Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 旧友との再会 | Main | 盗人猛々しい »

July 07, 2005

歯医者通いは修行だ

最近虫歯が発覚して、いそいそと歯医者通いをしている川瀬です。
今治療中なのは奥歯で、昔詰めたものを一旦取って、削って、新しい銀歯を詰め替えたりして、結構大がかりなことになっています。

まあ、好きな人っていないと思いますが、やはり歯医者さんは嫌なものです。もう、人生の辛酸を舐めるための修行のような気さえします。歯医者で人格が陶冶されたかどうかは怪しいところですが、そうでも考えなければやってられません。
どんなに優しい先生だろうが、結局痛い目に多少は遭いますからね。それに、歯医者って、経験的に当たり外れが激しいと思うんですよ。作家の原田宗典さんがご自身の歯医者運と床屋運の悪さをエッセイで書いていたと思いますが、僕も、歯医者に関しては、当たり外れが今までで半々だったと思います(今通っている歯医者は、これまでのところ「当たり」の部類。実は、教え子から「良いですよ」との評判を聞いて通い始めました)。今までで最悪だったのは、新婚当初に行った歯医者かな。新居の一番近くの歯医者に何も考えずに行ったら、僕の口の中を見て「ああ、こりゃひどい」とか散々叱っておいて、テクニックはないはで、とんだヤブでした。

で、今日の治療ですが、治療箇所が奥歯なので、ずっと大きく口を開けっぱなしで、疲れました。しかも、片方に麻酔を打たれていたので、自分では大きく開けているつもりでも、先生に「もっと開けてください」と何度もいわれちゃいました。一時間近く、顔は「踊る埴輪」状態。

でも、最近の歯医者さんは親切なんですね。何か次のアクションを起こすときは、必ず断りが入ります。
「今から削りますね~」
「ちょっとしみますが、我慢してくださいね」
「今から冷たいものが少し入ります」
「今からちょっと暖かいものを詰めますね」
「ちょっと歯石を取りますね(これは予告されても、思わず「ウガッ」と声をあげてしまいましたが)」
「ちょっと臭い物が入りますね~(一瞬どきどきしましたが、これは要するに接着剤の臭いでした。有機塗料っぽい臭い)」

でも、今日先生の言葉で一番びっくりしたのは、
「ああ、川瀬さんの親知らず、噛み合わせには関係ないから抜いても良いんですけど、将来他の歯がダメになったときに移植できるかもしれませんから、置いておきましょうね」
という言葉でした。えーっ、世の中、そんなに進歩しているんですか?歯医者の世界も、日進月歩ですね。将来、もっと良い治療が進展することを、将来もずっと掛かり続けるであろう僕は切に願っています。歯医者が修行の場でなくなりますように。

« 旧友との再会 | Main | 盗人猛々しい »

心と体」カテゴリの記事

Comments

確か親知らずの組織は体内の組織の中で
一番繁殖が良いらしく、
親知らずに付いている肉?は皮膚移植にも
使われているらしいですよ。
ともふれ、ワタクシは四本全てガッツシ抜いてしまい、
老後の心配を今からしている訳です。
ワタクシの場合、あごが小さく、横に生えてしまい、
キレイに生えず、奥歯をガシガシと押して
痛いの何のって、歯並びも悪くなるらしく
一ヶ月かけて抜いてしまいました。
その間に、効率的?にダイエットが出来、良かった良かったと…

ちかさま
僕は、親知らずはひどい虫歯になった左奥の下だけは抜いたのですが、後の三本は中途半端なままで眠っています。僕もあごが細いのであんまり放っておくのは良くないと思うんですけど、先生が「残そう」とおっしゃいましたし、それに、周辺の細胞、そんなに繁殖力があるんですか?
口の中は毎日食物の荒波に洗われていますから、再生力も強そうですよね、全体的に。
あと、今日言われた言葉でしみたのは「悪い血は歯ブラシで歯茎をマッサージしてどんどん出しちゃいましょうね~」というご指導。要するに優しく「歯槽膿漏」を指摘してくださったわけですが、優しい言葉なだけに、胸に来ました(笑)。

 再び、ブログのカキコに挑戦。どうも日和見的に出来たり出来なかったりの模様で。

 歯の移植ですが、整形して抜けた別の歯の位置に埋めるくらいなら、そう遠くない将来出来るんじゃないですかね。それよりも口腔内壁の皮膚や皮下組織の維持の方が重要だと思いますけどね。
 今は、「悪い歯だから」「不要な歯だから」抜くという歯医者はドンドン減っており、なるべく既存の組織は残したまま活かすという治療方針に移行しつつあるという話もあります。歯科に限った話でもないのですが、組織の壊死でもなければ、組織の除去はそうそう安易にはしなくなると思いますよ。

 あと、「悪い血を除く」のは必ずしも歯槽膿漏(歯周病)とは限らないです。これはむしろ、東洋医学でいう「駆悪血(くおけつ)」に近い考え方で、「血の巡りや気の巡りを良くして、身体の中の調子悪いところを調子よくしていこう」というものかと思います。本当に歯槽膿漏なら、「血」とは言わないのではないかと。
 他方で、虫歯になりやすい人は歯槽膿漏(歯周病)にはなりにくく、逆?に虫歯になりにくい人は歯周病のリスクが高いのだそうです(→、そんな話を、いつぞや近所の歯医者で歯石除去をしてもらったときに聞きました;僕は後者です)。

横山さん

>なるべく既存の組織は残したまま活かすという治療方針に移行しつつあるという話

なるほどなるほど、良いことですね。ES細胞利用のような深刻なものはともかく、できるだけ「自腹」でまかないたいですよね。

>これはむしろ、東洋医学でいう「駆悪血(くおけつ)」に近い考え方で

なるほど、一種の「瀉血」ですか。

>他方で、虫歯になりやすい人は歯槽膿漏(歯周病)にはなりにくく、逆?に虫歯になりにくい人は歯周病のリスクが高いのだそうです

もしかしたら、僕は虫歯にもなりやすく、歯槽膿漏にもなりやすいタイプなのかも・・・。少なくとも虫歯にはなりやすいです。まあ、歯茎が健康でないことだけは確かのようです。

ご無沙汰しております。
休日でぼーーっとしていたのですが、親知らずが将来役に立つって!?というところで目が覚めました(変なヤツ)

わたしも4本しっかりあったのですが、1本だけ虫歯になり抜かれてしまいました(タカヤ先生と同じですね)
放置しておいても今のところ支障はないけれど、口が開けづらくなったら抜きましょう!と言われていますが、将来移植できるかもしれないのだったら、開けられなくなっても抜かないでいてもらおうと決心しました。

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/4865062

Listed below are links to weblogs that reference 歯医者通いは修行だ:

« 旧友との再会 | Main | 盗人猛々しい »