Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« February 2007 | Main | April 2007 »

March 31, 2007

「武士道」に悖る

今回の教科書検定において、沖縄戦における住民の「集団自決」について「軍が強制したとは必ずしも言えない」などと物言いが付き、修正させられた。修正された字句を見ると「追いつめられた」という表現は残っているが、住民を追いつめた「主語」から日本軍を外したりぼやかしたりしていることが判る。従軍慰安婦の次はとうとうここまで来たか、という思いをぬぐいきれない。でも「追いつめた」という言葉が残っているということは、さすがに検定側も、今流行の言葉を使えば、「広義の強制性はあった」とは認めているわけだ。

まずはっきりさせておきたいのは、無数の証言によって日本軍が沖縄住民に「いざという時には」と手榴弾を渡したり、軍が隠れるために洞窟から住民を追い払ったりしたということは否定しようがない事実ということだ。こんな事はこんな場末のブログで力説することでもない(以前、沖縄に関する本を読んだときも、この問題について語っていますが)。実際は軍による「狭義の強制性」もありまくりだったのだ。
最近ヘタレ気味で腹の立っていた朝日新聞の社説だが、今日(3月31日付)の社説は全面的に賛成。その通り。

このところ、日本の過去の「悪行」について、なるべく低めに査定したい勢力が力を持ちつつある。「新しい教科書をつくる会」、すなわち自由主義史観と名乗る人々もそのような傾向がある(色々内紛もあるようだが、最近の動向は知らぬ)。時には開き直って「自国の都合の悪いことを子供に教えないというのが普通。アメリカだって原住民の虐殺には触れていないし、韓国や中国も同様」などと言っていたのが思い出される。なるほど、確かにそうかも知れない。でも、僕みたいな単純な人間からすると「それって武士道に悖るんじゃないの?」と思う。他人が悪いことをしていても、自分は正しいことをするのだ。こういうやせ我慢を僕は「武士道」と呼んでいる。「向こうが自国の子供に都合の悪いことを教えない、という卑怯なことをしているなら、こっちはそうしない」ということにならないのか、と素朴に思う。

向こうがやるならこっちもやってやれ、という理屈は、確かに「相互的」ではあるが、自分を一切高めない論理である。「不均衡こそが倫理の源」と思う僕は、そういう相互性には与しない。

March 23, 2007

はなむけの言葉

 みなさん、ご卒業おめでとうございます。皆さんにとって、この大学での4年間(ないしそれ以上の人もいらっしゃいますが)は、どのような時間だったでしょうか。
 自分の記憶を辿ると、例えば一人暮らしを始めて、様々な地方からやってくる友人と出会い、そこそこ勉強もし、あんな事もこんな事もあったりで(詳細は伏せます。『人間失格』同様、恥の多い人生を歩んできました)、それなりに濃密であった4年間だった気がします。君たちの学生生活も、それなりに濃密であったなら幸いだと思います。その「濃密さ」ということに我々の講義やゼミなどが入っていればなお幸いです。

 さて、これは毎年言っていることなのですが、君たちの卒論指導も、なかなかに大変でした。毎年同じようなことをやっているから、いい加減我々教員も慣れて良さそうなものですが、毎年その大変さの度合いが増していっているように思うのは僕だけでしょうか。まあ、慣れるといっても、君たちは毎年それぞれ違うネタで卒論を書くわけですから、ルーティーンワークのようにはいきません。でもそれが我々教員の楽しみでもあります。そして今年の君たちは、去年の先輩達が我々教員にこっぴどくやられたのを見て、ちょっと過剰防衛気味でしたね。卒論中間発表の前、君たちが何人も「これで良いでしょうか」と聴きに来たのを覚えています。僕は叩かれるのも修行のうち、と思っていましたから、結構「これで良いんじゃないの」と生返事というか、心のこもっていない返事を敢えてしましたが。

 ともかく、無事に卒論を書き上げ、単位も揃えてこの場にいる君たちにとっては、もはや書いた卒論やレポートの内容などはどうでも良いことでしょう。僕も忘れることにします。意地悪して、君たちの結婚式の日まで取っておくというようなことはしないと思いますので、ご安心ください。

 君たちのほとんどはこれから社会に巣立っていきます。社会に巣立つことに関しては、我々教員は偉そうなことは何も言えません。というのも、大学教員というのは、大学という狭い社会しか知らない、文字通りの世間知らずだからです。昨年から就職活動をし、就職先が決まっている皆さんは、我々より余程「社会性」を持っていらっしゃることは保証できます。それくらいしか保証できないのは心苦しいですが、仕方ありません。
 君たちは4月から、我々教員が体験したこともないような世界に飛び込まねばなりません。その世界が、大学同様ぬるま湯であることを心から祈っています。「人生、思った以上に甘い」というポジティヴな気持ちでお互い乗り切っていきましょう。数年後、もしくは数十年後に笑顔で再会できればいいですね。では、さようなら。

March 08, 2007

あった・無かったの話ではない

先日は、安倍首相が従軍慰安婦問題について「広義の強制」があったが「狭義の強制(軍隊や政府が自ら慰安婦徴用を行ったような)」はなかったというような歯切れの悪い、言わなくても良いようなことを口走って問題になりましたが(まあ、要するに強制といえることはやったとは首相も認めているわけですね)、本日夕刊を読むと、しょーもない記事に酔いが覚めました(折角良い気分で酔っぱらって帰ってきたのに)。
自民党有志の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」というグループが「河野談話が誤った認識の根拠になっている(だから修正すべし、と本当は言いたいんだけど、海外での評判がますます悪くなるから今回は見送り)」ということを政府に申し入れするんだそうです。ちょっと記事から引用しますと、

従軍慰安婦問題で、軍の関与と強制性を認めた93年の河野官房長官談話の見直しを論議していた自民党有志の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」(会 長・中山成彬元文科相)は8日、「数々の慰安婦問題に対する誤った認識は、河野談話が根拠となっている」との見解を盛り込んだ提言をまとめた。近く政府に 提出する。同会はこの見解をもとに同談話の修正を政府に求める予定だったが、安倍首相の「強制性」についての発言が内外に波紋を呼んだことに配慮し、修正 要求は見送った。

とのことだそうです。

アホ、としかいいようがない。日本の前途の前に、自分の前頭葉を心配した方が良い。

まず、従軍慰安婦の存在や、その徴用における暴力性は既に歴史学的には決着のついたところであって、今更「無かった」と覆せる類のものではありません。一次資料だって一杯出ています。軍がどこまで関与していたか、とか人数はどのくらいだったかというようなところにグラデーションがあるだけで、「関与した・しなかった」「あった・なかった」の二元論の問題では既にないのです(もしかしたら、規律正しい皇軍は、虐殺も強姦もせず、悪徳業者に騙されて軍慰安所を設置してしまったという「新事実」でもあるのでしょうか?寡聞にして、そんな純真な軍隊の存在など、聞いたこともないですが)。

ほんとうに「無かった」と言い張りたいなら、それこそ「無かったことの決定的証拠」を出さねばならないのに、そういう努力は微塵もしようとしないところもいやらしい(そういう証拠など、出てくるはずもないのですが)。

こういうどうかしている歴史修正主義者が政権の中枢にいるというだけで、日本は世界中で評判を落としまくっているのです。たとえば、「壊れる前に…」のうにさんがレポートしてくださっていますが、インドネシアやフィリピンで、今回の安倍首相の発言がどのように受け止められているか、よく判ります。ほんと、正しい意味で、国辱です。

今、北朝鮮が「血塗られた過去と決別できない国」日本の国連常任理事国入りに反対していますけど、向こうの論調に、「塩を送る」ような真似してどうするよ、と思います。
心にもないことでも、内政外交のためならいわざるを得ないのが「政治家」という職業だと僕は思っています。別に常に嘘をつけ、とかマキャベリズムを称揚するつもりはありませんが、それくらいの戦略、戦術もなく、バカ正直に(正直言って、バカなのだが)自分の言いたいことを言えば誠意が伝わる、という考えの方がどうかしています。

というわけで、このグループに入っている連中は、事実認識としても大バカだし、政治家としての戦略もないので、二重にダメな人だと僕は結論づけるしかありません。

« February 2007 | Main | April 2007 »