« 祀られない自由 | Main | 「ガーダ パレスチナの詩」を見る »

August 26, 2006

世界宗教者平和会議出席

本日、国立京都国際会館(けっこう昔に建設されたようですが、立派なものでした)で始まった「世界宗教者平和会議(WCRP)」第8回世界大会に出席してきました(この大会は29日まで)。この集まりはその名の通り、世界中から宗教者が集まり、宗教間対話を通じて平和に向けて共に歩もうという意図の下、組織されたもので、発祥の地は何とのこの京都でした(第一回大会は1970年に京都で開催)。僕は何故か大会本部(日本本部は立正佼成会が担当しています)から招待状(参加費は払いますけど)が来たので、折角京都で行われるし、この目で宗教間対話の現場を見られるなら、と思い参加することに決めたのです。宗教学や平和学で「宗教間対話」の重要性、必要性は嫌ほど説かれてきましたが、実際その「現場」を見ることはほとんどないといっても良いでしょう。故に、この大会は非常に貴重な機会だと思います。
今週の朝日新聞の夕刊にも、この会議に関する記事が出ていたのですが、不安を煽るような書き方で、ちょっと小心者の僕はビクビクしながら会場に向かいました(笑)。まあ、確かにこの数年で、「911」の他にも宗教が絡んでいるテロは数え切れないほど起きてしまいましたし、他宗教の指導者と話し合いを持つだけで「あいつは裏切り者だ」と視野狭窄に陥っている勢力が存在するのもまた事実です。

さて、朝十時半から開会式が始まったのですが、それに先立つ持ち物及び身体検査は、空港でのそれと全く同じの厳戒態勢(金属探知機のゲートをくぐって、体の隅々まで調べられました)。カメラも持ち込み不可、といわれて、結局パンフレットとペンだけを持って入場しました。
僕は少し遅めに行ったら、メイン会場は超満員で既に空席もなく、“It's Greek for me”の英語をたっぷり聞かされました(同時通訳のイヤホンは各席にあるのですが、僕はそれを手に入れられなかったわけです)。で、ぼーっと突っ立ったまま巨大スクリーンを見ていたのですが、あれ、なんかこの5年間ほど嫌になるくらい見たあの白髪の長髪(挑発)の人が現れたぞ。あれは・・・。もうお判りですね。日本国内閣総理大臣小泉純一郎その人でした。僕は事前に知らされていなかったので、ちょっとビックリ。この手の国際会議に政府の偉いさんが挨拶することは珍しくありませんが、ビデオレターくらいが大半だと思っていたので、いきなりのご本人登場は素直に驚いてしまいました(ちなみに晩餐会では、山田京都府知事が来ていました)。で、スピーチ内容ですが、文面を素直に受け取れば、非常にご立派なことをおっしゃっていましたが、言っているご本人が・・・。というわけで、文字通り「話半分」で聞いてしまいました。素直じゃなくて、済みません。

今日は大会の初日ということで、各宗教の指導者層の方々のスピーチが延々続く、といった感じだったのですが、出色のスピーチはヨルダン王国のエル・ハッサン・ビン・タラール王子(Prince El Hassan bin Talal)。この方は、このWPRCの実務議長をされているのですが、アドリブとジョークも交えたenergeticなスピーチでしたが、一番ビックリしたのは「仏教徒の皆さん、ムスリムを代表して、バーミヤンの仏像の破壊をお詫びいたします」とおっしゃったこと(その隣のハターミー前イラン大統領は、王子のスピーチをどう思っていたでしょうか・・・)。あと、恐らくアドリブでしょうけど、小泉首相に対して「日本及びインドは国連常任理事国になりたいのなら、もっと平和構築に貢献せよ」とか、言いづらそうなこともビシビシ言っていました。ちなみに、僕の勝手な印象ですが、各宗教の代表者が何人も登壇してスピーチをしたのですが、一番明確なメッセージを発していたのが、このハッサン王子とボスニア・ヘルツェゴビナのイスラム共同体最高指導者のムスタファ・セリッチ師という二人のムスリムでした。

昼食はバイキング形式でした。ここで、研究室の仲間だった稲場先生(神戸大)とランジャナ先生(名古屋市大)と合流。あとは小原先生(同志社大)にもお会いしてご挨拶。思った以上に、僕らのような学者が少なく(まあ、主役は実際の宗教界の皆さんですから、僕らはオブザーヴァーに過ぎません)、端っこの方で固まってしまいました・・・。昼食会場で思ったのは、「これだけの聖職服、民族衣装を一度に見られる機会はそうはないだろう」ということ。僕はスーツで出席したのですが、宗教者の皆さんは、それぞれの聖職服を着用し、またそれが実にヴァラエティ豊かなのです。写真を撮れなかったことが本当に残念です。

午後の部では、個人的に好意を持っているハターミー前イラン大統領のスピーチを聴いたりしました(なんか、歴代のイラン指導層では一番「話が通じそうな印象」があって・・・)。
英語が聞き取れない僕は、同時通訳の人に頼りっきりでスピーチを聴いていたのですが、本当に、今回の同時通訳者の方の実力は凄かったです。世界中から来ていて、それぞれの英語(たまにスペイン語の方もいました)も凄く癖(アクセント)があるのに、瞬時に聞き取るんですから。
とにかく、一日中人の話を聞くだけだったのですが、非常に疲れちゃいました。軟弱で済みません。英語だって、パーティー会場で自己紹介くらいしか喋らなかったくせに・・・。

さて、このような国際的な会合では、得てして、きれい事だけの自己満足で終わりかねない、という危険性がつきまといます。実際、フロアからの発言でも「この会議で良いアイディアは出るのに、実行に移されていない」と苦言を呈する人がいたくらいです。でも、殊に宗教に関しては、他宗教(他者)との対話の回路を閉ざしてはいないことを継続的にアピールしつつ、実際の問題にも取り組む勇気ある方の存在を知るだけでも、僕は価値があるように思います。ある出席者が言っていたのですが、「宗教組織と世俗組織は、もっと協力し合わなければならない」との提言は、宗教者だけが集まるこの会議で、常に確認されねばならないことだと思いました。

なお、この大会に関して、開催に先んじて、僕の師匠である島薗進先生が『中外日報』8月12日号にエッセイをお書きですのでご参照ください。

追記:同志社大学の小原先生が、この大会の最終日についてのエントリをお書きなので、こちらも参照してください。

|

« 祀られない自由 | Main | 「ガーダ パレスチナの詩」を見る »

Comments

たびたびの書き込みでどうもすみません。

今の世界宗教者平和会議は朝日新聞のHPで簡単な紹介を読んでいたのですが、おかげさまでとても充実したご報告を拝読できてうれしいです。たいへん勉強になりました。

エル・ハッサン・ビン・タラール王子が謝罪したことを知って、わたしはちょっと戸惑ってしまいました。

そもそも5年前にバーミヤンの仏像を破損したタリバン政権と王子とは、関係がないのではないかと思います。しかも王子は善意で謝罪をしても、世界中のムスリムを代表する資格が果たしてあるのか、少し気になります。それから、謝罪されるべき被害者が何者なのかもよく解りません。というのは、アフガニスタンにはもはや佛教徒がいないのでは?人間が犠牲にならなかったとはいえ、だれが責任をだれに対して持つべきなのかという歴史問題の複雑さを改めて思わされました。

ちなみに、個人的にはガンダーラ様式の仏像が大学生の頃から大好きで、3年前に奈良博で観た《パキスタン・ガンダーラ彫刻展》が忘れられません。ですからバーミヤンの仏像が破壊された時、相当なショックでした。

Posted by: マイカ | August 28, 2006 at 09:39 AM

マイカさん、これからも遠慮なさらずに書き込んでください。

>そもそも5年前にバーミヤンの仏像を破損したタリバン政権と王子とは、関係がないのではないかと思います。しかも王子は善意で謝罪をしても、世界中のムスリムを代表する資格が果たしてあるのか、少し気になります。

確かにそうかも知れません。恐らく、この発言は「仏教国」である日本を意識しての発言だと思います。僕はとりあえず、一仏教徒(熱心な信者ではありませんが、家の宗教は真宗大谷派です)としてありがたく拝聴しました。

>だれが責任をだれに対して持つべきなのかという歴史問題の複雑さを改めて思わされました。

これもその通りですね。
でも、僕が思うに、宗教家というのは、自分が犯したのではない罪に対しても罪悪感を持つような感性が重要になってくるのではないでしょうか。自分が、何らかの問題に対して、「代表」として発言できるかどうかを問うというのは、それ自体非常に倫理的な振る舞いだと思います(もちろん、傲慢さは排除されるべきですが)。
例えば、僕は小泉首相の靖国神社参拝に対しては、一貫して反対ですが、「日本人の代表」として他国、他宗教の人からの意見(時には叱責)に耳を傾けなければ、と思っています。

Posted by: 川瀬 | August 28, 2006 at 03:47 PM

私は仏教徒ではありませんがバーミヤンの破壊は胸が潰れる思いでした。

(実は4代前のおじいさんの一人--4代前だと8人のおじいちゃん;おばあちゃんを入れてアメリカではよく1/16の先祖の一人といいます--は浄土宗の岩代国会津信徒総代と聞いています。宗教には熱心だが、宗教家になろうとしないのは遺伝でしょうか。)

驚き、嬉しく思ったのはマイカさんのコメントです。
また、川瀬先生の、実に先生らしい、やさしく丁寧なフォローにも感心しました。

そうです。私も王子がどうしてムスリムを代表できるのかと不思議におもったのですが、「まーいいか」と無視しておりました。ところが、マイカさん、言ってくださってありがとう。

日本に、希望が見えました(大袈裟ですが、近頃の日本にくさっていたので本心です)。

だいたい、あの破壊はムスリムがしたのではなく、タリバンという文字通りの破壊集団の仕業であり、圧倒的多数の平和的各宗派のムスリムが聞いたら怒りそうな行為を王子はしたのではないでしょうか。僭越であり、多くの普通のムスリムに失礼だと私は思いました。(川瀬先生もこのことは述べられました。)もし、謝ることがあるとすると、タリバンを野放しにした責任についてでしょう。

嬉しかったので、コメントしました。

Mark W. Waterman, Ph.D.

Posted by: Dr. Waterman | August 31, 2006 at 10:20 AM

Waterman先生

コメントありがとうございました。
「自分が犯したのではない罪に対しても罪悪感を持つ」というのは、Emmanuel Levinasの受け売りなのですが、ハッサン王子も恐らく、タリバンを野放しにしてしまった責任をいいたかったのだと思います(隣のハターミー前イラン大統領をちらっと見たのは、そういう意味かな、と深読みしてしまいました)。

今回の大会は、最終日も大変なことになりました。
詳しくは同志社大学の小原克博先生のブログを見ていただきたいのですが、イスラエルのラビ代表の演説のあと、まさに火を吐くようなパレスティナ代表の演説があり、エルサレムのクリスチャン代表の方も、パレスティナ代表の側に立ち(「パレスティナ人の数百人がイスラエルの刑務所にいるのではなく、パレスティナそのものをイスラエルは刑務所にしてしまっているのです」と述べ、会場から拍手が起きていました)、凄い緊張感が走りました。

http://kohara.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_ef7b.html

小原先生がおっしゃるように、「宗教対立」のsevereな現場を見ることの少ない日本人観衆にとって、この場面は非常に有意義であったと思います(この宗教者会議に対して、安直にシニカルで否定的な意見を言えるのは、日常生活において宗教に困らされていない日本人の「特権」だとさえ思いました)。
僕自身は、宗教学者という立場を離れても、こういう集まりは、集まったそのこと自体に意味があると、positiveに考えています。

Posted by: 川瀬 | August 31, 2006 at 01:15 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/11605555

Listed below are links to weblogs that reference 世界宗教者平和会議出席:

« 祀られない自由 | Main | 「ガーダ パレスチナの詩」を見る »