Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 「声の大きさ」ではない | Main | 鈴木祥子@京都精華大学with浜田真理子、ふちがみとふなと、大友良英 »

October 20, 2007

Lovejoy feat. S. S.@磔磔

今日は京都の老舗ライブハウスの磔磔に、bikkeさんのバンドLovejoyのライブを見に行きました。というのも、ゲストが、鈴木祥子さんだったからです。
チケットも、発売日にわざわざ磔磔にいって買い込み、僕は何と整理番号1番!こんなの生まれて初めてです(「1番」のチケットを、一緒にチケットを買いに行ったりゅうさんに譲っていただいたのですが)。先日ホームページ上で祥子さんが京都から東京に戻る事が発表されましたが、こうなったら、可能な限り近畿圏で行われるライブは見てやろうと、「祥友(祥子さんのライブでと知り合いになった皆さん)」一同張り切っており、張り切りすぎて、最前列や壁側の良い席に見知った「祥友」の皆さん(りゅうさん、つかさん、K口さん、めんちかつさん、shineyokoさん、U西さん、U田さん、僕)がゾロゾロということにあいなりました(笑)。

さて、最初にお断りしておくと、僕はLovejoyのライブは初めてで、Lovejoyのソロパートはセットリストだけを簡単に記して(情報提供K口さん、多謝)、祥子さんが関わった部分を中心にお伝えしたいと思いますのでご了承ください。

まずはLovejoyの皆さん5名がステージに並び、定刻通りにライブはスタート。思った以上に大きな音を出すなあ、というのが第一印象。bikkeさんの声を活かすために、バックはもう少し遠慮するかな、なんて思いましたが、そんな事はありません。改めてbikkeさんの声は良い声だなあ、と思いました。MCで知りましたが、今年48歳だそうで(僕とちょうど一回り違う・・・)、そんな風には全く見えません。えええ、48って、僕の同僚でいえばW先生やA先生だよな、あの人達と同い年なの、この人、とそのアンチエイジング振りにビックリ。祥子さんも大概お若く見えますけど、bikkeさんもそれに優るとも劣らないお若さです。うーん、これは恐らく「精神的なものが表に出ているんだろうな」と思いました。40超えたら自分の顔に責任を持てと、確かリンカーンか誰かが言っていたと思いますが、恐らく「そういう顔」なのだと思いました。

1)富士
2)百人の人に嫌われても
3)野の人の野のうた
4)日々の彼方
5)オレンジ

この5曲を終えた後、祥子さんが登場。今日の衣装は黒のワンピースに茶色のブーツ。ワンピースはビロード地というか、ベルベット地というか、そういう感じの素材。髪の毛の一部には緑色の筋を入れており(マニキュアもそういう色)、胸には十字架のネックレス、手首にはbikkeさんと恐らく色違いのブレスレット(水晶を数珠つなぎにしたもの?)。bikkeさんはまず「私、昔から『優しい雨』がカラオケの十八番やったんですよ。それが、その作曲者と友達になって、祥子と呼び捨てにできる関係になるなんて・・・」と祥子さんを紹介。祥子さんも「京都での生活で、本当にbikkeさんにはお世話になって・・・」と返答。祥子さんは一曲目、ドラムの植村さんと交代する形で、ドラムセットに腰を下ろします。お、一曲目からドラムか、と祥子さんのドラムが好きな僕は興奮したのですが、ここでちょっとした問題発生。僕は最前列のちょっと右寄りに座っていたのですが、ドラムはステージの左端にあり、ちょうど対角線上にある感じで、譜面台で完全に僕の席からは祥子さんのお顔が見えませんでした。ま、仕方ないですよね。

6)Tonight (Raspberries)
祥子さんが若い時に好きだったバンドだそうで。結構直截的な歌詞もあり。ドラムをバカスカ叩けるところを見ると、足も完全に治ったようですね。良かった良かった。

7)Come on, come on (Cheap Trick)
祥子さんはこのバンドの『Cheap Trick at Budokan』というアルバムをいまも愛聴しているのだそうです。これもドラム叩きまくり。かっちょいい!

8)きのう夢の中で(鈴木祥子)
祥子さん自身の歌をLovejoyをバックに。祥子さんはここからヴォーカルオンリー。

9)What a bastard the world is (Yoko Ono)
オノ・ヨーコの歌。これは面白い試みがなされました。祥子さんが元の英語の歌詞を歌い、それと同時に日本語の歌詞をbikkeさんが読み上げるというbilingualな合唱。祥子さんは読み終わった歌詞カードを床にそのまま落とし疾走するような感じ、bikkeさんも負けじと激しく日本語の歌詞で祥子さんの歌を追いかけ、ポエトリー・リーディングのバトルの様相を呈してきました。でも、元々のタイトルが凄いよね。「世界はなんてくそったれなんだ」てな感じでしょうか。' Woman Is the Nigger of the World 'に優るとも劣らないインパクトあるタイトル。

10)Frederick (Patti Smith)
ご存じ、祥子さんのパティ・スミスのカバー。横に揺れながら歌い上げる祥子さん。‘ Maybe I will come back someday ’という歌詞が、京都を離れる祥子さんの事を思って、個人的に胸に染みました

11)Love/Identified (鈴木祥子)
やっぱりやってくれました。感激。ステージにしゃがみ込んで、カッと顔を上げて歌い始める祥子さん。祥子さんはこの曲を演劇的に歌う事を色々試みているような気がします。今日の衣装の雰囲気に良くあった一人芝居だったと思いました。

一旦祥子さんはここで退場、その後は休憩無しでLovejoyの曲が演奏されました。

12)山の青年
13)世界で一番好きな顔
14)Manna
15)ゼロ

ここでLovejoyの皆さんも一旦退場して、アンコールを求める拍手と共に、メンバーが戻ってきてくれました。でも、bikkeさんも祥子さんもいません。あれれ?「女の人は楽しみもあって、色々時間が掛かるようで」と意味深な事をギターの服部さんが言ったと思ったら、何と、カツラをかぶった二人がバタバタと遅れて登場。これにはマジでwigり、じゃなかったビックリしました。というのも、bikkeさんは茶髪のいわゆる分かり易い「外人変装用のカツラ」だったのですが、祥子さんは、何とピンクのロングヘアー(参考商品はこちら)。何このコスプレ、というか魔法少女は(こちらのブログに写真あり)。はっ、この扮装はもしかして、しょこたんこと中川翔子ちゃんへのオマージュですか?ギザカワユス。また、黒のワンピースと妙に合ってしまうところが何とも。ちなみにピンクはしょこたんの好きな色で、ファンクラブの名前は「ギザぴんく!」です。
ともかく、そういう恰好でアンコールは2曲。

e1)そこに行くのだ(Lovejoy)
e2)at home(Lovejoy)
Lovejoyの曲を立て続けに。祥子さんはピンクの髪を振り乱しつつ、タンバリンを叩きました。ラストの曲は、前の拾得のライブでもやってくれた曲なので憶えていました。

これで今回のライブはつつがなく終了。で、後ろを振り返ったら、勝井祐二さんとか、山本精一さんとか、大友良英さんとか、ミュージシャンの方々がゴロゴロいらしてビックリ(実はこのメンバーで、Cocon烏丸のshin-beでトークイヴェントをしていてそのまま流れてきたわけですけど、かつて祥子さんと共演した事のある方ばかりだよな)。
僕は終わった後、そそくさと物販コーナーに行き、早速LovejoyのCD『かけがえのないひととき』を購入しました。

磔磔を出て、そのまま四条の方に流れ、「祥友」の皆さんと軽く飲んで帰宅。明日予定のある方が多く、無茶はできませんでしたが、また2週間後の再会を約してお別れ。

« 「声の大きさ」ではない | Main | 鈴木祥子@京都精華大学with浜田真理子、ふちがみとふなと、大友良英 »

鈴木祥子」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

昨日は相手していただきありがとうございました(^^;)それにしてもアンコールのwigにはちょっとビックリしましたね(^^;)やっぱロックの女神です!

タカヤ先生も「ギザ」とか使うんですねw。
なんかうれしくなりました。

めんちかつさま
いつもありがとうございます。

>それにしてもアンコールのwigにはちょっとビックリしましたね

「ちょっと」じゃありませんよ(笑)。ああいうコスプレしても「萌え要素」がにじみ出ないのは、やはり祥子さんのロックスピリッツのたまものか、なんてことは思いましたが。

kinetixさん、お久しぶりです。

>タカヤ先生も「ギザ」とか使うんですねw。

反応したのはそこかい!(笑)
だって僕、「しょこたんブログ」の愛読者ですから。ちなみに、鈴木祥子さんはマジでしょこたんの事が好きなのです(日記にも書いていたし、その日記の署名の仕方を見ても一目瞭然)。

レポお疲れ様です
今回は残念ながら回避したわけですが、とりあえず、、、

コスプレショーだったんですか?(汗
見に行かなかった自分は負け組なんでしょうか?(泣

次の祥友オフはコスプレオフになるんでしょうか。。(震

YOHさん、コスプレショーだなんてそんなw。
確かに、凄いインパクトではありましたよね、あれは(上に紹介しているブログの写真でも伝わらないほど。このブログの人は、恐らく僕の斜め後ろでずっと撮影していた人だな)。

>次の祥友オフはコスプレオフになるんでしょうか

シャイな我々がそんなことできるわけ無いでしょう(笑)。したらしたで面白いですが、僕ら男性陣はどういうコスプレをすればいいのか、皆目見当もつきません。

タカヤ先生、しょこたんブログ読んでるんですか!

すいません。このど真ん中に移ってるの私です。

http://yaplog.jp/strawberry2/archive/6482

テヘ。

kinetixさん、「テヘ」じゃないよwwwww(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)

確かに、僕が知っている君じゃないけど(髪型が社会人だから)、よく見るとやっぱりそうだね。さすがに、いわれなければ気付きませんが。いつの間に・・・。

〓たかや〓

タカヤさん、祥子さんライブレポどうもありがとです!
祥友さんで最前列確保できたんですね~いいなあ!
わたしも行きたかった(><)
wigり、じゃなかったビックリしましたか?^^
しょこたんブログもちょこっとみてきましたが・・タカヤさんもみてたりするんですか?ギザカワユスですよね~(笑)
祥子さんのライブ、オフ会・・参加出来たらご一緒したいですが・・年末なんで仕事も家庭もあるんで・・まだ予定はわかりません。
また会える日を楽しみにしてます。

ゆきさん、コメントありがとうございます。

>祥友さんで最前列確保できたんですね

上にも書いたように、我々が張り切りすぎました(笑)。祥子さんも最前列の我々を見て「あれ、このメンツいつもの私のライブの時の顔だけど」と思われたかも知れません。

しょこたんは、約2年ほど前から注目しておりました。「オタクを前面に出してこれだけお人形みたいな子がいるんだなあ」と。また、彼女の父親である中川勝彦氏の記憶もありましたので、何となく気になる存在なのですよね。

年末、できればお会いしたいですね。その時はまたご連絡ください(mixiで)。

今回も有難うございました。いつものレポ 流石です。思いだして頭の中で組み立ててみたのですが、このレポの1/3も浮かんできませんでした。ダメだ。(笑)ムライさんと会話していた通りフレデリックで全員立ち上がればよかったと後悔しています。ロックしてたし祥子さんも望んでいたように思えて仕方ありません。いつかそのような場面があればやろうと思っています。終演後 トイレに行ったら祥子さんがスタッフとトイレで話し込んでて、使えず退散。何故ここで・・間が悪い事この上なし。(笑)

りゅうさん、いつもこちらこそありがとうございます。

>ムライさんと会話していた通りフレデリックで全員立ち上がればよかったと後悔しています。

ぼくも、「FredericK」と「Love/Identified」があの日のベストパフォーマンスだと思いましたが(アンコールの二曲も捨てがたいですが)、まあ、無理して立ち上がっても、後ろの人も気になっちゃいますしね(メインはあくまでLovejoyだったわけですし)。
スタンディングとかが辛い年齢の人が大半ですから(笑)、どうしたものでしょうね。今度のステラボールではどうしましょう。

お疲れさまでした~。
いつも詳細に渡るレポありがとうございます。
思い出したいときには、いつも川瀬さんのレポを読み返しているんです、実は。
bikkeさんのブログにも、ライブのことが書かれていて、演者から見たその日の模様がわかってなんだか嬉しくなりました。
頭の中から「ばんご~はん♪ばんご~はん♪」が抜けない私でした。

つかさん
「at home」は頭をグルグルしますよね。

>思い出したいときには、いつも川瀬さんのレポを読み返しているんです、実は。

どうもありがとうございます。でも、僕もB型の常で、話を面白可笑しく針小棒大に言っちゃう癖があるので、もし「嘘・大袈裟・紛らわしい」時にはどうぞお申し出ください(笑)。

あと、bikkeさんのブログも読みました。やっぱ吉田屋なんだ、打ち上げは。行きたいですね。僕、まだ行った事がないので。
例の「撮影会」の夜は、是非行きましょう。

祥子さんのHPの更新もライブとともに充実・・20周年の勢いを感じております。今回もレポ、楽しく拝読させていただきました!先日、祥子さんと親交ある(今もそうなのかな?)遊佐未森さんのゲスト出演ライブを見たときも感じたのですが、参加していて演者がとても楽しそうですよね♪メインってどうしても「ノリ」とか「トーク」とか、音楽以外の面でもいろいろ気を遣うことが多いと思うので・・。私はまだ、一度もゲスト出演の祥子さんを見たことないので、今度是非行ってみたいな~関東でもそういう機会があるといいなって思います。
それにしても、しょこたんは男女(老若男女?)に人気ありますよね~。私も好きです。何気に王様のブランチのブラン娘(胃が弱くて、レポートが辛かったと話してました)だったらしいし、和田アキ子氏も絶賛する謙虚で丁寧な物腰、今までにいなかったタイプのアイドルだと思います。祥子さんともども応援していきたいマリンでした☆

マリンさん、おはようございます。
先ほど、祥子さんのホームページを見たら、日記が更新されていて(In my room)、今回のライブの話が書いてありましたね。しかも「しょこたん」モードで(笑)。やはり僕の想像通り、あのアニメキャラのようなウィッグは、しょこたんからinspireされたものだったのかも・・・。

実際、このLovejoyと祥子さんの組み合わせ、良かったんですよ。二年前、カーネーションをバックにした事もありますが、それに優るとも劣らないというか。祥子さんのソロライブは勿論良いのですが、たまには、気心の知れたこういうバンドとの共演というのも、「一粒で二度美味しい」思いができていいですね♪

しかし、しょこたんの人気は思った以上に広い層に浸透していますね。ピルクルを一緒に飲んでいる友人kinetix君(上の書き込み参照)には敵いませんが(笑)。

こんばんはー 
今回のライブ、ゲスト出演という事で「どうしようかなぁー」と思っていたのですが、やっぱり行って良かったです。
河原町に到着した瞬間から突然のお電話スミマセンでしたm(__)m
私の方向音痴は相当なものなので、下手すると全く違う場所に行きかねないのです。。。。
ライブ良かったですねー。また新しくK口さんともお知り合いになれていつの間にやら私の名前も祥友の皆さんにも覚えていただいているようで、嬉しい限りです。
祥子さんの今回のドラム、一段と素晴らしかったですね。
(自称)ドラマー(?)の私もシビレました。
植村さんのドラムも良かったなぁ。
入ってすぐドラム側の席に座って正解でした(^_-)-☆
スタンディング大好きの私は半分スタンディング状態(!?)で
座っていながら踊っている(!?)感じ・・・でした。
またオフ会にも誘ってくださいね(^^)/~~~

shineyokoさま、こんばんは。
やっぱ、ドラムをやっている方からみても、植村さんのドラムはかっこよかったですか。僕も見とれていたんですよね。元々ドラムという楽器そのものが好きな方ですが(ドラムとピアノが一番好きな僕としては、その両刀遣いである祥子さんをリスペクトせざるを得ません)。

まあ、磔磔の場所は、僕も一瞬迷います。何の変哲もない京都の住宅街の間ですし、碁盤の目だからかえって自分の居場所を見失うんですよね。

また、オフ会(というかアフター)におつきあいください。

♪ばんごーはんはあじしお

に聞こえるという話があり、「じゃあ今日の打ち上げは白ご飯と塩だな」と言う話題になってました。
(ちゃんとすばらしい料理が出てきましたけどね☆)

因みに私はshin-biからのハシゴ組でした。
祥子さんを聴くようになったのも、勝井さんとの共演(15周年の赤レンガ倉庫)がきっかけなもので…。

ではでは、来週末精華大学でお会いしましょう~。

さなえさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
早いなあ、もうこのライブから一週間ですね。

>♪ばんごーはんはあじしお

確かに聞こえる、空耳ではなく(笑)。あの場で買ったCD、一時期自宅でヘビーローテーションだったので、ますます頭の中でグルグルしました。僕は圧倒的に夕食は外食なので、「晩ご飯はどこいこ~」ですね。ホント、頭を悩ませます。さなえさんもご存じのように、僕の職場の周りは余り店もないし、この数年で行き尽くしましたから。

>ではでは、来週末精華大学でお会いしましょう~。

はい、まだチケットは届いていないんですが(何でも、昨日、今日あたりで発送作業だと漏れ聞きました)、お邪魔にならない程度に、ちょっとだけ早めに行く予定です。結構僕の自宅から精華は行きにくいので。

川瀬さん、こんにちは

精華大学のチケット、なかなか届かなくてどきどきしていましたが、今発送作業中なんですね。安心しました。

先日はお疲れさまでした。
今回は年配の付き人(上司…)がいましたので壁側に座っての参加。
(もたれることが出来て楽でした。)
祥子姫は横顔も美しく、振り向いた時に一瞬見えるお顔全体にドキリとしながら、はじめて聞くLovejoyの音楽に聞き入っておりましたが、皆さんが座っておられました最前列でがっつきたい思いにもかられていました。(笑)

本当に楽しいライブでしたね♪♪

では、精華大学でもよろしくお願いします。
はじめての場所でうろうろ迷子になっていそうなので、声かけて下さいね。


まきさん、こんにちは。

>精華大学のチケット、なかなか届かなくてどきどきしていましたが、今発送作業中なんですね。

ええ、めんちかつさんが問い合わせたところ、そういうお返事だったそうです。ですから、明日か明後日くらいには届く、という感じでしょうか。予想以上に人数が多かったせいかもしれませんね。

>今回は年配の付き人(上司…)がいましたので

ついつい「大人の気遣い(笑)」をして、あまりまきさんとはお話しできませんでしたが、また今回の京都精華大学のライブ後にお話ししましょう。

>皆さんが座っておられました最前列でがっつきたい思いにもかられていました。(笑)

みんながっつきすぎ(笑)。まあ、ファンの性(さが)ですが。

>はじめての場所でうろうろ迷子になっていそうなので、声かけて下さいね。

僕もこの大学は一度しか行った事がないので、ちょっと早めに行くつもりです。国際会館駅とか出町柳駅とかでみんなで待ち合わせて一緒に行く、というのもありですね(まきさんなら、国際会館の方が行きやすいと思います。地下鉄で一本ですし。)。

http://www.kyoto-seika.ac.jp/access/index.html

ではでは~。

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/16823913

Listed below are links to weblogs that reference Lovejoy feat. S. S.@磔磔:

» [ao vivo]lovejoy ゲスト 鈴木祥子@磔磔 [めんちかつの腰くだけ日記]
では先日のライブのことなど。 直前まで淀駅前で飲んでいたので、磔磔に到着したのは6時15分くらいでしたか。すでにあらかた席が埋まっている中、正面右のテーブルに祥友の皆さんを発見し、あいている場所に座らせてもらいました(^^;)隣が川瀬さん、以下、順にりょうさん、... [Read More]

« 「声の大きさ」ではない | Main | 鈴木祥子@京都精華大学with浜田真理子、ふちがみとふなと、大友良英 »