Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 鈴木祥子 absolutely ALONE in 京都拾得(初日) | Main | 「ひたすら反対する」という依存 »

December 31, 2007

鈴木祥子 absolutely ALONE in 京都拾得(New Year's Eve)

さて、二日連続、京都の拾得で行われたこのライブ、しつこく参加してまいりました。よく「カウントダウンライブに行ってきました」というようなブログを読んだことはあったのですが、自分がそれをやるのは初めてでした(別に年越しのカウントダウンライブではありませんが、気分的にね)。
さすがに大晦日ということで、昨日ほどの参加人数はいませんでしたし、祥友の何人かもご実家に帰省したりなど、ちょっと寂しい感じでしたが、それでも来る人は来る。そういう猛者として、りゅうさん、よしみさん、K口さん、K崎さん、A山さん、U田さん、マリンさん、K山さん、ラリーさんなどがそろい踏み。僕などはたまたま京都在住だから参加しているというだけで、この人達には、本当に頭が下がります(今回は妻と二人で来ました。妻と祥子さんの拾得ライブに来るのは二回目。前回はちょうど二年前でした)。

では、いつものように以下にセットリストと感想を書いていきます。衣装は昨日とほぼ同じですが、ジャケットが黒。
1)Yesterday(Beatles、P)
昨日と同じ滑り出し。
2)Blackbird(Beatles、P)
二曲続けてポール・マッカートニーの曲を。
3)D'yer Mak'er(Led Zeppelin、P)
アルバム『聖なる館』所収。祥子さんはこのアルバムが大好きなそうな。
4)チャイム(P)
昨日よりもピアノが「歌っている」と感じました。
5)風の扉(G、リクエスト)
リクエストを受け入れたのですが「あ、歌詞カード上の控え室に置いて来ちゃった」と祥子さんが言い、今日もスタッフとして甲斐甲斐しく世話をしていたbikkeさんとスタッフが慌てて控え室に取りに行き、事なきを得ました。
6)愛はいつも(G、リクエスト)
最初は「舟」というリクエストを一旦アクセプトして「舟、やっちゃって良いですか」と祥子さんが言うので、最前列にいた僕は無意識に「はい」と言ったら、祥子さんに「はいって言われちゃいましたよ~」と言われてしまい赤面(僕個人は「舟」が好きなんでやって欲しかったのですが)。でも、「よく考えたら、大晦日に「舟」はないよね。止めます」とこのリクエストは却下、結局「愛はいつも」が採用されたのですが「ギターで弾くのは初めて」。非常にそういう意味でレア。
7)ささやかな奇跡(P)
これもレア曲。昨日も聞けましたが、やはり良い。偶然もありますが、アルバム『風の扉』から立て続けに3曲という珍しい構成になりましたね。祥子さん曰く、「『風の扉』はレコーディングが11月から12月に掛けてだったので、私の中では冬のアルバムって感じなんですよね」とのこと。
8)イケナイコトカイ(P)
昨日もやってくださいましたが、昨日よりもエモーショナルな感じがしました。隣にいる妻も「懐かしいー」と大喜び。
9)ムーンダンスダイナーで(P)
いやあ、昨日今日とこの年末シリーズは「しっとり」「ほっこり」な感じで、安らぎますねえ。この曲、『水の冠』のラストを飾る曲なのですが、「中締め」には最適な曲かと。ここで今日の第1部終了。

祥子さん、再び登場。
10)Goin' Home(G)
後半戦のスタートは先ほどリクエストでも声が上がったこの曲で。ジャンジャカギターをかき鳴らします。
11)Baby It's you(G、リクエスト)
祥子さんがギターでこれをやってくれるのも、定番になりつつありますね。よしみさんのリクエスト。

「Leave me alone now, oh baby it's you who break my heart, wow ひとりきり生きてゆく なんて素敵なの」

という歌詞のあとに「素敵じゃないよ!」とツッコミを入れるのもお約束(笑)。で、祥子さんからある意味ネタバレの一言。「この曲、実はコード進行がTOTOのある曲と同じです。私、TOTOの大ファンなの」。というわけで、その曲の一節をやってくれたのですが、確かに同じだ(笑)。
12)Frederick(P)
昨日は用意していたセットリストに入っていましたが、今日はリクエストに応じる形で。この曲がコールされて、即対応。「素直な私(笑)」。
13)Little Love(P)
「少しだけ時期がずれたけど、冬の曲で」と、この曲。しんみり。
14)東京で生まれた女(P)
二年前、京都での初めての冬に生まれた曲。その時の状況は祥子さん曰く、「二年前の京都は物凄く寒くて、ガス代が一月4万円近く行っちゃったの。ガスファンヒーター点けまくって、お風呂も追い炊きしまくって。友達もいないし、ああ、人生は厳しいなあ、とか思いながら過ごしていて、川端通りでこの曲のフレーズが浮かんだんですよね」とのこと。「二年前の京都の寒さ、覚えている方いらっしゃいます?」と聞かれたので、思わず手を挙げる僕(地元民ですから、そりゃ覚えています)。確かに寒かったです、あの冬は。
15)ラジオのように(G)
祥子さん、ギターでこの曲は2度目(昨日は初挑戦だったわけですが)。
16)Me and Bobby McGee(Janis Joplin、G)
ジャニスが本当に好きなんだな、祥子さんは。昨日に増して激しく弾きまくり。あまりに激しかったせいで、弦がずれて不協和音が発生するほど。
17)水の冠(P、リクエスト)
さっきのジャニスの曲の勢いのまま、軽快に弾きまくり。
18)Father Figure(P、リクエスト)
やってくれましたよ、この曲。今日来ていないYOHさんはさぞ残念なことでしょう・・・。しみじみ聞き入ってしまいました。
19)Five years and then(P)
今年作った曲を2連発。ああ、早くこの二曲が入ったオリジナルアルバムの新作を・・・。
20)A Long December(P、リクエスト)
昨日もやったCounting Crowsのカバー。この歌詞カードも控え室に置いていたので、またまたbikkeさんが取りに走る羽目に。
21)道(P)
昨日同様、この曲で第二部は終了。

祥子さんは昨日同様、すぐ引き返してアンコールに応えてくれました。ここからはアンコールです。
e1)Desperado(Eagles、P)
これはbikkeさんのリクエスト。実は、この曲を吹き込んだデモテープが「シンガーソングライター鈴木祥子」の誕生のきっかけとなったそうで、祥子さんにとっても感慨深い曲だそうです。歌い終わった時「22歳頃を思い出しちゃうよ~」。
e2)風に折れない花(P、リクエスト)
やっぱ、この曲を聴いてじーんとしちゃう男子は数多いことでしょう。僕としても、今日で一番染みたのはこの曲でした。すたあまんさんのリクエスト。
e3)Adios(P)
昨日同様、この曲で一旦アンコールも締め。
で、ここで重大発表。祥子さんはまず一月の終わりに下北沢leteで、そしてゴールデンウィークに浜離宮朝日ホールでのコンサートが決まっていますが、その間にも東京でやろうか、という計画が立ち上がっており、そして、京都では6月頃に来るかも知れないとのこと。「京都はもはやもう一つのホームタウンですからね」という言葉に、僕を含め関西のファンは感涙。
e4)どこにもかえらない(P、リクエスト)
一旦終わったと思ったのですが、大晦日だし、ということで、しつこい我々の再度のアンコールに応えてくれました。これもよしみさんの声であっという間に採用。「いつになく素直な私(笑)」と祥子さん。最後は「No Woman No Cry」(by Bob Marley)でフェイドアウト。これで、大晦日のライブは完全に終了。

いやあ、この二日間、堪能しました。祥子さん、東京に帰られたのは寂しいですが、来年の初夏に京都に来てくださるとのこと、首を長くしてお待ちしています。そして祥友の皆さんともそこでの再会を期して、お別れしました。では皆さん、よいお年を!

« 鈴木祥子 absolutely ALONE in 京都拾得(初日) | Main | 「ひたすら反対する」という依存 »

鈴木祥子」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

うがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁorz(即死<ふぁーざーふぃぎゅあー

というわけで、YOHさん、ご愁傷様です…。「すごく良かったですよ」と書くのもはばかられますが、真実ですので、書かせていただきます(笑)。

 かわせさま、すみません。大晦日ライブ、どこにいらっしゃるのか気付かず、すっかり声かけそびれました。ま、私もうちの人と一緒だったので、ライブ終了後はそそくさと帰路についた為、どちらにしてもゆっくりとお話しはできそうになかったのですが。ちなみに「タイムマシーン!!」と2回リクエストしてフラれ、その後「風に折れない花」をリクエストして採用されたのはこの私です(笑)。イントロを弾いてくれたとき、「もうこのまま死んでもええわ...」と思いました。
 万感の思いで聴いた「風に折れない花」でした。
 今度は6月あたりですか。その時はぜひ、お会いしたいしお話ししたいと思います。おじゃましましたー。
(ちなみに、「いつになく素直な私(笑)」は今日のマイブームでした)。

すたあまん様
「タイムマシーン」はすたあまんさんだったのですね。でも、「風に折れない花」はアクセプトされて良かったですね。上にも書きましたが、僕もあの曲が31日のでは一番じーんと来たのですよ。
僕の特徴は、メガネを掛けていて、身長170センチ程度で、やせ形で・・・って、こう書くと物凄く平均的な感じで特徴がなくて済みません。過去ログにちょっと素顔を晒しているので、それと同じのを探していただければ、と思います。
僕も「いつになく素直な私」はツボでした(笑)。

 川瀬さんあけましておめでとうございます。2007年は祥子さんのライブでお世話になりました。
 大晦日ライブつかさんから1番のチケットを譲ってもらいましたがいつもの左のスピーカー前の席で古くからの友人と楽しみました。
 ベイビー イッツ ユーと どこにもかえらないをリクエストしたのは私です。どこにもかえらないのリクエストには、祥子さんに本当は東京に帰ってほしくないという気持ちと今日はまだ帰りたくないという気持ちが混在していました。
 2007年は本当に夢のような1年でした。東京ステラホールに行けなかったのは心残りでしたが、祥子さんそして祥友の
皆さんと巡り会えたのは最大の幸福でした。2008年もどうかよろしくおねがいします。

よしみさま
そうでしたか、あのナイスリクエストはよしみさんでしたか。二つもリクエストが通ってすごいですね。方向的にそうかな、と思ったのですが、確証が取れなかったので、上には書きませんでした。
関西在住のファンにとって、祥子さんの「帰郷」は痛いわけですが、完全に「adios」なわけでもありませんし、今までだって、よしみさんとかは東京に遠征していたじゃありませんか!!(笑)
今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます(^^;)やはり大晦日、一味違ってましたね(^^;)Five years and thenは昨日演奏してほしかったな~。desperadoのカヴァーも聴いてみたかった(^^;)まあ、いつの日か聞くことができると信じて気長に待つとしますか(^^;)では、今年もよろしく。

めんちかつさま
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

>やはり大晦日、一味違ってましたね
前半戦は前日と殆ど重なっていたのでどうなるかな、と思ったのですが、後半戦は別物でしたね。
次の6月頃のにも期待しましょう、祥子さんが「いつになく素直な私」であることを願って(笑)。
ではまた。

2日間楽しまれたみたいでうらやましいです!
あまりライブで聴いた事が無い選曲もあって、
行きたかったなあって思いました。
いつも詳細なレポありがとうございます!

sada。さん
楽しんでいただけて幸いです。
僕の方こそ、1月末の東京のライブレポ、期待しております。
今年もよろしくお願いします。

遅ればせながら、レポありがとうございます!
そして、あけましておめでとうございます。今年もよろしくです。

祥子さんが歌うデスペラード、聴いてみたかったなー。
すごく好きな曲なので・・・。

京都でのライブはしばらくお預けですが、祥友交流の場、なにか企画したいですね。
そのときはまた川瀬さんにお世話になると思いますがよろしくお願いします。
そんな風にファンの間の和が広がってきているのも、川瀬さんのおかげですね。あと、りゅうさんも。
この短い期間にたくさん祥友ができました。1年前と比べてみると不思議な感覚です。

つかさん
今年もどうぞよろしくお願いします。

>この短い期間にたくさん祥友ができました。1年前と比べてみると不思議な感覚です。

僕も、ライブや映画は孤独に行くもの、という以前の考えはどこへやら、という感じです(笑)。まあ、まだ映画は孤独に行くことが多いですが。
京都での交流会は、春先あたりに企画したいですね。指示ですが、その頃は〆切にも追われていないはずですので(これからの僕の努力次第ですが)。

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/17531884

Listed below are links to weblogs that reference 鈴木祥子 absolutely ALONE in 京都拾得(New Year's Eve):

« 鈴木祥子 absolutely ALONE in 京都拾得(初日) | Main | 「ひたすら反対する」という依存 »