« 僕だって実は「現状肯定の保守」なのだ | Main | 「想像力」の回復-Little Birds感想 »

May 20, 2005

Little Birds公開について

僕の高校の同級生で、イラクなどを中心に熱心なルポをしているジャーナリストの綿井健陽氏がいますが(彼とは大学三年以来直にしゃべっていないけど)、このたび彼がイラクの実情を訴えるべく、映画を作り、現在順次全国の各都市を回りつつあります。
その映画のタイトルは「Little Birds」というものです。公式ページにどうぞ行って、その内容や映画館をお確かめください。また、同タイトルの本も、晶文社から出ています。僕は先ほど買いました。

littlebirds

僕も、大阪に見に行こうかと思っています。見終わりましたら、改めてその感想は書こうと思っています。
皆様も是非足をお運びください。

今日は宣伝でした。

|

« 僕だって実は「現状肯定の保守」なのだ | Main | 「想像力」の回復-Little Birds感想 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/4201544

Listed below are links to weblogs that reference Little Birds公開について:

« 僕だって実は「現状肯定の保守」なのだ | Main | 「想像力」の回復-Little Birds感想 »