Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 鈴木祥子@名古屋得三 | Main | 弱冷房がcool »

July 16, 2006

名古屋港にて

060716_nagoya_2 さて、昨日は鈴木祥子さんのライブの追っかけで名古屋に来て泊まったわけですが、今日は一人で名古屋観光をすることにしました。最初、名古屋在住の友人に連絡しようかと思ったのですが、彼も休日は家族サービスの日だろうな、と遠慮して電話しませんでした。
で、僕が向かったのは名古屋港。というのも、実は僕、水族館が好きで(東京近辺の水族館は、けっこう制覇していると思います)、この機会に、日本最大級の水槽を持つ「名古屋港水族館」に行こうと決心したのです。

ホテルを9時半頃チェックアウトして、すぐに地下鉄で名古屋港に向かいました。
当たり前ですが、水族館といえば、家族連れか、カップルが行くところ。僕も昔はデートで良く水族館に行ったものですが、今回は、生まれて初めて独りで水族館に行ってしまいました。いやあ、今日ほど孤独が身に染みたことは近年ありませんでした(笑)。ようやく僕も大人の水族館マニアの仲間入り、かも知れません。

060716_nagoya_4 それはともかく、この水族館の「売り」の一つが、イルカやシャチ、ベルーガ(白イルカ)などのクジラ類の巨大水槽とショー。入り口から、イルカとシャチが泳いでいる水槽を見せつけられます。子どもたちはここから大はしゃぎ。今日は何度も飛び跳ねている子供にぶつかられたなあ。この水族館は大きく「北館」と「南館」に別れていて、北がクジラ類、南が様々な水槽に魚やペンギンがいるという作りになっています。この北館は、クジラの進化の様子を豊富な化石で説明しており(骨格標本もたくさんありました)、古生物学が好きな人にはたまらないでしょう。基本的に家族向けの水族館だと思いますが、けっこうアカデミックさも保持していると思いました。

060716_nagoya_14 その「北館」にショーを見られる巨大プールがあり、そこで僕もダイナミックなショーを堪能しました。イルカショーというのは、大体どこも同じなわけですが、「やっぱりイルカって賢いなあ」と思いました。というのも、もらった餌で「遊ぶ」イルカがいたからです。彼か彼女か判りませんがそのイルカは、ご褒美としてもらった餌を飲み込まず、くちばしの先で空中に放り投げては自分でそれをキャッチするという「遊び」を延々やっていたのです。話は変わりますが、私の妻は根っからのパンダ好きなのですが、何故好きかというと、容貌の可愛さも当然ですが、彼女が言うには「滑り台で下りてきたり、タイヤのブランコで遊んだりするのがたまらない」とのことです。「遊ぶ」動物は、やっぱり感情移入のしがいがある、と言うか、そういう気持ちにさせてくれると僕も思います。そういえば、犬や猫も「遊び好き」ですよね。

ところが、僕は「感情移入できそうにもない」動物もけっこう好きです。昆虫とか、海の中で、何を考えているのか判らない生物とか(ウニョウニョしているのは苦手ですが)。南館は魚中心の展示なのですが、クラゲとか、感情移入を拒む生物の展示も見所でした。まあ、クラゲはけっこう「癒し系」と認識している人も多いのですが。
僕が今回ある意味一番「感動」した展示生物は「オオグソクムシ」です。僕は、この生物のことは早川いくを『またまたへんないきもの』(バジリコ刊、2005年)でその存在を知ったのですが(本で紹介されているのは、この仲間で一番でかい「ダイオウグソクムシ」ですが)、実物を見るのは初めてで、感動しました。
あと、シネマ館で上映されていた昆虫映画が、けっこうハードコアで、良かったです(ナレーションはモデルのはなちゃんです。はなちゃんのナレーションで「さなぎの中はドロドロ」とか言わせなくても・・・)。あ、そうそう、この水族館は「ウミガメ」も見物ですよ。なんでも、館長が「ウミガメ博士」らしく、人工孵化も行っていて、可愛いウミガメの赤ちゃんがわんさか見られました。

060716_nagoya_3 というわけで、一人ですが、展望台にも登ったり、「南極観測船ふじ」にも入ったり(中の展示が充実!それに、マネキンがリアルで良いです。思わぬ収穫)、充実した時間を過ごして、そのまま帰宅しました。でも、「イタリア村」は行きませんでした(笑)。通り過ぎた馬車は見ましたが(運転している人がイタリア人かどうかは不明)。暑い中歩き疲れて、昼過ぎにそのまま名古屋駅に戻り、昼食を食べ(にぎり寿司&ビール)、そのまま新幹線に乗り込んじゃいました。

約40分で京都駅について、大雨が降っていたのでちょっと雨宿りしてから帰ろうと駅の百貨店に向かおうとしたら、偶然教え子のKさんに遭遇(彼女はバイトが終わって帰る途中だった)。「先生、顔赤いですよ」と昼酒がしっかりばれちゃいました。

« 鈴木祥子@名古屋得三 | Main | 弱冷房がcool »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

イタリア村は行かなくて正解です!
名古屋港水族館は高校のとき以来行ってないのですが、また今度行ってこようかな、と思いました。
確か、この3連休のどこかで名古屋港祭りというものがあって、花火もあがる予定だったのですが、雨で中止になったみたいです。
愛知県には南知多ビーチランドという、もっともっと家族向けの水族館があるので、機会があれば行ってみてください(>_<)
いろんな動物に触りまくれます。

かおりさん
そうそう、名古屋近辺のことなら、あなたに聞けばよかった。
「イタリア村」は凄く混んでいたし、まあ、ここでブランドものを買うこともないな、と思って行きませんでした。
京都はご存じのようにこの三連休、祇園祭のクライマックスだったわけですが、山鉾巡行の昨日は雨にたたられ、大変だったようです。
「南知多ビーチランド」は、名前だけ知っています(僕の持っている中村元『全国水族館ガイド』という本に載っていたから)。セイウチやスナメリがいるようですね。ここは妻と行こうかな。

鈴木祥子が誰かわからなくてググッていたら、このblogが5位くらいでヒットしてるよ・・・

マイナーな人ではないだろうと思うのだが、私は存じません。
(最初Winkのカタワレかと思ってました:爆)


名古屋って色々ありますわな。
うちなんか仕事で日帰り多くてあまり観光スポットを気にしていないのである意味フレッシュなリポートでした。

南知多は高校時代のツレとバンジージャンプに行きましたよ。
出発日のひと月ほど前に死者が出てへこみながら行った記憶が・・・

M下くん
おお、そういえば君はこの前セントレアとかに行っていたよな。

>鈴木祥子が誰かわからなくてググッていたら、このblogが5位くらいでヒットしてるよ・・・

だって、この一年で僕彼女のライブレポート、8回くらいしてるもん(行き過ぎ?)。詳しくは彼女のホームページに行ってください。

>うちなんか仕事で日帰り多くてあまり観光スポットを気にしていないのである意味フレッシュなリポートでした。

僕も出張ではない名古屋訪問って初めてだったんだよ。

>出発日のひと月ほど前に死者が出てへこみながら行った記憶が・・・

無茶するなあ(笑)。

あっバンジ-は確かグリーンバレーというところのほうかな?
実は私もそこで1回飛びました。面白かったです。

ビーチランド、奥さんと行くにはもしかしたら物足りないかもです…
ほんとにアットホームな感じで。
水槽はそんなに多くないし、触れるのと、ショーが魅力のところです。
でももし機会があればどうぞ☆
感想楽しみにしていますので(^v^)

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/10968134

Listed below are links to weblogs that reference 名古屋港にて :

« 鈴木祥子@名古屋得三 | Main | 弱冷房がcool »