« 正しく哀しみ、正しく快復すること―須藤真澄『長い長いさんぽ』 | Main | ただ、瞑目するのみ »

January 20, 2006

鈴木祥子ライヴ@カフェ・アンデパンダン 

20060120_008さて、今日も行ってしまいました鈴木祥子さんのライヴ。去年僕が最後に見たライヴが祥子さんの拾得でのライヴ、今年初めてのライブが、このカフェ・アンデパンダンでの祥子さんのライブとなりました。
タイトルは「音、そしてコトバ~あるいは流れゆくエクリチュール~absolutely ALONE in cafe INDEPENDANT」というもの(「流れゆくエクリチュール」というのは、祥子さんの好きなM.デュラスの言葉だそうです)。「カフェ・アンデパンダン」(フランス語で読むんですね。エクリチュールもフランス語だけど)は、三条通りと御幸町通りの交差点にある、もと毎日新聞の社屋を改造したビルの地下にあります。
今日は早めに職場を切り上げて、いそいそと週末の繁華街へ向かいました。開場は7時、ということでしたので、6時台には会場に着いておこうと思い職場を出たら、思いの外バスが早く着いてしまって、5時半頃現地に到着。しかし、既にそこには、いつも祥子さんのライヴではお世話になっている大常連のRさんとYさんが一番前に陣取っていらっしゃいました。さすがだ。やっぱこの人たちには敵わない・・・。僕は前から10人目くらいに並ぶことになりました。
発行されるかも、といわれていた結局整理券は発行されず(整理券が発行されたら、一旦近くのカフェに行って休憩と腹ごしらえをしようと思っていたのですが、それが出来ませんでした。ちょっと誤算)、結局そのままなし崩し的にずっと寒空のもと、並ぶ羽目になってしまいました。

20060120_009いよいよ開場となり、RさんとYさんが、一番前の左側、ピアノの真ん前の「かぶりつき」の席、僕はその右側の席に座りました。7時過ぎ、祥子さんが登場。今日の祥子さんの衣装は、全体的に黒でまとめていました。黒のノースリーブに黒のスカート、そして黒のブーツ。でも、真っ黒なのではなく、ノースリーブは大きな花の模様があり、ブーツにも飾りが付いていました。
以下、今日のセットリストを書き、簡単な感想を挟みたいと思います(写真はスタート直前の舞台の様子です。こういう地下のスペースは、大学時代に友人たちが良く学生劇団で使っていたものと似ているので、何か懐かしかったです)。

1)甘い夜(いきなりこれですよ。曲名がなかなか思い出せず。祥子さんも緊張気味なのか、声が少しかすれていた。祥子さんはこの曲を歌っている夢を見たのだそう)
2)Love is a sweet harmony(ニューアルバムから。この曲から声も本調子に)
3)何がしたいの?(これもニューアルバムから)
4)Passion(これもニューアルバム所収。今回のライブで、僕は生でこの曲を聴けて感動しました。Passionというより、Tensionといった方が良かったかも。すごい緊張感がありました。あと、祥子さんが左手をまるでハンマーのように振り下ろすのがすごかったなあ。)
祥子さんはここまでやって「皆さん、私が暗いのは良くご存じでしょうが、今日は特に重めの選曲で(笑)」とあらかじめ宣言。

ここからギターで(ギターを弾く椅子が、まさに僕の至近距離。至福でした)。
5)だまって笑ってそばにいる女(これをギターでやるとは思わなかったなあ)
6)holdmethrillmetrustmeloveme (DVDでしか見たことがなかったから、これも感動)
再びピアノに戻って
7)He hit me and it felt like a kiss(キャロル・キングのカバー)
8)愛の名前(ニューアルバム所収。ライブではこのところ必ずやってくれる曲。歌詞も何となく覚えていました。愛は主観的でもなく客観的でもない。同感)
実はさっき祥子さんは歌詞をど忘れして一曲ギターでやるのを止めていたのですが、ピアノに立て掛けていた楽譜を見て「ごめんなさい、何を歌いたかったのか思い出した・・・」といって再びギターを手に取り、
9)あたしの場所で(実は、僕も喉からこの歌の冒頭部分が出そうだったのだけど、モジモジしていて祥子さんに教え損ねました「祥子さん、「情けない(夕日に)」ですよ」というと、何か変だし)
10)Love Is A Many Splendored Thing(映画「慕情」の主題歌)
ここまでで、第一部終了。

少し休憩を挟んで第二部開始。
11)Body and Soul(ビリー・ホリデイのカバー。アカペラで)
12)シュガーダディーベイビー(祥子さん曰く「私のトラウマソング(笑)」)
この辺りで、何故か祥子さんのMCが暴走。つらつらと話すうちに年齢の話になって、「私、去年40になったんですけど、39と40って、全然違いますよね。若いときは判らなかったけど。over 40の人は会場には少なそうだけど。今歌っている曲は39歳の時までに書いた曲だから、暗いのよ(会場爆笑)。40歳になった今は、「人生は全て流れゆくエクリチュール」というか、何かどうでも良いというか、水に流すというか、どんな愚行も過去のことさって感じで(大意)」という、「40歳になったら、人生に開き直れて、明るくなってきたぞ」というような祥子さんの、なんて言いましょうか、エイジング勝利宣言、いや、違うな、表現が難しいですが、そういうポジティヴな姿勢を伺うことが出来ました。まだ40にならない僕は正直まだ判りませんが、祥子さんはいい年の取り方をしているなあ、と常々思っておりましたから、何となく合点はいきます。
13)忘却(というわけで、暗い曲再開(笑)。「忘れた」僕もいつかあのことに対してつぶやく時が来るのだろうか)
14)Woman is the nigger of the world(John Lennonのカバー。歌詞もすごいよな、確かに。邦題も「女は世界の奴隷か!」だもんね。未だ変化しない現状に怒りを込めて。祥子さん曰く「ジョン・レノンって、なんて正直な人なの、と思いました」)
15)Gimmie Some Life(ライヴで聴くのは初めてだな)
16)Love/Identified(僕、この曲のドライヴ感が好きだなあ)
17)Blonde(15~17曲目まで、立て続けに一気果敢に)
18)曲名失念、洋楽のカバー

祥子さんは「この曲で終わりにしようかな、と思っていたんですが、少ないですか?」と聞いてきたので、もちろん僕たちは「もっと」の意を込めて大きな拍手。「何かリクエストあります?」との祥子さんの問いかけに、かぶりつきにいたYさんが「そしてなお永遠に」をリクエストしたら言下に「いやっ!」(でもこれはある意味巧まざる伏線だったのだ・・・後述)、Rさんが「完全な愛」(Rさん、やっぱりこの曲好きなのね)をいうと「ええ、あんな長いのを?」とこれまた却下。結局以下の曲がチョイスされました。
19)イケナイコトカイ(言わずと知れた岡村靖幸のカバー。でも、岡村ちゃんといえば、江口寿史の書いたマンガがちらついて困ります)
ここでちょっとトラブル発生。スピーカーが一つ、音割れを起こしちゃいました。ここで第二部が終了、以下はアンコールです。
20)そしてなお永遠に(祥子さんは「さっきリクエストしてもらって、いやっとか言って済みません。やります」とリクエストに応じてくれ、Yさん大満足。こんな「ツンデレ」攻撃受けちゃ、ファンの男子はひとたまりもないっすよ。「「完全な愛」は難しいので、また今度ね」とRさんにも言っていたし。ギターでの弾き語り)
21)すいか(これもギターで。今冬だけど)
22)夏はどこへ行った(ギター。これも今冬だけど。リクエストに応えて)
23)光の駅(これは昨年末の拾得でもやろうとして止めた曲。今回も祥子さんの中ではいまいちフィットしなかったようで、はしょって終了)
24)Happy Someday(ここからピアノ。なんか、最後の方が自然とサイモン&ガーファンクルの「59番街橋の歌」にスライドしていきました)
25)道(ニューアルバムのラストを飾る曲。ライヴもこの曲で締めとなりました)

いやあ、「これで終わろうと思うんだけど」とか言ってからも多くの曲を歌ってくださり、今回もまた大サーヴィスをしてくださった祥子さん、大感謝です。
そしてライヴのあとは、このところ恒例のサイン会。今回は、25日に発売予定のニューアルバム「鈴木祥子」(自分の名前そのままのタイトル)が会場先行発売され、僕も当然それを買って列に並び、ライナーノーツにサインをしていただきました。
20060120_011その後、Yさんと立ち話をしていたら、この前このブログにコメントを書き込んでくださったHN十六夜さんが僕を発見して話しかけてくれて、しばらく3人で話しました。大分会場も人がいなくなったのを見計らって、僕は十六夜さんに「せっかく遠くからいらしたんですから、祥子さんと写真を撮ってもらったらどうです」と、「その後なし崩し的に自分もご相伴にあずかろう」という計算(下心)のもと、お勧めしてみました。やはり、一人でお願いするのは勇気がいりますので、僕と十六夜さんは二人して、サインが終わりそうな祥子さんに近づいていって、「一緒にお写真、お願いします」と言って、二人とも撮っていただきました。十六夜さん、ダシに使ってしまい申し訳ありません(笑)。皆さんは左のしょぼくれた男の存在は無視してくださってけっこうです。祥子さん、ありがとうございます。妻よ、許せ(笑)。
というわけで、浮かれ気分で本当にスキップしながら地下鉄の駅へと急いだ僕なのでした。腹減ってたけど。

|

« 正しく哀しみ、正しく快復すること―須藤真澄『長い長いさんぽ』 | Main | ただ、瞑目するのみ »

Comments

川瀬さん、この日記は素敵すぎます~。ライブの台本かと思いました(笑)
祥子さんの言葉や会場の雰囲気などが鮮やかに蘇ってきました。
今回のライブも、祥子さんの声や楽器の音や歌詞が体に沁み込んで居心地の良い時間を過ごしました。あれくらいのスペースだと一体感が生まれて、嬉しくなってしまいますね。

さてさて、写真。。。の件ですが。
上手に乗せてもらって(笑)
おかげ様で、大切な記念になりました☆
思い切って声をおかけして良かったです。
本当に、昨夜はありがとうございました。


Posted by: 十六夜 | January 21, 2006 at 02:17 PM

さっそくのライブ情報本当に有難いです。昨日は一日ずーっとライブの事考えてました。しかし平日の夜に京都までの遠征はやはり無理で、そんな自分の立場をとても悲しむと共に、ここにライブの様子が書き込みされるのを楽しみにしていました。会場の写真まで載っていてとても嬉しかったです。今回はサインと写真も撮っていただいたようで、すごいですね。私もこの日記を見ながら自分も行った気分になれました。これからも情報よろしくおねがいしますね。
っていうか次は私も是非参加出来るように頑張ります。

Posted by: murai | January 21, 2006 at 05:26 PM

十六夜様、早速のコメントありがとうございます。喜んでいただけて嬉しいです。
写真は、これはもう「お宝」ですよね。
僕が撮ったのが、ちゃんと映っていればよいのですが(十六夜さんが撮ってくださったのは、ブログに載せているように、ちゃんと撮れていましたよ)。
今日は、ずっとエンドレスで『鈴木祥子』を聴いています(飯の最中も掃除の最中もネット中も)。
またどこかのライヴ会場でお会いできれば、と思います。

muraiさま、今回はお会いできず残念でした。祥子さんのお話によると、3月は東京の方でライヴがあり、5月頃から、このニューアルバムをひっさげての全国ツアーを企画しているそうです。その時、京阪神のどこかのライヴ会場でお会いしましょう。

Posted by: 川瀬 | January 21, 2006 at 05:32 PM

川瀬さん、早速のアップ感謝です!
行けなくて、悔しいったらありゃしない。楽しみにしていただけに・・・。
ブロンドまでありですか~!?(泣)

しかし、前で観れて、よかったですね~~~!さすがRさん。写真も祥子さんかわいいし☆よかったですね。

5月、楽しみに待つことにします♪

Posted by: みきてぃ | January 21, 2006 at 07:36 PM

川瀬さんの左側だった女です、
昨日はありがとうございました♪

充実したレポをありがとうございます、
昨日を思い出しながら読みましたよ。

率直な感想…写真いいなー!です(笑)

TBさせて頂きました☆

Posted by: けいたん | January 21, 2006 at 09:51 PM

みきてぃさま、昨日は来られなかったようで残念でしたね(さなえさんから聞きました)。また祥子さんは今度ツアーをやるようですから、その時にまた会いましょう。

けいたんさん、昨日は初めまして&これからも宜しくお願いします。確か6月、8月のライブの際もTBを送ってくださいましたよね。あなただったのですね。ブログ名が変わっていたので(どっちも祥子さんの曲からですが)、最初判りませんでした。

ではでは~。

Posted by: 川瀬 | January 21, 2006 at 10:43 PM

前回もお邪魔した絢子と申します。
今回のライブレポートも期待しておりました。
さすが!の充実したレポートに感激です。
5、15,16曲目辺りのセットリストを拝見して、いけるものなら行きたかった、、の思いでいっぱいになりました。
お写真、素敵ですね。私も祥子さんとお写真に写れたら、、(涙)
先ほどは私のページに来てくださって、ありがとうございました。たいしたことを書いていないのですが、日記を「全体に公開」にしてみました。好きな曲を書いてみました。
これからも、臨場感あふれる素敵なレポートを期待しております。長々と失礼しました。

Posted by: 絢子 | January 22, 2006 at 08:53 AM

何度も失礼します。
祥子さんのことは、プロフィールにまとめて、日記の「全体に公開」は、ひとまずやめることといたしました。
プロフィールには、祥子さんに魅かれる理由と、好きな曲を書きました。全曲好きなのですが、これこそは!というのを選んでみました。つたなくて、お恥ずかしい限りです、、。

Posted by: 絢子 | January 22, 2006 at 12:30 PM

絢子さま

感想ありがとうございます。前のコメントにも書きましたが、3月とか5月以降に東京で祥子さんのライヴがあるようですから、顔を出されてみてはいかがですか?ホームページに近々告知がでると思います。3月は銀座山野楽器と吉祥寺マンダラだったかな。

ということで、祥子さんのライヴレポートは数ヶ月ない予定ですが、これからもちょくちょく遊びに来てください。

Posted by: 川瀬 | January 22, 2006 at 09:51 PM

見に来ました(^-^ )
ライブの様子がよくわかりました。
写真って、これですね!すごーいっ。
まさにお宝ですね。

Posted by: しずく | January 23, 2006 at 08:56 PM

しずくさま
ちょっとだけ言い訳しておきますと、実は、ツーショットなんてことは最初考えていなかったのですよ。サイン会の時、祥子さんが気軽に写真撮影に応じておられて、その様子を見て、できれば祥子さんのポートレートを撮れたら、と思っていたら、勢いでツーショットを撮っていただけることになったのです。緊張のあまり、顔がこわばってしまっているのがお判りになると思います(笑)。祥子さんはにこやかにピースサインまでしてくださっているのに・・・不甲斐ないです。

Posted by: 川瀬 | January 23, 2006 at 09:22 PM

何故だか働いていたさなえです(笑)
あの後2時半まで飲んで(お茶ですが)、朝7時に起きて上京したので、レポはまだ書けてません。今週は暇なので、のんびりと書こうかなぁ~と。

3月の東京は19日山野楽器にてインストア、21日は吉祥寺マンダラ2にて鬼木雄二さんとの対バンです。21日は行きますよ~。

Posted by: さなえ | January 24, 2006 at 10:35 AM

列に並んでいるとき「今日はさなえさんいないなあ、仕事が忙しいのかなあ」と思っていたら、スタッフとしての仕事が忙しそうだったので、びっくり(笑)。
というわけでさなえさん、スタッフとしてのレポを期待しております。

Posted by: 川瀬 | January 24, 2006 at 11:30 AM

はじめまして。
ワタクシ、祥子さんのライブ音源発売プロジェクト(?)CHILDBOOK ON THE LINEのネット通販を担当しているネットショップgalaboxの店主でございます。
年末ライブや、カフェ・アンデパンダンでのライブに参加された方々は、
きっと現地調達されたことと思いますが、、、
当方ではライブ盤
『suzuki syoko in“Love is a sweet harmony”w/E-cups』
元気に販売中です。よろしかったらゼヒ。。。
どうぞよろしくお願いいたします。

宣伝で申し訳ないです。 シツレイいたしました。。。

Posted by: ガラボ店主。 | February 20, 2006 at 05:06 PM

川瀬様・いつもお世話になっております。詳細なライブレポートにただただ感心するばかりです。自分などは記憶力が足りないのでレポートを読み返して楽しんでいます。(リクエスト却下・笑) 
今後ともup宜しくお願いします。
ライブもモチロン楽しいのですが皆さんのおかげでライブが何倍も楽しくなりますね。 川瀬さん・さなえさん・みきてぃさん・川口さん・川崎さん・よしみさん・ またお会いしましょう

Posted by: りゅう | March 03, 2006 at 05:12 PM

りゅうさん、こちらこそ社交辞令ではなく、いつもお世話になっております。僕にとっては、まさに大恩あるりゅうさんにコメントを書いていただけて、嬉しいです。詳細なライヴレポートとおっしゃってくださいますが、これは僕がリクエストもできないヘタレとして「第三者的視点」を持っているからなのではないか、と思います(笑)。

Posted by: 川瀬 | March 03, 2006 at 07:18 PM

川瀬さん・お返事ありがとうございます。私は今回 東京遠征は無理でした・祥子さんの5月ライブスケジュールが気になります・日によっては参加できないかも なので。  ガラボ店主様 >ラブイズスイートハーモニーライブの発売はとても嬉しいです。保存用にもう一枚 と思ってます
第2弾の発売も期待してます。

Posted by: りゅう | March 17, 2006 at 08:08 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/8241187

Listed below are links to weblogs that reference 鈴木祥子ライヴ@カフェ・アンデパンダン :

» [music]鈴木祥子live〜音、そしてコトバ〜あるいは流れゆくエクリチ [めんちかつの腰くだけ日記]
ュール〜absolutelyALONE in cafe INDEPENDANT さて、では今年最初のライヴのことなど。今日は長いです(^^;) 先着順に入場ということだったので、開場1時間前に行ったのですが、すでに地下の入り口から行列があふれていて、並んでいる人に「これは何の行列ですか?」と一応尋ねてみたら「ライヴの受付です」と予想通りのお答えを頂いたので、寒空の中、1時間待ち続けることになりました。こういう時、iPodはありがたいですね。シャッフル再生しながら時間をつぶします。列の後方にはid... [Read More]

Tracked on January 21, 2006 at 06:10 PM

» 鈴木祥子『音、そしてコトバ~あるいは流れゆくエクリチュール~absolutely ALONE in cafe INDEPENDANT』京都カフェアンデパンダン。 [LOVE/IDENTIFIED]
京都に行くのは精神的に結構キツいな…。 私もとうとう年齢を感じるようになりましたか。 京都まで行く、という行為が本気でおっくうでした。 で、案の定、京都で迷子になるし。。。 オサレな喫茶店で1時間くらいまったりして、会場で並ぶ。 並んだ甲斐もあり、最前確保..... [Read More]

Tracked on January 21, 2006 at 09:48 PM

» ようやく「鈴木祥子」について。 [Bass★Base]
スタジオ録音の新作としては、実に5年ぶりとなる、鈴木祥子のニューアルバム。 その [Read More]

Tracked on February 06, 2006 at 10:43 PM

« 正しく哀しみ、正しく快復すること―須藤真澄『長い長いさんぽ』 | Main | ただ、瞑目するのみ »