Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 「踏み絵」としての日の丸・君が代 | Main | 軽侮と期待 »

September 22, 2006

女について掘り下げる―鈴木祥子@磔磔

今日もまたまた鈴木祥子様のライブレポートをお届けします(全国で数十名の方が読んでくださっている模様なので、止められなくなりました)。
今日の会場は、京都の老舗ライブハウスの「磔磔」。けっこう有名なハコですよね。でも、実は僕は初めてでした。

今回のライブは
鈴木祥子ソロライブ“SOLO~地元?!編~ ”女が男をあいする時ーwhen a woman LOVES a manーwith 大友良英on guitar
と題されたもので、ギタリストの大友良英さんと共演のライブでした。

会議が長引き、あわや遅刻かと思いましたが、何とかギリギリ終わってくれて、会議室からリュックを抱えたまま速攻で飛び出し、駅に走りました。
息を切らしながら地下鉄に乗り込み、ふと携帯を見たら、着信履歴と簡易留守電の記録があったので聞いてみると、このところいつも祥子さんのライブをご一緒しているYさんからで、「川瀬さん、今どちらですか?僕はもう到着して、隣の席をとりあえず確保しています」とのありがたすぎるメッセージが!!到着後Yさんを拝み倒したのは言うまでもありません。実際、僕は開演20分前くらいに着いたのですが、既に満員に近い状態でした。Yさんのご厚意で、いつものように最前列の真ん中あたりに座らせていただきました。そして僕のお隣には、これまたライブでいつもお世話になっているRさんとSさんのお姿も(まあ、このお二人が見あたらない、ということはほとんどないのですが)。そしてYさんのお隣には、以前名古屋の得三でお見受けした方々(この方々も、前も最前列に座っていた。後で一緒に飲みに行くことに)もいらっしゃいました。

そして、6時過ぎに、黒電話のベル音で、ライブはスタート。祥子さんは、黒のチェック柄のノースリーブのドレスでゴージャスに登場(実際裾が広がっているドレスで、ステージ間の移動で良く譜面台にフリフリが引っかかりました)。おお、可愛すぎる、と思ったのですが、僕は『のだめカンタービレ』の「のだめ」を思い出してしまいました。お許しください。

以下、僕のメモをもとにセットリストと簡単な感想を書いていきます(各曲の後ろの記号は使った楽器を表しています。(V)は楽器を持たずヴォーカルのみ、(W)は電子オルガンのウルリッツァーです)。今回のライブは、二部構成になっていました。

第1部
1)愛の名前 (P)
スタートがいきなりこの曲で、一気に祥子さんワールドに引き込まれました。
2)Passion (P)
続けての曲が、この曲。元々インプロビゼーションのノリがある曲ですが、毎回違ったアレンジやメロディラインが入る気がします。
3)だまって笑ってそばにいる女 (AG)
祥子さんはこの曲の後「ここまで女の未練3連発」と発言。
4)舟 (EG)
ジャカジャカ軽快に弾く祥子さんを見ていると、何となくやに下がる僕がいます。この曲、どこが怖いのかなあ。僕にはユーモアしか感じないんだけど。
5)京都慕情/渚ゆう子カバー(W)
ご当地ソング(笑)として。ベンチャーズの曲が原曲らしい。
6)Fruitless Love/浜田真理子カバー(V)
ここから大友良英さん(EG)が登場。何でもこの曲は、竹久夢二のドキュメンタリー番組で流れていて、祥子さんが気に入ったとのこと。浜田真理子さんの二枚目のアルバム所収の曲。
7)ガラスの林檎/松田聖子カバー (P)
祥子さんは年末のライブでも「聖子ちゃんの曲に、我々世代の女子はトラウマというか、影響を受けている」とおっしゃっていましたが、要するに、松本隆の歌詞にやられた、ということでしょうか。「王子様幻想」とも祥子さんはおっしゃっていました。
8)竹田の子守唄(V)
これも一種の京都のご当地ソング、かな(森達也『放送禁止歌』で取り上げられていたんじゃなかったかな)。大友さんのギターが凄く野蛮でノイジーで、スピーカーが僕の正面にあったため、祥子さんの声が聞こえず。ちょっとディストーション効かせすぎ(笑)。祥子さんは「京都の冬の寒さをしみじみ感じて(この曲を選んでみました)」というようなことをおっしゃっていました。
9)Blackbird/THE BEATLES カバー (W)
これも、最近ライブでは定番となりつつありますね。女性解放をテーマにした曲を歌って、祥子さんは「やはり女の方が男より「禁止事項」が多かったり、「女」に折り合いをつけなくちゃいけないとか、色々ありますよね。女より男が良いというわけではないんですが」とおっしゃり、今回のライブのテーマの核心にだんだん近づく。
10)忘却 (P)
11)Frederick(P)
この二曲を立て続けに。有無を言わせぬ迫力。
12)ベイビー・イッツ・ユー (EG)
この曲はみんなでコーラス。笑ったのは、
「ひとりきり生きてゆく なんて素敵なの」
という歌詞の直後に「素敵じゃねえよ!!」とセルフツッコミをする祥子さん。その毒づき方が最高。
13)ひとりぼっちのコーラス (P)
この曲は、ライブで聞くと何故が寂しさが一層増す気がします。
14)甘い夜 (P)
歌詞をど忘れして、客に助けてもらう祥子さん。

一旦祥子さんは電話のベルの音と共に退場。ほんの少しのインタールードの間、祥子さんの「アーアー」という声を多分多重録音したような曲が流れていました

第2部
再び黒電話のベルの音と共に登場。今度は上下黒のスーツでビシッと。
15)LOVE/IDENTIFIED (アカペラ)
今回のステージの左端には、ソファと黒電話、ランプが置かれていたのですが、そこで祥子さんが、ソファに座ったり立ち上がったりして、文字通り一人芝居のようなアカペラでこの曲を歌い上げる。その時の祥子さんの色っぽさといったらあなた、大変なことになっていましたよ、奥さん(って誰に向かっていっているんだ、俺は)。この歌は、まさに祥子さんの「魂」の歌と再確認。
16)依存と支配 (V,Dr)
大友さんが再登場。アレンジがなんか、暗黒舞踏風、というと怒られそうですが(笑)、そんな感じでした。こういうtheatricalなのも良いですね。後半は祥子さんの迫力のドラムプレイが聞けて、僕としては大満足。
17)BLONDE (P)
18)道 (P)
淡々としたピアノでクールダウンしながら、ここでライブは一旦終了。以下はアンコールです。

祥子さんはスーツを脱いで、トップスを白Tシャツに替えて、アンコール開始。
e1)風待ちジェット(W)
Yさんのリクエストに応えて。おなじみ坂本真綾嬢への提供曲
e2)Close To You(W)
これも会場からのリクエストに応えて。The Carpentersの不朽の名曲。バカラックメロディは、やはり祥子さんの声質に合っていると再確認。いきなりのリクエストだったのに、ちゃんと歌いきって自分でも「できたねえ」と喜ぶ祥子さん。横で聞いていた大友さんも「やっぱいい曲だよねえ。俺、泣きそうになったよ。俺にもそんな気持ちが残っているんだねえ」としみじみ。
e3)純愛(V)
浜田真理子のカバー。大友さんがギター。「男の人は怖いと思うかも知れないけど、これが女の本音です」と祥子さん。でも、「男の人が勝手に(私や浜田さんの歌を)怖いと思い込んでいるのよ」とも言っていました。僕は怖いなんて思ったことはありませんが、凄みはいつも感じております。
ここで祥子さんが「ハーモニカを忘れちゃった」といって楽屋に取りに行き、その中途半端な間があき、「俺、どうすりゃいいの(笑)」と困る大友さん。
e4)日記 (ハーモニカ)
この時のMCが爆笑。「私はこの曲を書いていたときは・・・何してたんだっけ、忘れちゃいましたけど(笑)、要するに若いとき、それなりに人生とか色々真剣に考えていたんだと思う」とのこと。
e5)Happiness (W)
これにはビックリ。だってしつこいくらいに最近の祥子さんは「この曲は言霊が悪いから歌わない。封印!!」と言っていたので。突然の「封印解除」に感涙するもの多数。例の年齢の部分は、今回に限って元通りに「♪生まれてからもう25年も♪ 若いよ!!」とセルフツッコミしながら歌う。この曲では、絶対年齢にまつわるMCに突入するのですが、最近の祥子さんは「30代と40代は全然違うのよ教」の布教者となりつつあります。
最初はアカペラで歌って、動きがまるでラッパー(笑)。そのあとウルリッツァーに座り直して弾き語り。そしてこの曲を歌いながら退場。でも拍手が鳴り止まず、再度登場。
e6)不明(P)
英語詞の新曲。これにて本日のライブは全て終了。

こうして書くと、今回もたくさん歌ってくださいましたねえ。「信者」としてはただただ感謝です。
ライブの後はいつものように、その場でお友達になった方や、たまたま近くに座っていた皆さんとちびちび飲みながら、祥子さんの出待ち。数十分後祥子さんが楽屋から出てきて、何人かのファンはサインをもらったり写真を一緒に撮ってもらったりしていましたが、僕はデジカメの電池が切れていたので断念。
その後、腹が減っていたので、一緒に喋っていた皆さんと適当に、唯一の地元民(他の皆さんは遠くは東京、広島、名古屋からいらしていました)の僕がご案内して、居酒屋とカラオケで夜更けまで楽しく過ごしました。特にカラオケは、まず祥子さんの曲を全部入れ(少ないのが残念でしたが)、後は祥子さんゆかりの曲を歌いまくり。みんなして「人前で祥子さんの歌をこんなに歌ったのは初めて」と感無量(笑)。そして同世代の気安さもあって「80年代縛り」というルールで、普段歌えないような曲を熱唱しまくり。
ライブも、その後の打ち上げも満喫して帰宅した僕でした。

« 「踏み絵」としての日の丸・君が代 | Main | 軽侮と期待 »

鈴木祥子」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

川瀬さん

 はじめまして。昨日のステージ、僕も行かせていただきました。余韻に漂っています。川瀬さんは一列目でメモを取りながら祥子さんの歌声に聞き入っていた方ですね? 僕は最前列のピアノ正面に(川瀬さんと同じくあとから来たにもかかわらず店員さんが通してくれた)白い服で座っていた26歳男です。以前からこのページを知っていたので、そうかなーとは思っていたのですが、話しかけておけばよかったかな、と後悔しています。

 13年聞いてきてライブは初めてでしたけれど、もう圧倒されっぱなしでした。あの歌声はもはや叫びであって、きれいに歌おうとか取り繕おうなんてことよりも、心を伝えたい、という情念(祥子さん風に言うとそうなのかな)です。それがひしひしと伝わってきて不意にこみあげてくるものがありました。ちょっと人生に迷うお年頃かと自分では思うのですが、いろんな示唆があったように思います。

 いいステージでした。close to you. も本当によかったですよね。
またこちらにおじゃまさせてください。ではー

たちゃーんさま
mixiでお邪魔してしまいました。そうです、僕が最前列でメモっていたスーツ男です。

>13年聞いてきてライブは初めてでしたけれど、もう圧倒されっぱなしでした。

実は僕も、祥子さんのライブに初めて行ったのが、去年の6月なんです(15年近く聞いてきておきながら)。それ以来、京都でのライブは欠かさず出席していますが。
昨日のも、素晴らしいパフォーマンスでしたよね。

>あの歌声はもはや叫びであって、きれいに歌おうとか取り繕おうなんてことよりも、心を伝えたい、という情念(祥子さん風に言うとそうなのかな)です。それがひしひしと伝わってきて不意にこみあげてくるものがありました。

僕もそう思いました。彼女の歌、声、メロディ、どれも好きですが、ライブに行くようになって、何よりも彼女の声が「届くこと」に驚きました。それから、学生に「またですか」と呆れられながらも(笑)、はまって通い詰めている次第です。
今度見かけたときはお気軽にお声をかけてください。
ではでは。

こんにちは。mixiではコメントくださってありがとうございました。

今回のライブ、本当にバラエティに富んだ内容でしたね。私もドラムを叩く祥子さんが見られたのが本当に嬉しかったのです。
そして、どんな曲(カバーも)を歌っても、それは祥子さんの世界になってしまう、そんな力を持つ数少ない女性アーティストなんじゃないかなって思いました。

「歌のうまい人」っていうのはたくさんいるんだけど、それだけじゃつまらない。
祥子さんは歌の先に心をゆさぶる何かがある、そう思います。その「何か」が知りたくてライブに通ってしまう私がいるのかもしれません。

ところで終演後のカラオケ、なんだかすごく面白そうなんですけど(笑)。
今度機会があればぜひ混ぜてくださいませ・・・。

つかさま、コメントありがとうございます。

>「歌のうまい人」っていうのはたくさんいるんだけど、それだけじゃつまらない。
>祥子さんは歌の先に心をゆさぶる何かがある、そう思います。その「何か」が知りたくてライブに通ってしまう私がいるのかもしれません。

同感です。
昔のアイドルとかと違って、最近の歌手はみんな歌はとりあえずうまいですが、それは心に届くかどうかは、また別なんですよね。少なくとも僕はそう思います。
僕には祥子さんは歌が「うまい」というより、「届く」のです。

>ところで終演後のカラオケ、なんだかすごく面白そうなんですけど(笑)。

実際、凄~く楽しかったです。
今回は祥子さんの曲が少ない機種でしたが、今度は是非、最多を誇る「UGA」であつまりたいと思います(笑)。
僕の顔は、mixiで晒しているとおりの顔ですので、探してくだされば幸いです。
ではでは。

先日はお疲れ様でした★

最前列は音が悪い、これ、ライブハウスでは課題ですよねぇ。
特に大音量になると、ヴォーカルが聴こえないことはよくありますし。
私の席からは(あまり変わらない席だけど)、祥子さんの声がギターの音に合わせて遠くなったり近くなったりで、とても面白かったです。
でも私の場合、ノイズライブ慣れしているせいもあるかも(笑)

UGAがあるとこに行くときは、三条河原町のジャンカラへ行きますよ~。
渋谷でカラオケに行った時は、UGAやらDAMやら、その他色々の機種が入ってるとこがありましたが、関西ではそういう店あまりないなぁ。

さなえさん、「スタッフ」としてもお疲れ様でした。

>最前列は音が悪い、これ、ライブハウスでは課題ですよねぇ。

まあ、今回は特にギターに繋がっていたアンプの真っ正面でしたからねえ。このところ、YさんやRさんのご厚意で最前列で連続してみさせてもらっていますが、我を失うことも多いので(笑)、ちょっと離れた方が良いかも(前から3列目くらいとか←これでも贅沢ですが)。

あと、僕たちが行ったのは四条河原町から一番近かった「カラオケ館」なんですが、二、三種類の機種が入っていたと思います。僕たちが入ったとき、UGAがちょうど「売り切れ」でして・・・。そうか、今度はジャンカラに行きます(大学の近くではいつもジャンカラです)。

どうも初めまして、稲熊です。
この間は飲み会&カラオケお疲れさまでした。ライブも飲み会も最高でした。
川瀬さん歌上手いですね〜。
祥子さんを通じてファンが繋がって行く事を大切にしたいと思ってます。
これからも、よろしくです。

つかさん、初めましてです。ライブ後のカラオケ盛り上がりますよ!!
次回は、是非一緒に行きましょうね。

さなえさん、初めましてです。大音量って確かに音が悪かったりしますね〜
でも、あの体に響いてくる感じ慣れてくると気持ち良くないですか?私だけ?

稲熊様
書き込みありがとうございます。
是非、今度はつかさんもご一緒して皆さんでアフターに参りましょう!!
僕もライブを通して、皆さんと出会うことができて、大変ありがたく思っています。皆さん、お世辞抜きでいい方ばかりで・・・。
また次のライブでお会いしたいと思います。

>川瀬さん
えとね、一部屋に数種類の機種が揃ってるカラオケがあるのです!!!!!
でも本はちゃんと1冊になっているので、「どの機種だっけ?」となることがないという素晴らしいカラオケです。
こういうのが京都にあれば良いですね。

ジャンカラでもUGAがないとこもありますのでご注意を~。

>稲熊さん
どうもはじめまして~。
大音量の音の悪さ、磔磔はまだマシだとは思いますよ~。
神戸の某ライブハウスなんて、全くヴォーカルが聞こえなかったので・・・。
大音量というより、ノイズ系の音の中では、爆睡できちゃいますねぇ。

さなえさん、情報ありがとうございます。そういう意味だったのか。このところ、教え子がアルバイトしているカラオケ屋に自動的に行くだけで、機種とかちゃんとチェックしていなかったんですよね。どうせ学生たちは古い歌知らないし(笑)。
今度京都でまたライブがあるときは、ライブ会場の近所のカラオケ屋も調べておきましょう(磔磔はともかく拾得の近所にはなさそうだな・・・)。

今回は不参加だったのですけども、
川瀬さんのレポに期待してました(笑)!!

また濃厚なレポをありがとうございます!
うらやましいなぁ~。

けいたんさま
今回はお会いできずに残念でした。
レポートも読んでくださりありがとうございます。また今度どこかで。もし時間があればアフターも(笑)。

川瀬様、こんにちは、りゅうです。今回も いいライブでしたね。できれば、もっとロックな祥子さんが観たかったのですが次のお楽しみ という事で・当日は 川瀬さんがスタートに間に合わないかとハラハラしました(笑) ライブ後は このレポを読むのが楽しみになっています。いつもありがとうございます。ここも賑やかになってファンどうしが繋がっていく感じがイイですね。皆さんのおかげでライブが何倍も楽しくなります。今回 参加できなかった皆さんも次回( いつかな? )是非お会いしましょう。

りゅう様、いつもお気遣いありがとうございます。
あの日はホントに焦りましたよ。絶対抜けられない会議でしたから・・・。駅まで走ったせいで、翌日はふくらはぎが痛かったです。もう僕も歳だなあ、と思いました。
僕もりゅうさんをはじめ、色んな方の親切に触れて、感激しています(この場を借りて、僕に様々な祥子さん関連のモノをくださった方に、お礼申し上げます)。またお会いしましょう。

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/11992809

Listed below are links to weblogs that reference 女について掘り下げる―鈴木祥子@磔磔:

» [ao vivo]女が男をあいする時ーwhen a woman LOVES a manー鈴木祥子@磔磔 [めんちかつの腰くだけ日記]
さて、祥子様のライヴを振り返ってみましょうか。 5時開場ということで、5分前に磔磔に到着したら、すでに50人くらいが待っていました(^^;)すごい人気です。 あっという間に最前列は埋まってしまいましたが、それでもなんとかウーリッツァー正面の席を確保。id:popholicさん... [Read More]

« 「踏み絵」としての日の丸・君が代 | Main | 軽侮と期待 »