Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« このところのexcite booksは面白いぞ | Main | はてなアンテナを借りる »

November 11, 2004

卒業生達との呑み会

今日は昼過ぎに講義があり、90分間喋り倒してヘトヘトになったあと(今日のお題はデュルケムの『自殺論』。暴走して韓国の学生運動の自殺の話や、イラクの香田さん一家の話までしちゃった。こういう暴走はいつものことだが)、容赦なく会議。

丁度その時、卒業生のU君とNさんがやってきたので、僕の研究室を開放して待たせることにする。Nさんは最近まで韓国に留学しており、その帰朝報告をしに来てくれたのだ。U君はその同級生で、去年僕が論文指導に当たっていた学生。
そして会議が終わり、研究室に戻り彼らと雑談。その後は、当然「じゃあ、一杯やっていこうか」ということとなり(仕事は明日以降に延期)、U君のリクエストで、大学の近くの某中華料理屋に向かい、酢豚やらエビ入り焼きそばやらシュウマイやら青梗菜やら豆腐のオイスターソース炒めやらをビールで流し込む。
話題は色々だったが、大体はこれからの身の振り方をどうするのか、というような話と、彼らが卒業し、いま僕が勤めている学科の行く末(おわわ)などが中心。そうだなあ、あとは結構真面目な学問論(美術史はどうあるべきか、とか、宗教研究はどうすればいいかとか、マンガを学問的に語るにはどうすればいいか、とか)を闘わせた(というより僕が喋り倒しちゃったかな)。

わざわざ来てくれた二人に、ちょっと良いところを見せようと思って、奢ってやることにする。まあ人数も少なかったし、いつもはガンガン飲むはずのNさんが大人しかったので奢ることにしたのだが(笑)。
そもそも、こいつら(奢ってやったから「こいつら」呼ばわりします)は、先生からは「奢ってもらって当然」という「悪しき習慣」に染まっていているのだ。その発端は、今年の3月に定年退官されたY先生という方だ。Y先生はその「気前の良さ」「太っ腹さ(実際にはスリムな方です)」で学生からの人望を集めていらして、学生時代いつもY先生に奢ってもらっていたNさんやU君(あ、僕も一緒に呑みに行ったときには、ほとんど奢ってもらっていたような気がする・・・。同じ穴の狢だ)からの「熱い視線」に負けてしまったというのが真相に近い(気が弱いです、僕。期待されるとダメだなあ)。学生達はY先生に冗談で「将軍様」などというあだ名を奉っていたのだが、今日のことで僕はとりあえず「後継者の若様」と認定されたようだ(笑)。

遠方から教え子が来る、やはり喜ばしいことではあります。また呑もうね。

« このところのexcite booksは面白いぞ | Main | はてなアンテナを借りる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.