« 久々の学生劇団鑑賞 | Main | 修学旅行顔負け »

April 30, 2006

「顕彰」はする、でも「慰め」にはしない

Shimamori 昨日、もと読売新聞記者の田村洋三さんの著書『沖縄の島守―内務官僚かく戦えり』(中央公論新社、2003年)を読みました。これは、戦争末期、沖縄で最後まで奮闘した島田叡(あきら)沖縄県知事と、荒井退造県警部長という二人の「文官」の足跡を、生き残った周りの人々の証言から再構成したもので、非常に感銘を受けました。ちなみに田村さんは、同じく沖縄戦で自決した海軍司令官大田實の伝記も書いています(『沖縄県民斯ク戦ヘリ』講談社)。なお、島田知事に関して一番有名な評論は、島田知事の第三高等学校の後輩であった英文学者で評論家だった中野好夫の「最後の沖縄県知事」でしょう(中野好夫集8『忘れえぬ日本人/人間の死に方』、筑摩書房、1985年)。僕も島田知事についてはこの評伝で知りました。

戦況は絶望的になり、沖縄は本土の「捨て石」とされ、多大な被害と悲惨な記憶を持たされることとなったわけですが、何と言っても聞くのが辛い証言は、戦争末期の日本軍の県民に対する「暴力」です。食料を奪う、住民が避難していたガマ(洞窟)から追い立てる、鳴き声が聞こえるとまずいからと赤ん坊を殺す、というような酸鼻きわまる事件はこれまでも繰り返し語り継がれてきました。
そしてこの書では、そのような「この世の地獄」の中で最後まで冷静さと優しさを失わず、今も沖縄県民に慕われている島田知事と荒井部長が「顕彰」されているわけです。もちろん、僕もこのお二人の人柄に感銘を受け(まさに「noblesse oblige」を地でいくような人たちです)、思わず涙ぐんでしまった口ですが、気をつけなければならないのは、「こういう希有の存在」を内地(ヤマト)の「免罪符」にしてはならない、ということです。内地から派遣された官僚や軍人にも素晴らしい人材がいた、という事実を持ち出して、安易に慰めにはしてはいけないのではないか、と思いました。もっと言えば、こういう素晴らしい人材を犬死にさせた大きな時代状況をやはり「憎む」必要がある、ということです。この書を読んで思ったのは、以上のようなことです。

追記:現在、沖縄戦の生き残りの元軍人が「私は住民に集団自決を命じてなどいない」と、『沖縄ノート』を書いた大江健三郎氏と出版元の岩波書店を名誉毀損で訴えるという裁判を起こしているそうです(この裁判の原告を支援する人びとの顔ぶれを見ると、なるほど、こういう運動か、というのが判りますが・・・)。「命令などしてない」という一点突破を計りたいようですね。ここに書かれているように、「命令」があったかどうかは、問題ではありません。そのような時代背景のもと、どのような「力学」が働いていたかどうかが問題なのです。これは、例えば従軍慰安婦に軍が関与しているかどうか、というのを命令書の有無だけで片付けようとする流れと軌を一にするものといえるでしょう。

|

« 久々の学生劇団鑑賞 | Main | 修学旅行顔負け »

Comments

 興味深い本ですね。是非買って読みたいと思います。
 史実を伝える著作に関しては、その史実から得られる教訓の正当性〈妥当性と言ってもいいですけど〉が常に問題になるような気がしますが、思うにその正当性を検証する側の態度と、検証結果に対する意見への反応との間には、一定の関係があるような気がします(端的に、検証結果に関する意見に対して、何らかの妥当なコメントを返してくれる方々の見解は、少なくとも僕と川瀬さんのそれと大きく異ならない気がするのですが)。

 それにしても、追記の部分、懲りない面々のやらかす迷惑というか何と言うか。
 ただ、こうした運動を告発していくことそれ自体は、学問と社会との関係を健全なものにするためにも大事ですね。簡単ながら敬意を表し、ささやかな賛意に代えます。

Posted by: 横山 雅俊 | May 01, 2006 at 09:58 PM

横山さん、ホント「歴史の教訓」って難しいんですよね。例えば、極端な例ですが、「敗戦」という体験にしても「もう二度と過ちは繰り返しません」と誓うか「今度はうまくやります」と誓うか(笑)で、大きく違いますよね。まあ、靖国賛成派の人も、さすがに「今度はうまくやります」とは思っていないでしょうけど、この本を読んでしまうと、沖縄で死んでいった兵隊に対して、素直にその死を悼むような気持ちには、申し訳ないけどなれませんよね。
あと、追記に書いた裁判ですが、当然僕も被告側を応援しています。

Posted by: 川瀬 | May 01, 2006 at 11:14 PM

お久しぶりです。
この本、私も蔵書にしております。
島田や荒井のような存在をもってしても防げなかった
事態、こそ問題にするべき、ですね。
>「力学」
私のブログでも最近なぜか「慰安婦」論争が勃発していましたが(笑)、
相手の側では「力学」=当時の価値観だからしょうがない。
で終わってしまうのです。

したがって「命令」という具体的な形からしか
ものを考えることができない、といいますか。

Posted by: 虎哲 | May 02, 2006 at 06:32 PM

虎哲さん

>私のブログでも最近なぜか「慰安婦」論争が勃発していましたが(笑)、相手の側では「力学」=当時の価値観だからしょうがない。で終わってしまうのです。

実は、こっそり覗いておりました。彼らに誠実な対応をする虎哲さんはえらいなあ、と思っていました。
当時の価値観だからしょうがない、と言ってしまったら、同時代の欧米の植民地政策も「しょうがない」の一言で片付いてしまって、批判できなくなるんですがねえ。

「命令という具体的な形」という点ですが、この裁判では、本当に「自決しろ」といったのかどうか、と言う物凄く狭いところに持っていって「勝負」しようとしているようです。手榴弾渡されて「いざというときは、判っているだろうな」と軍人にすごまれれば、それは「命令」だと、僕が当時の沖縄県民なら判断するところですがねえ・・・。

Posted by: 川瀬 | May 02, 2006 at 07:48 PM

>こっそり覗いておりました。
なんとまあ、お見苦しいものをごらんいただきまして。
相手がどういう人かわからなかったんですが、ようやく「『赤旗』を20歳ごろまで信じていた」と言ってくれました。奇妙に納得してしまいました。
「慰安婦」問題は正直ちゃんと勉強してなかったので、頭を整理するいい機会になりましたよ。

Posted by: 虎哲 | May 03, 2006 at 06:09 PM

わたしも、この本を読みました。しかし、川瀬さん、読書の幅が広いですね。

沖縄南部の摩文仁・糸満平和祈念公園の「島守之塔」にも行きました。本書で県庁の壕があったといわれている繁多川は沖縄県公文書館に行く時によく通ります。

さて、わたしが印象深かったのは、官僚・役人や軍人(この中には本土出身者だけではなく、沖縄人も含まれていた)、そして、知事(島田叡知事の前任者、泉知事)までも出張を口実に軍に守られて沖縄を逃げだし、帰ってこなかったということです。民間人の本土避難(「疎開」)は泉知事の怠慢で大幅に遅れ、本土─沖縄間の制海権・制空権が完全に米軍に握られてから行われたので、多大な犠牲者が出た。そのことは本書でもふれれていたと思います。

実は、教会も同じでした。戦前沖縄にいた本土出身の牧師の大半はその疎開船の引率で沖縄を離れ、沖縄人牧師のなかには「犬死にしたくない」との言葉を残して沖縄を逃げ出した者もいました(この方は戦後何食わぬ貌をして沖縄に帰ってきて、バプテスト教会の指導者になりました)。結果、沖縄戦終了時には残った牧師の大半は「戦死」し、生き残ったのは沖縄島に牧師1名、伝道師1名、石垣島に1名(この方は45年8月末にマラリアで死亡)のみでした。沖縄の信徒は牧師に見放され、戦火のなか四散し、教会は“自然消滅”したといわれています。

K女学院大学でのキリスト教学の講義でこのことを学生に話すと、少なからずショックを受けるようです。わたしもそうでした。

Posted by: one(AI) | May 14, 2006 at 10:02 AM

AIさま、コメントありがとうございます。僕も二月の出張で、沖縄公文書館に行きました。あの辺りが「物語」の舞台だったんですね。

「敵前逃亡」を色んな人がやっていたというのは知っていましたが、牧師さんもでしたか・・・。教会の「自然消滅」というのも、考えてみれば凄まじい話ですよね。
こういうある意味分かり易い「戦争責任」も重要ですが、それ以前に沖縄などに強いられてきた諸々の施策も改めて考えてみたいと思います。

Posted by: 川瀬 | May 14, 2006 at 11:35 AM

こんにちは。

>「命令などしてない」という一点突破を計りたいようですね。ここに書かれているように、「命令」があったかどうかは、問題ではありません。そのような時代背景のもと、どのような「力学」が働いていたかどうかが問題なのです。>川瀬さん

全くそのとおりだと思います。

命令という形式が存在したか否かという点でいえば、もしかすると多くの場合存在しなかったかもしれない。

しかし、重要なことは、それでは生殺与奪の支配権ないし自由を住民自身が持っていたか否かです。もっていなかったとすれば、実質的に彼らの行動規範となり住民の行為をコントロールする地位にあり支配していたのはなんだったか、すなわち命令されたと同等に評価できる行為が存在したのではないかということが問われるように思うからです。

これは例えば、脅迫行為という刑法上の構成要件解釈を考えると非常に分かりやすいと思います。

集団強姦しているさなかに、計画に参与していない仲間がふらっと現れて現場の状況を察知したうえで「ちょっと財布を貸してくれ」といって被害者から黙って財布を手渡されたケースを考えると、すでにつくりあげられた被害者の反抗抑圧状態を利用して、財物を窃取する行為は、窃盗ではなく、強盗と解釈されるべきです。また「貸してくれ」という文言についても、「貸した」のではなく「むしりとられた」と評価すべきです。

刑法の理論というのは、こういう実質的な判断をいかにテクニカルに行うかという問題を扱うわけですが、実質的にどのような行為であったかという判断は、刑法解釈にかぎらず、多くの紛争で重要なことだろうと私は思っています。

近年、ブログやインターネットの言論でしばしば、社会的コンテクストにおける行為の位置づけという実質的評価を意図的に忌避して、”ファクト”あるいは客観的な証拠に基づいて議論しなければならない、とかいう妙に薄っぺらい理屈が横行しているようにみえます。

もちろん、コンテクストの解釈はデリケートなものですし、そこに全く何の思想も価値判断もまじえずに中立的な判断ができるわけではなく、評価の主観性というものにある程度センシティブな感受性をもっていなければならないことはいうまでもないことです。

しかし、だからといって、「命令という形式が存在した証拠はない」ゆえに命令という実体はなかった、と結論付けるのは、前述の事例でいう、「貸してくれ」といったのであって脅迫はなかった、と結論付けるのと同じ誤りを犯している可能性があると思うわけです。

Posted by: スワン | May 14, 2006 at 01:27 PM

スワンさま、コメントありがとうございます。僕は法学的なものには疎いのですが、「強迫行為」の構成要件のお話は、すんなり理解できました。あと、

>近年、ブログやインターネットの言論でしばしば、社会的コンテクストにおける行為の位置づけという実質的評価を意図的に忌避して、”ファクト”あるいは客観的な証拠に基づいて議論しなければならない、とかいう妙に薄っぺらい理屈が横行しているようにみえます。

というスワンさんの危惧は共有しています。例えば「言った」「言わなかった」「公文書があった」「なかった」という単純な事に問題をわざと収斂させ、全体の文脈を無視するような動きは、良く歴史修正主義者が執る手段だと思います(『マンガ嫌韓流』などは、まさにその典型例です)。

Posted by: 川瀬 | May 15, 2006 at 03:30 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/9831532

Listed below are links to weblogs that reference 「顕彰」はする、でも「慰め」にはしない:

» [読書]沖縄の島守〜内務官僚かく戦えり [chomoの日記]
沖縄の島守ISBN:4122047145価格:¥1,250posted with 簡単リンクくん at 2007. 2.12田村 洋三著中央公論新社 (2006.7)通常2-3日以内に発送します。ISBN:4122047145価格:¥1,250オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る  単行本で読んだのだがリンクはおそらく手に入れやすいで... [Read More]

Tracked on February 12, 2007 at 09:39 PM

« 久々の学生劇団鑑賞 | Main | 修学旅行顔負け »