される、主催者より少ない観衆、平和なデモ行進にトマトや缶が投げられる・・・etc。ヴェトナム戦争の時、どれだけ非人道的な平気が使われようともアメリカ人は全く無関心だったが、現在アメリカ軍がそんなことをすれば、市民団体が黙ってはいないだろう。そして私(チョムスキー)をテレビの討論番組に呼んだり、こうした講演会を開く自由がこのアメリカには存在する。この事は明らかに30年前よりはアメリカが「良くなっている」証拠なのだ、と。あまりに内向きだったアメリカ人のメンタリティがようやく外へも関心を持つようになってきたのだと。
まだ「絶望するには早すぎる」とチョムスキーは観衆に訴える。二つの道がある、どちらを選ぶかはあなた方次第なのだと。
彼の言葉は、アメリカ政府への「他人事のような」非難では決してなく、アメリカ人へ向けたもの、要するに自分を含めたアメリカ人へと向けたものであって、それ故にその重さが際立つ(「アメリカはアフガンに援助ではなく賠償すべきなのだ」というような発言)。
そして、僕が印象深かったのは、彼の「健全な相対主義」とでも言うべき姿勢だった。彼はアメリカ政府のやり方を「テロ」と非難するわけだが、返す刀でフセインを初めとする(アメリカがテコ入れしていた)無能で有害な指導者への非難も忘れない。アメリカだけの問題ではなく、その時代の一番強い権力を持った国が必ず陥りがちな陥穽を正しく指摘する。サイードも『文化と帝国主義』で、帝国主義を批判しながら、同時に返す刀で、抵抗する側の「原理主義」的な動きを批判していたと記憶している。あと、「対テロ戦争」という言葉は眉唾であるといったり、「戦争犯罪」というのはドイツ(や日本)がやっていて我々がやっていないことの別称にすぎないなど、考えさせられる言葉がインタビューには散りばめられている。

さて、もうすぐマイケル・ムーアの「華氏911」が日本でも公開されるが(僕は当然見に行くつもり)、この映画には既に毀誉褒貶が付きまとっている。大喝采で迎える人がいる一方、単なる反ブッシュキャンペーンのフィルムにすぎないという非難など、色々言われているが、日本人の我々が考えるべきは、チョムスキーやムーアのような存在がしっかり許されているアメリカの「健全さ」であることは言をまたないだろう。それに引き替え我が国は・・・とついつい卑屈になってしまう。

ちょっとだけ本筋とは離れるが、このフィルムを見てインスパイアされたことをメモしておきたい。内田樹先生などは「フェミニズムは歴史的な役割を終えた」「同じような語法にみんなが飽きてきた」というようなことを言っているが、僕はこれに関しては半分賛成、半分反対な立場だ。僕は内田先生が評価するほど、フェミニズムの使命が終わったとは考えていないのがその理由だが、後半部分の「同じ語法に飽きてきた」という部分は同感だ。「正論」故に、同じような言い回しばかりを言い続けてきたために、飽きられたというのは、「憲法9条」とかも同類だろう。
フェミニズムの主張も、9条の理念も反対できないくらい「正しい」と僕は思うが、それ故に「言い方」を少しひねる必要があると思う。例えば2ちゃんねるでの朝日新聞やフェミニズムなどいわゆる「正論」に対する無意味且つ無価値な罵詈雑言の数々は、その無意味・無価値ゆえにある「メンタリティ」をストレートに表していると見なすべきものだろう。彼らは「正論に飽き飽きしている」のだ。僕などは『正論』にうんざりしているのだが、それは別の話(笑)。前述のムーアに対する批判も彼の言うことがある意味、あまりにも「正しい」ことから来る非難なのかも知れない(「華氏911」には「Bowling for Columbine」に見られる諧謔がない、という批判もあるそうだし)。
今回のチョムスキーの講演フィルムは、「正論」の「ちょっと違う言い方」のヒントを僕に与えてくれたような気がする。ということで、おすすめです、このフィルム。今度学生にも見せてあげたいくらいだ。

« 「科学的知識」を得るって? | Main | 今年の夏はマツケンでGO!! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

お、このDVD、俺も持ってたりして…
ちゃんと見ないとな…

じんくんへ

早く見てみれば。授業にも使えてお得です(笑)。
最近、「これを授業で使ってやろう」というスケベ心からDVD買うことが多いなあ。

僕も見てみます。
研究員やってるクリッピング機関(^^)でもアンチ・チョムスキー/ソンタグな動向に関する記事がひところ結構ありました。
アメリカはやっぱり、ぐるっとめぐってまた私たちの時代の参照点(良くも悪くも)になりましたね。1980年代後半のバブリー大学生より今の大学生のほうが政治的関心ありますね。学生さんたちにも良き刺激となりますよう。
日本は・・・直接爆弾を投下していないぶんマシ・・・と思う僕は愛国者?

こいけ先生
アンチチョムスキー/ソンダグ的な動向ですか。僕個人はソンダグをあまり評価していないのだけど(これは内田樹先生のソンダグ批判が非常に的を射ていると感じたせい)、まあ貴重な人材であるとは思います。

>1980年代後半のバブリー大学生より今の大学生のほうが政治的関心ありますね

そうですね。90年代初頭に学生生活を送った我々のような世代も、それほど政治的なイシューには口を出さなかったような気がします。
結構一部の学生とはそういう議論になるときもあります。関心持ってくれるのは良いんですが、いかにも『SAPIO』読んできました、というようなことをいうのもいたりして、油断できないのですが(笑)。

>日本は・・・直接爆弾を投下していないぶんマシ・・・と思う僕は愛国者?

僕だって愛国者ですよ。だから憲法前文にあるような「名誉ある地位」をもう一度日本にゲットさせたいと思っているのです。まあ爆弾云々は当然向こうの人が「復讐するとき」の基準になるでしょうけど、お金は出すわ、難民は受け入れないわと結構日本も酷いことをしている、というのが僕の認識です。

The comments to this entry are closed.

« 「科学的知識」を得るって? | Main | 今年の夏はマツケンでGO!! »