« ミラバッシ新譜 | Main | このところのexcite booksは面白いぞ »

November 08, 2004

物言えば、唇寒し

あるメーリングリストで知ったのですが、産経新聞のコラム「産経抄(11月2日付)」で、イラクで殺された香田さんのご家族に触れている部分があると聞いて、早速ウェブで見てみました。
はあ、確かに誉めているけど、こりゃひどいや。
僕も、あのご家族の態度は立派だと思います。でも、僕の考えとは全く違います。このコラムニストの考えは、以下の引用を読めば明白でしょう。

若者を支えた多くの人びとに心労をかけたことをわびて感謝の気持ちをのべ、さらにイラクに一日も早く平和が訪れることを祈っていた。この春の日本人人質事件の家族の反応とは、天と地ほどの差がある。若者に両親に似た分別と常識があれば、悲劇は起こらなかったろうにと惜しまれてならないのである。

よーするに「お上に逆らった前回の非国民(彼はこの言葉を遣っていないけど、脳内では使っていると思われる)とは違って今回の家族は殊勝である」という誉め方なのだ(ホント、えらそーな誉め方ですね。)。いやあ、すごいね。これほどあからさまだと、その裏の意味を取るとかができないほどです。

そもそも、あのご家族に「殊勝な言葉」を言わせたのは何なのかを考える必要があるでしょう。言うまでもなく、このコラムニストが代表するような「世間の圧力」です。このコラムニストは、自分がそういう圧力の一部であることを自覚していないと思いますけど。
僕だって、あのご家族の一員なら、4月のバッシングの様子を見たのだからびびってしまって「申し訳ございませんでした」とマスコミに向かって深々と頭を下げることでしょう。

このコラムは、まさに「原因と結果」が転倒していると思います。マスコミその他でどう扱われるかが判らないので、ご家族としては、ああいう対応にならざるを得なかったのでしょう(僕は強い意志でもってあのような対応をされたところを立派だと思っています)。このコラムニストは、自分の強い欲望(こうあれかし)が、ご家族に投影されたということに全く気付いていないと思います。
やれやれ、物言えば、唇寒しの晩秋です。

|

« ミラバッシ新譜 | Main | このところのexcite booksは面白いぞ »

Comments

コラムニストって、私たち一般人の思いもつかない視点で本質を鋭くえぐる人というイメージがあるんですが、これじゃー一般人より鈍い人って感じですね。(苦笑

Posted by: ずれちゃん | November 08, 2004 at 05:47 PM

ずれちゃんさま

いや、コラムニストって、案外こんなもんかも知れません。

実は、最初このコラムのことは「産経が香田さんの家族を誉めている」と聞いて興味を持ったのですが、こんな誉め方だったとはびっくりです。「お、珍しく産経と意見が合っちゃったかも」という期待は裏切られました(笑)。

Posted by: 川瀬 of Joytoy | November 08, 2004 at 06:13 PM

>このコラムニストは、自分の強い欲望(こうあれかし)が、
>ご家族に投影されたと言うことに全く気付いていないと思います。


タカヤさんの視点の清廉さには、いつだって学ぶところが多いなぁ…。
まっすぐにものを見る態度を、これからも勉強させてください。

Posted by: タマキ | November 08, 2004 at 06:50 PM

タマキさま

>タカヤさんの視点の清廉さには、いつだって学ぶところが多いなぁ…。
>まっすぐにものを見る態度を、これからも勉強させてください。

過分なお言葉、恐縮です。

でも僕も、実は結構人の意見にすぐに左右されるところもあるので、自戒しているのですが(最近だと、内田樹先生や町山智浩さんの影響を受け過ぎかな、と思っています。左のブログリンク参照)。

香田さんのご一家に関しては、もちろん僕は立派だと思っていますが、普通の事故のご遺族よりも、一層の痛ましさを感じてしまうんですよね。息子さんを亡くした上に、世間の圧力まで何とかかわさなければならないなんて。

Posted by: 川瀬 of Joytoy | November 08, 2004 at 08:11 PM

ご無沙汰してます。
直感に過ぎないのですが、被害者家族の発言はキリスト者だからできたのかなあと思うことがあります。どちらにしても痛ましい。

Posted by: ガメ | November 09, 2004 at 04:01 AM

ガメ様(すごい時間の書き込みですね!)

そうですね、あのご家族はクリスチャンというのも大きいかも知れません。
僕がこの「産経抄」を知るきっかけとなったメーリングリストでは、香田さんご一家がクリスチャンだと判ると却って犯人の心証を悪くするかも知れないからしばらく伏せておいてくれ、という牧師さんからのメッセージも流れてきましたが・・・。

宗教学者の僕がこんな事を言うと、実も蓋もないのは承知していますが、立派なことをするきっかけにも、「十字軍」を発動するきっかけになるのもキリスト教なんですよね(別にこれはキリスト教に限らないもは言うまでもありませんが)。

Posted by: 川瀬 of Joytoy | November 09, 2004 at 11:37 AM

粛々と 粛々と死ね 「日本人」
って感じですねまさに。
2chN+でもこんな論調で遺族を「ほめる」腐った輩がウヨウヨいました。ええもう、ウヨウヨと。

Posted by: umeten | November 09, 2004 at 03:17 PM

umetenくん

やっぱりなあ。確認はしていなかったけど、そういうことになっているんじゃないかと思っていました。
小泉さんは、今度のファルージャ攻撃も、諸手を挙げての賛成だそうです。ますます「向こう側」に襲う理由を作ってしまったな、こりゃ。

Posted by: 川瀬 of Joytoy | November 09, 2004 at 04:30 PM

The comments to this entry are closed.

« ミラバッシ新譜 | Main | このところのexcite booksは面白いぞ »