« 帰郷第一弾―鈴木祥子@ステラボール | Main | ゼミコン兼誕生日会 »

November 17, 2007

安彦良和原画展@美術館「えき」KYOTO

071117yas_5 今日は休日という事で昼前まで寝てしまいました(まあ、昨日お酒を飲みながら内田樹先生の『村上春樹にご用心』を読みふけって夜更かししたのもありますが)。
さて、せっかくの休日、何をしようと思い、京都駅伊勢丹にある美術館「えき」で開催されている「安彦良和原画展」に行く事に決めました。
安彦先生は、僕の世代にとっては何よりも「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザイナーとして記憶されている人ですが、その他のアニメ作品、漫画と、旺盛な創作活動を行っている方であることは今更言うまでもないでしょう。僕などは後年、幼稚園くらいで見ていたアニメーションにも安彦先生が関わっている事を知って(例えば「超電磁ロボ コン・バトラーV」とか「勇者ライディーン」のキャラクターデザインは安彦先生)、先生の偉大さに打たれたものです。
僕は漫画家としての安彦先生の大ファンでもあるので、駅で予告ポスターをみた時からこれは071117yas_2 是非行かねばと思っていました。そうこうしているうちにこの展覧会がスタートしたのですが、たまたま、僕の教え子で某博物館に勤務している子がいて、彼女が「職場に何枚か招待券が届いたので、先生に差し上げます。私、先生みたいなガンダム世代でもないし」と、僕に招待券を送ってくれたのですね。学生には優しくしておくものです(笑)。というわけで、ただで拝見する事ができました。ありがとう、Y佐さん!
071117yas_4 さて、入る前から壁にはシャアやらアムロやら、「虹色のトロツキー」や「アリオン」の拡大コピーが壁沿いに並べられていて、早速テンションが挙がってしまいました。単純な奴です。そのまま喜び勇んで、会場に突入しました。今日は休日だし、メチャクチャ混んでいるかなあ、と心配したのですが、それほど混んではいませんでした。しかし、熱心なファン(僕もその1人ですが)が一枚一枚、ためつすがめつ眺めるものですから、遅々として進みません。まさに牛歩。しかも、カップルで来ている人が多かったのですが(恐らく、ガンダム好きの彼氏に付き合わされた、という人も多かったと思います)、彼氏が彼女に講釈・蘊蓄を垂れたり、オタク趣味の一致しているカップルは「このラインが」とか、恐れ多くも安彦先生の絵にダメ出しをしているものまでいて、牛歩に拍車を掛けます。「お前ら、良いから、前に進め」と心の中で叫びつつ、僕も原画を舐めるように見てしまいました(僕も後ろの人から「独りで来ているくせに、とっとと早く進め」と思われていたかも知れません。済みません、この場を借りてお詫びします)。
安彦先生の絵の上手さは、僕のような素人には上手に表現できませんが、敢えて言えば、先生の描く肉体のライン、ことに「足」のラインは、素晴らしいものがあると思います。僕が思うに、安彦先生が描く女性キャラクターの太ももの曲線は、日本の漫画家で最高の「脚線美(文字通り)」だと思います(言い訳しますが、僕は別に足フェチというわけではありません)。
何だかんだで一時間ほどいたでしょうか。会場の一番最後には、お定まりのグッズ売場。安彦先生の漫画はほぼ全て持っているので買うものもないのですが、やはり来た記念に今回の展示の図録と、ポストカードセットはしっかり買ってしまいました。あと、凄くレアなブックレットも買いました。それは

安彦良和『漫画で描こうとした大陸と日本青年(愛知大学東亜同文書院ブックレット2)』(あるむ、2007年)

というもの。要するに安彦先生が『虹色のトロツキー』とか『王道の狗』とかを描く背景を語った講演録なのですが、さすが東亜同文書院の流れを汲む愛知大学、ナイスな企画を立てたものです。

満足して会場をあとにしたのですが、何と驚いたのは、京都の映画館「みなみ会館」で、「安彦良和の映画世界」という企画が来週末(23、24、25日)に行われ、先生も舞台挨拶に来たり、「ファーストガンダム」三部作やら、「クラッシャージョウ」やら「ヴィナス戦記」などを一挙に上映するというビラが目に飛び込んできました。どどどどうしよう。僕などは「ファーストガンダム」は台詞も憶えるくらい見ていますけど、実は劇場のスクリーンで見た経験というのがないのです。「めぐりあい宇宙」だけでも見に行くか(オールナイトはさすがに厳しいな・・・)。
というわけで、これを見ている方で、「僕(私)もちょっとこのみなみ会館の企画に興味がある」という方は、僕にご連絡ください(笑)。では。

追記:僕の学生さん達へ
知っている人もいるでしょうが、僕の研究室の一角には、歴史や宗教をモチーフとした「お勉強になる」漫画を何冊か置いています。安彦先生の漫画(『王道の狗』『ジャンヌ』『イエス』『蚤の王』など)もたくさん置いていますので、この記事を読んで興味が出てきた方は、借りに来てください。

|

« 帰郷第一弾―鈴木祥子@ステラボール | Main | ゼミコン兼誕生日会 »

Comments

八王子と川崎で観ましたがもう一度行かねば!
でも23~25は休出なんです…しくしく。

敢えて突っ込みを入れれば安彦先生の男性キャラクターの脚線美も素晴らしいですよ。
安彦せんせ、バイなんじゃなかろうか…と疑っていたくらいです。

Posted by: o-tsuka | November 18, 2007 at 01:42 PM

o-tsukaさん
二回も見に行かれていたんですか!さすが。

>敢えて突っ込みを入れれば安彦先生の男性キャラクターの脚線美も素晴らしいですよ。

もちろんそうです。
でも今回の展示で、ついつい女性キャラの足に目が行ってしまって・・・(南原ちづる、ファ・ユイリィ、ダーティ・ペアetc.)。
今、二十年ほどまでに購入した『アリオン』の大型判の単行本を読み返しているところです。

Posted by: かわせ | November 18, 2007 at 02:03 PM

なるほど、がきんちょのころからガンダム好きになるように英才教育されてたのねん
今度の休みに行ってみるか・・・

Posted by: あさやん(大) | November 19, 2007 at 09:01 AM

あさやん(大)君、お久しぶり。

>英才教育されてた

されてた、というより、自分で勉強(じゃないけど)していた、という方が正確だよな。まあ、世代的な事をいえば、僕たちの世代は浴びるように見たアニメによって「英才教育されていた」と表現できると思いますが(海外のオタクとの違いは、恐らくここだね。幼児体験は重要)。

Posted by: かわせ | November 19, 2007 at 11:25 AM

えっと、わたくし、シャアが好きです(*´ー`*)ポッ

それにしても、アズナブルって名前はどこから来たのかしら……

Posted by: りえ | November 19, 2007 at 11:16 PM

りえさん、どうも。

>えっと、わたくし、シャアが好きです(*´ー`*)ポッ

そうだったのですか。若さゆえの過ち、ではないですよね(笑)。
僕も昔シャアが好きでしたが、良いおっさんになってからは、ランバ・ラルとクラウレ・ハモンのカップルが一番好きになりました(判る?)

>それにしても、アズナブルって名前はどこから来たのかしら……

これはですね、おたくな知識を披露しますと、「シャルル・アズナブール」というシャンソン歌手がフランスにいて、彼の名前が元ネタなのですよ。

Posted by: かわせ | November 20, 2007 at 12:55 AM

こんばんわ。わたしも行ってきました。
おっしゃるとおり、安彦さんの描く体のラインは
すばらしいですよね。健康的というか、ちょうどいい感じですよね。記念の図録とポストカード、やっぱり買いました(笑)

Posted by: ラリー | November 26, 2007 at 11:27 PM

ラリーさん、どうも。

やはり30代後半には、安彦先生の絵はたまらんものがありますよね(笑)。太ももだけでなく、腰のラインも。

ポストカードって、美術展でどうしても買っちゃうんですが、最近はメールのせいでますます葉書を出さないので、貯まる一方です(趣味が合う人、シャレの分かる人でないと出しづらい、というのもありますが)。

Posted by: かわせ | November 27, 2007 at 12:17 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/17102829

Listed below are links to weblogs that reference 安彦良和原画展@美術館「えき」KYOTO:

« 帰郷第一弾―鈴木祥子@ステラボール | Main | ゼミコン兼誕生日会 »