« 失ったもの | Main | 上野洋子ソロライブ@Rain Dogs »

November 30, 2006

戦後の「貯金」を使い切るのか?

このところ、政治がらみの話題では、僕にとっては暗くなるニュースばかりが飛び込んできて、気が滅入る。
「教育基本法」改悪問題もそうだが、最近気になっているのは防衛庁の「防衛省」昇格という話題。タウンミーティングのやらせ問題や、いじめ問題をどうするか、という声に紛れて、いつの間にやら民主党まで賛成に回ったので、衆議院を通過するとのこと。暗澹たる気持ちになる。

さて、防衛庁が防衛省に昇格することで、どんなメリットがあるのだろうか。
そのメリットの数々は新聞報道でも多少解説されているのだが(自衛官の士気が上がるなんていうけど、今までの活動や災害救助では上がらなかったのかね?)、僕などは、戦後の日本が、一度も(本当に幸いなことに)海外に出向いて人を殺していないという実績が崩れるのも時間の問題だ、という気がする。要するに、この60年ほど、日本がとりあえず営々と築いてきた(はずの)信頼の「貯金」が崩される、ということだ(そんな信頼など最初からないというなら、話はそれまでだが)。

例えば、僕が日本の隣の某国の国民なら
「日本は確かに自衛隊という欺瞞的な名称の巨大な軍隊を持っているけど、それを取り扱う官庁が、第二のランクっていうことは、軍隊を中心にするような国作りはやらないという意思表示なんだろうな」
という形で、とりあえず「納得」はすると思うし、これまでもそうだったと思う。そのような外国からの視線を捨てるほどのメリットは、この「省」への昇格にあるのだろうか?僕はないと思う。「仮想敵国」の敵意を和らげることができれば、それに越したことはない。無用の火種を作ってどうするのか。
よく「日本はなめられている」という表現がされているが、日本は経済力と政治(外交)力でなめられないようにするだけの力と実績がないとでもいうのだろうか?僕はあると思う。少なくとも、それを模索するのが筋だろう。

闘わずして勝つことが最上と、戦の天才の孫子さえ言ったではないか。
凡人の僕は、この孫子の驥尾に付したいと思っている。

|

« 失ったもの | Main | 上野洋子ソロライブ@Rain Dogs »

Comments

>さて、防衛庁が防衛省に昇格することで、どんなメリットがあるのだろうか。

ありません.

最近では,防衛庁の重要性が認識されてきているので,ほぼ省と同等の活動が出来ているので,「名を実に近づけた」だけです.

ただ,現在は安全保障を重視する総理であるゆえに,同等の活動ができます.しかし,疎い総理の場合は,省と庁の原則論を打ち出しかねない面もあり,緊急時の対応が遅れる可能性があるので,今のうちに省に昇格させるのは当然の対応でしょう.

>「日本は確かに自衛隊という欺瞞的な名称の巨大な軍隊を持っているけど、それを取り扱う官庁が、第二のランクっていうことは、軍隊を中心にするような国作りはやらないという意思表示なんだろうな」

という形で,竹島占拠や尖閣諸島問題,拉致問題がくすぶってきたのが現状です.国際社会はヤクザの如し世界なので,甘美な理想論は踏みにじられるのが現状ですよ?それはアメリカ,中国,ロシアの行動を見れば一目瞭然です.

それに,日本は領域付近の迎撃能力は,高いですが兵力の海上投射能力は皆無なので,戦力単位の海外派遣は不可能です.何せ,イラク復興支援程度の派遣でも一杯一杯だったので.

Posted by: とーりすがり | December 01, 2006 at 06:47 PM

とーりすがりさん(ちゃんとしたご意見なんですから、こういうハンドルネームはお避けください。同定ができませんので)

名を実に近づける、というのはそうかな、と僕も思っていましたが、僕は上記で述べたように、日本は少しくらい軍事的には「見くびられる」くらいがちょうど良いと思っている人間なので。

>国際社会はヤクザの如し世界なので,甘美な理想論は踏みにじられるのが現状ですよ?

僕は「敢えて」理想論を述べています。リアルポリティクスの世界を知らないわけではありませんが、ああいうのって、要するに現状追認なだけで、大したことは言っていないと思うので。
こういう事にこそ、現状を反省する意味を込めて、理想論を述べるべきだと思っています(政治家なんかみんな薄汚い、という台詞が生産的でないのと同様に、「国際社会なんてこんなもの」という台詞もあまり生産性がないでしょう)。

Posted by: 川瀬 | December 01, 2006 at 09:10 PM

川瀬氏によると、いじめられている子供は態度が悪いからなんだろうね。それほどの敵意を招くとはよほど日ごろの行状に問題があるんだろう。挑発行為をさんざんした、いじめられっ子は自業自得というのが川瀬氏の理論ですね。しかも、これが現実論ならまだしも理想論というんですから、言葉遊びも大概にしていただきたいものです。

Posted by: popper | December 01, 2006 at 10:27 PM

 一つ上の冷やかし的な単なる雑音はさておき、お久しぶりです。

 昨今の情勢、誠に嘆かわしい。現状追認しか出来ない現状分析には無力感しか感じません。こんなときこそ、人文系の方々に頑張っていただきたい今日この頃。最近、科学コミュニケーションなる概念装置に(ここ数年来)興味を持ち、その関係で科学技術社会論を通じて、以前からの科学哲学や科学社会学に対する興味もだんだん深まりつつありますが、科学にしろ政策にしろ、それを行う意義に関してコミュニケーションを行うことの重要性を、最近とみに感じています。
 川瀬さんが挙げていらっしゃる件に関しては、学問の世界にいる人間がもっと大上段から天下国家を語り、何が問題であるのかを広く世に問い訴えることをしないと、今後数年間の日本が大変なことになりそうです。

 教育基本法改定問題に関しては、教育現場の方々の声として例えば
http://aozoranankai.sblo.jp/
...が参考になると思います(なお、「改定」という表記に関しては、「改正」という表記よりも価値中立性の維持において優れるので、僕は制度の変更に関して何かを問題にする際には、この表記を用いるべきであると日頃考えております。制度変更推進派が自ら「改正」なんて言っているようでは、特に推進派と反対派の間で力の不均衡がある場合、論議自体が成り立たなくなるどころか、推進派の手により反対派の存在自体が社会的害悪と勝手に決めつけられることになり、制度変更の正当性の保証が検証不可能に陥る危険が大きくなりますので)。

 それにしても、平和問題関連になると、どうしてこう、冷やかし的なHNやら投稿やらが増えて、場が荒れる芽が生えたりするのか、不思議なものです。

Posted by: 横山 雅俊 | December 02, 2006 at 01:25 AM

>僕は「敢えて」理想論を述べています。リアルポリティクスの世界を知らないわけではありませんが、ああいうのって、要するに現状追認なだけで、大したことは言っていないと思うので。

それは感心しませんね.
現実問題の対応がそんなに簡単に出来るとでもお思いですか?現状追認知る事に何が問題でも?

何の解決にもならない理想論と現実論を比較する事自体無意味っていうか,現実論者に対して失礼です.

>政治家なんかみんな薄汚い、という台詞が生産的でないのと同様に、「国際社会なんてこんなもの」という台詞もあまり生産性がないでしょう

対応,施政を案じる上では前提問題として捉える事は必須ですよ?

Posted by: とーりすがり | December 02, 2006 at 11:56 AM

丸山真男センセの言うとおり、『観念の冒険』は現実主義の政治家より遥かに害は少ないのです。ポルポトの害など自民党の害に比べれば取るに足りません。ですから『観念の冒険』を続けることが大切なのです。

Posted by: popper | December 02, 2006 at 12:23 PM

川瀬先生、お久しぶりです。

一旦、ブロッグを開設した以上、川瀬先生としては、何を言われてもいいのは覚悟のうえとは思いますが、読ませていただきコメントする立場の者も、理と礼と品位は常に必要なことと思っています。そうでない限り、このようなブロッグ活動に、書く者読む者互いの成長はないし、人生の無駄使いでしょう。

しかし、理を、礼を、また品位を、まさに超越したコメントがあったのには驚きました。何か特別の理由があるのならお聞きしたいと思ったのは、Popper氏の

>ポルポトの害など自民党の害に比べれば取るに足りません。

です。比べられたのが自民党でなくても、また何であったとしても、私には、「ポルポトの害」が何かに勝るとはとても思えません。ポルポトには身の毛もよだちます。どういう理由でこのような例をPopper氏は出されたのか疑問です。ホワイトヘッドの「観念の冒険」と、まさか関係があるわけではないでしょうに。

私は、どちらかというと川瀬先生の政治的立場に馴染めない者ですが、立場は別にして、皆さん、理と礼と品位を備えたコメントをするようにお互いに努力しましょう。そう言う私は、品位の点では実は自信がないのですが、臆病なのに逃げ隠れはしないように心がけています。ただし、私の持論としては、川瀬先生と少し別で、「匿名」結構という匿名容認派ですから、特定できる痕跡をのこさなくてもコメントしていいと思っています。ただし、理、礼、品位を忘れずに。

MWW

Posted by: Dr. Waterman | December 02, 2006 at 03:08 PM

川瀬様、はじめまして。
初めてブログを拝見いたしましたが、ちょっと申し上げたいことがありましたので書き込ませていただきます。

>(自衛官の士気が上がるなんていうけど、今までの活動や災害救助では上がらなかったのかね?)

普段の活動で上がった分に加えて、昇格で上がる分が上乗せされるのであれば結構なことではありませんか?

>僕などは、戦後の日本が、一度も(本当に幸いなことに)海外に出向いて人を殺していないという実績が崩れるのも時間の問題だ、という気がする。

気がする、だけで何らかの批判なりが成立するのであれば世話はありません。
あなたは殺人犯のような気がするので逮捕しますとか、どうもあなたは右翼のような気がするので批判させていただきますとか、そんなことを仰る方と話し合いが成り立つでしょうか。。
気がする、のであれば明確な根拠をお教えいただきたいと思います。

>要するに、この60年ほど、日本がとりあえず営々と築いてきた(はずの)信頼の「貯金」が崩される、ということだ(そんな信頼など最初からないというなら、話はそれまでだが)。

これも川瀬様の思いこみのように思われます。
この文章を成り立たせるには、

1.防衛庁が省に昇格すると、日本はさっそく外国に出向いて人殺をする準備をし、間もなくそれを実行に移すであろう、ということ。
2.日本が外国から受けている信頼が、日本国が日本国として外国に出向いて人を殺したことがないことにより成立しているものである、ということ。
3.しかしその信頼は一度でも海外で人を殺せば脆くも崩れ去ってしまうものである、ということ。

以上の、最低でも3点を説得力を持って論証してみせることが必要であるはずです。何度でも申し上げますが、気がする、だけでは批判は成立しないはずです。

>例えば、僕が日本の隣の某国の国民なら
>「日本は確かに自衛隊という欺瞞的な名称の巨大な軍隊を持っているけど、それを取り扱う官庁が、第二のランクっていうことは、軍隊を中心にするような国作りはやらないという意思表示なんだろうな」

防衛庁が省になっても、自衛隊は自衛隊のままです。
「某国の国民」というのは、自衛隊が自衛隊であることはまったく見ずに、国防を司る官庁が「防衛庁」であることだけ見て安心しているのでしょうか。だとしたら随分と短絡的な考えをする「某国の国民」であることですね。

そもそも上の文章はあくまで川瀬様のご意見であって、「某国の国民」を代表する意見でも、「某国」の最大公約数的な世論でもないはずです。防衛庁が昇格することによって不安を覚える「某国の国民」もいるでしょうが、まったく気にもしない方もいるでしょうし、友好国がより国防に力を割くようになることを歓迎する方も当然存在するはずです。
にも関わらず、あたかもご自分のご意見が「某国の国民」の意見をよく表しているかのような印象を与える文章を書くのは、敢えて申し上げますが、下品であり、卑怯でもあると思います。現に私には台湾に友人がおりますが、彼女は「日本の防衛力が強まるのは心強い」というようなことを言っていました。

>そのような外国からの視線を捨てるほどのメリットは、この「省」への昇格にあるのだろうか?僕はないと思う。「仮想敵国」の敵意を和らげることができれば、それに越したことはない。無用の火種を作ってどうするのか。

防衛力を強めることで敵意を弱め、火種を消せることだってあるのではないですか?
もし防衛力を持たないことで火種を消せると仰るのであれば、カルタゴはローマに滅ぼされず、チベットも未だに独立国であったことでしょう。

>闘わずして勝つことが最上と、戦の天才の孫子さえ言ったではないか。
>凡人の僕は、この孫子の驥尾に付したいと思っている。

軍隊を持つこと=戦うこと、というその論理が私には理解できません。孫武は「国防を司る役所の権限はできるだけ小さい方がいい」とでも言ったのでしょうか。
そもそも孫武は「以って戦うべきと、以って戦うべからざるとを知る者は勝つ」とも言っており、「戦わないに越したことはないが、しかし戦うべき時は戦って、しかも勝つべきである」と説いています。
他人の主張の一部、しかもたまたま自分と意見の合う部分だけを取り出して「驥尾に付したい」などと仰るのも、やはり卑怯であり下品だと思いますが、川瀬様、いかがでしょうか。

Posted by: カレルレン | December 02, 2006 at 05:25 PM

別に学術論文じゃなくて感想・信条のレベルなんだから、どれが正しいとかはきっとないんだと思います。すみません軟弱で(笑)

私は省になるのは別にいいかなぁと思ってました。ただ海外での活動を本来業務にする、というのに少しひっかかっています。「国際社会で責任ある立場をになう」というのがへたれな私にはちょっと怖いんです。

口を出すってことは巻き込まれるってことですよね。自国の拉致被害者や残留孤児の方々の支援をするのは当然として、他国の人権侵害や不正にどこまで口を出すのか。難民とかが発生するとして受け入れる覚悟があるのか。そういう問題と切り離せないんじゃないかと思います。

国を開くのか、そこそこの立場でいるのか、閉ざすのか。どの立場が正しいとかじゃなくて、どの立場を今我々が選び取るのかをもっと議論するべきじゃないのかと、個人的には妄想してます(自爆)。

Posted by: だいだい | December 03, 2006 at 11:21 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/12882314

Listed below are links to weblogs that reference 戦後の「貯金」を使い切るのか?:

« 失ったもの | Main | 上野洋子ソロライブ@Rain Dogs »