« September 2006 | Main | November 2006 »

October 22, 2006

軽侮と期待

このところ忙しい。
授業準備の「貯金」が無くて、自分の首を絞めているのは文字通り「自業自得」だが、それ以外にも細々とした書類仕事がこのところ多く、それを一つ一つこなしているうちに時間が過ぎ去ってしまう。

さて、実は今日も休日出勤をしていて、文部科学省に出す某書類の作成などに勤しんでいたのだが、ふと休憩中に内田樹先生のブログを読み、ちょうど文部科学省がらみの書類をしていたこともあって、「なんじゃこりゃー。文部科学省めーっ」と怒りが爆発してしまった(ちょっと逆恨みが入っているけど)。幸い、今日は大学の研究棟にほとんど人がおらず、僕の叫び声を聞いたのは殆どいないと思う。もしいたら、脅かしてしまい済みませんでした。ごめんなさい。
ではまず、内田先生のエントリの元になった新聞報道から少し引用すると、

文部科学省は大学・短大教員の講義のレベルアップのため、全大学に教員への研修を義務付ける方針を固めた。来年度に大学設置基準と短期大学設置基準を改正し、早ければ08年4月にも義務化する。研究中心と言われる日本の大学で、学生への教育にも力点を置く必要があると判断したもので、「大学全入時代」を迎え、学生の質の低下を懸念する経済界からの要請も背景にある。具体的な研修内容などは今後、中央教育審議会で検討する。

とのことである。これを読んで「何これ」と思わない大学教員は殆どいないであろう(いるとしたら、それこそトップダウンの「改革」を思う存分振るいたがるようなメンタリティのお方だけだろう。誰とは言わないが)。

まあ、僕自身が大学の中でなんとか「適合」できているかどうかはさておき(僕自身、企業向けの人間じゃないと自覚したからこそ、大学院に「入院」したんだけど)、僕が怒り心頭に発したのは、余りに文部科学省が「大学教育」というものを「なめている」からだ。これまで大学教育に対して、ほとんど顧慮することさえしなかった経済界が今更「アホな学生ばかり輩出されても困る」とばかりに「ちゃんとした教育をやってよね」と要請してきたわけだ。そしてその尻馬に乗る形で、文部科学省が教員全員に対する「タコ焼き」(タコ焼き云々の比喩は、もう一つの内田先生のエントリから借用した)を作るかのような研修まで構想している。病膏肓に入るとはこのことだ。このような「研修」という発想が、大学という場から最も遠いことは、内田先生が既におっしゃっているので、ここでは贅言を控える。

もし企業側が本当に大学教育に期待しているのなら、まず現役学生の勉学に支障をきたすような「就職活動」を強いる仕組みから改めるべきであろう(一所懸命準備した講義を「就活です」の一言で否定されるこっちの身にもなって欲しい。そして、それを聞きたがっている学生の権利を奪っているという事にも思いを馳せて欲しい)。これは最近僕が見た例だが、某金融機関に内定が決まったゼミ生のI田さんが、図書室で難しそうな本とにらめっこしているのを見つけて「何読んでいるの?」と聞いたら、「内定先から、4月までに読んでおけって言われたものなんです」と銀行業務に関する何やら難しそうな本と、それにまつわる資格試験についての本を見せてくれた。こういうのは、それこそ入社後に企業側が行うべき教育であろう。学生の(最後かも知れない)貴重な学業の時間を、このようなことで奪って欲しくはない。

さて、「大学でもっとちゃんとした教育を」と言っている経済界と、「じゃあ、大学教員に、研修をさせましょうか」と応じる文部科学省の官僚たちの双方にお聞きしたい。あなた達は、ご自身の大学生活を振り返って、そのような思い出がありますか。サークルとか部活以外の、学業においての思い出だ。恐らく、勝手な想像だが、このような提言ができるその神経を見るに、学問に感動したとか、ゼミで熱心に討論に加わったとか、徹夜でやった実験が成功してみんなで喜びを分かち合ったとか、そういう経験をろくにお持ちじゃないのではないか。大学なんて結局、まさに就職の際のパスポートに過ぎないと思っているような人が行いそうな提言ではある。
要するに、僕が怒ったのは、この提言の裏に、拭いがたい大学教育への軽侮が潜んでいることを感じたからだ。大学教育を軽侮するものが大学教育に期待するという矛盾。教員を馬鹿にしているくせに、教員に対して「子どもをしつけてください」と言える神経。そういう馬鹿な親のレベルに文部科学省がなってどうする。
最後に、内田先生の言葉を引用して、僕もこれに唱和したいと思う。

お願いだから学校のことは放っておいて欲しい。
あなたがたが口を出すたびに、そのつど事態は悪化しているのである。
そろそろその歴史的経験から学習してはくれないだろうか。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »