« ウィキペディアの使い方 | Main | はなむけの言葉 »

March 08, 2007

あった・無かったの話ではない

先日は、安倍首相が従軍慰安婦問題について「広義の強制」があったが「狭義の強制(軍隊や政府が自ら慰安婦徴用を行ったような)」はなかったというような歯切れの悪い、言わなくても良いようなことを口走って問題になりましたが(まあ、要するに強制といえることはやったとは首相も認めているわけですね)、本日夕刊を読むと、しょーもない記事に酔いが覚めました(折角良い気分で酔っぱらって帰ってきたのに)。
自民党有志の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」というグループが「河野談話が誤った認識の根拠になっている(だから修正すべし、と本当は言いたいんだけど、海外での評判がますます悪くなるから今回は見送り)」ということを政府に申し入れするんだそうです。ちょっと記事から引用しますと、

従軍慰安婦問題で、軍の関与と強制性を認めた93年の河野官房長官談話の見直しを論議していた自民党有志の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」(会 長・中山成彬元文科相)は8日、「数々の慰安婦問題に対する誤った認識は、河野談話が根拠となっている」との見解を盛り込んだ提言をまとめた。近く政府に 提出する。同会はこの見解をもとに同談話の修正を政府に求める予定だったが、安倍首相の「強制性」についての発言が内外に波紋を呼んだことに配慮し、修正 要求は見送った。

とのことだそうです。

アホ、としかいいようがない。日本の前途の前に、自分の前頭葉を心配した方が良い。

まず、従軍慰安婦の存在や、その徴用における暴力性は既に歴史学的には決着のついたところであって、今更「無かった」と覆せる類のものではありません。一次資料だって一杯出ています。軍がどこまで関与していたか、とか人数はどのくらいだったかというようなところにグラデーションがあるだけで、「関与した・しなかった」「あった・なかった」の二元論の問題では既にないのです(もしかしたら、規律正しい皇軍は、虐殺も強姦もせず、悪徳業者に騙されて軍慰安所を設置してしまったという「新事実」でもあるのでしょうか?寡聞にして、そんな純真な軍隊の存在など、聞いたこともないですが)。

ほんとうに「無かった」と言い張りたいなら、それこそ「無かったことの決定的証拠」を出さねばならないのに、そういう努力は微塵もしようとしないところもいやらしい(そういう証拠など、出てくるはずもないのですが)。

こういうどうかしている歴史修正主義者が政権の中枢にいるというだけで、日本は世界中で評判を落としまくっているのです。たとえば、「壊れる前に…」のうにさんがレポートしてくださっていますが、インドネシアやフィリピンで、今回の安倍首相の発言がどのように受け止められているか、よく判ります。ほんと、正しい意味で、国辱です。

今、北朝鮮が「血塗られた過去と決別できない国」日本の国連常任理事国入りに反対していますけど、向こうの論調に、「塩を送る」ような真似してどうするよ、と思います。
心にもないことでも、内政外交のためならいわざるを得ないのが「政治家」という職業だと僕は思っています。別に常に嘘をつけ、とかマキャベリズムを称揚するつもりはありませんが、それくらいの戦略、戦術もなく、バカ正直に(正直言って、バカなのだが)自分の言いたいことを言えば誠意が伝わる、という考えの方がどうかしています。

というわけで、このグループに入っている連中は、事実認識としても大バカだし、政治家としての戦略もないので、二重にダメな人だと僕は結論づけるしかありません。

|

« ウィキペディアの使い方 | Main | はなむけの言葉 »

Comments

こちらでははじめまして。いきなりですが、「従軍慰安婦」というまるで「援助交際」のような言い換え語が本質的な議論を阻む一端を担っているのではないかと思います。言葉尻ひとつで人の感情は動きますものね。ましてや何度も繰り返される言葉なら。

なにせ、「慰安婦」は英訳すれば"comfort women"というまことにわけのわからないものになってしまうわけですし。

http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/n/a/2007/02/15/national/w131400S16.DTL&feed=rss.news

実態は上記記事のほかにロイターも報じるとおり「性奴隷」であるのに、「従軍慰安婦」という言い換え語は、「性奴隷」を「従軍看護婦」にでもなぞらえているかのような印象を与えているのでは。

http://today.reuters.com/news/articlenews.aspx?type=worldNews&storyid=2007-03-05T041945Z_01_T218999_RTRUKOC_0_US-JAPAN-SEX-SLAVES.xml&src=rss

Posted by: Mmc | March 08, 2007 at 10:54 PM

Mmcさま、今晩は。
おっしゃるとおり、この「慰安婦」という問題はあるでしょうね。「慰安所」から来る「慰安婦」という響きが、実際の悲惨さを和らげてしまうというようなこともあるでしょう。「軍性奴隷」という実態にピッタリの言葉を使っていたら、修正主義者が使うような罵倒語が、彼らの口からすらすら出るか、というのはあるでしょうね(でも、ああいう考えの連中はどうやったってメチャクチャ言いやがるかも)。僕も勿論「慰安婦」という言葉遣いの欺瞞性にはイライラしているのですけど、とりあえず使用しています。それは僕が既にその実態を知っている(つもり)の人間ですから。

あと、当時「従軍慰安婦」という言葉はなかった、ということも、件のグループは主張しているのですが、この主張もアホすぎますよね。あとから命名されることなんか、歴史では良くあることです。当時使われていない言葉=だから無かった、という論法が通じるなら、歴史学が消滅してしまいます(笑)。

Posted by: 川瀬 | March 08, 2007 at 11:12 PM

どうもお久しぶりです。

安倍首相の発言には何らかの意図があると思うのですが、メリットは国内保守派の人気取り以外何もないのではないかと思います。特に日朝交渉がまったく進展を見せないのを尻目に米朝交渉がさっさと進み、米議会がなにやら決議を行おうとしている今、頼みのアメリカにさえ見捨てられかねない失言なんじゃないかと…。この異常事態はあんまり深刻じゃないんですかね。

Posted by: ガメ | March 08, 2007 at 11:41 PM

ガメ様、こちらこそご無沙汰しています。

安倍総理のメリットは判ります。発言はタカ派でも、人間的には結構いい人なので、小泉さんほどの無茶ができないので八方塞がりになった、というのが僕の安倍総理評なのですけど(笑)、でも、海外での評判を落としたりするデメリットの方が大きいと思いますので、そういう判断もできないところが、政治家として「なっていない」と思うのです。ま、どっちにせよ彼の考え方には真っ向から僕は反対していますので、彼の人柄とかを忖度してやることもないのですが。

あと、僕は安倍総理の意図がどの辺にあるのかは知りませんが、少なくとも深慮遠謀に基づいて例の発言をしたとは到底思えませんよね(深慮遠謀の末があれなら、救えませんが)。やはりついつい本音がポロッと出た、という類ですよね。もしくは敢えて深読みすれば、ああいう発言を繰り返すことで、ああいう発言がまかり通る雰囲気を醸成する、ということはあるでしょう。

思い出しましたが、最近熊本県議(元プロ野球選手の八浪知行という人)で、似たような発言(もっと下品ですが)をして知事に噛み付いた人がいるそうですね。やれやれだ。地方議会レベルでも許されない発言ですよね、これ。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2007030600498

Posted by: 川瀬 | March 09, 2007 at 01:44 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/14192033

Listed below are links to weblogs that reference あった・無かったの話ではない:

» 「河野談話」の意味 [虎哲徒然日記]
アメリカ下院で続く「慰安婦問題」についての決議案の審議。もうこの問題がクローズアップされてから、早いもので10年以上の月日が流れた。ひとまずの日本政府としての立場を明らかにしたいわゆる「河野談話」。事実と異なる内容、として撤回を要求する向きもある。さて、....... [Read More]

Tracked on March 09, 2007 at 09:11 PM

« ウィキペディアの使い方 | Main | はなむけの言葉 »