« 追いつめられての「自画自賛」 | Main | 城崎温泉旅行にて »

March 23, 2006

贈る言葉

 皆さん、ご卒業おめでとうございます。めでたいのか、おめでたいのかよく判りませんが、とにかくおめでとうございます。

 さて、君たちの学年は、僕にとっては忘れられない学年になりそうです。と言うのも、僕はこの大学に4年前に着任しましたが、それと同時に入学したのが君たちだったからです。つまり、1年生の時から卒業までを見送った、最初の学年ということになります。これは僕の教員生活で、最初で最後のもの、ワン&オンリーですので、忘れがたい、と思っているわけです。もちろん忘れがたい理由は他にも色々ありますが、差し障りがあるので、この場では申しません。

 君たちを見ていると「人間は4年間でここまで成長するものか」と非常に驚いた面もあります。特に、卒論に取り組んだこの半年間で驚くほど見違えた人もいます。逆に、それまでの3年半は何をしていたのか、ということも言えるのですが。

 ちょっと話はそれますが、僕などはよく、夜、布団の中で学生時代の恥ずかしい思い出が突然湧いてきて、その恥ずかしさに身悶えすることがあるのですが、君たちを見ていると「学部生って、こんなもんだったっけ」とホッと一安心して心の平安を得たこともありました。特にゼミ合宿や飲み会で君たちがお酒の勢いでばらしてくれたことを聞くにつけ、僕の若い頃はそんなに間違っていなかったんだと確信が持てました。ありがとうございます。つまり、成長しても、してくれなくても、どちらにしても、僕の心にとって君たちは「有り難い存在」でした。

 今、卒論の話をしましたが、数ヶ月前まで、君たちも苦しみ、教員側も苦しんだ卒業論文の思い出が、これまた思い出したくもないのに走馬燈のように駆けめぐります。これも一種のPTSDによるフラッシュ・バックでしょうか。

 去年の卒業生、つまり君たちの一つ上の学年の諸君も、「個性的」な学生が多く、その指導には結構苦労しました。皆さん、先輩の顔を思い浮かべて、思い当たる節があるでしょう。特にそこで笑っている人。  去年の今頃は「ここまで指導に苦しむ学年はないだろう」と思っていたのですが、あに図らんや、その読みは甘かったです。次の学年たる君たちにこれほど苦労させられるとは、神ならぬ僕には見通すことはできませんでした。君たちで心当たりのある人は、しっかり反省して、社会人になってもその気持ちを忘れないでください。僕も「人を見る眼の甘さ(無さ)」を虚心坦懐に反省しなければなりませんが。

 さて、卒論の「効能」ということを考えてみますと、論理的思考をこれで養えた、という効能を声高に主張するのは、君たちの卒論の出来を考えるとちょっと躊躇してしまいますが、一つ確実なものがあります。それは「自信」です。社会に出られても、「私ですら、卒論、どうにかなったんだから」というポジティヴな方向で考え、何事にも立ち向かうようにしてください。もしかしたら、卒論の効用は、そういうポジティヴ・シンキングの元になってくれることだけなのかもしれません。

 さて、君たちが卒業式の後開催してくれる「謝恩会」というものがあります。今年もしてくださるそうですね。ありがとうございます。去年まで僕は「謝恩だなんて、そんなにたいしたことはしていないのに」と申し訳ない気持ちでしたが、今年からは「謝恩してくれ」という気持ちで一杯です。しっかり謝恩されたいと思います。

 今後の君たちの人生が素晴らしいものであるようにお祈りいたします。これだけは冗談ではありません。皆さんの前途を祝します。

|

« 追いつめられての「自画自賛」 | Main | 城崎温泉旅行にて »

Comments

卒業シーズンですねぇ。
川瀬教授様、そして学生さん、お疲れ様でした。
そして、おめでとうございます☆彡

ワタクシは女子大で、教授はおじぃちゃんばかりでしたので
謝恩会はまさに枯れ木に花の勢いでド派手でした。
振り袖、チャイナ、さらには水っ気たっぷりドレスの若い姉ちゃん達で
教授に、お酌に腕組み、膝乗り、さらにはチューまでして、
キャバクラかクラブかと言うような接待ぶりで
教授を酒で潰すだけのようなパーティーで謝恩しました。
できる限りの謝恩でした。懐かしいです。

ワタクシの場合はそんな、涙の謝恩会の翌月には
「じゃ、またよろしくっすー」とのうのうとマスター入学したものですから
新歓で今度はこちらが教授に潰され返されたという
何とも懐かしい思い出です。

春と言う季節は良いですね。

Posted by: 千香 | March 23, 2006 at 08:58 PM

今年の謝恩会は、初めて「酒抜き」だったのですよ、これが!!
まあ、暇な連中を無理矢理引き連れて、夜飲みに行っちゃいましたが。
今、昨日撮影した写真を現像して、それを眺めていますが、やはり一抹の寂しさを覚えますね。

>ワタクシの場合はそんな、涙の謝恩会の翌月には
「じゃ、またよろしくっすー」とのうのうとマスター入学したものですから
新歓で今度はこちらが教授に潰され返されたという
何とも懐かしい思い出です。

笑ってしまいました。僕は結局大学から「卒業」できずに今日にまで至っています(笑)。

Posted by: 川瀬 | March 24, 2006 at 03:56 PM

寂しく思いながらも、案外また大学に訪ねてくる子もいると思いますよ。
ワタクシも年1ながらも恩師にお礼参り☆に行っていますから。
「あぁ…まだ生きていて良かった…」と言う確認に行くわけです。
恩師はもぅ70代前半ですので、できる限りワタクシの結婚式までは
生き残っていていただきたいと考えているのです。
スピーチ頼みたいですからねぇ…。
今年度は会いに行けなかったので、春にでも会いに行く予定です。
川瀬さんのお話で、ワタクシも懐かしい思い出がフラッシュバックで
ホロリとしてしまいます。

Posted by: 千香 | March 25, 2006 at 10:44 PM

 川瀬さん、ご無沙汰です。
 卒業の季節ですね。
 僕の「職場」(→現在の身分が学部研究員なので、こう書かざるを得ない)でも、後輩の博士課程の院生が何人か巣立っていきました。
 「今日が(この研究室に来る)最後です。長い間お世話様でした」等と言われちゃうと、何のお世話もしていないのに...とか本音でつい思ってしまし、他方で思わず今後に幸多かれと祈ってしまいます。
 僕の場合は優秀な後輩ばかりで、川瀬さんの所感とは恐らく全然違うものかも知れませんが、その一方でとりあえず自分も早く今の大学を「卒業」したいなという気も多少有ります(まかり間違って「卒業」後の職場が同じ大学だったりするかも知れませんけれど)。

 ところで、医学図書館脇の桜がまもなく満開です。
 さっき通りがかったら、学生達の集団が数グループ宴会をしてました。

Posted by: 横山 雅俊 | March 27, 2006 at 08:55 PM

横山さん、お久しぶりです。
卒業式での感慨って、「お世話していないのに」というか、「もっとお世話してあげれば良かった」という忸怩たる思いが湧いてくる、といった方が、僕の場合は正確ですかね。
でも感傷に浸っているまもなく、もうすぐ新入生がやってきます(実は、今日後期の入学手続きでした)。早く準備をせねば。

Posted by: 川瀬 | March 28, 2006 at 01:19 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/9178798

Listed below are links to weblogs that reference 贈る言葉:

« 追いつめられての「自画自賛」 | Main | 城崎温泉旅行にて »