Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« いつの間に・・・ | Main | 「考えるヒト」の中田有紀アナ »

February 19, 2005

桂離宮見学

京都は小雨がぱらつく寒い朝。
でも、今日は早起きしなければならなかった。というのも、桂離宮の見学日だったからである。

同僚のA先生が、ゼミ生を率いて桂離宮を見学することを発案され、僕や同僚のI先生もその計画に乗り、4人ずつのグループ(桂離宮は4人くらいのグループで見学を宮内庁に申し出ねばならない)に分かれて、時間帯もずらしての見学となった。僕の率いるグループ(KさんとYさん)は、運悪く(笑)朝の9時からという一番早い時間帯を指定された。というわけで、8時半に阪急桂駅に集合。土曜日だというのに・・・。
朝早い時間帯だからか、年齢層はけっこう高め。おそらくKさんとYさんがいなければ、平均年齢は50歳を超していたはず。
30人ほどの集団が、ボランティアの説明係のお爺さんに導かれて、そろそろと入り口をくぐる。

iriguchi
(ここが入り口)
写真に関しては、撮って良い場所撮ってはいけない場所がはっきりしているが、ファインダーを覗きながら構図とかを考えてうろうろしていると、後ろから係の人が追い立てるので、なかなか落ち着いて撮れない。

shoin
(一番有名な建物ですね。書院。)
この書院を猫が横切ったけど、良いのか、宮内庁?(笑)

onrindou
(昔は位牌などが安置されていた園林堂。おんりんどう、と読むそうです)

見学はかっきり1時間で終了。待合室に行くと、次のグループがスタンバっている。そこにA先生グループを発見。A先生グループを見送って、そのまま桂駅に向かい、僕のグループは解散。あっという間でちょっとあっけなかったな。

桂離宮は、今更言うまでもないほど「日本の美」の象徴として有名で、でもそれは近代に創られた「神話」に過ぎない、という批判もこれまた有名なことだろう。井上章一先生の『つくられた桂離宮神話』(講談社学術文庫)は、僕も読んだ。でも、そういうことを考えたり、検証する間も与えず、見学は終わってしまった・・・。無念。
また、季節が変われば違う顔が見えてくるだろうし、この短い見学時間のせいもあって、もしかしたら「リピーター」が生まれるのかも、と思ってしまった。
確かに端正な作りの建物だとは思いました。冬は猛烈に寒そうですが(笑)。

« いつの間に・・・ | Main | 「考えるヒト」の中田有紀アナ »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/2993572

Listed below are links to weblogs that reference 桂離宮見学:

« いつの間に・・・ | Main | 「考えるヒト」の中田有紀アナ »