« ミニ同窓会 | Main | 現実に振り回される »

September 14, 2004

死刑についてつい考える

皆さんご存じの方も多いでしょうが、大阪の池田市の小学生殺傷事件の被告、宅間守の死刑が執行されたそうです。先程調べたところ、既に様々なブログでこの件について発言されていますが、そのほとんどが「早い(早すぎる)」という感想だったという印象です。僕もそう思います。何が早いかというと、彼は死刑に値する自分の犯行をろくに見つめもしないまま、死刑になってしまったのではないか、ということです。「奴の自殺に公権力が手を貸してやっただけ」なんていう物言いをしているブログも散見されました。残念ながら、このようなちょっとrudeな物言いにも、首肯してしまう部分があります。

トラックバックさせてもらったブログの方が言うように、「死刑」は何よりも抑止効果が期待されて行われるべきものだと、僕も思います。でもこれは建前論であることも感じています。
実際、人を殺してしまう瞬間なんて、自制心がきかなくなっているときですから、その抑止効果なんて当てにならない、と思います。それでも、死刑をもし理由づけるなら、これ以外には思いつかない、というのも正直なところです。

僕自身は、特に熱烈な死刑廃止論者ではありません。しかし、なるべくなら死刑は避けるべきだろう、と思っています。理由は簡単。間違い(冤罪)なら、取り返しがつかないからです。
でも、もし自分が被害者になれば、その犯人を「死刑にしてくれ」と望むことは充分ありえると思えます。妻子を殺されて、最終的には被害者救済の運動に立ち上がった光市のあの青年のような行動は尊敬もしていますし、理解できるのです(あの事件の場合、加害者が未成年であったということも大きな問題ですが、ここでは措きます)。

そこで僕はつらつらと「死刑以外の方法はないか」と考えてみました。例えば、被害者の人に慰謝料を払わせるために、時給が高い労働に強制的に駆り出す、なんていう「刑罰」があったら、なんて事まで考えてしまいます(これは僕の思いつきなので、加害者の人権云々はあまり考えていません。とにかく究極の人権蹂躙のはずの「死刑」の代替案を考えているので)。あとは、本当の「無期懲役(終身刑)」を作るなんていう意見も聞いたことがあります。

うーん、考えがうまくまとまりませんが、皆さんのご意見も聞いてみたいところです。僕ももう少し考えてみます。

|

« ミニ同窓会 | Main | 現実に振り回される »

Comments

わたしは、川瀬さんと違った理由から死刑に反対です。
わたしは重大な犯罪被害者になったことはありませんが、
なったとしても、国家に復讐心を委託する気はさらさら
ありません。
なぜ、自分の掛け替えのない復讐心を、国家に奪われねば
ならないのでしょうか?
わたしはリバタリアンではないつもりですが、この点に
関しては、徹底的に国家の関与を排除したいと思います。

Posted by: o-tsuka | September 15, 2004 at 12:25 AM

素人なので稚拙な言葉で表現してみますがご容赦ください。

私も冤罪があるから死刑は反対です。

抑止効果についても同様に当てにならないと感じます。

人間には変われる部分と変われない部分があると思っているので、懲役が犯罪者にとって有益かどうかはケースバイケースだと思います。むしろ懲役は犯罪者を隔離することでそれ以外の人が(気休めでも)安心するためにあって欲しいと思います。きつい懲役を課す必要は感じませんが、刑務所の運営費くらいまかなえる程度以上の労働はしていただきたい。

復讐心については、死刑に関係なく個人で処理するしかない問題だと思います。

自殺を認めないのは人権蹂躙ではないのかな?数年は落ち着いて考える期間を与えるにせよ、それ以降は自殺も認めてあげるべきだと思います。

Posted by: ずれちゃん | September 15, 2004 at 01:43 PM

o-tsukaさま、コメントありがとうございます。

>なぜ、自分の掛け替えのない復讐心を、国家に奪われねば
ならないのでしょうか?
>わたしはリバタリアンではないつもりですが、この点に
関しては、徹底的に国家の関与を排除したいと思います。

とのことですが、僕は違う考えです。
復讐心はもちろん自分自身の「かけがえのない」ものだと僕も思いますが、「復讐」する権利(敵討ちとか、武装権)を一旦国家に預けているのが近代国家の始まりであり(そういう意味で、僕はアメリカを「近代国家」とは思っていません)、今の日本の現状だと思うので、僕は「国家の関与」は否定しません。「死刑」反対論と、「国家の関与」反対論は、ちょっと位相の違う話のような気もします。「死刑」はともかく、例えば懲役刑に関してはどのようにお考えでしょうか?
逆に犯罪に遭って「自分自身でどうにかしろ」と言われても困りますし、江戸時代みたいに、例えば捕まった犯人が身動き取れない状態にされており「自由にのこぎりで首をひいて良いぞ」と促されても、「そんな嫌な仕事」は拒否したいと思います。そう考えると、死刑を執行する刑務所の役人の仕事って、凄くストレスフルですよね。

o-tsukaさまのおっしゃっているのは、国家が「ほら、死刑にしてやって、あんたの復讐心を満足させてやったぞ」と言ってくることに対する反発だと思いますが、そういう意味なら、僕も同感です。

ずれちゃんさま

>自殺を認めないのは人権蹂躙ではないのかな?数年は落ち着いて考える期間を与えるにせよ、それ以降は自殺も認めてあげるべきだと思います。

うーん、自殺の容認ですか。「自殺」って、「抗議の自殺」のように、意味を持たせてしまうこともありますからねえ。僕は宗教研究者なので、すぐにオウム真理教などのことが頭に浮かぶのですが、もし例えば、麻原が自分の自殺を「宗教的に」意味づけて自殺したとしたら、被害者の「復讐心」はどうなるのでしょうか。難しい問題です。それこそずれちゃんさんがおっしゃるように

>復讐心については、死刑に関係なく個人で処理するしかない問題だと思います。

と僕も思いますけど。

Posted by: 川瀬 of Joytoy | September 15, 2004 at 04:50 PM

オウムといえば、A2というビデオを見ましたが、松本サリン事件の被害者の方がオウム幹部を慈しみさえ感じられる態度でこどものように扱うシーンが印象的でした。あのビデオを見て思ったのは、ギャラリーと、当事者の思いはリンクしてるとは限らないということです。

そして死刑制度などはギャラリーのためにあるように思えるのです。

自殺に意味を持たせるとしたら、それを脚色して報道するマスコミ(そしてそれを規制する政府)の意思が強く反映されてしまうでしょうね。

Posted by: ずれちゃん | September 16, 2004 at 07:32 PM

「A2」は僕もDVDで持っていますが、色々考えさせられるフィルムですよね。

>そして死刑制度などはギャラリーのためにあるように思えるのです。

昔はまさに見せしめの死刑ってありましたよね。今もおこなっているところもちょっとはありますが、基本的に秘密裏におこなわれていますよね。ギャラリーになりたい被害者の人もいると思いますが、それも許されない。でも、無理矢理ギャラリーになるとか、関係ない野次馬でごった返す刑場というのもグロテスクです。どうしたもんでしょうかね。

Posted by: 川瀬 of Joytoy | September 16, 2004 at 08:45 PM

川瀬様、真摯な回答をありがとうございます。

敵討ちを合法としている国はあまり無いでしょうが、武装権はカナダ、イギリス、旧ソ連諸国などでも
認められているのではないでしょうか。

それはともかく、わたしは「家族の無念」を国家に代行して晴らして貰おうという発想をする一部の
被害者の発言が引っかかるのです。
そんなに無念で復讐を果たしたいのならば、自らも法を犯し、犯罪者となって報復するべきだと
思います。
もちろん、国としてはそういう連鎖は困るのでしょう。
「国家」にはべつに人格はないと思いますから、「復讐心を満足させてやったぞ」と言っているようには感じません。
単なる社会の安定装置として暴力を行使しているだけでしょう。

懲役刑に関しては別に反対ではありません。
仇討ちを防ぐためにも、むしろ恩赦なしの無期懲役を拡大すれば良いと思っています。

また、死刑を執行する役目の公務員はほんとうに気の毒だと思います。

Posted by: o-tsuka | September 17, 2004 at 12:30 AM

またレスする形になってしまい申し訳ないのですが;

私が「ギャラリー」で表現したかったのは、もっと広い意味で「当事者以外の全ての人」という意味でした。善意のつもりの群集etc..

Posted by: ずれちゃん | September 17, 2004 at 12:07 PM

私も川瀬さんと同じく考えのまとまらないまま、書いてしまうことをお許しください。

私は死刑には反対で、理由は単純に、死人は後悔や謝罪ができないからです。

これと似たような発想で、ある友人が学生時代のゼミで「地獄の責め苦は、地上でないと味わわせられない」と言っていたのが印象的です。

代替案、ですが…

「いかなる減刑の余地もない終身刑」

というのしか思いつきませんね。まさに思いつきであって、結論などでは到底ないのですが…。

川瀬さんはその後、結論まで到達、あるいは近づかれましたか?

Posted by: porcius | September 17, 2004 at 10:15 PM

みなさまへ

結局、この問題は「結論」など出ないのですよね。
「死刑は絶対反対、即時廃止だ」という立場になれれば、ある意味単純で楽なんでしょうけど・・・。そこまでなれない僕がいます。

まず、「ギャラリー」論を敷衍して言うと、僕は今度から行われるであろう市民参加の「裁判制度」に、結構危惧感を持ってます。というのも、これだけの「ワイドショー社会」である日本において、「犯人」に対して中立的であることはほぼ不可能ですし、雰囲気に呑まれてまともな判決を下せるかどうか、大いに疑問だからです。

僕の考えは、法学的には大いに間違っていると思いますが、犯罪者が懲役刑を受けたりするのは、他人の人権を奪ったので、それに相当する期間の人権の制限を受けているのだ、と思っています(というか、そう感じています)。そういう気持ちが根本にあるので、「犯罪者の人権」という議論にはなかなかついて行けないものを感じるときがあるのです(それは元々基本的人権を制約されている皇族に対して「男女同権」とか言うことがナンセンスに感じられるのと似ているかも知れません)。

もちろん、犯罪者(被告)の人権を保護する事が充分大事なことだとは重々承知しています。特に刑が確定するまでの人権は大いに保護されなければならないのは当たり前です。それがなかったら、法治国家ではなくなっちゃいます。
昔マンデラさんが放り込まれていた刑務所とか、昔の特高の牢屋みたいなのは論外ですが、どこまで犯罪者の人権を顧慮するのかは難しい問題です(刑務所の住み心地が良くて、娑婆に出てもすぐ戻ろうとして再犯するものなど、良く聞くところですし)。花輪和一の『刑務所の中』を読んで、益々そんなことを思っちゃいます(花輪さん自身、こんな生活じゃ反省できないとまで言っています。まあ、彼の神経は常人とは違うでしょうけど(笑))。

死刑の代替案として良く出される「本当の終身刑」というのは、果たしてその犯罪者にとって(もしくは被害者にとって)良いのか悪いのか、判断に迷います。殺さないから残酷じゃない、という議論は簡単すぎます。一生閉じこめられていることの方がよほど残酷である可能性もあります。しかし「悪人がこれ以上悪を繰り返さないように殺してやるのが慈悲だ」とか言っちゃうと、オウムの「ポア」の思想そのまんまになっちゃいますしねえ・・・。

というわけで、まだ混乱中です、すみません。

Posted by: 川瀬 of Joytoy | September 17, 2004 at 11:36 PM

The comments to this entry are closed.

« ミニ同窓会 | Main | 現実に振り回される »