Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 安彦良和原画展@美術館「えき」KYOTO | Main | 「何故人はそう考えるのだろうか」という問い »

November 19, 2007

ゼミコン兼誕生日会

071119birthday_004 今日は僕の誕生日でした。人生三度目の年男です。
そこで、主に三年生が中心となって、ゼミの後そのままお祝いの飲み会をしてくれるという事になりました。ありがたい事です。実は、今日の飲み会、今年初めてのゼミコンパでした。というのも前期は、ゼミの直後に組合のお仕事が毎週あったので、そのまま飲みに行くという事ができなかったんですよね。というわけで、本来は春先に自己紹介を兼ねて早めにすべきところでしたが、こんな冬直前に第一回目の川瀬ゼミコンをやる事になりました。
参加者は16名ほど。場所は四条木屋町の焼き肉屋(恐らく最近オープンした店だと思いま071119birthday_005 す)。焼き肉、というのは、僕がゼミ生の若さを考慮して選んだのです。コンパ幹事からどういう店が良いですか、といわれた時、皆さん若いから肉でもがつがつ食ったら、といいました。僕自身はもう油が抜けて、肉よりも魚や大豆製品を選ぶ大人になっていますが。
幹事のN山さんの発声で乾杯して、みんなに祝ってもらいます。こんなにも複数の方から祝っていただけるなんて、幸せ者ですね。数年前は母から「あんた、京都で独りの誕生日で寂しないん?」という電話が来て死亡しましたが(お母さん、気遣いありがとう)。
時間制限の食い放題、飲み放題の店なので、みんなハイペースで飲み食いをします。ホント、若いなあと思いましたね。あっという間に肉はなくなっていきます。まあ、僕もそこそこいただきましたが。
071119birthday_006 そして、宴もたけなわになった頃、学生諸君から僕に誕生日プレゼントが贈られました。実は、一緒にこの焼き肉屋に行く途中で、学生が持っているやたら大きな紙袋になにやら「やばい」ものを感じていたのですが、その予想は当たりました(できれば当たって欲しくはありませんでしたが)。
まずは、ゼミ生のみんなからの寄せ書き(ポストカードにでしたが)が贈られました。これには素直に泣かされました。先生稼業をやっていて良かったなあ、と思う瞬間ですね。ところが、紙袋の中から不穏なものが次々と取り出されます。上の写真から説明しますと、謎の「羽仮面」「キューティーハニー飴(一つだけ「ハニー」ではない味のが入っているロシアンルーレット飴、だそうです)」。この羽仮面を付けたり、どさくさに持ってこられていたカツラをかぶったりした僕の写真は、何人かの学生諸君の携帯電話に収められた事でしょう(このブログにおいては倫理上まずかろうと思い却下)。そういうアホな事をしているのを尻目に、表情も変えずに「カルビお待たせいたしました」と肉を持ってくる従業員のお姉さんにプロ意識を感じたのは、また別の話。そして、目玉親父が張り付いている「湯飲み」。まあ、これは071119birthday_007可愛いので、早速明日から研究室で使わせてもらいましょう。で、問題は、大きな紙袋の90%を占めていたブツでした。今更新婚さんでもないのに、ベルばら調の「イエス・ノー枕」が進呈されました。これらのブツは、大学近くのビレッジ・ヴァンガードで揃えてきたそうです。こんなのまで売ってやがったとは。思い切って、客人用の枕にしてやろうか、と血迷いかけました。というわけで、最初の寄せ書きで感涙させられ、他のプレゼントでは別の意味で泣かされたわけです。

一次会のあとは、一応解散という事になって、まだ時間のある人間だけで、近くのゲームセンターに行ってプリクラを撮りました。プリクラなんて、何年ぶりなんだか。そこで無駄に凝りまくったプリクラを撮影し(その写真を今は携帯に送れる時代になったんですね。驚き。今、僕の携帯の壁紙はそのプリクラ画像です)、久々にUFOキャッチャーやレースゲーム、クイズゲーム、「太鼓の達人」などに興じてしまいました。僕はUFOキャッチャーで、なんとお菓子の箱(ラムネやガム)を3ハコも取る大漁振りで、無駄な才能がある事を学生に見せつける結果となりました(来週のゼミで、みんなに配る予定)。

いやあ、今日は遊んだ遊んだ。今日は本当に楽しかったし、嬉しかったです。みんなありがとう。みんな良い学生で、先生、マジで感激しました。
将来羽仮面を付ける機会があるのかどうか判りませんが(週末の学園祭で使ってやろうか)、とりあえず大事にします(というか、押し入れの奥にしまうしかないだろ、枕と羽仮面は)。お休みなさい。

« 安彦良和原画展@美術館「えき」KYOTO | Main | 「何故人はそう考えるのだろうか」という問い »

大学」カテゴリの記事

Comments

先生!遅ればせながら誕生日おめでとうございます。
ステキな一日を過ごされたようでうらやましいです。
ちゃめっけたっぷりな学生達で、ゼミも面白そう。また戻りたくなりました。

河島さん、わざわざありがとう。
いやあ、実際、今年がこの10年間で、最も多くの人から祝辞をいただいた誕生日だったなあ。

>ちゃめっけたっぷりな学生達で、ゼミも面白そう。また戻りたくなりました。

河島さんがいた時よりは遠慮がない、というか僕を尊敬していない連中が揃っていて、こういう結果になりました(笑)。
問題は、2週間後のゼミ合宿なんだよね。大荒れにならないように今から祈っています。

僕と生まれたのがたったの二日違いなんですね。
おめでとうございます。

rkさん、どうも。
僕の方が二日「弟」という事になりますか。
お互い、いい年になったよね。でも恐らく、僕に負けず劣らずrkさんも学生から「若い」「童顔」と言われている事と思いますが(笑)。
外見はともかく、中身は充実(老練、とは言わない)させたいものです。

やっとこ、ここに書きこめました!
ずっとあしあとだけが残っててごめんなさいです。
タカヤさんの、日記、笑いながら読んでました。
イエス・ノー枕といい、感激もんの寄せ書きといい・・ホントいい生徒さん達ですね。^^
素敵な、楽しい、お誕生日だったことと、思います♪

ゆきさん、どうも。
そうなんですよ、今更イエス・ノー枕なんて・・・(この枕の意味がわからなかった昔に戻りたい)。
もしかしたら、最近結婚したばかりの教え子の家に、無理矢理譲渡するかも知れないです(笑)。

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/17125895

Listed below are links to weblogs that reference ゼミコン兼誕生日会:

« 安彦良和原画展@美術館「えき」KYOTO | Main | 「何故人はそう考えるのだろうか」という問い »