« 欠落をそのままに生きる―鈴木祥子・勝井祐二・bikke鼎談 | Main | 「声の大きさ」ではない »

September 13, 2007

「歴史」にどう書かれるだろうか

安倍首相が、体調も悪いとの話もあるが、ともかく「これから頑張ります」と所信表明演説をぶった舌の根も乾かないうちに辞めることとなった。
その「無責任振り」とか「タイミングの悪さ」とかは、一々あげつらうのもバカバカしいほどなので、これ以上は言わない。ただ、これほどのみっともない政権放棄は、後年歴史でどう評価されるかくらいは覚悟しておいた方がよい。日本の過去について「美しい国」という幻想を押しつけ、様々に「改竄」しようとした人が最後にこういう目に陥るのは皮肉と言うか、天網恢々疎にして漏らさずと言うか。まあ、安倍さんの「愛国心」への傾倒振りなどはまさに典型的な「Patriotism is the last refuge of a scoundrel.(しょーもない奴は最後に愛国心に逃げ込む)」の例だと思っていましたが。

この政権が一日も早く終わるのを祈っていた僕にとっては「朗報」のはずなのだが、その割には余り心が躍らない。それは何よりも、徒労感というか、既にこの政権がやってきた教育基本法「改定」、国民投票法、防衛庁の省への格上げなど、僕が一切気に入らないメチャクチャな「実績」は彼が辞めてもひっくり返らないからだ。

でも、少なくとも、こういう首相を支持していた人、応援してきた人(一般人も議員も含めて)には、ご自身の「人を見る目の無さ」を反省していただかねば、嘘である

さて、内田樹先生が、この辞任に関して、相変わらずの皮肉をおっしゃっていて爆笑。

当然私には非人情なコメントを期待して電話してくださったのであろうから、期待通りのコメントをする。
首相がこのような理由でこのような時期に辞任し、後継首相選びで与党内が大混乱しているにもかわらずまったく社会不安が起こらず(辞意表明直後に株価は急騰したのである)、日本の政治的空白が国際社会秩序にほとんどネガティヴな影響を与えないということはわが国の社会的インフラがいかに安定しており、市民がいかに政治的に成熟しているかを証し立てている。
政治家が無能で、官僚が腐敗して、メディアが痴呆化しているにもかかわらず日本社会がアナーキーへ転落するであろうと悲観している国民はほとんどいない。
これはほとんど奇跡といってよろしいであろう。
これほど安定した国民国家を世界史は知らない。
豊葦原瑞穂国の弥栄を言祝ぎたい。

でも、「日本の政治的空白が国際社会秩序にほとんどネガティヴな影響を与えない」のは、日本の国際的プレセンスのなさというか、外交ベタ(安倍さんがある意味典型的)の帰結。まあ、よそ様に迷惑掛けるよりはずっと良いけどね。

森首相の時も言われていたけど、首相がどんなポンスケだろうが揺るがない日本の社会的インフラって偉大、といいたくもなるよな。これって、「戦後レジーム」の最大の成果かも。
頭でっかちに「愛国心」とか「美しい国」とか「奉仕の精神」とか、そういうお題目を唱える政権ではなく、正しい意味で「現実的」(大体、「現実的」という言葉は、自分の日和見主義を糊塗する時に使われることが多すぎる)な舵取りをしてくれる政権を望むのみ。それしかできぬ自分の非力が悔しいが。

|

« 欠落をそのままに生きる―鈴木祥子・勝井祐二・bikke鼎談 | Main | 「声の大きさ」ではない »

Comments

私利私欲は薄く、夢見がちで、でもタフな現実対応能力は低い。。何だか安倍さんの姿は私自身と重なってイタイです。この打たれ弱さは「教育」の問題だったりして。。

でも内田さんの言葉は…。「政治家が無能で、官僚が腐敗して、メディアが痴呆化」とかって鼻につきます。いかにも評論家のセリフでワナワナしてしまいました(苦笑)。

Posted by: だいだい | September 13, 2007 at 12:30 PM

だいだいさん、やはり総理大臣に「タフな現実対応能力は低い」人を選んでしまった自民党と、それを引き受けてしまった人のことを同情する気にはなれません。「自己責任」という言葉がぴったりでしょう。
「教育」のせいにもできませんよね。もしかしてそれこそ彼が受けてきた「戦後教育」のせい、なのかな?(笑)

内田先生は、「自覚して憎まれ口を叩いている悪人」ですので、安心して見られます(笑)。賢い悪人は「文法」がありますが、安倍さんみたいな「頭はそれほど良くなく(要するに「文法」がない)、主観的には善人」の方が世に害悪を垂れ流すことが多いものです。

Posted by: 川瀬 | September 13, 2007 at 02:26 PM

こんにちは、はじめてコメントします。某所のののじと同一人物です。

私が内田樹という人を存じ上げないせいかもしれませんが、いまいち笑いどころがわかりません。馬鹿のふりをしていることに爆笑なのか、相変わらず馬鹿だなという爆笑なのか。

こんな解説するのは野暮かもと思いつつ書きますが、株価が急騰した(これが事実か知りませんが、確かに急落はしませんでしたね)のは、先の選挙に大敗した時点で遅かれ早かれ安倍首相は辞めるだろうと市場は織込み済みだったこと、後継者は自民党から選ばれるゆえ大きな路線変更は無いとわかっていたからでしょう。仮に何が何でもテロ特措法反対な小沢一郎政権の可能性があったら株価はどうなったことでしょうか。

テロ特措法に基づく 海自の給油活動、それ自体への賛否はおそらく私と川瀬さんでは正反対でしょうからとりあえず脇においといて、客観的事実のみ論じます。この件、国際社会秩序への影響は大いにあります。端的に示すニュースをひとつ。

「約10カ国大使が合同説明へ 海自の給油継続要請で」
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007091601000673.html

諸外国が頼まれもしないのに日本の外交政策のため国会議員に説明会とは、下手すりゃ内政干渉の誹りを免れ得ません。まるで三国干渉。それでもやらねばならぬと思った、給油活動がこれらの国にとってそれだけ重要だということに議論の余地がないでしょう。目的がテロとの戦いのためか、アメリカ並びに御近習の金儲けのためかという議論はおいといても(つうか両方正しいと思います)。

辞任のタイミングにも、巷で言われるような単なるボンボンの登校拒否ではない、それなりの深謀遠慮があったと思います。おそらく安倍首相は、何としても給油活動を続けさせるため「小沢ちゃんが悪いんだ!うわーん!」とわざとスキャンダラスな辞め方をして、国内外の耳目をテロ特措法とその延長に障害となる小沢一郎に集めようとしたのではないでしょうか。これ、私の妄想でしかないし、仮に本当だとしても関係者は決してそう言わないでしょうけど。一言で表すなら「無理心中」です。

最後に、このブログの政治関連の発言全体を見ての意見ですが、自民党に対する鋭い批判的精神を少しだけでも民主党に向けてあげてはどうですか。もはや与党なのだから、彼等も健全な批判に揉まれて成長しなければなりませんよ。

Posted by: ののじ | September 17, 2007 at 07:40 PM

ののじさん、コメントありがとうございます。

>私が内田樹という人を存じ上げないせいかもしれませんが、いまいち笑いどころがわかりません。

僕は単に内田先生が「安倍ってばかだよね」とかストレートに言わず、返す刀で市場やらマスコミやら官僚やらも巻き込んだ悪口を言っているところに笑っただけです。

>こんな解説するのは野暮かもと思いつつ書きますが、株価が急騰した(これが事実か知りませんが、確かに急落はしませんでしたね)のは、先の選挙に大敗した時点で遅かれ早かれ安倍首相は辞めるだろうと市場は織込み済みだったこと、後継者は自民党から選ばれるゆえ大きな路線変更は無いとわかっていたからでしょう。

それはその通りでしょうね。そういう意味では、市場って「政治的」ではないですよね。冷徹な市場の論理があるというか。政権交代への期待とかで上がったのではないことは明白です。麻生優勢、というと漫画関係の株が上がったという話も聴いたし(笑)。


>「約10カ国大使が合同説明へ 海自の給油継続要請で」
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007091601000673.html

このニュースはうかつにも知りませんでした。そんなことまであるとは。

>それでもやらねばならぬと思った、給油活動がこれらの国にとってそれだけ重要だということに議論の余地がないでしょう。目的がテロとの戦いのためか、アメリカ並びに御近習の金儲けのためかという議論はおいといても(つうか両方正しいと思います)。

テロのための戦い、という「大義」がもはや成立しないのでは、というのが僕の認識なのですけど、僕はそういうものに協力しないというある意味「エゴイスティック」に振る舞える根拠が「9条」だと思っています。僕はテロの標的に将来ならないためにもそういう「エゴイスティックさ」はありと思っています。


>辞任のタイミングにも、巷で言われるような単なるボンボンの登校拒否ではない、それなりの深謀遠慮があったと思います。おそらく安倍首相は、何としても給油活動を続けさせるため「小沢ちゃんが悪いんだ!うわーん!」とわざとスキャンダラスな辞め方をして、国内外の耳目をテロ特措法とその延長に障害となる小沢一郎に集めようとしたのではないでしょうか。これ、私の妄想でしかないし、仮に本当だとしても関係者は決してそう言わないでしょうけど。一言で表すなら「無理心中」です。

残念ながら、その無理心中は失敗したわけですよね。その「下手さ」は責められて然るべきかと思います。
あと、彼の体調が最大の理由としても、あの辞任のやり方に全く「意味」がなかったとは僕も思っていません。というか、あの辞任のタイミングを許した自民党のお仲間の「意地悪さ」を僕は妄想しています。

>最後に、このブログの政治関連の発言全体を見ての意見ですが、自民党に対する鋭い批判的精神を少しだけでも民主党に向けてあげてはどうですか。もはや与党なのだから、彼等も健全な批判に揉まれて成長しなければなりませんよ。

ののじさんはちょっと誤解しているかもしれませんが、別に僕は民主党シンパではありませんよ(選挙で入れるとも限らないし)。まあ、敢えて言うなら民主党左派が近いかもしれないけど、彼らに対しても批判精神は持っているつもりです(そういうエントリも書いたこともあります)。僕の学生で、民主党右派の某議員の選挙アルバイトに行っていた学生がそこで覚えた改憲論議を僕に吹っかけてきて徹底的に論破したこともあります(笑)。今住んでいる土地の民主党候補も自民党と似たり寄ったりの考え方で気にくわないし。
僕はこの数年間の小泉・安倍政権が徹底して気に食わなかったから(公明党も同罪と思っています)、取りあえず交替可能性のある党にかけるしかない、と思っているだけです(要するに戦略的選択に過ぎません)。傲慢な言い方をすれば、現在は僕にとって民主党の「お試し期間」です。ダメなら別の「動き」に懸けたいと思います。

あと、民主党が「もはや与党」と言うのはどうか、と思います(自民党とほとんど同じ考えの議員が多い、という意味では「nearly与党」かもしれませんが)。法制的な面からしても、衆議院で過半数を取れない政党はまだ「野党」です。それを僕のような一市井の人間が「鍛えられる」のなら、それに過ぎたるはありません(「虞犯者」の民主党を叩くより先に「犯罪者」の自公政権を叩くのは真っ当な順序に過ぎません)。

Posted by: 川瀬 | September 18, 2007 at 12:35 AM

しばらくぶりです。再度コメントしなければとずっと思っていたのですが、ようやく作文する時間ができました(苦笑)まず、皮肉の意味は理解できました。ありがとうございます。

「無理心中」については、ここ1ヶ月でかなり世間の風向きが変わったので、今なら私の真意を理解してもらえると思いますがいかがでしょうか。そしてお試し期間も終わったように思います。小沢さんの発言の迷走ぶりは今さらニュースソースを挙げるまでもないでしょう。「与党の足を引っ張るためならネタはなんでもよかったんだ」とは今さら言えませんから。「嘘をつくには頭が良くないといけない」という誰かの言葉を思い出します。

「『大義』がもはや成立しない」については、そもそも大義なんて言葉は己の利害を包み隠す薄っぺらい飾りに過ぎないという意味において同意します。およそ国際問題において、全ての当事者が受入れられる正義なんてものはありません。(受入れられたら問題は生じないのですから)ただ、エゴ全開では評判が悪くなるから飾りをつけるのです。

先の国連安保理の「感謝決議」にロシアが棄権したのは興味深いことです。あの国は石油価格が高騰するほど儲かります。また自衛隊の活動拡大には常に文句を言う中国が静かに賛成しているのも興味深いことです。中東情勢が不安定化し石油価格が上がれば、平均購買力もエネルギー利用効率も低い中国は日本以上に困ります。

テロとの戦い、これはひとつの側面に過ぎません。日本にとっては安い石油を安定して買い続けるための治安維持という側面がより大きな意義を持つでしょう。そして他者からの評判という面から見れば、テロリストに恨まれるのと、今のところうまく回っている活動を投げ出して多くの国に恨まれるのとどちらがよいかという選択です。なお小国ならば逃げ出しても大勢に影響しないでしょうが、残念ながら石油を買い付ける量においても洋上給油の能力においても日本は存在感がありすぎます。

ちなみに安倍さんは経団連使節団を引き連れて中東諸国を訪ね、経済協力によって石油の安定供給を担保するという戦略をおそらくはじめて示しました。ウラン資源大国のカザフスタンに対しても似たようなことをやっています。川瀬さんが彼を嫌うのは自由ですが、外交ベタのポンスケとくさすのはいかがなものでしょうか?少なくとも典型的なタイプではありません。

9条がエゴイスティックに振る舞える根拠となる、これも技術論としては理解できます。しかしあの条文は多義的に読めてしまう部分があって、少なくとも明示的には洋上補給を禁じていません。その真意を汲み取って判断するしか無いのですが、解釈ひとつで世界屈指の軍事力を持ってしまっている以上(確かに外国を攻撃する能力はないようですが)、洋上補給も解釈次第でどうとでもなる程度のものと諸外国から思われてしまうのではないでしょうか。

また、これまでの私の理解では、9条堅持を唱える人は「日本が他国からエゴイスティックな国と思われない根拠」としてこれを擁護しているのだと思っていました。だから川瀬さんの意見はちょっと意外です。

Posted by: ののじ | October 17, 2007 at 01:47 AM

ののじさん、これまた気合いの入ったコメントありがとうございます。

>ようやく作文する時間ができました(苦笑)

強制的な例の休暇、でしょうか(笑)。お大事に。さて、

>「無理心中」については、ここ1ヶ月でかなり世間の風向きが変わったので、今なら私の真意を理解してもらえると思いますがいかがでしょうか。そしてお試し期間も終わったように思います。

うーん、「世間の風向き」はそんなに変わったでしょうか?ちょっとそこが僕の主観では疑問です。「給油問題」で今もまだ揺れているわけですし。
あと、強情な僕としては、実際に衆議院で多数派を取るまで、民主党は「お試し期間」延長です。今のところ、ののじさんの言うように色々と「物言い」しているだけですからね。実際に政権を運営させてみて、ダメなら次は自民党にでも、というのが、「二大政党制」の健全な考えでしょう。断っておきますが、僕はアメリカやイギリス方の「あれかこれか」を迫る二大政党制が良いなんて、ちっとも思っていません。僕はなんたって、固陋なもので、「中選挙区制復活論者」なんですから(笑)。

>およそ国際問題において、全ての当事者が受入れられる正義なんてものはありません。(受入れられたら問題は生じないのですから)ただ、エゴ全開では評判が悪くなるから飾りをつけるのです。

それはその通りでしょう。エゴとエゴのぶつかり合いをどう調整していくのかが政治や外交ってものだと思いますが、日本は「エゴ」を出さなさすぎ、というのが僕の考えです。何でも基本的にアメリカの言いなりに「見えてしまっている」のが致命的だと思うのです。色々国内で議論をして、「結果として」アメリカに歩調を合わせる、という形を取れないものかと思うのですが・・・。それに、政権交代で外交路線がころころ変わる可能性のあるアメリカに振り回されていると、みっともない事にならないかなあ、と思います。
まあ、ロシアや中国のような出し方が良いとも思えませんが(ちょっと下品。もうちょっとスマートに出すべきだと思う)。

>ちなみに安倍さんは経団連使節団を引き連れて中東諸国を訪ね、経済協力によって石油の安定供給を担保するという戦略をおそらくはじめて示しました。ウラン資源大国のカザフスタンに対しても似たようなことをやっています。川瀬さんが彼を嫌うのは自由ですが、外交ベタのポンスケとくさすのはいかがなものでしょうか?少なくとも典型的なタイプではありません。

あの悪名高い「大名行列外交」ですか、というのはともかくとして、外交は「あちらを立てればこちらが立たず」というのが普通ですから、全方位的に好かれようなどというのはまず無理です。だから、ある地域に対して安倍さんが外交的成果を上げた、というのを僕は怪しみませんが、元々関係が悪くなかった地域(中近東は日本と喧嘩するネタがほとんどありません。なんたってお得意様ですから)を訪れて握手するくらいの事を「成果」と評価する事はどんなものでしょうか。就任当初は周辺のアジア諸国を気遣うような態度に出ましたが、すぐに馬脚を現しましたし。アメリカ下院の例の「慰安婦決議」を見ても、そう「お上手」だったとはとても評価できないと僕は思います。

>9条がエゴイスティックに振る舞える根拠となる、これも技術論としては理解できます。しかしあの条文は多義的に読めてしまう部分があって、少なくとも明示的には洋上補給を禁じていません。

そう、だから洋上補給が行われてきたわけです。解釈改憲論をここで述べるつもりはありませんが、僕はののじさんがおっしゃるように「多義的に読めてしまう」のなら、もっとエゴイスティックに読めば、と思っているだけです。「そこまでやる事は憲法で禁止されているもので、どうもすみません。」とか何とか言って。実際、アメリカに対する日本の「自主性」はそこでしか発揮できない哀しい現実があるわけです。
あと、「恩義」に感じているのはどうもアメリカだけで、他の国々はそうでもなさそうですし。恩を売るなら、もっと高く売りつけて欲しいなあ、と思います。

>また、これまでの私の理解では、9条堅持を唱える人は「日本が他国からエゴイスティックな国と思われない根拠」としてこれを擁護しているのだと思っていました。だから川瀬さんの意見はちょっと意外です。

エゴイスティックに振る舞う事で却って周りに迷惑を掛けない、という事はあり得ます。お前のためを思って軍事介入してやっているんだ」という国は、余り好かれる事はありません。
あと、「現実に合わない」という事をいう人もいると思いますが、僕はそれこそ憲法のようなある意味「国家の理想・目的」を述べる部分で現実に合わせるような事を言い出したら終わりだと思っています。「現実に振り回される」事はみっともないことです。

なお、僕の意見の半分くらいは、内田樹先生の受け売りです。

Posted by: 川瀬 | October 17, 2007 at 11:49 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/16431405

Listed below are links to weblogs that reference 「歴史」にどう書かれるだろうか:

« 欠落をそのままに生きる―鈴木祥子・勝井祐二・bikke鼎談 | Main | 「声の大きさ」ではない »