« 「想像力」の回復-Little Birds感想 | Main | オタクの血が久々に萌え上がる-「Z GUNDAM-星を継ぐ者」感想 »

May 26, 2005

そろそろうんざり

さあ、小泉さんの「頑迷さ」が原因で、中国の副首相との会談が中止になってしまった。
どうして、この人はここまで頑迷、というか「聞き分けがない」のか。首相として靖国神社に参拝するのは、これまで裁判所から合憲判断を下されたこともない行動だということに、どうしても思い至らないらしい。「何故でしょうね、わからない」というとんまな台詞を繰り返せば、世の同情を買えると思っているのだろうか。

郵政民営化については、僕はよく知らないから発言はしない。こちらでも、一部の人からは首相の「頑迷さ」が指摘されているが、今我々が戴いている首相は、どうも「人の話を聞かないこと」をそのまま「信念の強さ」と勘違いしている人のようだ。言うまでもないことだが、世の独裁者や戦争指導者は、人が呆れかえるほどの「強い信念の持ち主」だった。

そもそも、今の首相は、言葉は全く信用できないし(今回中国副首相が帰ったのも、インドネシアで殊勝なことを言った舌の根も乾かぬ間にこの首相殿が正反対のことを言ったからだ)、実のない言葉を連ねてあちこちで事態を悪化させている。僕は彼のことを端的に「無能」だと思う。政治は何よりも「結果」が大事なのだ(ウェーバー先生の『職業としての政治』でも読んでください)。「真心込めてやりましたが、失敗しちゃいました。許してね。てへっ」というわけにはなかなか行かないし、その責任を取るのが「政治家」という職業の役目だ。

政治というのは理想論じゃないんだ、甘っちょろいことを言うな、という「忠告」は、僕自身、考えが正反対の人からことあるごとに言われてきたと思う(9条や自衛隊やアメリカとの関係を巡る議論で)。確かにお説は承りました。その台詞、どうぞ今の首相にも言ってやってください。宜しくお願いします。

僕は現在の首相が、僕と正反対の考えだから辞めさせたい、だなんてことは思っていない。それほど僕は「狭量」な人間ではないつもりだ(向こうと違って)。
ただ、単純に、こんな無能な人間が舵取りをしていると大変なことになりそうだから(もう一部なっているが)、辞めていただきたく思う。

もうそろそろ、うんざりだ。この不実な首相には。

|

« 「想像力」の回復-Little Birds感想 | Main | オタクの血が久々に萌え上がる-「Z GUNDAM-星を継ぐ者」感想 »

Comments

私は最近、ほんとうに親しいと思っているひとにだけ「あのひと(首相)って天然なの?」とこっそり聞いているところです。彼が言う「日本が示してきた平和への意志」を彼自身の行動と発言が台無しにしていることについて、自覚はあるのでしょうか。

こんなこと書いていたらこんなニュースも眼にすることに。
「A級戦犯は罪人ではない 森岡政務官、中国に反発」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050526-00000197-kyodo-pol

Posted by: tsujimuda | May 26, 2005 at 09:14 PM

tsujimudaさん

そうですよね、あの強情さ加減が全てが演技だったら、却ってすごい。北島マヤかお前は。「天然の馬鹿力」はほりのぶゆきのマンガですが(笑)。

僕の「要求」は「ささやかなもの」(のつもり)です。
要するに、アホなことを言って外国につけ込まれているようじゃダメだから、そこは「本音」がどうであれ黙っていろ(もしくは参拝するな)ということです。
繰り返しになりますが参拝した(する意思を表明した)ことによる「結果」を問題にしているのであって、首相が「真心から参拝しているか」とか(心情倫理問題です)、逆に「実は高田純次並みに心がない」(笑)とかは問題にしていません。

Posted by: 川瀬 | May 26, 2005 at 10:06 PM

こんにちは。
この前お会いしたときにも申し上げましたが
中曽根はまだ随分まともだったなあ、と嘆じてし
まいます。
自分の信条はどうあれ、相手の感情に配慮するぐらい
のことはしていたのですから。
フィリピンで元日本兵の生存が確認されたようですが、
60年ぐらいではいろんな意味で「戦争は終わらない」
のでしょう。

Posted by: 虎哲 | May 27, 2005 at 07:04 PM

虎哲さん
ホントに、まだ中曽根さんは小泉さんより「政治を判っていた」人ですね。中曽根を褒めなくちゃいけない状況に、僕も絶望的になります。

さて、フィリピンのことはよくわかりませんが、小野田少尉のようにずっと隠れていた、というわけではないでしょう、さすがに。やはり死ぬ間際に却って来たくなったのでしょうか。

Posted by: 川瀬 | May 28, 2005 at 02:40 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/4282948

Listed below are links to weblogs that reference そろそろうんざり:

» 招待客はなぜ [梟の森]
2003年5月 また同じ質問を繰り返して悪いのだけど、経営者も事務員も、中国の招 [Read More]

Tracked on June 03, 2005 at 02:38 PM

» 粛々/相撲とイエ制度その他 [Living, Loving, Thinking]
 既に、先月末のことではあるけど、川瀬貴也さんが、 郵政民営化については、僕はよく知らないから発言はしない。こちらでも、一部の人からは首相の「頑迷さ」が指摘されているが、今我々が戴いている首相は、どうも「人の話を聞かないこと」をそのまま「信念の強さ」と勘違いしている人のようだ。言うまでもないことだが、世の独裁者や戦争指導者は、人が呆れかえるほどの「強い信念の持ち主」だった。 と書いていた。これに関係するかとは思うけれど、藤原書店のPR雑誌『機』161のコラム(p.23)で、中国文学者の一海知義氏... [Read More]

Tracked on June 30, 2005 at 04:37 AM

« 「想像力」の回復-Little Birds感想 | Main | オタクの血が久々に萌え上がる-「Z GUNDAM-星を継ぐ者」感想 »