« 「華氏911」を早速見に行く | Main | 韓国宗教施設訪問 »

August 23, 2004

なんだかんだでオリンピック三昧

この一週間ほど、このブログの更新もとどこおりがちですが、その大きな理由はオリンピック観戦しかしていないような休暇の日々をすごしているからです。
自分でも、こんなにオリンピックのさまざまな競技を見るとは思いませんでした。このごろは明け方近くまで起きて、昼まで寝るだらけた生活。そろそろ業務も始まるので、リズムを直さなくちゃいけないんですが・・・。
でも昨日も女子マラソンは最後まで見ちゃったし、その後の体操まで・・・。
男女ともサッカーが早々に負けて、見るものがないなあ、なんてうそぶいていたのに、この始末。
昨日なんか昼には甲子園の決勝を見て感動しちゃうし・・・(妻が札幌出身なので、肩入れしていた駒大苫小牧が勝ってよかったです)。

僕はスポーツ音痴な方で、自分で積極的に競技をしたことは余りありませんが(中高はテニス部でしたが、地区予選で一度も勝てないまま現役を終えました)、そういう僕が、なぜかくもいろんな競技を見てしまうのか・・・。それはおそらく、ありきたりな答えですが、特にオリンピックでは「人間の限界」とまで言っていいような技を見て感動したいからだと思います。特に、体操なんて、「何でこんなことができるのか?」と言いたくなるような技がありますし、それもどんどん進化しているわけで、人間のポテンシャルのすごさにマジで感動してしまいます。
それと、やはり「日本選手」を応援してしまう自分がいるわけです。「ぷちナショ」爆発中です(笑)。

そういえば、僕の妻は最近バレエ鑑賞にはまっているのですが、多分彼女もバレリーナたちの「人間の限界」と言いたくなるような舞踊に魅せられているのだと思います。
というわけで、バレエの魅力はまだ良くわからない僕ですが、山岸凉子先生の『テレプシコーラ』の最新刊(第6巻)を今から読みます。楽しみ。
そして、その後はまたテレビ見ちゃうだろうな・・・。

|

« 「華氏911」を早速見に行く | Main | 韓国宗教施設訪問 »

Comments

The comments to this entry are closed.