« 下鴨神社の流鏑馬 | Main | 僕だって実は「現状肯定の保守」なのだ »

May 07, 2005

休日最後の

皆さん、この大型連休はどうお過ごしでしたか?
なんだかんだで、あっという間に終わってしまいますね。

で、僕は今日、休日の最終日となる明日の過ごし方を、決めてしまいました。
それは・・・

garasunokamen

とうとうやってしまいました。美内すずえ先生の『ガラスの仮面』の文庫版の大人買いを!!ひーっ。

実は、今まで友人や先輩に借りたりして読んでしまっていたので、自分では買っていなかったんですよね。これだけ中毒性が強い漫画は体に悪いとも思っていましたし、自制していたのですが、もう我慢できなくなりました。大人って、ちょっぴりお金を持っているから、却って自制心が効かなくなります。僕が人生で一番忍耐強かったのは、風呂無しアパートで一人暮らしをしていた大学時代でしょう。そのときに比べたら、僕はすごく忍耐力が摩耗しています。「こんな贅沢しちゃダメだ」とも思うのですが、いつも

「ブランド品などを買う人に比べれば、こんなのちっとも贅沢じゃない」
→「故に、この程度の大人買いは許されて当然だ」

という、ものすごく自分に都合のいい二段論法(三段にも達さない)が頭の中を駆けめぐる昨今です。

レジにこれだけどっさり持って行くとき(二十数冊)、思わず自分に「タカヤ・・・恐ろしい子・・・」とつっこみを入れずにはいられませんでした。いや、店員さんが思ったに違いありません。

というわけで、今晩から明日にかけてこれを貪り読んで、休み明けの月曜日には、水城さんを心配させる真澄様のような表情をしているかもしれませんが、自業自得ですので、ご心配無用です。

それでは皆様、素晴らしい休日の最終日を。

|

« 下鴨神社の流鏑馬 | Main | 僕だって実は「現状肯定の保守」なのだ »

Comments

はじめまして、長崎と申します。
mixiでチラ見してからファンです。
川瀬さんの文章大変読みやすくて大変面白いです。
川瀬ファンとして電柱の影から見守る私をお許し下さい。

ガラスの仮面は限りなく良い!

Posted by: 長崎 | May 08, 2005 at 12:37 AM

長崎様、初めまして。書き込みありがとうございました。
先ほど、長崎さんのサイトにお邪魔して、少し拝見しましたが、宗教学者の僕としては、非常に興味深い内容でした。
これからも「紫のバラの人」のように見守ってくだされば幸いです(笑)。

Posted by: 川瀬 | May 08, 2005 at 01:29 AM

とうとう決行されたのですね・・・・すごいです。
わたしも連休最終日は家で有意義な読書(漫画)三昧!
なのですが、新規購入は財政的な問題があって困難なため
納戸から引っ張り出してきた文庫版『BANANA FISH』全11巻
(Another Storyを含めて全12冊)で過ごす予定です。
連休最終日に読むものとして妥当かどうかは甚だ疑問では
ありますが・・・・(汗)

Posted by: 晶希 | May 08, 2005 at 10:08 AM

キター!ガラスの仮面大人買いっw
常々思うのですが、タカヤさんは買った本をどこに保管してらっしゃるのでしょうか?ww

Posted by: ずれちゃん | May 08, 2005 at 10:31 AM

>品希さま
BANANA FISHは連休最終日にふさわしいですよ!
彼女の作品の中では吉祥天女に継ぐ…
と言うか最高傑作ですもんね。最終話では涙したモノです。
私はパタリロを取り合えず昨晩全巻制覇し、
これから漫喫で島耕作に会いに行きます。
あんな上司いればいいよな…と思いつつ(いるわけねぇ)。
取締役からさらに出世しちゃって、
どこまでいっちゃうのかしら?

Posted by: 長崎 | May 08, 2005 at 12:48 PM

やはりみなさん、『ガラスの仮面』ネタには、食い付きがいいですねえ(笑)。

晶希さん、いいんですよ、休日は『BANANA FISH』にうってつけの日なんですから。僕は、吉田秋生さんの作品は『吉祥天女』からはまったクチです。

ずれちゃんさん
本の保管場所ですが、漫画や小説などは今住んでいるマンション、学術書は全て大学の研究室というように分けているので、何とかなっています。あとは、学生時代に集めた漫画などは、まだ結構実家に残しています。

長崎さん、ほほう、漫画喫茶にまで行って・・・。『島耕作』は、二ノ宮知子さんがいうように、「SF」として読むべきものだと思います(笑)。「SF」といったのは、正確にはもりへーですが。

僕は再び「劇団つきかげ」の世界に戻りますので、ごきげんよう(笑)。

Posted by: 川瀬 | May 08, 2005 at 03:41 PM

ああっ、川瀬さんがたいへんだ!
懐かしい漫画といえば、私も今年になって?『摩利と新吾』を文庫で揃えました。『ガラスの仮面』は、時々「ど~しても「ふたりの王女」が読みたい!」「「石の微笑」の結末が知りたい!」という気持ちに駆られます。

Posted by: tsujimuda | May 09, 2005 at 08:12 PM

そうです、大変なことになっています(笑)。
マンガも何事も、「温故知新」ですよ。今、僕の頭の中は「マヤ」と「亜弓」と「真澄様」で一杯です。
もうちょっと仕事したら帰宅して、続きを読みます。まだ研究室で、残業するくらいの理性は残っています。

Posted by: 川瀬 | May 09, 2005 at 08:44 PM

ガラスの仮面は、パフォーマンスのベンキョウになると思います。
かくいうわたしは、まやになりきって就職試験を突破しました。
そう、二次試験が40分の模擬授業だったのです。
「ひとあたりのよい授業のうまい先生」という仮面をかぶりとおしましたvv
その結果採用通知がきましたとさ♪
追伸:新体操のY崎さんも演技の参考にしてたんだそうな。
わたしがみたのは、20円で買った古本一巻だけですが、十分に役立ちましたよ♪ おそるべし、ガラかめ!!

Posted by: コマツ | May 10, 2005 at 01:28 AM

コマツさん

コマツさんは、どっちかっていうと、「役柄を構築していく」亜弓型のような気もしますが・・・。僕がコマツさんのそういう面を知らないだけで、実は「役柄が憑依する」マヤ型なのでしょうか?
でも、講義の前には「俺は教師だ、女優女優女優(意味不明)」と暗示をかけなければ、教壇で偉そうに喋れませんよね。
まだ、『ガラスの仮面』強化月間、続行中です。

Posted by: 川瀬 | May 11, 2005 at 03:50 PM

ガラスの仮面、TVアニメも放送されていますね。
それを記念して(!?)某TV雑誌に美内先生のインタビューが
載ってました。

吉田秋生さん、私も大好です。
「吉祥天女」「BANANA~」は勿論、「河よりも長くゆるやかに」
も大好な作品の一つです。未完のままで終わってしまいましたが、あれはあれで良い終わりだったのかも。

Posted by: なつめ | May 14, 2005 at 11:54 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/4029632

Listed below are links to weblogs that reference 休日最後の:

« 下鴨神社の流鏑馬 | Main | 僕だって実は「現状肯定の保守」なのだ »