Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« June 2005 | Main | August 2005 »

July 25, 2005

脅しと想像力

今朝の朝日新聞で、例のNHKの特番(女性国際戦犯法廷を扱った回)が、政治的圧力により改編された件についての追加調査の記事が大きく載っていた。まずは、この記事を作成した朝日新聞に敬意を表するが、ざっと読んだところ、僕としてはあまり目新しいところがなかった、というのも正直なところだ。

何故かと言えば、申し訳ないが、今回の事件の中心人物である、自民党の安倍晋三氏と、中川昭一氏が「いかにも、そういうことをやりそう」な人なので、意外性がないのだ。別に彼らが悪人顔だ、というのではない(どっちかというと今までの自民党の議員の中ではハンサムな方かもしれない。議員全体の顔面平均点の低さはさておくとして。ついでに言うと、ハンサムな学者がもてはやされるのも、同様の理由による。閑話休題)。彼らの政治的信条やこれまでの経歴を見ても、「この人は、NHKに圧力をかけるような人ではない」と、どうしても思えないのだ(例えば、中川氏には、こんな著作がある)。彼らにかけられた「疑い」は、まさに、彼ら自身の経歴によるもので、いわゆる「不徳の致すところ」として、諦めていただくしかない。

まず、一般的にいって「脅し」とは、ヤクザが「どうなるか判ってんだろうな」と凄むのを見ても判るように、「相手の想像力」を駆使させるものである。具体的に色々言う脅しもあるだろうが、言質を取られないために、向こうの想像力に依存する脅しの仕方が一般的だろう。今回の、安倍氏や中川氏ら自民党のお歴々の「脅し」もこれに類する。「番組を止めろ」というような具体的且つ誤解の無いような言葉は使わずに(一部使っていたようだが)「予算の時期だ」などというのは、これは、「どうなるか判っているんだろうな」というのと同様の「脅し」に他ならない。

「公平性を欠く」「偏向している」という人の偏向性は、言うまでもない。もちろん、彼らに対してこんなことを言っている僕の偏向性だってあるだろう。だが、僕はそれを自覚している。彼らには、その自覚がない。もしくは、それを否認している。
彼らは人の想像力を要求するより先に、自らの想像力の欠如を思うべきであろう。

July 18, 2005

all or nothingは不毛

いろいろなブログを徘徊(巡回)していて、ふと思ったことを。

たびたび「炎上」と称する事態がブログ界で起こっています。
まあ、ようするに、掲示板でも良くありますが、コメントし合っている内にヒートアップして、最終的には不毛な揚げ足取りに終始して、そのブログが終わってしまう、というような事態で、これはネットというコミュニケーションでは良くあることで、現象だけ見れば、別に新しくも何ともないと思います。実際、ネット上の感情的諍いをflaming(炎)といっていましたし。僕が2ちゃんねるにホンの少しだけコミットしていて、直ぐに辞めたのは、こうした「罵り合い」がホント、体に悪いと思ったからです。もうちょっとまともなストレス発散の方法を見つけよう、と思ったまでです(僕は2ちゃんねる全てをバカにしていません。中には真摯な議論もあるでしょう。砂金を探すような作業になるでしょうけど。ただ、情報ソースが2ちゃんねるだけだったり、「世の中所詮2ちゃんのような世界なのだ」などと言う人間は徹底してバカにします)。

僕は幸い、ひどい罵詈雑言や荒らしの書き込みによる被害は受けてきませんでしたが(まあ、そういう発言は面倒くさがらずにサクサク削除もしてきましたけど)、ブログの場合は、掲示板と違って、ある程度その書き手の個性が問われる(と言うか、ばれていることが多い)、というのも大きな問題だと思います。そのブログを読む人が、そのブロガーをまるで実際の知り合いの如く丸ごと「好き」か「嫌い」かという両極端な陣営に分かれてしまい、その両者によるディベートがコメント欄なんかで始まると、結局は「荒れ」ちゃいますよね。
僕は、そこにこそ問題があると思います。丸ごと「好き」か「嫌い」か、という考え方自体が、僕は不毛と思います。

例えば僕は、このブログでも何度も言及しているように、内田樹先生を非常に尊敬しており、ブログも本も殆どすべて読んでいますが、内田先生のおっしゃることを全て鵜呑みにしているか、といえばそうでもありません。特に、フェミニズム関係や―内田先生はある程度戦略的になのでしょうけど―例の三砂ちづるさんの『オニババ本』擁護などは、「そうかなあ」と首をひねっています。以前、特にこの本をめぐって、内田先生及びブログの読者の間で、激しい意見が交わされましたが、どうも全体的に見て、表題に掲げた「all or nothing」的な思考枠組みに捕らえられている人が多かったように見受けられます。全面賛成か、全面否定かの二者択一。勢い議論も「何よ」「何だよ」というのに終始してしまったような気がします。僕は、この議論に関してはどちらかと言えば「反内田先生」だったわけですが、その他の議論については「やはり鋭いなあ」と素直に感心したりしていました。

僕が個人的心掛けていることは、特に日頃尊敬する人の言説に対してですが(まあ、嫌いな人の言葉には常日頃耳を傾けませんけど)、「全てを鵜呑みにしない」「ここはいつも通り素晴らしいけど、そこはちょっとなあ」というような態度を、どこかで保持することです。どこまで実行できているかは怪しいですが(笑)。僕をご存じの方から「川瀬、好き嫌い激しいくせに。嘘つけ!」と言われそうですね。
「ここは良いけどあそこはダメ」という距離の取り方は、特にネット上でしかつきあいのない人に対しては必要な「コミュニケーション・スキル(敢えてこの言葉を使います)」だと思うのですが・・・。実際の友人や師弟関係にある人に対しては、結構浪花節的に全面的にとりあえず認める、と言う態度を僕は取ってしまいますけどね。

以上、思いつきでした。

July 14, 2005

古内東子ライヴ@大阪ブルーノート

忙中閑あり。というか、無理矢理「暇」を作っている川瀬です。こんばんは。

今夜は、古内東子さんのライブに行ってきました。
場所はリニューアルした大阪Blue Note。ここは初めて。青山のBlue Noteは、妻とミシェル・カミロ(9月に京都に来てくれる。楽しみ♪)のライヴに行ったことがありますが、大阪のは、新しく開発されたビルの地下にできた新しいもの。
このブログでは、鈴木祥子さんのライヴの様子を何かに取り憑かれたかのように何度かお伝えしてきましたが、実は、古内さんも昔からファンなのです。片思いの切なさを切々と歌いあげるところもツボですし、何と言ってもあのねちっこい歌声が堪らん(笑)。でも、ライヴは今回が初めてでした。その感想を簡単に書きたいと思います。

まずは、大阪ブルーノートがある複合商業施設ハービスプラザENTの凄さに、小心者(小市民)の僕はびびってしまいました。何ですか、この綺羅の空間は。この施設は、JR大阪駅、地下鉄西梅田駅から、ヒルトンホテルを経由して、リッツ・カールトンホテルまでを結ぶようにつくられている施設なんですが、僕には縁のない高級ブランド店が目白押し。ここだけ見ると、「日本のどこが不況じゃい」と言いたくなるほどですが、この施設は、不況知らずの人に対してのみ開かれた施設なのでしょう。少なくとも、僕のような男が一人で来るべきところではなさそうです。というわけで、数少ない僕の居場所を探してうろついて、地下二階のお蕎麦屋さんを発見!ここに入ると、百パーセントおっさんのみ!!ああ、和むわあ。ここで蕎麦をすすり、腹ごしらえした後は、このビルの4階にあるJEUGIAに直行。まあ、CDショップなら、良い具合に時間もつぶせるし、びびらなくてもすむだろうし・・・と考えたのですが、ここのJEUGIA、すごく立派。物凄い高級なサキスフォンやギターなんかも売ってるし。お店の規模も大きいし(J-popが少なめだったですが、その代わりクラッシックとかジャズとか、大人向けのものを充実させているみたいです)。ついつい、視聴して気に入った澤野工房のCDと、何となく、大昔、僕が聞き狂ったThe Smithsのアルバムを購入(実家にレコードが残っていますが、廉価版のCDなので良いかと思い購入)。

こうして時間をつぶす内に、開演時間が迫ってきたので、そのままエレベーターで地下二階のブルーノート入口に戻りました。
今回のライブは、一日二公演で、僕は、セカンドステージを選びました。時間的に、それしか間に合わないと思ったので。このセカンド、スタートが九時半。今日は平日なので、会社帰りのサラリーマン(僕もその一人ですが)とその彼女、という感じの組み合わせが一番多く、年齢層も、僕が今まで言ったライブで、一番高かったかも知れません。まあ、料金もそこそこするし、中で食事したら、結構高く付きますからね(僕は生ビール一杯だけしか頼みませんでした)。ちなみに僕が座った席は、カウンター席といわれるものです。ちょっと後ろの方でしたが、ステージ全体を見渡せて、結構良かったです。あと、驚いたのは、僕のように一人で見に来ている男の人が結構多かったこと。

さて、九時四〇分頃、黒のシンプルなドレスの東子嬢が登場。「みなさん、こんばんは~」と挨拶して、まず立て続けに二曲。今回のライブは、ピアノの弾き語りで、ステージには彼女しかいないという究極にシンプルなスタイルでした。曲名、今のところ判明しているのを以下に書きます。

1)シャワールーム(初っぱなから、こういう曲が出るのも彼女ならでは、か。アルバム『魔法の手』所収)
2)うそつき(僕が彼女の曲で一番好きなものの一つ。二曲目でいきなりこれをやられて、思わず涙ぐみそうになりました。この曲を聞くと、12年前の失恋を思い出します)
3)星空(これも片思いの曲ですね~)
4)OK,OK(『フツウのこと』所収)
5)曲名不明(「手紙を書くのは・・・」と始まる曲なのですが)
6)カヴァー Lately (by Stevie Wonder)
7)カヴァー 九時からのリリィ(「カプチーノ」というグループの曲だそう。東子ちゃんが幼いときに聞いて感動したらしい。恐らく70年代の曲。おませだなあ。)
8)誰より好きなのに(やっぱ、これは外せませんね。改めて、彼女の声に感動)
9)Beautiful Days(今CMで使われているハッピーな曲。彼女も「ようやく友人の結婚式で歌える曲が書けました」とかいってたな。今日のラインナップだって、彼女自身も言っていたけど、不幸な歌ばかりだもんね。そこが好きなんだけど)
10)「いつもどおり」(「戸惑うほどあなたのこと・・・」とはじまる曲です。「ハッピーな曲で終わるのも何ですので(笑)」と言って歌われたバラード。「Beautiful Days」のカップリング曲。情報提供さなえさま)
encore)逢いたいから(これは片思いをしている男の子の立場からの名曲。思い当たる男子は号泣。最後にこれを持ってきて泣かせるなんて、ずるいよ・・・)

とまあ、こんな感じのラインナップでした。
初めて彼女の生声を聞いたのですが、良いですねえ。今回のような、小さな会場(といっても、大阪ブルーノートはそこそこ大きいハコですけど)での弾き語りというスタイルも、彼女の曲に合っていると思いました。
今度、妻と一緒に来たいなと思いました。

July 12, 2005

盗人猛々しい

この人、ホントに懲りないですねえ。「舌の根も乾かぬうちに」という慣用句がこれだけ似合う人も珍しい。

小泉さんを抜いて、このところの「失言王」である中山文部科学大臣が、また従軍慰安婦関連で、「失言」を。いや、これはもはや「失言」ではないですね。確信犯です。「従軍慰安婦なんていう自虐的な言葉は当時無かったんだから、今、そういう言葉を使うのはいかがなものか」という自説を、どうしても通したいらしいです。もう、ため息しか出ません。

なんでも、彼の以前の発言(このブログで取り上げました)を支持するメールが来て、「たくさんの若い人に支持してもらえたのはありがたい」とかいっているのだとか。大臣、はっきり申し上げますが、ものをロクに知らない若い人にいくら支持されても、あなたの説が正しいということにはなりませんよ。

しかも、大臣が引用したメールの一部というのが、記事によるとこれまたひどい代物。一番ひどいなあ、と思ったのが

「戦地にある不安定な男の心をなだめ、一定の休息と秩序をもたらした存在と考えれば、プライドを持って取り組むことが出来る職業だったという言い方も出来る」

という部分。絶句・・・。もはや、「想像力の欠如」という陳腐な言葉では、この荒涼とした様は描写できないような気がしてきました。あ、ありました。こういう言葉に一番似つかわしいのは、「盗人猛々しい」という慣用句でしょう。このようなメールを打った人間も、それを正当化の材料に使う大臣も、共に僕から見れば、この慣用句そのままです。
別に「羮に懲りて膾を吹」けなんて申しません。でも、「急いては事をし損じる」とも言います。もう少し、ご自分のご発言の影響力などを考慮して、ゆっくり発言なさってください。今、あなたのような大臣をいただいていることを、僕は日本人として非常に恥ずかしく思っております。
以上。

July 07, 2005

歯医者通いは修行だ

最近虫歯が発覚して、いそいそと歯医者通いをしている川瀬です。
今治療中なのは奥歯で、昔詰めたものを一旦取って、削って、新しい銀歯を詰め替えたりして、結構大がかりなことになっています。

まあ、好きな人っていないと思いますが、やはり歯医者さんは嫌なものです。もう、人生の辛酸を舐めるための修行のような気さえします。歯医者で人格が陶冶されたかどうかは怪しいところですが、そうでも考えなければやってられません。
どんなに優しい先生だろうが、結局痛い目に多少は遭いますからね。それに、歯医者って、経験的に当たり外れが激しいと思うんですよ。作家の原田宗典さんがご自身の歯医者運と床屋運の悪さをエッセイで書いていたと思いますが、僕も、歯医者に関しては、当たり外れが今までで半々だったと思います(今通っている歯医者は、これまでのところ「当たり」の部類。実は、教え子から「良いですよ」との評判を聞いて通い始めました)。今までで最悪だったのは、新婚当初に行った歯医者かな。新居の一番近くの歯医者に何も考えずに行ったら、僕の口の中を見て「ああ、こりゃひどい」とか散々叱っておいて、テクニックはないはで、とんだヤブでした。

で、今日の治療ですが、治療箇所が奥歯なので、ずっと大きく口を開けっぱなしで、疲れました。しかも、片方に麻酔を打たれていたので、自分では大きく開けているつもりでも、先生に「もっと開けてください」と何度もいわれちゃいました。一時間近く、顔は「踊る埴輪」状態。

でも、最近の歯医者さんは親切なんですね。何か次のアクションを起こすときは、必ず断りが入ります。
「今から削りますね~」
「ちょっとしみますが、我慢してくださいね」
「今から冷たいものが少し入ります」
「今からちょっと暖かいものを詰めますね」
「ちょっと歯石を取りますね(これは予告されても、思わず「ウガッ」と声をあげてしまいましたが)」
「ちょっと臭い物が入りますね~(一瞬どきどきしましたが、これは要するに接着剤の臭いでした。有機塗料っぽい臭い)」

でも、今日先生の言葉で一番びっくりしたのは、
「ああ、川瀬さんの親知らず、噛み合わせには関係ないから抜いても良いんですけど、将来他の歯がダメになったときに移植できるかもしれませんから、置いておきましょうね」
という言葉でした。えーっ、世の中、そんなに進歩しているんですか?歯医者の世界も、日進月歩ですね。将来、もっと良い治療が進展することを、将来もずっと掛かり続けるであろう僕は切に願っています。歯医者が修行の場でなくなりますように。

July 04, 2005

旧友との再会

今日はゼミを二つこなして、そのままそそくさと京都駅に向かう。
というのも、ほぼ10年ぶり(かな?)に、大学の同級生と会うことになっていたからだ。待ち合わせ場所は、京都タワー下のスターバックス。

今日待ち合わせたI崎君とは、宗教学科というどマイナーな学科の同級生。定員が15名のこぢんまりとした学科の同級生ゆえに(僕らの学年は定員いっぱいに来て先生方が驚いていました。一桁の学年も珍しくない)、結構僕らは結束力がある方・・・といいたいところだが、元々砂の集まりのような文学部(良くも悪くもマイペースな奴が多かったと思います)、卒業しちゃえば、実はそうそう会う機会もない。15人の内、ほぼ半分は既に音信不通だ(もう実名出しちゃうけど、和田君、野田さん、このブログ読んだら僕の方に連絡を)。
実はI崎君もその「音信不通者」の一人だったのだが、この前僕のホームページを見つけていきなりメールをくれて、連絡が付いたのだ。そして彼が今は東京を離れ京都にいると判り、逢うことにしたのだ。
僕がちょっと待ち合わせに遅れて(ゼミがちょっとだけ延びた)10年ぶりの感動の再会・・・といいたいところだが、お互いのあまりの変らなさにおもわず苦笑。でも、会った直後に呼び捨てにできる友人というのは得難いものです。お店の選択は、現在京都駅の近所に住んでいる彼にお任せ。彼が連れて行ってくれたところは、京都駅の北側の、渋い飲み屋が軒を連ねる通り。その中の「六角や」という煮込み中心のお店に入って、久闊を叙する。彼は大学卒業後、東京都に務めていたのだが、驚いたことに、彼はたった二年ほどしか務めず、すぐに辞めていたとのこと(その直後あたりから音信不通になっていたというわけだ)。これは今日初めて聞く話だったので、本当に驚いた。京都に来ているということは、都庁を辞めたということだとは思っていたのだが、そんなに昔の話だったとは。「石原が知事になったから辞めてやったのよ」というような気骨を感じる勇ましい話を聞きたかったわけではないが、気骨が無さ過ぎだ(笑)。そのあとは紆余曲折を経て、京都に辿り着き、いつの間にやら結婚までして(これも今日初めて聞く話)、現在は弁理士さんをしています。彼は学生時代穏やかでのんびりしているタイプかな、と僕は思っていたのだが、どうもそれは勘違いだったようだ。実は彼は頭の中がハイパーアクティヴな質で、公務員の仕事が面白くないと見切りをつけ、色んな職種について、結局は「手に職」とばかりに資格試験を受けていたのだ。僕の人を見る目も信用できない(ですから、僕があまり目を掛けなかった学生さんが後に大化けする可能性も大です)。
飲み屋のあとは、七条通西洞院のセカンドハウスに行って、酔い覚ましのコーヒーを飲みながら、おしゃべりが止まらない。いつもは無口な彼も、今日は何だか僕に乗せられたせいか、饒舌だ。あっという間に四時間ほどしゃべり倒して、再会を期して解散。改めて、遠慮無くものの言える大学の友人はありがたいと思いました。

« June 2005 | Main | August 2005 »