Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 水俣からドミニカへ | Main | 「人」に群れるか、「場」に群れるか »

June 10, 2006

鈴木祥子@桜ノ宮ガラガラ

060610_garagara_001 梅雨の季節になりました。
そんな中、大阪まで(このブログをご覧になっている方はよくご存じの)鈴木祥子さんのライブを見に行って参りました。去年から数えて7回目です。
今回のライブのタイトルは、梅雨の季節に相応しく、「Absolutely ALONE IN 桜宮ガラガラ~Rainydaygirl on the run」というもの。
今回はこのライブハウスで二週にわたって(10日、17日)行われるのですが、往復葉書による抽選、という何ともレトロな方法でした(わざわざ往復葉書を郵便局に買いに行きましたよ・・・)。僕は運良く当選しましたが、オフィシャルページの掲示板を見ると、両日に申し込んで外れた方も大勢いるようで、けっこう僕もラッキーな一員のようです。でも、外れた方には祥子さん直筆の「ごめんなさいメッセージ」が返ってきたようで、そっちも羨ましいと思いました(笑)。

060610_garagara_004 さて、今回は葉書に整理番号が打ってあるので、ゆっくり目に会場の「桜ノ宮ガラガラ」に向かいました。僕はこのライブハウス、初めてです。そして、そこには当然のように大常連のYさんがいらっしゃるのでした・・・(事前に電話で確認していましたが)。仲良くしてもらっている他の大常連のりゅうさん、さなえさん、みきてぃさん(皆さん仮名)は17日に当たったとのこと(これも確認済み)。というわけで、10日組の我々は一足先に楽しませていただきました。でもこのライブハウス、入り口の写真を載せましたが、パッと見では何のお店か全く分かりません。そこに長蛇の列で並ぶ我々。地元の中学生が自転車で通りすがりながら「なんや、これ?」とじろじろ見てきます。通りかかった救急車の運転手や散歩中のお爺さんまでも・・・。ぼくはけっこう最後尾の方でしたが(キャパは恐らく50名ちょうどくらい)、確かに、謎のお店に次々と人が吸い込まれていく「サザエさんエンディング状態(僕が勝手に名付けました)」は不思議な光景だったことでしょう。

中に入ると、そこはなんか懐かしい感じの雰囲気。手作りっぽい(DIY的)長椅子に、ざっくりとした舞台セット。なんか、教室を改造して舞台を作った高校時代の文化祭を思わせるような雰囲気、といえばいいでしょうか。お店は思った以上にぎっしりで、距離が近いのは嬉しかったです。でも、水平なので、後ろの方はほとんど祥子さんの顔が見えなかったと思います(僕もそうでした)。
060610_garagara_006 僕は前から4列目の長椅子に座ったら、隣にいたのは今年一月の「Cafe Independents」のライブでもお隣だったけーたんさんでした。びっくり。そしてもっとびっくりすることが直後に起こりました。なんか、後ろで聞き覚えのある話し声がするなあ、と思って振り返ったら、僕の真後ろにさりげなく既に祥子さんが立っておいででした。そりゃ、聞き覚えある声だよな。僕が急に挙動不審な動きをしたので、隣のけーたんさんが「何川瀬さんキョドってるんですか?」と言って顔を上げると、祥子さんが視野に入ったけーたんさんもちょっと挙動不審に(笑)。その後祥子さんは一旦楽屋に引っ込んで、時間通り7時からライブスタートとなりました。以下では、僕のメモをもとに、セットリストを記していきます(今回、何と休憩なしでした。というわけで一気に行きます)。

祥子さんはいつものウルリッツァーの前に座り、照明係の人に「ちょっと照明暗くしてくれます?」と第一声。「あ、今日は暗い雰囲気で」と最初っからおっしゃいます。

1)優しい雨(しょっぱながこれとは少し驚き。「季節もの」ですよね)
2)プリヴェ(「優しい雨」からつなげてそのまま突入)
3)I was there, I'm here.(How is yourお祖母ちゃん、なんて遊びも入れながら)
4)お元気ですか(なんと清水由貴子のカバー。遠距離恋愛の歌です。何でも祥子さん幼少のみぎりの「銀座ナウ」という番組で覚えたそうな。歌の途中で「パッヘルベルのカノン」になったりしてました)
5)あたしの場所で(ここからはギター。カポのゴムが緩むアクシデントあり)
6)夏はどこへ行った(ライブで聞くことが多い気がしますね、この曲は。やっぱ、祥子さんの原点だからかな?)
7)洋楽のカバー(済みません、洋楽には疎いもので。エレキを持つと弾きたくなると祥子さんは言っていました。「何があっても負けない、それが女の生きる道」とも訳していましたが、そういう内容の曲です)
8)眩暈(鬼束ちひろのカバー。祥子さん曰く「このコード進行に弱いのよ(笑)。私の曲でもこういうコード進行、良くあるでしょ」)
9)抱きしめたい(何とJungle Smileのカバー。僕は当然知りません。この曲はシンセだったのですが、ベースコードだけを重々しく弾くという感じで、ある意味今まで聞いた中で最も異様且つ異色な演奏だったと思いました。しかもシンセの音はパイプオルガン系の音だったし)
10)Love/ Identified(前、京大西部講堂でやって受けたというアカペラバージョンで。アカペラだと、なんか「詩の朗読会」のような雰囲気になりますね、この歌は。歌詞が歌詞だし)
11)C/G もしくはHouston/Texas(これは、もう独りインプロビゼーションというか、即興。「1979年、私はヒューストンにいて・・・」と英語で呟きつつ、今回は日本語の歌詞が混じり、キーボードからギターに移行したり、まさにめくるめく感じの即興でした。9曲目からこの曲まで、ちょっと今までにない雰囲気でした)
12)モノクロームの夏(リクエスト。「モノクロームの夏」という声が掛かると「良いねえ、それ」と即決)
13)Lady Daisy(谷山浩子のカバー。まさか、祥子さんが昔谷山浩子にはまっていたとは・・・。祥子さんの「乙女」な部分を垣間見た、といったら失礼でしょうか。アルバム『たんぽぽサラダ』所収)
14)両手いっぱい(この曲、好きだなあ。ホント、愛があふれている感じ)
15)この愛を(「この曲歌うと、自分って若かったなって思います」とのこと。やはり祥子さんにとっては40代に突入したことは本当に大きかった模様)
16)恋のショットガン(けーたんさんのリクエスト。「バカップルの歌ですよね」と自分で身も蓋もない解説(笑))
17)純愛(今度は片平なぎさのデビュー曲だそうな、って知らんがな。死んじゃうほどの純愛が歌われています)
18)舟(「純愛」の直後にこの曲だもんで、客席からくすくす笑いが・・・)
19)Happiness(イントロのみ。取りやめ。祥子さん曰く「言霊的に、この曲では幸せになれないような気がする(笑)」。祥子さん、そもそもこの曲のタイトルは・・・と言いたくなったが、イントロからして「ねえ、どうして手を離すの、いつまでもここにいるって言ってたのに」だもんな。この曲をセットリストに加えるかどうかは、ライブ終了後ファンの間で話し合われました(笑))

この「Happiness」を取りやめた直後、祥子さんから興味深いお話が。僕の記憶では、「関西人、特に京都人はまず自分というものがあって、良い意味で自己中(笑)。東京はもっと相対評価を気にするけど関西は私は私、という姿勢があると思う。京都と大阪では違うような気もしますが」と、京都移住者としての視点を披露。これには、生まれ育ちは大阪、大学以降10数年は東京、そして京都に赴任して4年の私が太鼓判を押します。そうです。京都と大阪は違いますし、関西は自己中です(笑)。

20)いつかまた逢う日まで
21)帰郷(祥子さん曰く「今日の私、本当に暗い!ごめんなさい」)
22)風待ちジェット(祥子さんが坂本真綾嬢に提供した某アニメ主題歌)
23)Goin' Home(この曲聞くと、「ああ、そろそろ終わりだ、前を向いて歩こう」という気になります)

一旦ここで終了、だったんですが、祥子さんが楽屋に帰る前に僕たちがアンコールの拍手をして、祥子さんも回れ右して再びステージに。以下、アンコール曲です。

24)わたしの望み(「スピッツの某曲にイントロが似ていると指摘されて大ショック(笑)」とのこと。言われれば確かに・・・。)
25)二人だけのデート(暗めの曲が多かったので、明るめの曲、ということでしょうか。Bay City Rollersのカバー)
26)忘却(「そう言えば全然ニューアルバムの曲やってないや(笑)」との声に、即座に客席からこれがリクエスト。「また暗い方向に戻っちゃう」)
27)Frederick(いやあ、格好いいよなあ、この曲は)
28)風の扉(ギター及びキーボードで。この曲をライブで見るのは恐らく初めてで、びっくり。僕が祥子さんを知ったのはこの曲が入っているアルバムだったので、感慨深いです)
29)道(ニューアルバムのラストを飾る曲。そしてライブもこれにて終了)

いやあ、僕もここまで書いてちょっと疲れましたが、いつものように、乗っちゃうとズンズン行っちゃう祥子さん、こんなに歌ってくださりありがとうございました。お疲れ様です。

ライブの後、ちょっとお店で常連のYさんやKさんやけーたんさんとウダウダしていたら、祥子さんが楽屋から出てきて、少しお話ししたり、写真を撮らせてもらったりしました。図々しくて済みません・・・。帰り際、先ほどの祥子さんの「関西人の評価」について「よく判ります」とお話しできたのも、僕にとってはこの上ない幸せでした。多分、その時の僕は目がハートになっていたと思います(そう言えば、ライブ中ちょっと周りを見回すと、男性客は目を閉じてうっとり聞いている人が多いんですよね。僕も人のことは言えませんが)。というわけで、今回も大満足して帰ってきた僕なのでした。

« 水俣からドミニカへ | Main | 「人」に群れるか、「場」に群れるか »

鈴木祥子」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

詳細レポ、毎回ながら感動です♪
私も1枚は、はずれたので、「ごめんさない」はがき頂きましたよ~(外れたのに・・ちょっと自慢)
当たっただけでもラッキーなんですね。来週は、はってでも行きます!
そして、何とも中身も濃いし、曲数も多い!
いいライブだったようで、何ともうらやましい限りです。結構カバーも多かったんですね、楽しみにしようっと。
お話出来てよかったですね~!!
目がハートになる、といえば。。。
私は先月、松本圭司さんのピアノを聴いて、うっとりしてしまい、目はかなりハート。(確かに目はつぶっていたことは多かったかも!)それに気づいた瞬間は、一人勝手に赤面してしまいました・・・。ライブ後、CDにサイン頂こうと勇気をふりしぼり、行きましたが、かなりドキドキしました。女学生気分ですよ~。しどろもどろ・・・。
その場に知ってる人がいなくてよかった、とちょっと思いました(笑)

みきてぃさま
来週の様子を知らせてくださいね!極秘情報ですが、来週なら、今度発売のDVDの先行販売があるかも、とのことです(今回は商品が間に合わなかったとのこと。僕たちは駄々っ子みたいに「え~」と言いました)。
30になっても、40になっても、好きなアーティストの前では乙女、じゃなかった、ときめいて少し恥ずかしがるくらいが良いかも、などと自分を正当化しようとしています(笑)。

mixiからやってきました。
もし私の勘違いだったらすみません、
開演前にコーラをこぼしてしまったものです・・・。
もしかして私の後ろにいらしたのではと・・・。
もしそうでしたら、ほんとにすみませんでした。
(お友達の方にも、よろしくお伝えください)
ここに置いたらこぼすかも・・・と思いつつ
やっぱりやってしまいました。
祥子さん、楽屋からでてこられたのですね、
私はとても近所に住んでいて、ほんとは待っていたかったのですが
子供を実家に預けていたため、あきらめて帰りました・・・。
でもライブに行けただけでも、ほんとにしあわせでした。
ライブレポを読ませていただき、また感動がよみがえっています。
また遊びにきます。

10日のレポ、早速ありがとうございます☆

谷山浩子のカヴァー!!!
祥子さんの声にはぴったりですね。
想像したら鳥肌が立ちました。
中学生の頃から大好きなミュージシャンなので、17日もやってくれたら嬉しいなぁ。

たまに味わうミーハー気分は良いですよね。
私のアイドル・BONJOVIの来日公演時には、Jonが出てきた瞬間に興奮して鼻血が出るという感覚がわかりました。
(実際は出てませんが、ほんとに出るかと思った、、、)

みたかさま
僕がみたかさんの真後ろに座っていたブラックジーンズの男です(笑)。いやいや、本当にコーラは掛からなかったから大丈夫でしたよ。mixiの検索でお邪魔しました。またおいでください。祥子さんのライブに行ったときは、大体こんな感じでレポを書いておりますので。

さなえさま
今週末、みきてぃさん共々楽しんできてくださいね。
谷山浩子のカバーには僕もびっくりですよ。17日も、恐らく意外性に富んだカバーをしてくださることと思います。そのレポ、期待しております。

>私のアイドル・BONJOVIの来日公演時には、Jonが出てきた瞬間に興奮して鼻血が出るという感覚がわかりました。

僕も鼻血を出すまいと踏ん張ったら、挙動不審になったようで・・・(笑)。

mixiでコメントいただいたのでやって参りました。
「忘却」を即座にリクエストしたのは私です(笑)。
終演後、早々に帰ってしまったんですが、祥子さんとふれあえる時間があったんですねー。う、羨ましい・・・・。
また覗きにまいりますのでよろしくお願いいたします。

つかさま
ご訪問ありがとうございます。実はつかさんが「忘却」をリクエストしたとき、僕は後ろの方で「祥子さんの持ち歌で、明るくて、アンコールに相応しそうな曲って何があったっけ・・・」などとウダウダ考えて、先を越されちゃいました(笑)。自分が聴きたい曲を素直にリクエストするのが一番ですよね(季節感とかはあるでしょうけど)。
こんな感じで書いておりますので、またおいでください。

いつも、ひじょーに詳しいレポ、うれしいです。
へぇ~、「風の扉」ですか~。めずらしいですね~。
祥子さんの「眩暈」って聞いてみたいかも。
「モノクロームの夏」は持ってなかった。。。
うぅ~、聞いてみたい!!!

しずくさま
昨日も、この会場でライブがあったんですよね。今のところ、昨日の詳しいレポはまだ見ていないのですが、これまた良かったようです。

>へぇ~、「風の扉」ですか~。めずらしいですね~。

僕もそう思いました。祥子さんはこのごろ、自分を掘り下げる感じの歌が多くて、「風の扉」のようなある意味抽象的な歌は敢えて歌わないのでは・・・などと僕は思っていたもので、意外でした。

こんにちは・りゅうです。遅ればせながらガラガラに行ってきました。
タイトル通りレイ二ーデイで、ずぶ濡れでトホホでした・店の場所が分からず2回通り過ぎ、人に尋ねてやっと見つかりました・店内はかわせさんのレポ通り、あまりの狭さに絶句・(これかーサザエさんエンディング状態は・・)あまりにナイスなネーミングに笑ってしまいました。
ライブ自体は逆に狭いこともあって文字通り距離感の近いアットホームな素敵なライブでした。 知り合いがみなさん当選というのも凄い事ですよね・17日組は今回DVDを手に入れましたが、その分 10日組は時間が長かったと言う事でお許しを  2h12 細かっ

 セットリスト のせますね
1.スターダスト 2.この愛を 3.スワロウ 4.アイワズ ゼァー ・・・ 5・お元気ですか 6.A型の恋人x2 ギターのチューニングが狂ってしまい2回演奏後ギター封印(泣) 7.フレデリック 8.忘却 9.眩暈 10.純愛 11.    12.一旦リクエスト訊いたものの却下しハピネス
13.シックネス (リクエスト)  14.ゴーインホーム  -アンコールー
15.いつかまた逢う日まで 16.風待ちジェット 17. 水の冠 18.風の扉 19.     20.風に折れない花    ーサイン会ー  2h12       11.と19.ロスト 後日書き込みます 不完全ですみません。
私の望みと道 聴きたかった・                        かわせさん次のライブでお会いしましょう 。 わざわざガラガラまで会いにきてくれたヨシミさん、ありがとうございます。頂いた写真 雨で・・(泣) さなえさん、みきてぃさん お疲れ様でした。

りゅうさん、わざわざセットリストありがとうございます。17日のライブも非常に充実したものだったようですね。

色んな方のレポートを拝見して、17日の方が僕好みの曲が多かった、と思いましたが、そんな贅沢は言ってはいけませんね(笑)。「A型の恋人」、僕は聞いたことがないので、今度もやって欲しいですね。僕は祥子さんと同じB型ですが、確かにA型とは気が合わなかったことが多いです(笑)。

DVDは名古屋で買いたいと思っています。お楽しみは後で、という心境です。

記事内でこのページを紹介させていただいたので、トラバしてお知らせします。

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/10456287

Listed below are links to weblogs that reference 鈴木祥子@桜ノ宮ガラガラ:

» 鈴木祥子『Absolutely ALONE ~Rainydaygirl ON THE RUN』桜ノ宮ガラガラ。 [LOVE/IDENTIFIED]
詳しいことは、川瀬さんが最高のライブレポ書いてます! 川瀬さん、いつも素晴らしいライブレポをありがとうございます。 稚拙ですが、私なりの単純なライブレポを書きたいと思います。 本日は、祥子さんライブ@桜ノ宮でした。 祥子さんのライブは9回目になるのです..... [Read More]

» 最近の1曲(鈴木祥子) [しずくの部屋]
6月のライブ(桜宮ガラガラ)で演奏されたそうで(私は行ってませんが)、ちょっと聞 [Read More]

« 水俣からドミニカへ | Main | 「人」に群れるか、「場」に群れるか »