Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« May 2006 | Main | July 2006 »

June 19, 2006

「人」に群れるか、「場」に群れるか

土曜日と日曜日は、僕が日本側の運営委員の一人を仰せつかっている「日韓次世代学術フォーラム」の第3回国際大会が立命館大学であった(主幹は立命館大学文学部東西大学校日本研究センター)。

大学院生諸君の発表を聞いたり、夜は韓国側の先生、学生の皆さんと飲むことに忙しかったわけだが(笑)、二次会で、一緒に運営委員をしているI井先生からある話を聞いて、ちょっと考えさせられた。それは、一言で言うと関東と関西(もっと具体的に言うと、東京大学と京都大学)の学風の違いについての話だった。

もちろん、単純な二分法で語られる問題ではないが、I井先生の言うには「東京は人に群がり、関西は場に群がる」違いがあるという。これはどういう事か。かつて、ノーベル賞を東大出身者があまり取れず、京大出身者の方が多いことを「東大は官僚的だが京大は自由奔放な学風だからだ」などと説明をされたりもしたが、その「自由奔放」の内実を考えると、それが「場に群れる」ということだとI井先生はいう。東京は偉い先生のもとに弟子たちが「先生~」と集まるが、京都は、一種のサロンが機能していて、学部や専攻に関係なく「話の面白いやつはこっちへ来い」とばかりに学際的な雰囲気が醸成され(昔から、例えば京大人文研の共同研究は有名だ)、それが柔軟な発想の元になっているのではないか、というのである(まあ旧制高校的なホモソーシャルな側面はこの際敢えて無視)。

現在もそうであるかはともかくとして、かつての京都の学風にそういうものがあったのは、恐らく確かだろう。個別に見ていけば、東大でも「場に群れる」ことはあっただろうし、京大でも「人に群れる」ことは多かっただろうが、「場に群れる」ということの重要さは改めて考えてみるべきではないか。

以前「「素人の集まり」としてのゼミ」というエントリを書いたが、その時も「素人が集まるがゆえの生産性というのもあるのではないか」と書いた。今もその気持ちは変わらない。ただ、僕は単なる素人ではなく、「何か専門を持っている人間が集まること」に重きを置いている。

要するに、僕はI井先生の話を聞いて、またどこかでそういう集まりに参加したい、させてもらいたいと気付いたのだ。なかなか自分でそういう「場」を作って仕切るほどの力量はないけれど。

June 10, 2006

鈴木祥子@桜ノ宮ガラガラ

060610_garagara_001 梅雨の季節になりました。
そんな中、大阪まで(このブログをご覧になっている方はよくご存じの)鈴木祥子さんのライブを見に行って参りました。去年から数えて7回目です。
今回のライブのタイトルは、梅雨の季節に相応しく、「Absolutely ALONE IN 桜宮ガラガラ~Rainydaygirl on the run」というもの。
今回はこのライブハウスで二週にわたって(10日、17日)行われるのですが、往復葉書による抽選、という何ともレトロな方法でした(わざわざ往復葉書を郵便局に買いに行きましたよ・・・)。僕は運良く当選しましたが、オフィシャルページの掲示板を見ると、両日に申し込んで外れた方も大勢いるようで、けっこう僕もラッキーな一員のようです。でも、外れた方には祥子さん直筆の「ごめんなさいメッセージ」が返ってきたようで、そっちも羨ましいと思いました(笑)。

060610_garagara_004 さて、今回は葉書に整理番号が打ってあるので、ゆっくり目に会場の「桜ノ宮ガラガラ」に向かいました。僕はこのライブハウス、初めてです。そして、そこには当然のように大常連のYさんがいらっしゃるのでした・・・(事前に電話で確認していましたが)。仲良くしてもらっている他の大常連のりゅうさん、さなえさん、みきてぃさん(皆さん仮名)は17日に当たったとのこと(これも確認済み)。というわけで、10日組の我々は一足先に楽しませていただきました。でもこのライブハウス、入り口の写真を載せましたが、パッと見では何のお店か全く分かりません。そこに長蛇の列で並ぶ我々。地元の中学生が自転車で通りすがりながら「なんや、これ?」とじろじろ見てきます。通りかかった救急車の運転手や散歩中のお爺さんまでも・・・。ぼくはけっこう最後尾の方でしたが(キャパは恐らく50名ちょうどくらい)、確かに、謎のお店に次々と人が吸い込まれていく「サザエさんエンディング状態(僕が勝手に名付けました)」は不思議な光景だったことでしょう。

中に入ると、そこはなんか懐かしい感じの雰囲気。手作りっぽい(DIY的)長椅子に、ざっくりとした舞台セット。なんか、教室を改造して舞台を作った高校時代の文化祭を思わせるような雰囲気、といえばいいでしょうか。お店は思った以上にぎっしりで、距離が近いのは嬉しかったです。でも、水平なので、後ろの方はほとんど祥子さんの顔が見えなかったと思います(僕もそうでした)。
060610_garagara_006 僕は前から4列目の長椅子に座ったら、隣にいたのは今年一月の「Cafe Independents」のライブでもお隣だったけーたんさんでした。びっくり。そしてもっとびっくりすることが直後に起こりました。なんか、後ろで聞き覚えのある話し声がするなあ、と思って振り返ったら、僕の真後ろにさりげなく既に祥子さんが立っておいででした。そりゃ、聞き覚えある声だよな。僕が急に挙動不審な動きをしたので、隣のけーたんさんが「何川瀬さんキョドってるんですか?」と言って顔を上げると、祥子さんが視野に入ったけーたんさんもちょっと挙動不審に(笑)。その後祥子さんは一旦楽屋に引っ込んで、時間通り7時からライブスタートとなりました。以下では、僕のメモをもとに、セットリストを記していきます(今回、何と休憩なしでした。というわけで一気に行きます)。

祥子さんはいつものウルリッツァーの前に座り、照明係の人に「ちょっと照明暗くしてくれます?」と第一声。「あ、今日は暗い雰囲気で」と最初っからおっしゃいます。

1)優しい雨(しょっぱながこれとは少し驚き。「季節もの」ですよね)
2)プリヴェ(「優しい雨」からつなげてそのまま突入)
3)I was there, I'm here.(How is yourお祖母ちゃん、なんて遊びも入れながら)
4)お元気ですか(なんと清水由貴子のカバー。遠距離恋愛の歌です。何でも祥子さん幼少のみぎりの「銀座ナウ」という番組で覚えたそうな。歌の途中で「パッヘルベルのカノン」になったりしてました)
5)あたしの場所で(ここからはギター。カポのゴムが緩むアクシデントあり)
6)夏はどこへ行った(ライブで聞くことが多い気がしますね、この曲は。やっぱ、祥子さんの原点だからかな?)
7)洋楽のカバー(済みません、洋楽には疎いもので。エレキを持つと弾きたくなると祥子さんは言っていました。「何があっても負けない、それが女の生きる道」とも訳していましたが、そういう内容の曲です)
8)眩暈(鬼束ちひろのカバー。祥子さん曰く「このコード進行に弱いのよ(笑)。私の曲でもこういうコード進行、良くあるでしょ」)
9)抱きしめたい(何とJungle Smileのカバー。僕は当然知りません。この曲はシンセだったのですが、ベースコードだけを重々しく弾くという感じで、ある意味今まで聞いた中で最も異様且つ異色な演奏だったと思いました。しかもシンセの音はパイプオルガン系の音だったし)
10)Love/ Identified(前、京大西部講堂でやって受けたというアカペラバージョンで。アカペラだと、なんか「詩の朗読会」のような雰囲気になりますね、この歌は。歌詞が歌詞だし)
11)C/G もしくはHouston/Texas(これは、もう独りインプロビゼーションというか、即興。「1979年、私はヒューストンにいて・・・」と英語で呟きつつ、今回は日本語の歌詞が混じり、キーボードからギターに移行したり、まさにめくるめく感じの即興でした。9曲目からこの曲まで、ちょっと今までにない雰囲気でした)
12)モノクロームの夏(リクエスト。「モノクロームの夏」という声が掛かると「良いねえ、それ」と即決)
13)Lady Daisy(谷山浩子のカバー。まさか、祥子さんが昔谷山浩子にはまっていたとは・・・。祥子さんの「乙女」な部分を垣間見た、といったら失礼でしょうか。アルバム『たんぽぽサラダ』所収)
14)両手いっぱい(この曲、好きだなあ。ホント、愛があふれている感じ)
15)この愛を(「この曲歌うと、自分って若かったなって思います」とのこと。やはり祥子さんにとっては40代に突入したことは本当に大きかった模様)
16)恋のショットガン(けーたんさんのリクエスト。「バカップルの歌ですよね」と自分で身も蓋もない解説(笑))
17)純愛(今度は片平なぎさのデビュー曲だそうな、って知らんがな。死んじゃうほどの純愛が歌われています)
18)舟(「純愛」の直後にこの曲だもんで、客席からくすくす笑いが・・・)
19)Happiness(イントロのみ。取りやめ。祥子さん曰く「言霊的に、この曲では幸せになれないような気がする(笑)」。祥子さん、そもそもこの曲のタイトルは・・・と言いたくなったが、イントロからして「ねえ、どうして手を離すの、いつまでもここにいるって言ってたのに」だもんな。この曲をセットリストに加えるかどうかは、ライブ終了後ファンの間で話し合われました(笑))

この「Happiness」を取りやめた直後、祥子さんから興味深いお話が。僕の記憶では、「関西人、特に京都人はまず自分というものがあって、良い意味で自己中(笑)。東京はもっと相対評価を気にするけど関西は私は私、という姿勢があると思う。京都と大阪では違うような気もしますが」と、京都移住者としての視点を披露。これには、生まれ育ちは大阪、大学以降10数年は東京、そして京都に赴任して4年の私が太鼓判を押します。そうです。京都と大阪は違いますし、関西は自己中です(笑)。

20)いつかまた逢う日まで
21)帰郷(祥子さん曰く「今日の私、本当に暗い!ごめんなさい」)
22)風待ちジェット(祥子さんが坂本真綾嬢に提供した某アニメ主題歌)
23)Goin' Home(この曲聞くと、「ああ、そろそろ終わりだ、前を向いて歩こう」という気になります)

一旦ここで終了、だったんですが、祥子さんが楽屋に帰る前に僕たちがアンコールの拍手をして、祥子さんも回れ右して再びステージに。以下、アンコール曲です。

24)わたしの望み(「スピッツの某曲にイントロが似ていると指摘されて大ショック(笑)」とのこと。言われれば確かに・・・。)
25)二人だけのデート(暗めの曲が多かったので、明るめの曲、ということでしょうか。Bay City Rollersのカバー)
26)忘却(「そう言えば全然ニューアルバムの曲やってないや(笑)」との声に、即座に客席からこれがリクエスト。「また暗い方向に戻っちゃう」)
27)Frederick(いやあ、格好いいよなあ、この曲は)
28)風の扉(ギター及びキーボードで。この曲をライブで見るのは恐らく初めてで、びっくり。僕が祥子さんを知ったのはこの曲が入っているアルバムだったので、感慨深いです)
29)道(ニューアルバムのラストを飾る曲。そしてライブもこれにて終了)

いやあ、僕もここまで書いてちょっと疲れましたが、いつものように、乗っちゃうとズンズン行っちゃう祥子さん、こんなに歌ってくださりありがとうございました。お疲れ様です。

ライブの後、ちょっとお店で常連のYさんやKさんやけーたんさんとウダウダしていたら、祥子さんが楽屋から出てきて、少しお話ししたり、写真を撮らせてもらったりしました。図々しくて済みません・・・。帰り際、先ほどの祥子さんの「関西人の評価」について「よく判ります」とお話しできたのも、僕にとってはこの上ない幸せでした。多分、その時の僕は目がハートになっていたと思います(そう言えば、ライブ中ちょっと周りを見回すと、男性客は目を閉じてうっとり聞いている人が多いんですよね。僕も人のことは言えませんが)。というわけで、今回も大満足して帰ってきた僕なのでした。

June 08, 2006

水俣からドミニカへ

Kugaijoudo 本日、ドミニカ移民政策の国の過失を問う裁判が東京地裁で開かれ、国の法的義務違反及び賠償責任は認定しましたが、時効により賠償そのものは棄却、という判決が下されました(原告側は控訴の予定)。原告代表の方は「祖国とは、国民を騙し、殺し、捨てるものなのですか」と声を絞って訴えていらっしゃいました。
このブログで以前、たまたま深夜のドキュメンタリーでこの事件を知って、書いたエントリもありましたが、非常に僕個人としても残念な気持ちになりました。

今晩テレビニュースでこの事件の映像を見ながら思い出していたのは、石牟礼道子さんの『苦海浄土』(講談社文庫)でした。この作品はご存じの方も多いでしょうが、水俣病を彼女独特の手法で扱った名作です(石牟礼さん自身も「アニミズム」と「プレアニミズム」という言葉を使っていますが、まさに石牟礼さんは患者に憑依され、患者の声を語る巫女です)。
彼女のこの作品では、国会議員や大臣が来ると「お願いします!!」とすがりつく患者達の様子が描かれています。そのような人に、いかに「国」は冷酷だったことか。

今回の裁判を見ても、「この国のかたち」はあまり変わってはいないのでは、と思ってしまいます。

June 03, 2006

洛北史学会にて

本日は、「洛北史学会」という学会で、コメンテーターを務めました。この学会は、僕の勤務校の史学科の先生方が設立した学会で、同僚ということで、僕にも声をかけてくださったのでした。今回の大会テーマはずばり「宗教」。というわけで、一応宗教学者の僕にコメンテーターの白羽の矢が立ったのでした。
大会の内容は以下の通りでした。

【テーマ】     「信仰」の「力」-その可能性をめぐって
【日程】    2006年6月3日(土)
【報告者と題目】
内田鉄平氏(専修大学社会知性開発研究センター任期制助手)
「信仰から見る庶民の旅行」
守川知子氏(北海道大学、イラン・イスラム史)
「聖なるものを求めて
-シーア派イスラームの聖地巡礼-」
橋川裕之氏(日本学術振興会、中世ビザンツ史)
「魂を穢す平和-ビザンツの信仰とリヨン教会合同-」

【コメンテーター】川瀬貴也氏(京都府立大学、日本・朝鮮近代宗教史)

宗教学というのは、昔からよく「ゲリラ」と言われ(というか、主張していました)、他分野の成果を借りて、あちこちに滑り込むことを元々得意技にしておりますが、時代も地域も違う今回の諸発表に、とりあえずコメントをつけられるのは宗教学者でしょう、と今回の大会の企画委員におだてられ、のこのこコメンテーターをお引き受けして、結果死亡しました(笑)。
確かに、宗教学科に在学中の時は、まさに時空を超えて「とにかく宗教の研究ならば、なんでもいい」というアナーキーな環境で揉まれてきたという自負がありますが、今回は、いきなり三つ、それもよく知らない固有名詞がバンバン飛び交う濃い発表を立て続けに拝聴して、後は自分の憑依体質を信じて、口から出任せのコメントでその場を凌ぎました(お筆先状態ならぬ、お口先状態と自分では言っています)。今回のご発表は、「巡礼」「正統と異端」というテーマが交錯していたので、そこを足がかりに、古典的な人類学者の説を援用して、コメントしました。
コメントでも言ったのですが、いわゆる歴史学系の学会で、これだけ様々な地域の発表を一度に聞くということは珍しいです。時代区分、地域区分が厳密になりがちな業界ですから。僕みたいな、もともと様々な事例から共通性を見つけたがる志向性を持つ宗教学者にとっては、ある意味居心地の良い学会でした。次回以降もこういう形態になるかは判りませんが、とりあえず役目は果たしてホッと一安心です。
発表者の先生方、そしてお誘いくださった先生方、ありがとうございました。

« May 2006 | Main | July 2006 »