Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 難波弘之30周年プラスワン@RAG | Main | 雨の拾得―鈴木祥子×JB »

June 17, 2007

Sho-Co-Motion@磔磔

Takutaku070617_001 今日は久々に学会とか研究会とか残業とかがない休日。
しかも、夜には鈴木祥子さんのライヴが京都の老舗のライヴハウス「磔磔」でありました。僕にとっては完璧な休日といえましょう。
このブログもライブレポートが増え、特に「鈴木祥子」というキーワード検索でいらっしゃる方が多いので(このところ、検索ワードの1位にもなっています)、思い切って「鈴木祥子」というカテゴリーを作成しました。祥子さんのライブレポをまとめてご覧になりたい方は、左のカテゴリからお入りください。

というわけで、今日は「Sho-co-motion Live Series 2007 @ TAKUTAKU」でした。今日はシンガーソングライターの豊田道倫さんとのジョイント企画でした。会場30分前くらいに着くと、そこにはいつもの、祥子さんのライブで仲良くなった皆さん方が既に集結(りゅうさん、よしみさん、K崎さん、H瀬さん、I熊さん、K山さん、K口さん)。お互いブログを参照し合っているYOHさんも既に到着されており、先日の名古屋でのライブの写真を一枚頂きました。多謝。そのほか先週僕が行けなかったライブの模様やら、その時撮った写真とかを頂いておしゃべりしているうちに、入場です。
Takutaku070617_004今日は舞台に向かって左からドラム、ウーリッツァー、ピアノ、奥にギターという配置でしたが、どの楽器も見たいと考えた欲張りな僕は、真ん中より少し左の席のドラムの真っ正面に座りました。すると、ライブ友達のめんちかつさんが、「そこ、先週つかさん(仮名、彼女もライブ友達です)が座ったところだよ」とおっしゃったので、ちょっとビックリ。

以下、いつものようにセットリストを記して感想を挟み込んでいきたいと思います。アルファベットはいつものようにW=ウーリッツァー、P=ピアノ、EG=エレキギター、AG=アコースティックギターです。

祥子さんは肩の出た黒のドレスで登場。防寒用でしょうか、赤のカーディガンもまとっていました。
1)My Best Friend(Queenのカバー、W)
いきなりカバーからスタート。友達の大切さを最近しみじみ感じたから選んだとのこと。
2)Get Back(W)
2曲目から「いきなりですが、リクエストあります?」(笑)。会場の真ん中あたりから出たこのリクエストが採用。
3)両手いっぱい(P)
実は、これは直前に却下されたK山さん(仮名)のリクエスト。これも拾えてもらって、良かったですね。
このあと祥子さんは、先月亡くなられたお父様のことを少し語り「今日は父の日ですよね。親孝行、したいときには親は無し、って本当ですよ」と我々に説教。頭を垂れる我々。
4)何がしたいの(P)
いきなりサビからはいる変形パターンで。「暗くなっちゃったね。何か明るいの、リクエストあります?」と祥子さんが問いかけたのですが、シーンとしてしまい、「じゃあ、やっぱ暗くしちゃえ(笑)」とこの曲に。
5)あたしの場所で(EG)
この曲で、ようやく明るい曲へ。しっかり「今日、後ろで売っているSho-Co-Journeyに入っているから、よろしく」としっかりアピール。このアルバムに関して「1枚目は若くて明るいのが揃っていて、2枚目はちょっと年取ってやさぐれた感じ。でも、これからも「旅」は続きますよ、という思いを込めました」というようなことを言っていました。
6)光の駅(EG)
明るい感じの曲をエレキで2連発。
7)Swallow(W)
これもリクエストに応えて。そして、ここでゲストの豊田さんが登場して、これからは交互に二人が歌っていく、というスタイルでした。ちなみにお二人の初対面は、佐野元春の武道館コンサートの楽屋だったそうです。豊田さんは登場するなり、「今日の雰囲気では(選曲とか色々)難しいぞ」などと言いつつ、結構「心のない発言」でみんなを笑わせていました。僕は豊田さんの人となりを知らないので、彼の性格なのか、はたまた高田純次の生霊でも取り憑いたかは知りませんが、祥子さんと繰り広げられていく会話で祥子さんが「○○は~ですよね?」と話を振っても「そうだっけ?」「いや、別に」という蒟蒻問答。ある意味、祥子さんの素の姿は却って引き出されたかも知れませんが・・・。
8)東京の恋人(豊田、AG)
祥子さんが「豊田さんの歌を聞くと色々思い出が湧いて来ちゃって泣けちゃう」と言うと、「思い出は重いでえ」と大阪人のオッサン丸出しの心のないダジャレで応酬。同じ大阪人の僕も「それはないで」と突っ込みそうに。
9)東京で生まれた女(W)
東京つながりで、次は祥子さんのこの曲。「故郷は何処にも無いんだと、本当は知っているのです」という歌詞が胸に迫ります。例えば、両親がいなくなっても、僕にとって大阪の堺市はふるさとたり得るのか、などと考えてしまいます。祥子さんはこの曲の後のMCで「京都に引っ越すとき、豊田さんに観光気分で来るとノリが違うと言われていたんですよね~」と言っていました。
10)90年代(豊田、AG)
豊田さんにとっての90年代の姿か?「鈴木さんにとって90年代はどうでしたか?」と振られて祥子さんは「曲はヒット、結婚してハッピーって状態から煮詰まった状態への移行(笑)」などと答えていました。
11)そしてなお永遠に(EG)
このギターは格好良かった。さっきの続きで結婚について「当時事務所から結婚に反対されたり、それを発表することに反対されたりした」などという生々しい話も。芸能界は怖い。
12)雨のラブホテル(豊田、AG)
13)黒毛和牛上塩タン焼680円(大塚愛のカバー、W)
これは公式掲示板でリクエストしていためんちかつさんに応えたもの。「この曲のように、女性の欲望をぶつけられたらどうしようと思った」とは豊田さん。その後「携帯電話によって待ち合わせのときめきが無くなった」とか「メールだけを頻繁にやりとりする人間関係って」という「携帯・メール談義」が続きましたが、割愛。
14)情けない週末(豊田、佐野元春カバー、AG)
お二人を引きあわせた佐野さんのカバー。デビューアルバムに収録。プロポーズの歌なのだけど、佐野さんはこの曲を歌っても振られたそうです(笑)。オチがいいよね。
15)サンデーバザール(W)
リクエストに応えて。歌い終わって「わあ、暗っ!!」。お二人の80年代についてのMCが続いたので、僕はこの曲を聴きながら、大学時代の友人(正確には90年代初頭なんだけど)を思い出していました。
16)35の夜(豊田、AG)
短い曲。このタイトル聞いたら、誰でも尾崎豊を思い出すことでしょう。祥子さんも、まだ曲を付けてないけども短い詩を書いたそうで、楽しみですね。「女の歌」というべき濃い内容のようです。
17)焼け野が原(COCCOのカバー、P)
そういえば、祥子さんがCOCCOのカバーするのは、僕は初めて聞くなあ。相通じる世界がある気がしますが。ここから祥子さんのピアノが炸裂。
18)愛の名前(P)
豊田さんが「それが愛の名前」という歌詞を間違えて「空が~」と思っていたことが判明。まさしく空耳。変に文学的な歌詞になっているし。
19)Goodbye Melody(豊田、AG)
20)メロディ(P)
「メロディ」つながりで。
21)Sweet Thing(P)
リクエストに応えて。僕としては、この曲が今日のベストパフォーマンス(偉そうですが)。

ここからはアンコールです。
e1)僕たちの旅(W)
e2)この愛を(W)
これもリクエスト(僕の真後ろのお兄さん。すごくアグレッシヴだったなあ・・・)。
e3)Adios(W)
名前の通り、この曲で締め。これはライブ友達YOHさんのリクエスト。最後に通じて良かったですね(笑)。

全体として、今日の祥子さんは非常に声の出が良く、高音も伸びやかで素晴らしかったと思います。本当に今日の声はしみじみ良かったなあ。会場の雰囲気も、僕を含めてオッサンが多いのはともかくとして(笑)、穏やかな雰囲気でしたしね。
Takutaku070617_011_1 そして、今回は終了後、公式サイトの掲示板で祥子さんが予告してくれていた「サイン会」がありました。当然僕もニューベストアルバム「SHO-CO-JOURNEY」を購入して列に並びます。以前拾得でのライヴ後のサイン会の時もライナーノーツに「キスマーク(ちゅーまーく)」のサービスという驚愕の大盤振る舞いがあったことはお伝えしましたが、今回もやってくれました!僕は小心者だし、家庭不和の原因にはなるべく作らない主義なのですが、今回はやってもらっちゃいました。済みません(謝る相手は、この世で一人だけなんですが)。その後、調子に乗って写真も撮っていただきました(掛け声は「はいチーズ」ではなくて「ショコ・モー・ション」です(笑))。
そして東海方面から来られて、今日宿を取っていたI熊さんとU田さん(ともに仮名)のお二人と木屋町で軽く飲んで解散しました(さすがに明日仕事のある方が多く、早く帰られた方が多かったです。残念)。
二日間連続でこんな贅沢なライヴ体験をしてしまい、明日から通常生活に戻れるか心配です・・・。

追記:YOHさんの詳細なレポートも是非ご参照ください。僕が書けなかったお二人の掛け合いやちゅ~マークが!!。

« 難波弘之30周年プラスワン@RAG | Main | 雨の拾得―鈴木祥子×JB »

鈴木祥子」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

お疲れ様でした。
「キスマーク」ではありません、「ちゅーまーく」です(笑

ほんとに今までで一番かなと思えるくらい、穏やかで笑いも多いライブでしたね。これも心無い?豊田さんのおかげかもw
7月のいずれかは是非お付き合い下さい♪<終演後

トークのせいなのか、とても良いライヴでした(^^;)豊田さんがラビット関根に見えて仕方なかったです(^^;)あ、8.は東京の恋人、ですね。7月は翌日休みなので少しおつきあいできる、かな?終電との戦いですね(^^;)

お二人様、さすがに反応が早い!
YOHさま、「ちゅーまーく」、プラスしました。写真撮るときのかけ声「Sho-co-motion」も付け加えましょうか?(笑)
では7月、今度こそアフターをご一緒しましょう!

めんちかつさま(8番目、直しました、ありがとうございます)
ラビット関根ですか(笑)。そういえば、僕が買った高田純次のDVD『適当伝説』のコメンタリーは関根さんだったなあ。
拾得は周りに飲み屋がないので、あのまま飲むか、すぐに繁華街に移動しなければいけないかも知れませんね。YOHさんともども、では7月に!

レポ楽しく拝読。佐野さん、COCCO さんのカバーは気になりますね。父の日なので、「Father Figure」が、という気も。順当な選曲でしょうか。

やっぱりサイン会あったのですね。
超うらやましいです!!
ところで「ちゅーまーく」って何???
まだライブ1回の私には想像できません。
すごく気になります!!
7月21日の拾得ライブ参加します。
タカヤさん、皆さん、宜しくお願い致します。

いとうKさん、初めまして(掲示板では良くお見かけしていますが)。COCCOのカバーは良かったですよ。祥子さんの声質に合っていたと思います。佐野元春のは豊田さんがソロで歌いました。今回は二人で合奏する、というのではなく、まるでカラオケボックスのカップル(というと語弊があるけど)のように、代わりばんこに歌ったのです。何か、亡くなってすぐですから、「father figure」というのはちょっとストレートすぎる気もしますね。

ラリーさん、こんばんは。

>ところで「ちゅーまーく」って何???

都合により、詳細はお見せできませんが(笑)、たくさんの方がしていただきました。僕はニューアルバムのライナーノーツの表紙をめくってすぐの目次ページに・・・。
来月のライヴの際、僕を見かけたら声を掛けてください!

川瀬さん・皆さんお疲れ様でした。今回のレポも気合入ってますねー。
流石ですねー。2ショット写真の掲載どうもです。みなさん2ショット撮られてるので久しぶりに私も撮らせて頂きました・川瀬さん・YOHさん有難うございます。今回はリクエストしませんでしたがラインナップは大満足。リクエスト却下は(ねるとんで・ゴメンナサイ言われるのってこんな感じなんだろうな)ライブ仲間のみなさんの、またやらかしたよ、の視線と大爆笑がセットでもれなく付いてきます。でも定番の曲より最近耳にしていない曲が聴きたくてなるのです。これが敗因。(笑)
8月以降のライブ予定が気になりますね。皆さん次回も宜しくお願いします。皆さんのおかげで本当に毎回ライブが何倍も楽しくなります。

追伸。豊田さんの歌声が石橋貴明の歌声とオーバーラップするのは私だけでしょうか。
ラリーさん、祥子さんが一回ごとにリップを塗りましてライナーノーツの希望箇所にchu-です。もはや単なるCDではなく家宝となりました。
いとうkさん、初ですね。京都のライブに足を運んでみては如何でしょう・皆さんイイ人ばかりですよ。祥子さんも終始にこやかです。

追伸w
レポ終わりましたw 今回まとめるのしんどすぎorz
「ちゅ~ま~く」はコチラさらしましたんでw
横レスすいません
<りゅうさん
来月までに焼いてご用意しときますね<2ショット
7/14 どうしよ。。。(悩

りゅうさん、いつもありがとうございます。今回も直にリクエストできなかったヘタレの川瀬です(後ろのお兄さんがアグレッシヴ過ぎ・・・←まだ言ってる)。

>でも定番の曲より最近耳にしていない曲が聴きたくてなるのです。これが敗因。(笑)

僕も同じ思いです。たまにはこういう曲もとかと思うのですが、「外しちゃうだろうな」と思って言葉を飲み込んでおります。

YOHさん、レポートお疲れ様でした。「ちゅ~ま~く」まで載せるとは!
あれだけお二人の会話を再現しておられるのに感服しました。僕は終演後のお酒のせいか、肝心な台詞とかが飛んでおりました。
14日、逢いましょうよ!

詳細なレポ、ありがとうございます。
川瀬さん、私が先週温めておいた席に座られたんですね(笑)。

「情けない週末」・「焼け野が原」など、カバーをはじめ、選曲がかなり私好みだったので、行けなかったのが本当に惜しいです。
ついでに7月14日も行けないので、21日までベストアルバムもおあずけです。(女子でも欲しいチューマーク!)

またライブ会場でお会いできるのを楽しみに。
今度は私もオールまで付き合いますよ~!

つかさま、席を温めてくださってありがとうございます(笑)。木下藤吉郎か、というのはともかくとして、実はドラムプレイを期待してあの席に座ったのですが、残念ながら今回はドラムは無しでした。そのことだけが心残りでした・・・。

COCCOのカバーは、やはり祥子さんに合いますね。歌に込められたエモーショナルな部分も似ていますし。

>ついでに7月14日も行けないので、21日までベストアルバムもおあずけです。(女子でも欲しいチューマーク!)

「ちゅ~マーク」のせいって訳でもないでしょうけど、今回は上にも書きましたがオッサンが多かった(多すぎた?)。もっと女性ファンの方がアグレッシヴに来てくだされば、気の弱いヘタレの多い祥子サンファンのオッサンたち(僕含む)もその「尻馬」にのっていけますので、よろしくお願いします(笑)。

では来月21日に!体調整えておかなくちゃ。

素敵な一時の婚外恋愛羨ましいです(笑)
最近タカヤさんコンサート行きまくりですね♪
何かふっきれた感が(笑)
私も夏に向けてライヴ行きたいものです。

ちかさま
婚外恋愛ってあなた(笑)。妻は「認めたつもりはない」というかも知れませんが、もう夫のこの「病気」は治らないと諦めてくれているでしょう、そろそろ。

コンサート行きまくり、といえば、確かにそうですね。大人になるって怖いわ。可処分所得が増えちゃって。
貧乏な学生時代は、コンサート代の4000円程度の出費が凄く痛くて、それこそ3000円のCDをすり切れるまで(すり切れないけど)聞く、というパターンで、ほとんど行きませんでしたね。それだけが無念です(しゃかりきにバイトするほど働き者でもなかったので)。

凄く詳細なレポありがとうございます!!
遅いレスでスミマセン!
今日私マンダラのチケット買いました。
また行きましたらレポさせていただき、
チューマーク(笑)ももらいたい!です!

sada。さま
けっこう皆さん昨日あたりにマンダラのチケットを購入されているようで・・・。僕はちょっと仕事がありそうなので遠慮しますが、7月の京都拾得の2連チャンは行きます。
また、その時のレポートするつもりですし、sada。さんもマンダラのレポート、宜しくお願いします。

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/15464635

Listed below are links to weblogs that reference Sho-Co-Motion@磔磔:

« 難波弘之30周年プラスワン@RAG | Main | 雨の拾得―鈴木祥子×JB »