Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« August 2006 | Main | October 2006 »

September 22, 2006

女について掘り下げる―鈴木祥子@磔磔

今日もまたまた鈴木祥子様のライブレポートをお届けします(全国で数十名の方が読んでくださっている模様なので、止められなくなりました)。
今日の会場は、京都の老舗ライブハウスの「磔磔」。けっこう有名なハコですよね。でも、実は僕は初めてでした。

今回のライブは
鈴木祥子ソロライブ“SOLO~地元?!編~ ”女が男をあいする時ーwhen a woman LOVES a manーwith 大友良英on guitar
と題されたもので、ギタリストの大友良英さんと共演のライブでした。

会議が長引き、あわや遅刻かと思いましたが、何とかギリギリ終わってくれて、会議室からリュックを抱えたまま速攻で飛び出し、駅に走りました。
息を切らしながら地下鉄に乗り込み、ふと携帯を見たら、着信履歴と簡易留守電の記録があったので聞いてみると、このところいつも祥子さんのライブをご一緒しているYさんからで、「川瀬さん、今どちらですか?僕はもう到着して、隣の席をとりあえず確保しています」とのありがたすぎるメッセージが!!到着後Yさんを拝み倒したのは言うまでもありません。実際、僕は開演20分前くらいに着いたのですが、既に満員に近い状態でした。Yさんのご厚意で、いつものように最前列の真ん中あたりに座らせていただきました。そして僕のお隣には、これまたライブでいつもお世話になっているRさんとSさんのお姿も(まあ、このお二人が見あたらない、ということはほとんどないのですが)。そしてYさんのお隣には、以前名古屋の得三でお見受けした方々(この方々も、前も最前列に座っていた。後で一緒に飲みに行くことに)もいらっしゃいました。

そして、6時過ぎに、黒電話のベル音で、ライブはスタート。祥子さんは、黒のチェック柄のノースリーブのドレスでゴージャスに登場(実際裾が広がっているドレスで、ステージ間の移動で良く譜面台にフリフリが引っかかりました)。おお、可愛すぎる、と思ったのですが、僕は『のだめカンタービレ』の「のだめ」を思い出してしまいました。お許しください。

以下、僕のメモをもとにセットリストと簡単な感想を書いていきます(各曲の後ろの記号は使った楽器を表しています。(V)は楽器を持たずヴォーカルのみ、(W)は電子オルガンのウルリッツァーです)。今回のライブは、二部構成になっていました。

第1部
1)愛の名前 (P)
スタートがいきなりこの曲で、一気に祥子さんワールドに引き込まれました。
2)Passion (P)
続けての曲が、この曲。元々インプロビゼーションのノリがある曲ですが、毎回違ったアレンジやメロディラインが入る気がします。
3)だまって笑ってそばにいる女 (AG)
祥子さんはこの曲の後「ここまで女の未練3連発」と発言。
4)舟 (EG)
ジャカジャカ軽快に弾く祥子さんを見ていると、何となくやに下がる僕がいます。この曲、どこが怖いのかなあ。僕にはユーモアしか感じないんだけど。
5)京都慕情/渚ゆう子カバー(W)
ご当地ソング(笑)として。ベンチャーズの曲が原曲らしい。
6)Fruitless Love/浜田真理子カバー(V)
ここから大友良英さん(EG)が登場。何でもこの曲は、竹久夢二のドキュメンタリー番組で流れていて、祥子さんが気に入ったとのこと。浜田真理子さんの二枚目のアルバム所収の曲。
7)ガラスの林檎/松田聖子カバー (P)
祥子さんは年末のライブでも「聖子ちゃんの曲に、我々世代の女子はトラウマというか、影響を受けている」とおっしゃっていましたが、要するに、松本隆の歌詞にやられた、ということでしょうか。「王子様幻想」とも祥子さんはおっしゃっていました。
8)竹田の子守唄(V)
これも一種の京都のご当地ソング、かな(森達也『放送禁止歌』で取り上げられていたんじゃなかったかな)。大友さんのギターが凄く野蛮でノイジーで、スピーカーが僕の正面にあったため、祥子さんの声が聞こえず。ちょっとディストーション効かせすぎ(笑)。祥子さんは「京都の冬の寒さをしみじみ感じて(この曲を選んでみました)」というようなことをおっしゃっていました。
9)Blackbird/THE BEATLES カバー (W)
これも、最近ライブでは定番となりつつありますね。女性解放をテーマにした曲を歌って、祥子さんは「やはり女の方が男より「禁止事項」が多かったり、「女」に折り合いをつけなくちゃいけないとか、色々ありますよね。女より男が良いというわけではないんですが」とおっしゃり、今回のライブのテーマの核心にだんだん近づく。
10)忘却 (P)
11)Frederick(P)
この二曲を立て続けに。有無を言わせぬ迫力。
12)ベイビー・イッツ・ユー (EG)
この曲はみんなでコーラス。笑ったのは、
「ひとりきり生きてゆく なんて素敵なの」
という歌詞の直後に「素敵じゃねえよ!!」とセルフツッコミをする祥子さん。その毒づき方が最高。
13)ひとりぼっちのコーラス (P)
この曲は、ライブで聞くと何故が寂しさが一層増す気がします。
14)甘い夜 (P)
歌詞をど忘れして、客に助けてもらう祥子さん。

一旦祥子さんは電話のベルの音と共に退場。ほんの少しのインタールードの間、祥子さんの「アーアー」という声を多分多重録音したような曲が流れていました

第2部
再び黒電話のベルの音と共に登場。今度は上下黒のスーツでビシッと。
15)LOVE/IDENTIFIED (アカペラ)
今回のステージの左端には、ソファと黒電話、ランプが置かれていたのですが、そこで祥子さんが、ソファに座ったり立ち上がったりして、文字通り一人芝居のようなアカペラでこの曲を歌い上げる。その時の祥子さんの色っぽさといったらあなた、大変なことになっていましたよ、奥さん(って誰に向かっていっているんだ、俺は)。この歌は、まさに祥子さんの「魂」の歌と再確認。
16)依存と支配 (V,Dr)
大友さんが再登場。アレンジがなんか、暗黒舞踏風、というと怒られそうですが(笑)、そんな感じでした。こういうtheatricalなのも良いですね。後半は祥子さんの迫力のドラムプレイが聞けて、僕としては大満足。
17)BLONDE (P)
18)道 (P)
淡々としたピアノでクールダウンしながら、ここでライブは一旦終了。以下はアンコールです。

祥子さんはスーツを脱いで、トップスを白Tシャツに替えて、アンコール開始。
e1)風待ちジェット(W)
Yさんのリクエストに応えて。おなじみ坂本真綾嬢への提供曲
e2)Close To You(W)
これも会場からのリクエストに応えて。The Carpentersの不朽の名曲。バカラックメロディは、やはり祥子さんの声質に合っていると再確認。いきなりのリクエストだったのに、ちゃんと歌いきって自分でも「できたねえ」と喜ぶ祥子さん。横で聞いていた大友さんも「やっぱいい曲だよねえ。俺、泣きそうになったよ。俺にもそんな気持ちが残っているんだねえ」としみじみ。
e3)純愛(V)
浜田真理子のカバー。大友さんがギター。「男の人は怖いと思うかも知れないけど、これが女の本音です」と祥子さん。でも、「男の人が勝手に(私や浜田さんの歌を)怖いと思い込んでいるのよ」とも言っていました。僕は怖いなんて思ったことはありませんが、凄みはいつも感じております。
ここで祥子さんが「ハーモニカを忘れちゃった」といって楽屋に取りに行き、その中途半端な間があき、「俺、どうすりゃいいの(笑)」と困る大友さん。
e4)日記 (ハーモニカ)
この時のMCが爆笑。「私はこの曲を書いていたときは・・・何してたんだっけ、忘れちゃいましたけど(笑)、要するに若いとき、それなりに人生とか色々真剣に考えていたんだと思う」とのこと。
e5)Happiness (W)
これにはビックリ。だってしつこいくらいに最近の祥子さんは「この曲は言霊が悪いから歌わない。封印!!」と言っていたので。突然の「封印解除」に感涙するもの多数。例の年齢の部分は、今回に限って元通りに「♪生まれてからもう25年も♪ 若いよ!!」とセルフツッコミしながら歌う。この曲では、絶対年齢にまつわるMCに突入するのですが、最近の祥子さんは「30代と40代は全然違うのよ教」の布教者となりつつあります。
最初はアカペラで歌って、動きがまるでラッパー(笑)。そのあとウルリッツァーに座り直して弾き語り。そしてこの曲を歌いながら退場。でも拍手が鳴り止まず、再度登場。
e6)不明(P)
英語詞の新曲。これにて本日のライブは全て終了。

こうして書くと、今回もたくさん歌ってくださいましたねえ。「信者」としてはただただ感謝です。
ライブの後はいつものように、その場でお友達になった方や、たまたま近くに座っていた皆さんとちびちび飲みながら、祥子さんの出待ち。数十分後祥子さんが楽屋から出てきて、何人かのファンはサインをもらったり写真を一緒に撮ってもらったりしていましたが、僕はデジカメの電池が切れていたので断念。
その後、腹が減っていたので、一緒に喋っていた皆さんと適当に、唯一の地元民(他の皆さんは遠くは東京、広島、名古屋からいらしていました)の僕がご案内して、居酒屋とカラオケで夜更けまで楽しく過ごしました。特にカラオケは、まず祥子さんの曲を全部入れ(少ないのが残念でしたが)、後は祥子さんゆかりの曲を歌いまくり。みんなして「人前で祥子さんの歌をこんなに歌ったのは初めて」と感無量(笑)。そして同世代の気安さもあって「80年代縛り」というルールで、普段歌えないような曲を熱唱しまくり。
ライブも、その後の打ち上げも満喫して帰宅した僕でした。

September 21, 2006

「踏み絵」としての日の丸・君が代

入学式や卒業式で、日の丸・君が代を強要し、従わなかったことにより処分されたのは不当として東京都立の高校の教職員が起こした訴えは、とりあえず東京地裁では勝訴を勝ち取った。「左」側の人間として(笑)、まずは嬉しいと思うが、実は僕はこの判決にちょっとだけ違和感を持っている。

判決理由は、「日の丸・君が代はかつて皇国思想、軍国主義の精神的支柱とされてきた歴史があるから」その強要はよくない、という論理構成になっている。確かにそれはそうだろうが、僕はもっと身近というか、「俗っぽいもの」としてこの裁判を捉えている。

このブログでも何度か言及したかも知れないが、この「日の丸・君が代」問題は、基本的に「踏み絵」の構造を持っている。日の丸・君が代そのものを尊重するかどうかが問われているというよりは、そのような命令を出す人間、すなわち校長などの管理職や自治体の教育委員会などの「お上」に従順か否かということを確認する「踏み絵」として使われているだけだと思う。そこが非常にいやらしい。国のシンボルという、なかなか否定しがたいものを正面に据えて、国のシンボルに従わないというのは、私にも従わないことと同じだと言い募るその心根が、腹立たしいし、いやらしい。

であるから、僕などは都の教育委員会の言い分などは、「俺の酒が呑めねえっていうのか」と宴席で絡んで、後日、酒を拒んだ部下をいじめたり、降格させるようなものと同質のものに見える。つまり、強要する側に、思想的な深みが全然感じられないのだ。
今回の判決は、訴える側も訴えられる側も、それなりに思想的なバックボーンがあるものとの仮定で進められていると思う。確かに訴えた側はそうだが、訴えられた側はそんな上等なものはなかった、というのが僕の見立てである。だから「負けるだなんて1%も考えていなかった」などという愚かな発言が出てくるのだ。

September 03, 2006

「ガーダ パレスチナの詩」を見る

今日は、ある市民団体の主催する上映会に行き、ジャーナリストの古居みずえ監督のドキュメント映画「ガーダ パレスチナの詩」を見ました(ちなみに、書籍にもなっています)。
これは、自分の取材の通訳をしてくれた女性ガーダを、古居監督が12年の間ずっと撮ったフィルムで構成されたもので、比較的平穏な時期に結婚したガーダが、2000年の第二次インティファーダ(パレスチナ側の抵抗)を経て、一人の知的で開明的なパレスチナ女性が、自分のなしえる「戦い」とは何か、ということを考える過程を追いかけたもの、と要約できるかと思います。

以下は、内容紹介を含みますので、これから白紙状態で見に行きたい方はごらんにならないようにお願いします。

さて、まずガーダ、という希有なキャラクターに古居監督が出会った、という幸運を、観客たる我々は感謝しなければならないと思います。
ガーダは、リベラルな父親や親戚に囲まれ、比較的自由な雰囲気のもとで勉強に励み、イスラエルによるガザ地区の封鎖により大学には進学できませんでしたが、教員養成学校を出て、教師として働きつつ、堪能な英語で通訳もこなすという女性です。
そのような彼女ですから、古い因襲、とりわけ女性を抑圧する習慣には真っ向から反対し、この映画は、彼女の結婚式をめぐって家族、姑と衝突するところから始まります。彼女は伝統的な結婚式や、初夜のシーツという「処女の証拠」を見せびらかすような儀礼は「人の作ったものは変えられるはず」と拒否します。
彼女は理解ある夫に恵まれ、二人の子を授かり、大学に入り直すなど「新しい女性」としての生活するのですが、2000年の第二次インティファーダにおいて、親戚筋の13歳の男の子が射殺されるという事件に遭い、彼女は非常にショックを受けます。それまで、パレスチナ社会の内部で、古い因襲と戦ってきた彼女は、1948年(いうまでもなく、イスラエルの建国年です)に故郷を追われた自分の祖母世代の女性たちの聞き取り調査をして、パレスチナ難民の苦難の歴史を書き記すことを、「新たな自分なりの戦い(字幕では「戦い」とありましたが、使われていた単語はstruggleでした)」と位置付け、その作業に没頭していくことになります。古居監督も彼女に同行し、ガーダの祖母や、インティファーダ後に家や農地を破壊された老女たちに話を聞きに行きます。
この映画は、女性である古居監督が、ガーダの実家の台所から撮影をスタートさせたように、パレスチナのいわば私的な空間を撮ったものです。そこでの女性たちは、日本人が想像する以上にたくましく、笑い、歌い、快闊です。そして、その女たちが笑いさざめく台所の壁に向かって、イスラエルの監視塔からの威嚇斉射がおこなわれたりもするのです。その「日常」(子どもたちは、銃声くらいではびくともしなくなります。そして、その機関銃の音が響く中で、彼らは祈りを捧げます)を思うと、何もできない極東の住民である僕も、胸が痛みます。
この映画のガーダ以外の登場人物で、一番僕の印象に残ったのは、自分の農地を根こそぎイスラエル軍に破壊され奪われる夫婦(アブー・バーシムさんとウンム・バーシムさん)です。このおしどり夫婦は、互いの愛情を表現する詩を交わし合い、客人であるガーダや監督に鳥料理を振る舞ってくれるような、親切な「隣人」。そのような「普通の人」の生活の一切を破壊して、「神に約束された地」の領域を広げようとするイスラエル。もちろんイスラエル側の言い分はあるでしょう。でも、イスラエルはこれ以上、パレスチナの占領を推し進めるべきではありません。恨みの連鎖、虐殺の連鎖をどこかで止めなければなりません。いま、イスラエルは自らが作り出した「敵」の影の大きさに怯えている状態なのだと思います。
ガーダは最後に、「私が祖母たちの記録を取ることも、祖母たちが歌うことも、インティファーダで投石することも、それそれの戦い(struggle)なのだ」というような言葉を述べます。僕は、例えばこの日本において、どんな「それぞれの戦い」をしているのか、考えさせられました。

なお、古居監督は上映会に来る予定だったのですが、レバノンへ取材に行くことになり、急遽ビデオレターでの出演となってしまいました。僕の友人である綿井健陽君も、この前何とか無事にレバノンから帰ってきてくれました。綿井君も「Little Birds」という映画を撮りましたが(僕の感想はこちら)、古居監督もこのような素晴らしい作品を届けてくれました。近くで上映があるときは是非ご覧ください。

« August 2006 | Main | October 2006 »