« 「杞憂」になることを祈る | Main | 沖縄出張その1 »

December 17, 2006

A WINTER TRAVELER'S TALE―鈴木祥子ライブ@京都拾得

さあ、またまた鈴木祥子さん(以下祥子さん)のライブに行って参りました(結局今年は祥子さんのライブ、五回行きました)。今年のライブは、これで見納め。思えば、去年も祥子さんのこの拾得ライブで締めたのでした。今回のタイトルは「A WINTER TRAVELER'S TALE」というもの。鬼木雄二さん率いる「YUJI ONIKI BAND」が総出演と言うことになりました。メンバー表を写すと、
YUJI ONIKI(vo.g)、勝井祐二(vln.)、POP鈴木(dr.)、石垣窓(gtr.)、正山千夏(b.)
W/ special guest ...山本精一(vo.gtr)
という面々でした。

まず僕は、このところいつもライブでご一緒しているRさんや有志と一緒に花束でも差し上げようという計画を立て、早めにRさんと拾得前で待ち合わせました。するとRさんが既に花屋さんにて結構ごつい花束を買ってくださっていて、約束通り、その一部のお金をお支払いし、寄せ書きのようにその花束に出資した面々が色紙に一言ずつ書いて祥子さんにお渡ししました(正確にはスタッフに渡したんですが)。入場の時、ちょっとトラブルがありましたが、僕は比較的早めに入ることができて(10人目くらいかな)、またもやかぶりつきの机に陣取りました。

開演時間より10分くらい遅れて、今回のライブはスタート。僕はその直前トイレに行っていたのですが、ドアを開けたら、祥子さんが「こんばんは~」と言っている最中だったのでメチャクチャ焦って席に戻りました(その時ぶつかってしまった方に、この場を借りてお詫び申し上げます)。祥子さんは白のシャツに、赤い巻きスカートとブーツとお下げ髪で登場(40代でお下げ髪があんなに可愛いなんて、反則も良いところです)。祥子さんは僕の眼前1メートルのところにあるウーリッツァーにお座りになり、一曲目がスタートしました。以下セットリストを中心にライブレポを書きたいと思います(今回は洋楽のカバーや、鬼木バンドのオリジナルも多かったので、僕も判らない曲が多く不完全なものです。情報をご存じの方はお教えくだされば幸いです)。

1)東京で生まれた女(一曲目からしっとりと。僕のふるさとって、大阪の堺と言えば言えるんだけど、東京や京都にも愛着があるしなあ。考えさせられる)
2)Blackbird(ビートルズのカバー。去年のここでも同じく演奏。)
3)untitled(「初恋の嵐」のカバー)
4)抱きしめたい(これもビートルズのカバー。これほどメジャーな曲のカバーって却って珍しいんじゃなかろうか。)
5)電波塔(リクエストに応じて。祥子さん曰く「この歌の歌詞、今歌っていて気付いたけど、性格悪いよね(笑)。あなたが独りでいると知ったら安心だなんてさ。未練たらたらでもあるし」)
6)タイムマシーン(CHARAのカバー。これはレア。何でも、あるお店で掛かっていて気に入ったとか。この曲も実は、祥子さんの好きな「C」と「G」のコードの曲)
7)ステイションワゴン(実はここもリクエスト・・・のはずだったのだが、ことごとくリクエストが却下され、結局祥子さんが自分で適当にこれを選ぶことに。まあ、冬っぽい曲ですよね)

ここで祥子さん、本当はヴァイオリンの勝井さんを呼んで二人でやるはずなのに、間違えて山本さんの方を先に呼んでしまうというアクシデント発生。結局勝井さんが現れて事なきを得たんですが(勝井さん曰く「試されているのかと思った」)、まだ出番ではないと思っていた山本さんの慌て振りがおかしかったです。

8)Woodstock(Joni Mitchellのカバー。勝井さんと二人で。勝井さんは、思った以上に背の高い人でビックリ。あと、足下のエフェクターを忙しそうに踏みまくるのにもビックリ)
9)I believe in you(Neil Youngのカバー。『After The Gold Rush』所収。この曲の時は、勝井さんが外れて、山本さんが入る)
ここで鬼木さんが登場。ここで、祥子さんはウーリッツァーからピアノ方面に移動。タンバリンを手に持つ。
10) Ballad of el Goodo(Big Starというアメリカのバンドのカバー。この曲は、鬼木&山本のダブルギター。祥子さん曰く、「このバンドの   アレックス・チルトンの書く曲は、暗いんだけど、マイナスとマイナスでプラスになるような、そういう力を持っている気がする。この前倉敷の大原美術館に行って好きな画家の絵を見たんですけど、絵にはいろいろな思いが込められているのと同じで、この人の曲にもそういうものを感じる」とのことでした。この曲のリードヴォーカルは勝井さん、祥子さんはタンバリン)
今度は山本さんがアウト。その替わりにベースの正山さんとギターの石垣さんが登場。祥子さんはドラムに移動。
11)Back of a Car(これもBig Starのカバー。このライブで、一番大きな音の曲だった。祥子さんの久々のドラムプレイ)
ここで祥子さんが一旦退場&休憩。勝井さんが戻って、ここから6曲は、鬼木バンドの曲です(以下の曲名は、このブログに教えていただきました。記して感謝します。)。
12)If I Should Arrive Soon
13)AM
14)42nd
15)Suncave
16)Place Names
17)Lost Highway PartⅡ
ここで祥子さんが戻ってきて、タンバリンを持ってフロントに。舞台が狭いので、色々けつまずきながら(実際、何度が譜面台から譜面がこぼれて、最前列の我々のいたテーブルに降ってくる事態さえ発生!)。
18)ラジオのように(これだけのバンドをバックにすると、カーネーションの時と同じように迫力あるなあ。)
19) Between beds and clocks
20)忘却(祥子さんはピアノ。この曲の元ネタであった祥子さんのお祖母様が先日お亡くなりになったとのこと。「祖母に捧げます」と一言)
21)Last days(宇宙飛行士が見た風景、と鬼木さんが言っていたような・・・)
ここで山本さん再登場。
22)One Bright Summer Day

一旦本編はここまで。以下はアンコールです。
23)Little Drummer Boy(鬼木さんとドラムのPOP鈴木さんの二人だけで。クリスマスソング)
祥子さんが再登場。
24)The Weight(The Bandのカバー。『Music from Big Pink』所収。祥子さんは鬼木さんに連れて行かれて、Tha Bandがレコーディングした跡地に遊びに行ったことがあるそうな)
25)have yourself a merry little christmas(祥子さんがウーリッツァーでソロ。クリスマスソング。めんちかつ様、情報ありがとうございます)

と、今日はここまで。当初、このライブ告知の時のイメージでは、鬼木バンドが祥子さんのバックを務めるのかなあ、と思っていましたが、ほとんど「対バン」でしたね。今回は、洋楽のカバー及び、今まで聞いたことのない鬼木バンドの曲が多くて、もうちょっと祥子さんの曲が聴きたかった、と言うのがファン(信者)としての偽らざる感想ですが、鬼木バンドもさすがの音でした。

そして、その後は拾得の豆カレーをいつものようにぱくつき、ビールを軽く引っかけ(その横では祥子さんも色々片付けをしておられました。その時の祥子さんのサンタのような赤いコートが可愛かったです)、一緒のテーブルにいらした常連さん達と(この方々とは、前回の磔磔のアフターでもご一緒した方々です)タクシーで四条木屋町に出て、二次会へなだれ込みました(東京や名古屋近辺からいらっしゃった方が多く、しっかり宿泊なさるというので)。そこで「あの時は」「あのアルバムが出た頃に」「あの時僕はまだ高校生で」というような昔話且つマニアックなお話を拝聴し、夜も更けたので、三々五々解散となりました。

祥子さん、来週のライブも頑張ってください(僕は行けませんが)。そしてライブ会場でお知り合いになった方々、ありがとうございました。またお会いしたいと思います。

|

« 「杞憂」になることを祈る | Main | 沖縄出張その1 »

Comments

おはようございます(^^;)セットリスト、助かります。24.はthe weightで正解です。music from big pinkというアルバムに入っています。その前にbig pinkの話をしていましたね(^^;)ラストはhave yourself a merry little christmansという曲です。 昨日は入場時に呼ばれたお名前を聞いて、川瀬さんだと確信がもてたので声をかけようと思っていましたが、中がすごい人で叶わず、でした。残念(^^;)祥子さんの人気を考えると、拾得ではもはやキャパが小さすぎるかも、ですね。

Posted by: めんちかつ | December 18, 2006 at 06:52 AM

christmans x
christmas o

デス(^^;)

Posted by: めんちかつ | December 18, 2006 at 06:54 AM

めんちかつさま、おはようございます。曲名の情報、ありがとうございました(後で修正させていただきます)。あの曲が「Weight」だと判ったのは、鬼木さんが譜面台を倒して、譜面が僕たちのテーブルに降ってきたアクシデントの時、その曲名が見えたからなんです(笑)。
実は、めんちかつさんのお知り合いの「つか」さんが入場時の呼び込みの時に僕にお声をかけてくださったので、ライブ後にもしよければお話ししたかったのですが、つかさんも早々に帰られ、めんちかつさんをご紹介いただくというのも叶わず、残念でした。
今度こそ、お会いしたいと思いますが、確かにあの拾得のような激混み状態では、声を掛けるのもままならないですよね・・・。でも、祥子さんを間近に見るには、あれくらいの規模のライブハウスが良いし、悩ましいところです。

Posted by: 川瀬 | December 18, 2006 at 11:11 AM

ライブお疲れ様でした。
思いがけなくファン同士の忘年会も出来て、楽しませてもらいました。
ライブは、次はとりあえず祥子さんメインで見たいですな。
雪の降る日に「東京で生まれた女」とか、良いだろうなあ。。

Posted by: うちだ | December 18, 2006 at 08:33 PM

うちださま
昨日はどうもでした。

>ライブは、次はとりあえず祥子さんメインで見たいですな。

やっぱそうですね。とりあえずソロライブ希望ですね。

>雪の降る日に「東京で生まれた女」とか、良いだろうなあ。

惜しいっ!今、京都は急に冷え込んできて、雪でも降るか、という気候です。

では、またライブでお会いしましょう。

Posted by: 川瀬 | December 18, 2006 at 09:43 PM

こんばんは。
昨日は突然に失礼いたしました。
楽しいライブでしたね。
そして詳細なレポ、ありがとうございます。
今度はゆっくりお話できたらいいですね。
必ずめんちかつさんをご紹介します!
またライブ会場でお会いしましょう。

Posted by: つか | December 18, 2006 at 11:03 PM

トラバありがとうございます。会場中ほどのテーブルで豆カレー食ってた者ですw
こちらに比べればお恥ずかしい限りの簡略レポですが、ご参考になれたのでしたら幸いです。
私は金曜も行く予定ですので、またレポさせていただきますね。また次回、どちらかの会場でお会いできたらよろしくですm(__)m

Posted by: YOH | December 18, 2006 at 11:15 PM

つかさま
コメントありがとうございます。お声を掛けていただきありがとうございました。このブログの祥子さんライブレポ、恐らく全国で数十名の方が見てくださっていると思いますが、声を掛けてくださった方は少ないので、嬉しかったです。書いた甲斐がありました(笑)。今度こそ、ゆっくりお話ししたいと思います。

YOH様、初めまして。とは言いつつ、いつも祥子さんのライブの後は、真っ先にYOH様のブログとめんちかつさまのブログを覗いております。僕は一番前の席で、女性に囲まれながら、豆カレーを食べていた男です(笑)。←たまたま両隣が女性だっただけですが・・・。
僕は出張なので、今度の金曜日は無理なんですよ。レポ、期待しております。来年以降、どこかの会場でご挨拶できれば、と思っております。

Posted by: 川瀬 | December 19, 2006 at 12:45 AM

こんばんわRです(笑)。いつもながらの速くて詳細なレポには頭が下がる思いです。(今浮かんだキャッチフレーズ> かわせさんの早くてウマイ吉牛レポート )。 open4h待ちを覆されたり、名前を読み飛ばされてたりと散々だったのですが 皆さんのおかげで救われました。
かわせさんをはじめ いつもの皆さん本当にありがとうございました。
花束にも参加していただいて有難うございます。今回の花はフローナさんで購入したのですがホントに良心的で親切なお店でした。17日はハプニングはあったものの本当に いい人達に囲まれていると実感した一日でした。 いつも終電ギリギリで飲み会に参加できてませんが
いつか参加したいです。かわせさん よいお年を 来年も宜しくです。

Posted by: りゅう | December 20, 2006 at 12:09 AM

こんばんはー♪
ライブレポ、読ませていただきました(^^)
なんだかいろいろあったようですね☆
「電波塔」聴きたかったですーぅ(TT)

今週のライブは参加できませんが、
27日は(仕事ですがちょっと早退して?!)
レポできるようにがんばります!

Posted by: ともも☆ | December 20, 2006 at 12:31 AM

りゅうさん、いつもお世話になっております。早くてうまい、と言ってくださっていますが、とにかく、僕は最近とみに記憶力が減退していますので、少しでも憶えているうちにと、慌てて書いているのが実情です(笑)。
あの後は、12時過ぎくらいまで飲んでタクシーで帰りました。今回はカラオケ無しでした(やはり日曜だったので、明日にエネルギーを遺さねばならなかったからでしょう)。
来年も、こちらこそ宜しくです。

ともも☆さま、楽しんでいただけましたか?確かに、「電波塔」があのライブでのベストパフォーマンスの一つだったかも、と思いだしています。
27日のライブ、お待ちしています。

Posted by: 川瀬 | December 20, 2006 at 01:15 AM

こんばんわ。
昨晩の難波での祥子さんライブに行ってまいりました。
相変わらず簡略なレポですが、よろしければご覧下さいm(__)m
http://d.hatena.ne.jp/yohmen/20061222

それでわ良いお年を♪ 来年は会場でお会いできればヨロシクです。

Posted by: YOH | December 23, 2006 at 10:43 AM

YOHさま
ただいま、出張から帰宅して、早速ライブレポートを拝見しました。ご謙遜していらっしゃいますが、詳細なレポ、ありがとうございます。
今後ともよろしこ願いします。来年、祥子さんのどこかのライブでお目にかかれれば、と思います。

Posted by: 川瀬 | December 24, 2006 at 09:49 PM

すっかりレポサボリのさなえですー。
拾得、ベアーズ、マンダラと、祥子さん月間楽しんできました。
(そういえば去年の今頃は拾得でしたね、、、)

あのステージにあの人数、大変そうでしたよねぇ。
誰かが動く度に、譜面台が倒れる、、みたいな。
でも、ワタシ的には大好きな人ばかりの超豪華ライブでした。
個人的には、祥子さん+山本さんでもっと歌ってみて欲しいと思っています。

今年も明日までですね。
また来年もよろしくお願いしますねー!

Posted by: さなえ | December 30, 2006 at 05:33 PM

さなえさま

相変わらず全国を飛び回っておられるようで、羨ましい限り。

マンダラでの祥子さんのソロライブもよかったようですね。ベアーズでの服装のセクシーだったそうですし(笑)。

>誰かが動く度に、譜面台が倒れる、、みたいな。

確かに、拾得のステージは3人が限度ですよね。特にドラムセットをおいてしまったらもう・・・。

こちらこそ来年も宜しくお願いしますね。

Posted by: 川瀬 | December 30, 2006 at 07:06 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/13094374

Listed below are links to weblogs that reference A WINTER TRAVELER'S TALE―鈴木祥子ライブ@京都拾得:

» [ao vivo]YUJI ONIKI鈴木祥子「A WINTER TRAVELER’S TALE」@拾得 [めんちかつの腰くだけ日記]
さて、祥子様のライヴを振り返ってみましょう。今回のメンバーは次のとおりです。 YUJI ONIKI(vo.g)、勝井祐二(vln.)、POP鈴木(dr.)、石垣窓(gtr.)、正山千夏(b.) W/ special guest ...山本精一(vo.gtr) 5時30分開場予定でしたが、35分前に到着。しかしすでに40人くらいが... [Read More]

Tracked on December 18, 2006 at 07:10 PM

» 初恋の嵐 [= 音凾 =]
初恋の嵐のC [Read More]

Tracked on December 27, 2006 at 01:59 PM

» YUJI ONIKI & 鈴木祥子 A WINTER TRAVELER'S TALE [letter from home]
12月17日(日) 晴一時雨。 サンデー・ソングブックを聴き終えた後、JRに乗って京都へ行った。今夜は拾得で「YUJI ONIKI & 鈴木祥子 "A WINTER TRAVELER'S TALE"」があった。 拾得は京都で最古のライヴハウスだという。シュガーベイブがレコード・デビューの直前、ここでライヴをやって「帰れ!」と野次が飛んだ。一升瓶を抱えた男がいて「東京に帰れ!」とずっと言ってたそうだ。1974年か75年�... [Read More]

Tracked on January 07, 2007 at 11:03 PM

« 「杞憂」になることを祈る | Main | 沖縄出張その1 »