« 卒論題目の相談 | Main | 心理療法と宗教哲学 »

July 10, 2004

ナベツネの暴言

もうすでに色々書かれていますが、さすがに腹に据えかねる、というか、今回ばかりは本気で彼の人間性を疑いましたね。

普通言わないだろう、「賢い」経営者ならこんな台詞は。

その「選手ふぜい」が頑張ってくれているから、観客が来て利益を得ているだろうに。

もう、この人の「老害」については贅言は不要でしょう。敬老意識では人後に落ちないつもりの僕も、さすがにキレますね。

もうこの人はダメだ、と思いました。しかし、このダメな人がまだ色んなものを牛耳っているんだよなあ。本当に哀しい(日本の政治に対する気持ちと似てきました)。

今更になって、フリューゲルスのサポーターの気持ちが本当に分かったような気がします。

|

« 卒論題目の相談 | Main | 心理療法と宗教哲学 »

Comments

The comments to this entry are closed.