Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« また一人の「天才」が消えてしまった | Main | 中国の反日デモ雑感 »

April 08, 2005

偽預言者に気をつけなさい

いま、僕の住んでいる近くの教会が事件を起こしたようで、大きな騒ぎになっています。僕は宗教学者として当然関心を持ってニュースを追っていますし、どうも報道によると、この牧師は韓国と深い関係がある、ということで、日韓の宗教を専攻している僕は、普段のニュースよりは熱心にこの事件を見守っていますが、何せ、この「聖神中央教会」、情報が少なすぎて(韓国系キリスト教は日本に結構入っていますが、この教会の特徴や、所属宗派、牧師の留学先など、まだ今の段階ではよくわからないので)、何一つ断定的なことが言えないという隔靴掻痒感があります(何人か僕に質問された方がいらっしゃったのですが、そういうわけであしからず)。
僕が韓国に滞在していたとき(1999年)にも、韓国で「偽予言者」というか、カリスマ的な牧師(教祖)が詐欺事件を起こしたという報道がなされ(その牧師が手のひらから金粉を出したとか、たいしたことのない水を「聖水」として売っていたとか)、その報道に激高した信者が、放送局に乱入して放送を止めるという事件が起きました(万民中央聖潔教会という教会が引き起こした事件でした)。今回の報道を聞いてまず思い出したのは、その事件でした。「中央教会」という名前を聞くと、なにやら既視感が襲ってきたんですね(いや、もちろん真面目に活動されているあまたの「中央教会」は存在するんですが)。
nokirisutoそして次に思い出したのは、異能ギャグマンガ家岡田あーみん先生の『こいつら100%伝説』のワンシーンでした(図版参照。3巻p.98)。こんなやばいネタを料理していた岡田さんを改めてリスペクトします(笑)。確か、岡田あーみん先生は、お母さんがクリスチャンで、結構そっち方面に造詣が深そうでしたが・・・。ちなみに、昨日の日記で書いた岡田史子先生は紆余曲折の後、キリスト教に入信しています。
でも、あれだけイエスが「偽預言者には気をつけなさい」(マタイ:7章15節)と言っているのにな・・・という感想を持ってしまったのも事実です。信仰がそんなに「理性的」に割り切れるものではない、と知っているつもりなんですが。

さて、オウムの時もそうでしたが、今回のこの事件に関しても「カルト」云々が議論されていますが、「教義にカルト的なもの」があるかないかは、僕自身は水掛け論になるので生産的ではないと思います。「カルト」というものは、「現行法を逸脱 した犯罪行為」を行った集団に対する事後的なレッテルだと思いますし、またそうあるべきだと思っています。つまり、最初からある集団に対して「カルト呼ばわり」はしてはいけない、という立場です。たとえ教義に一般常識に著しく反する「カルト的なもの」があっても、彼らがま だ何の犯罪にも手を染めていないならば、犯罪者扱いは慎むべきだと思っています。でも、今回の事件は、報道されていることが事実だとしたら、立派な「カルト」としか言いようがないな、とも思っています。
とにかく、新しい情報が欲しいの一言です、今は。

« また一人の「天才」が消えてしまった | Main | 中国の反日デモ雑感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

 まあ、困ったもんですよね。まさに川瀬さんの引用通り、「偽予言者に気をつけなさい」そのものというか。

 とはいえ、こういう事件が起こるたびに、反動として思い起こされるのが、宗教、特にキリスト教やイスラム教といった日本に馴染みの薄いものに対する思いこみ混じりの反感がはびこることでしょうか。しかも、こういうのって、「科学を無批判かつちゃんと理解しないで信奉する」タイプの人とかにも多くて、気落ちが悪いんですよねえ。
 いや、私自身は無神論者の自然科学信奉者ではあるのですが、どうも他人の信仰に対してひどく乱暴な物言いをする人が日本人には多いような気がします。
 実のところ、既成の宗教がきちんと機能してないところにこそ、カルトがはびこる余地が大きくなると思うのですが。
 なんか、事件のことから話が変な方向にいっちゃいました。とりとめなくてすいません。

堺様

>宗教、特にキリスト教やイスラム教といった日本に馴染みの薄いものに対する思いこみ混じりの反感がはびこることでしょうか。

僕も、それを心配しています。オウムの時は「宗教」一般に対して非常にネガティヴなものの見方が広く共有されてしまいましたが、今回も似たようなことになるのでは、と少し心配です。「なじみの薄いもの」に対する偏見や嫌悪感は、外国人嫌悪(xenophobia)にも直結しますし(今回の事件も、この牧師が韓国籍であることをことさら声高に報道したマスコミもありました)。

>どうも他人の信仰に対してひどく乱暴な物言いをする人が日本人には多いような気がします。

mixiの某コミュでも、このあたりが議論されていました。ある人の「信仰を持つ人なんて、思考停止している人ばかりだし」といったニュアンスの発言が問題になってしまって。

>実のところ、既成の宗教がきちんと機能してないところにこそ、カルトがはびこる余地が大きくなると思うのですが。

これは実に大きな問題で、オウム事件の時も、何人かの聖職者が堺さんと同じようなことを言って反省していました。特に既成仏教の僧侶が、オウムに入信した人の心に響く言葉を紡ぎ出せなかったのは、心ある聖職者にとってはショックだったようです。

この事件は、もう少し見守りたいと思います(たまたま自宅の近所で起きた事件ですし)。

かなり極端な感想を言わせていただきます。
「宗教」である限り、作ったのは人間(教祖)ですから、人間の頭で把握できるところの理論でかためるしかないのでしょう。
創価学会の友人から話を聞いたことがありますが、「わが宗教は科学的」と言ってはばからないのはすごいと思いました。
なんの神性も認めてないじゃないですか(笑)

「目が見たことのないもの、耳が聞いたことのないもの、そして、人の心に思い浮かんだことのないもの。神を愛する者のために、神の備えてくださったものは、みなそうである。」聖書(1コリント2-9)
私も「他人の信仰に対してひどく乱暴な物言いをする」タイプです。すみません ^^;

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/3609276

Listed below are links to weblogs that reference 偽預言者に気をつけなさい:

« また一人の「天才」が消えてしまった | Main | 中国の反日デモ雑感 »