Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 虚心坦懐に読めば・・・? | Main | まあ、中継ぎの作品だしね・・・ »

November 04, 2005

うまくコントロールすること

人の相談に乗ると、いろいろなことを、これまでうすうす感づいてはいたのだけど、直視しようとしなかったことを考えさせられるきっかけになることがある。

昨日、そういう体験をした。

具体的なことは書けないので、抽象的な言い方に終始することになるが、相談しに来た彼も、それに乗る僕も、色々語り合いながらも結局「ルサンチマン」やら「ナルシズム」をうまくコントロールできるかできないか、というところをぐるぐる回っていたような気がする。
彼は相談の原因となった「ルサンチマン」を吐露する。それに対して偉そうに訳知り顔で「説教」してしまった僕は、あのとき「ナルシズム(要するに、相談されるほど信頼されている自分、という自画像だ)」を制御できていなかったと思う。共感に先立って、自分の言いたいことを、彼を待つ間に用意していた、といえばいいか。それを思い出して、少しだけ自己嫌悪に陥っている。これじゃ、まるで脅迫的言辞を弄ぶ某占い師みたいだ。しかも偉そうに「説教」しながら、いつの間にが自分の愚痴まで聞いてもらっている始末。

例えば無能な上司がいる。話の合わない同僚がいる。自分のことをバカにする友人がいる。こんな事はどこにでも転がっている話で、別段取り上げるほどの価値もない。
しかし「どこにでもあること」として処理できる人間と、処理できない人間がいる。恐らく僕も彼も、後者のタイプだ。処理するには、恐らくプライドが高すぎるのだ。
そして当然、ルサンチマンは発生し、それをルサンチマンの原因になっている人間に向けることもできない気弱な僕(たち)は、結局その呪いを自分に向けて、胃を痛める結果となる。そしてそんな弱い自分に自己嫌悪を抱くという負のループ。しかも、その負のループに陥っていること自体を何かしら誇りに思わずにはいられないというナルシズム。出口無しだ。やれやれ。

自分のナルシズムをうまくコントロールして、ルサンチマンへの回路を簡単には開かないようにすること。これは恐らく僕(と彼)の課題だろう。今はそれしか言えない。

« 虚心坦懐に読めば・・・? | Main | まあ、中継ぎの作品だしね・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

>ルサンチマンの原因になっている人間に向けることもできない気弱な僕(たち)は、結局その呪いを自分に向けて、胃を痛める結果となる。

川瀬先生からそう聞くのは意外! と思う全国の読者は多いと思うよ。

こいけ先生
んなわけないって。僕は人当たりのいい根暗なんですから(笑)。
でも、頑張ってそこに踏みとどまるのではなく、時には体の言うことを聞いて(要するに胃が痛み出したりしたら)、「焼き切れる」前に撤退、という選択が必要なときもありますよね。

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/6886371

Listed below are links to weblogs that reference うまくコントロールすること:

« 虚心坦懐に読めば・・・? | Main | まあ、中継ぎの作品だしね・・・ »