Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« April 2006 | Main | June 2006 »

May 20, 2006

「韓流」は何をもたらしたか?

5月20日に大阪市立大学で行われた国際高麗学会のシンポジウムに参加してきました。僕はこの学会、参加するのは初めてでした。
シンポのテーマは「どうなる日韓関係:韓流と嫌韓流、二つの潮流を読む」というもの。パネラーとして、以前からの知り合いの先生方が参加していたので、そのお顔を拝見しに行ったのでした。

シンポジウム「どうなる日韓関係:韓流と嫌韓流、二つの潮流を読む」
コーディネーター 朴 一(大阪市立大学)
第1報告 姜誠(ノンフィクションライター)
第2報告 綛谷智雄(第一福祉大学)
コメンテーター:藤永壯(大阪産業大学)、高吉美(兵庫部落解放人権研究所)

コメンテーターを務められた藤永先生とはもともとの知り合い(僕から見れば、朝鮮近代史研究のの先達です)、綛谷先生とは、ネット上でやりとりをしていたのですが、実際にお会いするのは初めてでした。実は、このシンポは、『まじめな反論 『マンガ嫌韓流』のここがデタラメ』(コモンズ)という本の出版に合わせたもので、パネラー、コメンテーターの先生方は、この本の執筆者でした。
シンポジウムでは、様々な問題提起がなされましたが、印象深かったのは、以下に挙げる点でした(以下のまとめの文責は僕に帰します)。

Antikenkan まず、姜誠さんの発表とコメントですが、「嫌韓」は、様々な要因が組み合わさっているとの指摘が印象的でした。まず、「嫌韓」と対をなす「韓流」ブームですが、その担い手となった「冬ソナ」支持者の実年女性に対するバッシングというのも、ちょっと前の男性向け雑誌には顕著だったそうです。これなど、racismとsexismの組み合わせといえるでしょう(この話を聞いて、僕は大袈裟かも知れませんが、例えば金子文子や、「日本人妻」の問題を思い出しました)。「嫌韓」の発露は韓国と日本の外交問題(戦後補償問題、靖国問題、従軍慰安婦問題など)や、北朝鮮の拉致問題などが勿論引き金になっていますが、国内的な要因も大きいのでは、という指摘もありました。よく言われることですが、「勝ち組」「負け組」という残忍な二分法で人々を分ける発想など、新自由主義的な社会でのストレスを、叩きやすい「敵」を見つけて晴らす、という一つの運動が「嫌韓流」ではないか、ということです。そして、国外を見ると、911テロやイラク侵攻などへのアメリカの対応を見て、「力が全て」「対話は不可能」という一種のシニシズムが蔓延し、それも「嫌韓」の流れに棹さしているのではないか、という指摘は興味深いものでした。このシニシズムは「営業右翼」と呼ばれる「強い言説(実際きつい調子での論説を載せると、雑誌は売れるそうです)」への傾斜を促していると、僕も思います。
綛谷さんは、「嫌韓」というのは急に湧きあがったものではなく、戦後日本にずっと伏流していた「本音」が形をかえて現れたものではないか、と指摘していました。簡単に言えば「戦前の日本はそれほど悪くなかった」「植民地では良いこともした」というような「本音」です。これは別に新しい考えでもなんでもなく、戦後から一貫して、ある層が保持してきた考えだと僕も思います。そして、良く「嫌韓」的な人が指摘するように、いわゆる「反日」的な作品(小説・ドラマ・マンガ)が韓国で製作されているのは残念ながら事実ですが、それには「反省しない日本」という像(イメージ)が反映しているのではないか、とも指摘されていました。そして、これまた重要なのですが、そのような「頭でっかちのイメージ」で造られた日本像はおかしい、といっている「知日派」の知識人も、韓国にはどんどん出てきているのです。要するに、向こうを一枚岩と捉えて十把一絡げに批判しても、意味がないということです。
あと、司会者を務めていた朴一先生がおっしゃっていたのですが、「韓流」は在日コリアンの上を素通りしていったが、「嫌韓」には巻き込まれてしまったという感が強い、とのコメントも、僕には印象深かったです。確かに、「韓流」は韓国への興味を増大させた(特に今まで韓国に無関心か、漠然と悪感情を持っていた層の興味をかき立てた)という功績は否定できませんが、それが自分の「隣人」たる在日コリアンへの興味などへ向かったか、といえば、やはり疑問とせざるを得ません。でも、「近所づきあい」のレベルでは確実に前進した面も存在することも指摘されましたし、「韓流」のドラマを輸入するときにその「仲立ち」をしたのは在日コリアンの人々でもありました。そういう「プラス」の面も評価するべきだとの声もあり、これにも僕は大きく頷きました。「嫌韓流」という潮流も、無視できないとは思いますが、実際は「韓流」もしくは「知韓」「好韓」(裏返せば韓国側の「知日」「好日」)の傾向が着実に根を張っているのだから、そちらに希望を託したいとのまとめで、今回のシンポは幕を閉じました。

さて、休憩時間や懇親会で、色んな先生と雑談したのですが、実際若い世代は、果たしてどれだけ『マンガ嫌韓流』を読んだり知ったりしているのか、という話題で、ある先生曰く「僕の教えている1年生では、98%は知らなかった」とのこと。僕も、大体そんなものかな、という気がします。ただ、ネットにどっぷり浸かっている層では、その比率が上がるかも、という気はします。ネット上は、自分と意見を同じくする(もしくは敵対する)言説を一気にまとめ読みできるメディアですからね(mixiのレビューでも、噴飯もののがたくさんありました)。
あと、ちょっと気になる傾向として、けっこう「勉強熱心」な学生が、「歴史の真実」というようなあおり文句に惹かれて、『マンガ嫌韓流』のような本を読むのではないか、という指摘がありました(でも「勉強熱心」と言ったって、あのマンガとかを読んで「目が開いた」と言っているレベルですから「もうちょっとお勉強してきてね」としか言えないのですが)。僕自身は、まともに僕に例の本のような意見をぶつけてくる学生には(幸い)当たったことがないのですが、民主党前代表の前原さんの選挙事務所でバイトしていた学生が僕に「(民主党右派的な)改憲論」をぶってきたのには微苦笑させられた、という経験はあります。ともかく、「嫌韓」的な物言いをする学生に「とにかくこれを読んでご覧。読んでから韓国のことを語ってご覧」と手渡せる本が出版されたことは嬉しいことです。
この本がネットにうごめく嫌韓厨の「心」に届くとは、残念ながら考えにくいですが(でも、100人中数名は「転向」してくれないかな、と期待していますが)、この本の執筆者は「俺がやらねば誰がやる」との義侠心で執筆なさったと思います。僕ももちろん、その心意気を支持します。

May 08, 2006

「法人化」の本音は一体・・・

昨日、朝日新聞社の『論座』(6月号)を購入しました。
というのも、特集記事に、国立大学の法人化問題があったからです。国立大学が法人化されて約2年経ちますが、この号では、東日本の国立大学を中心に、学長に「法人化して良かったか」と功罪を問い、「プラス面」「マイナス面」「悩み・国への要望」を答えてもらうアンケート調査をしていて、僕の勤務校(公立大学です)はまだ正式には法人化されていませんが、決して他人事ではないので、ついつい買ってしまったというわけです。

先ほど、ざっと読み終えたのですが、僕からすれば意外なことに、結構「どちらかといえば法人化して良かった」と答えた学長が多いのですね。もうちょっと「マイナスだった」と答える学長がいるかと予想していたのですが、これは、僕の「希望的観測」でした(以前「公立大学を「効率」大学にすべきか」というエントリを書いたこともあります)。

マイナスだった、と答えているのは、地方の比較的小さめの大学と、教員養成が中心の大学でしたね。あと、東京芸大もマイナス、と答えていました。このあたりの大学は、理工医薬系のように外部資金調達ということがおぼつきませんからね。僕の勤務する文学部も、外部との産学提携などが望むべくもないところなので、教育学部中心の大学の「悲鳴」は、まさに我が事のように感じます。

工学系や医学系中心の大学は、多くが「法人化して良かった」と単科大学ですら答えていますが、元々大きな旧帝国大学と急に「同じ土俵」で闘わされる羽目になったこと(事務をサポートする職員の数からして少ないのに、事務量は膨大になって首が回らない、など)については、これまた一様に不満と不安の声を上げていました。

しかしよーく見ると、「法人化してどちらかといえば良かった」と答えている学長の中に、「プラス面」より「マイナス面」を長々と書いている人がいたり、もしかして本音は「マイナスなんだけど、法人化してプラスっていわないと、それこそ責任論が浮上してやばいしなあ」などと思っておいでの学長がいらっしゃるのではないかと思わず穿った見方をしてしまいました(笑)。さすがに諸手を挙げて法人化万歳といっている人はおらず、国の予算削減に関して(大雑把に言って、「自分で努力しなさい」ということで、年々削られていきます)「何とかならないか」と多くの学長が愚痴っています。

さて、僕なりに今回のアンケートを強引にまとめると、「マイナス面」もしくは「不安」「不満」は要するに「長期的な展望を描けない。描こうにも目の前の仕事で忙殺されてしまう」という事に尽きると思います。国からのお金は徐々に減る、仕事(事務作業)は増えるという状況では、、腰を据えての研究というのができなくなっていくでしょう。それはボディブローのように、数十年後の日本の「屋台骨」を軋ませはしないか、という不安が異口同音に語られているように思います。僕も同感です。ある学長の言葉を借りれば「国の財政負担はほんのわずかに軽くなるだけなのに、教育・研究の質は確実に低下していくことは間違いない」のです(ちなみにこの学長は、「法人化自体にマイナスはない」と答えているのです)。
構造改革で無駄を削った、と政府が豪語するなら(実際は大したことがないらしいですが、それはさておき)、大学をはじめ、高校以下の教育の方にもうちょっと、その余った分のお金を投資してくれればいいのにと、ちゃんとした人材を養成するしかない「資源小国」の国民の一員として思います。そういえば、「公務員削減」の大きな部分って、国立大学の教職員なんですよね・・・。

追記:特集記事で、東大教育学部の広田照幸先生の文章も興味深かったです(「危機に瀕する研究者養成の場―人文・社会科学系大学院の現在」)。でも、この文章で一番びっくりしたのは、東大院生の態度。曰く「内輪の研究会のレジュメの右肩に「引用禁止」の文字を入れてきた(仲間に研究成果を奪われたくない)」「共同研究の仕事を任され損をした、と愚痴ってきた(共同研究で様々な交わりから学ぶより、自分の仕事を優先させたかった)」「基礎・基本を教えて欲しい、と懇願してきた」とのことで、もしかしたら「知の共同体参加モデル」の最後の方の住人だったかも知れない僕は「さすがにこれは・・・」と思ってしまいました。東大でこれなのだから、あとは推して知るべしでしょう。広田先生もショックだったとか、。僕もショックです。
でも、これらの現象は、文部科学省の無定見(と僕には思えます)な大学院拡充策の「果実」なのです。

May 06, 2006

修学旅行顔負け

060506nara_012 大型連休も終わりに近づきつつありますが、今日は観光客でごった返している京都を離れ、少しは空いていることを期待して、奈良へ向かいました。よく考えたら、夫婦で奈良を観光するのは初めて。僕は小さな頃の遠足やハイキング、近年は大学の新入生を連れて行く合宿などで何度も訪れてはいるのですが、ゆっくりお寺などを見ることがありませんでした。小さい頃の記憶はとうになくなっているし(お父さん、お母さん、小学校の担任の先生、ごめんなさい)、妻も高校時代の修学旅行以来奈良に入ったことがありません。
と言うわけで、妻と相談して、修学旅行生のように、歴史の教科書に絶対出てくるような超有名な寺院を集中して回ろうということに決定しました。
近鉄京都駅で「奈良世界遺産フリー切符」という割引乗車券を購入して、まず向かったのは薬師寺です。西の京駅を下りたら、すぐそこが薬師寺です。僕も昔来たことがあると思うのですが、すっかり記憶をなくし、新鮮な気持ちで拝観することができました。ここは東西の塔と、金堂の薬師如来・日光菩薩・月光菩薩、東院堂の聖観世音菩薩という国宝の四つの仏像が素晴らしかったですね。時間が経ったり焼けてしまったせいで黒光りしているわけですが、それが神々しさを増していますよね。説明してくださったお坊さんのお話も、笑わせるノリで、妻は「やはりここは関西だ」としきりに感心していました(笑)。このお坊さんのお話は多岐にわたっていたのですが、一番印象的だったのは「法相宗(薬師寺は大本山です)は、日本で初めて深層心理を研究した学派です」という言葉。確かに、阿頼耶識とか、唯識論って、深層心理学に近いものがあるなあ、と感心。伽藍全体も、朱色を塗り直したりして派手に造っており(写真の東塔だけは天平年代のもので、渋く荘厳でした)、夫婦して、薬師寺のファンになってしまいました。

薬師寺を後にして向かったのは、すぐお隣の唐招提寺でした。鑑真和上が開いた律宗の総本山ですが、現在金堂の大改修中で、建物と仏像などが見られなかったのは残念でした。しかし落ち着いた雰囲気のお寺で、鮮やかな薬師寺の後にここに来ると、そのストイックさが身に染みます。さすが、戒律を持ち込もうとした鑑真のお寺。

060506nara_024 さあ次はどうしようかと思い、ここはやはり「大人の修学旅行」の仕上げとして、東大寺に行こうということになり、電車で移動。さすがに東大寺は本物の修学旅行生やお客さんでごった返していました。それに、この連休は東大寺大仏殿前において様々なコンサートや法要が行われており(今日は野村萬斎の狂言など)、その飾りが風にたなびいていました。恐らく僕はこの大仏、拝見するのは5回目くらいなのですが、やはりその大きさには圧倒されます。千数百年前にこんな仏像と大仏殿を建てたことを考えると、現代の高層ビルなんか、大したことないな、とさえ思いました(設計とかどうしたんだろう、と思います)。

060506nara_035 さて実は、僕は一昨日から、足を鍛えるという謳い文句の「NIKE Free」というシューズを履いているのですが、そのせいか急に足が疲れて、危うく大仏様の前で足がつるという失態を演じるところでした(かろうじてセーフ)。でも、ここまで来たんだから、もっと鍛えてやると半ばやけくそになって階段をダダダと駆け上がり、二月堂まで登りました。その後若草山をぐるっと回る感じで、春日大社、興福寺と廻って、夕方京都への帰路につきました。

天気も良く、うららかな南都を一日楽しみました。

今度はもっと奈良の奥の方に行こうと決心した我々二人でした(帰りは電車の中で疲れて爆睡してしまいましたが)。

« April 2006 | Main | June 2006 »