« December 2006 | Main | February 2007 »

January 31, 2007

これは「犯罪」である

さっきネットをウロウロしていて、とんでもないサイトの存在を知ったので、怒りにまかせてエントリを書きます。

明治学院大学の稲葉振一郎先生のブログ経由で知ったのですが、レポートや卒論を代わりに書きます、というサイトを知ってしまったのだ。なんてことしやがる。
今までも、みんなからレポートを集めて、それをアーカイヴ化して「知的財産」をみんなで共有、などという聞こえの良い言葉で言いくるめているサイトの存在は知っていたのだが、代わりに書きます、というサイトの出現は、さすがに衝撃的だった。

まず、「Web Teacher」とかいうこのサイト、何でも「東大生」が関わっているらしい。マジかよ。「大学院入試の支援」というのはまだ許せるが(これも業務の一つだそうです)、単位がかかっている卒論やレポートの代行ですよ。全部書かなくても、雛形の提供だけとしても、充分ひどい。利用規約

「WebTeacherは、あくまで学習支援を目的としたサービスなので、明白な怠慢に基づく依頼(「前期のレポートを全部やってください」など)は、勉強法の提案をした上でお断りすることもございます。」

なんて書いてあるけど、取って付けたように「我々は教育者として配慮していますよ」という態度をとっているのが却って醜い。こういう事は極力言いたくはないけど、東大OBとして死ぬほど恥ずかしいです。死んでしまえ。あ、一言申し添えると、東大生だからって、遵法精神があるなんて、ちっとも僕は思っていません。東大法学部卒業していても、汚職とかに手を染める手合いはワラワラいます。
あと、謎なのがこの団体の名乗る「有限責任事業組合」というやつ(この経済産業省へのリンクは、このWeb Teacherのページにありました)。もしかして、お上のお墨付きなの?それともそういう風に見せかけている詐欺?前者であっても後者であってもサイテーなのは変わりませんが。

もう一つは、その名もずばり「卒論・レポート代行所」というやつ。こっちの方が羞恥心がありません。どういう連中が運営しているのかは知りませんが、なんたって表玄関に堂々と

「当代行所の社員は学生時代に必要最低限の勉強量でAを取ってきた精鋭ぞろいです。」

なんて書いちゃっている時点で、神経が疑われる。これも死んでしまえ。何が「必要最低限の勉強量」の「精鋭」だよ。

こういうのは、もしかしたら探せばもっとあるのかも知れませんが、そういう気力もないので、この二つをとりあえず晒し者にしますが、これは明々白々に「犯罪」ですよ。試験で言うと、受験票や学生証の写真を入れ替えて、代わりに受けてもらうのと一緒。もし、こういうサイトの利用が発覚したら、単位剥奪は生ぬるい、僕は退学に値すると思います。
学生にとっての教養とは何か、なんていう高尚な話題じゃありません。ズルしちゃダメっていう、世間様のルールです。

でも、やはり一番腹を立てているのは、恐らくこのサイトの利用者に対してではなく、運営者に対してです。お前さんたちは恐らく高学歴なんだろうが(見知らぬ学生の代行ができるくらいだから、そこそこお利口さんなんでしょう)、ゴミクズだよ(人間性も書いたレポートも)。お前さんたちは、自分たちの行為で自分が出た大学のことも冒涜しているんだぜ。こういうくだらないことをこなせるようになるために、高学歴になったとでも言うのか?高学歴者は、難関校に入ったことが偉いんじゃなくて、出てから大層な仕事をするであろうということで世間様から甘やかされているわけだろうが。それが判っているのか?もし、「このようにして、レポートや卒論を無価値にすることが、俺たちの大学に対しての復讐なのだ」なんていう高尚なこと(あくまで皮肉だよ)を考えているんなら、話は別だが。

最後は怒りのあまり口調がひどくなっちゃいました。お詫びします。

| | Comments (17) | TrackBack (1)

January 29, 2007

教育に金を掛けずにどうする

さて、安倍首相は教育問題に対して大変熱心で、教育基本法は変えちゃうし、「教育再生会議」という諮問機関を組織して色々発言させているわけですが、メンバーに居酒屋チェーン店の社長がいるからと言うわけでもないでしょうが、「そういえばあ、こういう事もあるよね」という居酒屋談義を続けているように見えるのは僕だけでしょうか。
この教育再生会議には、教育外の世界で功名を遂げた面々も大勢入っていて、それについては文句ないのですが(上記の社長についても、立志伝中の人であることを認めるのにやぶさかではありません)、教育学についての専門的な学者を一人も入れなかったというのはどういう訳でしょうか。まあ、専門家に入られると都合の悪い話をしようとしたのだろうな、という推測くらいはつきますね。そういう会議が「国家百年の計」と言われる教育行政の指針となるわけです。やれやれ。

この教育再生会議が最近出した「第一次報告書(リンク先はPDFファイルです。注意)」をざっと読んでみましたが、僕には物足りないと感じました(本当は物足りないと言うより、「いじめ問題」の対応とか「ボランティアの必修化」など、本当は色々突っ込みたくてしょうがないのですが、今回は控えます)。
何が物足りなかったかというと、「お金」のことがあまり触れられていなかったからです。要するに「教育再生」と言うからには「教育予算をうんと増やせ、教員数の大幅な増員を!」くらいのことを政府に答申するかと思っていたのに、そのような提言は(あまり)なされなかったようです。ある部門の先生の増員や、給与水準を上げてやる気のある人をスカウト、ということは書いてありましたが。その替わり「先生に対して免許更新制度を採用し、厳しく査定せよ」みたいな提言はありました(これまでの教育行政、殊に教育委員会の有り様を見ている限り、どういう基準で選ぶのか、十分に怪しいですが)。

一昔前、良く「30人学級の実現」と言うことが唱えられていました。少子化が進行しつつある現在でも、都市部においてこれはまだちゃんと達成できていないのではないでしょうか。
僕みたいな「素人」からすれば、先生の数をうんと増やしてこの30人学級(もっと少なくても良いですが)を達成できれば、教育再生会議で掛かっている懸案のほとんどは対応可能なのではないかと思うのですがねえ(習熟度別クラスとか、いじめ問題だとか、学習困難児に対するきめ細かい対応、という文言はどこかにありましたが)。予算増加といっても、基本的には先生の人件費だけなのですから、ダムとかの大がかりな公共事業やら戦闘機や戦艦をちょっと諦めれば、それくらいのお金が捻出できるように思うのですが。
保守的な人から、教育に対して「道徳心の涵養」やら「国を愛する心」だとか、そういう抽象的な要求が突きつけられている昨今ですが、「教育予算をがばっと増やします」というようなことを公約に掲げている与党の議員さんって、どんな方がいらっしゃるでしょうか。寡聞にして存じ上げませんので、ご存じの方はお教えくだされば幸いです。今後の選挙では、そういうことを公約に掲げていることを基準に投票したいな、と思っていますので。

教育に携わる者の一人として申し上げれば、予算を思いっきり増やして、現場に任せてくだされば、恐らくお正月、お彼岸、お盆とかに家族やふるさとの価値を子供に吹き込む(報告書20頁参照)よりも効果は絶大だということを請け負います。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 28, 2007

「麻痺」しつつある自分

このところ忙しくて、なかなかまとまった文章を書く気が起こらず、このブログもご無沙汰していました。済みません。

本当は現在の安倍政権に対して、言いたいことが山ほどあったはずなのに、言いたいことが多すぎて全部を憶えきれず、いつの間にやら忘れてしまいました。
記憶力がなくなりつつあるのは加齢のせいで、ある程度仕方ないですが、もう一つ減退しつつあるのが、「怒る気持ち」だと思います。ちょっとやそっとのことでは動揺しない、というと聞こえが良いのですが、「麻痺している」と言っても良いかもしれません。年を取るとは、「世間とはこういうもの」という形で自分を言いくるめることも含まれているのでしょう。

このところ、安倍政権の閣僚やらブレインの人に、様々なスキャンダルやら、問題発言やらがあったというのに「あー、はいはい、またですね」という感じでスルーしてしまっている自分に気付きます(一番最近のだと、柳沢厚生労働大臣の「女性は産む機械」発言ですね。男性は精子を作る機械でしょうか?)。対する民主党も角田参議院副議長の辞任で味噌をつけていますけど、まあ、あまりに矢継ぎ早にスキャンダルやら問題発言が起きるので、どれが誰のスキャンダルだったかさえいつの間にか忘れちゃうんですよね(愛人だとかえらく安い宿舎だとか家賃をろくに払っていない事務所だとか、他にもありましたっけ?)。それであきらめの境地になっている。

教育基本法改悪にしても、ホワイトカラー・エグゼンプション政策(これはお流れになりそうですが)にしても、今度は参議院選挙の争点にすると公言している 「改憲問題」にしても、「腹のふくれない」ネタでごにょごにょしているこの内閣に、もうちょっと怒らなくちゃまずい、と最近は素朴に思いつつあります。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »