« 鈴木祥子 absolutely ALONE in 京都拾得(New Year's Eve) | Main | はなむけのことば »

February 11, 2008

「ひたすら反対する」という依存

このところ、なかなかに忙しく、こちらのブログには新しいエントリを書けなかった。
書きたいことがなかったわけではないのだが、今日はこのところ気になっていたニュースを振り返りつつ、ちょっとだけ抽象的に「反省」してみたい。

さて、政治の世界では、僕の「気に入らない動き」が矢継ぎ早に起きて、脱力していた。先月の大阪府知事選、そして先日の岩国市長選は、このブログを読んでいる皆さんならお判りのように、僕の傾向からして「残念な結果」に終わってしまった。この結果については、あまり言及もしたくないところだが、次々と公約を撤回するような言葉の軽い府知事を戴いてしまったのだ、ということを大阪府民の皆さんは少しは考えておいたほうがいいだろう(たまたまだが、僕は堺市出身で、両親や兄夫婦も大阪府民である。決して他人事と思っていない)。そして岩国市の方は、あまり暗い話をしたくはないのだが、国のテコ入れが、沖縄の各市町でどれくらい有効であったか、ということを少し振り返ってみるべきだと思う(すこし聞くところによると、土建屋栄えて商店街滅びる、という例があるそうな)。

あと、気になる動きとしては、茨城県つくばみらい市で、DVに関する講演が、やたら騒ぎ立てるグループによって中止に追い込まれたこと(詳しくはこちら)と、日教組の全体集会が某ホテル側から一方的にキャンセルされた事件。これらは、まさに「テロ」の一種(成功したテロ)だと思う。何か事件が起こるかもしれないという恐怖によって、人々を支配したのだから。この二つの事件をもし「我々の正しい主張が認められた」などと誇りに思っているような人がいるなら、その思考方法は、爆弾を背負っていなくても、自爆テロ犯と選ぶところはないだろう。皮肉をこめて言うのだが、日教組の集会現場に集まって気勢を上げる皆さんは、自分たちが「政治的な主張」を堂々と行う貴重な機会を失ったということで、ホテル側に少しは文句を言ってもいい。
この二つは反対グループの思想的傾向性も似通っているので、当然僕からすれば気に食わないわけだが、ロクな代替案を提示できなかった自分も歯がゆい。一言で言うと、向こうの動きに反対するのが精いっぱいで、「ひたすら反対する」ということで、彼らに依存していたとさえいえるかもしれない。もちろん、彼らの側も「ひたすら反対」ということでぼくたちに依存しているのだが、向こうと合わせ鏡のような関係になったことが腹立たしい。
今日街中で、「建国記念の日」に反対するグループに、威圧的な恰好と街宣車で罵倒を繰り広げる連中を遠巻きに見つつ、そんなことを思った。

|

« 鈴木祥子 absolutely ALONE in 京都拾得(New Year's Eve) | Main | はなむけのことば »

Comments

こんにちは。
何か変化を求めた、という点では大阪も岩国も共通している、と思いました。ただ、それが望ましいものであるかどうか、ですがね。かつてはその期待を左翼側も受け皿として提示できたのですが、今は難しくなりました。

>彼らに依存
産経新聞は「反朝日」なら売れる新聞を作れる、と創業者が語っていたそうですが、依存関係は左右両側にありそうです。

私のブログで久々に論争がありましたが、その方の場合は両方迷惑なんで来て欲しくない、というホテルの本音を支持しているようです。そこが一番多数派だからこそ、健全である半面「自由」に鈍感になるのかもしれません。

Posted by: 虎哲 | February 12, 2008 at 01:37 AM

虎哲さん、コメントどうも。

>何か変化を求めた、という点では大阪も岩国も共通している、と思いました。

もう、右も左も「改革」という掛け声一色ですもんね。よく考えれば、これは異常なことだと思います。誰がやっても同じという、楽観だか悲観だか、はたまたその両方の感情が瀰漫していますよね。

でも、産経は経営者がそんなこと言っていたんですか。じゃあ、あの電波っぷりも理解できますが、安倍政権をヨイショしすぎたりしたこのところのイカレ振りはちょっとひどかったですよね。十年ほど前は、そうでもなかったと思うのですが。「溶け行く日本」を地で行っているというか(笑)。

今回のホテルの対応、これは「客商売」としてはある程度理解できなくもないのですが、やはり仁義にも見識にも欠けますよね。
「両方とも迷惑だ」という台詞、杞憂であればいいのですが、僕などはマルチン・ニーメラーの有名な台詞を思い出してしまいました(傍観しているうちにナチズムへの抵抗力をすっかり奪われてしまうことを悔いるあの台詞です)。

Posted by: 川瀬 | February 12, 2008 at 11:01 PM

某ホテルの件では産経新聞も社説(主張、だったかな)でホテル側の対応を批判してましたよ~。(正確にはホテル側に非を認めた裁判所を支持してたのかな。。)

一応言論機関として筋は通したのかなぁと感心しました。

これってハンセン病元患者の入浴を拒んだホテルと通じる問題ですよね。客商売というか危機管理の方策として彼らは間違ってると思うんですが、具体的にどう間違ってるのかうまく説明できません(汗)

Posted by: だいだい | February 12, 2008 at 11:42 PM

だいだいさん

>某ホテルの件では産経新聞も社説(主張、だったかな)でホテル側の対応を批判してましたよ~。

そうですか、産経もたまにはまともなことを・・・って、ホテルを批判した程度のことを「感心」するのもいかがなものかと(笑)。

あと、元ハンセン病患者の問題と、右翼による示威行為は、確かにホテル側にしてみれば共に「思わぬ厄災」かも知れませんが、我々はそこまでホテル側に感情移入しなくても良いんじゃないでしょうか。「断った」ことによってどれだけの損失(社会的信用を無くすとか、行政のてこ入れを招いてしまうだとか)が発生するかの計算に失敗したと僕は見ているわけですが。
ホテル側に立つのではなく、第三者的に素直に見れば、右翼は明らかに「営業妨害」に近いことを「意図的」にやるわけで(法律のギリギリラインを攻めるので厄介ですけど)、両者を比較するのは問題なのではと思います。

Posted by: 川瀬 | February 13, 2008 at 03:01 AM

ホテル側に感情移入してるんじゃないんです。

お客様の為にという大義名分を振りかざして
事なかれ主義的に人権侵害に加担する
二つのホテルのやり口に共通する問題点を、
上手に説明する言葉が何かなかったかなぁ
と自分の不勉強を恥じる、

っていうつもりで書いたんです。
わかりにくい投稿ですみませんでした。

Posted by: だいだい | February 13, 2008 at 05:21 PM

公約を撤回したこと自体はあまりいいことではないけど、できないとわかった時点で素直に自分の非を認めて撤回する姿勢自体はむしろ評価に値するのではないかな~と思っています。
今回のことで証明されたことと言えば、
よく偉そうな人がすごく理想的なことをさもな感じで主張しているけど、実際はあまり下調べもせずに適当に物を言ってみんなをだましているということ。
見た目にだまされるなという教訓ですね。
まあ、そのことに気づいている人がどれくらいいるのかは不明ですが

Posted by: you | February 23, 2008 at 10:47 PM

だいだいさん

>お客様の為にという大義名分を振りかざして
>事なかれ主義的に人権侵害に加担する

おっしゃりたいことは判りました。

youさん
出来ないことを素直に認めての撤回は、ある意味潔く見えますが、あまりにもそれが多いと、何のための公約だったんだって話ですよね。逆に、選挙時に言っていなかったことも「出来ると判ったから」というだけの思いつきでされる危険性もあるわけで、そういう意味での「一貫性」を見せかけでも良いから作る努力を橋下知事はすべきだと思います。

Posted by: 川瀬 | February 25, 2008 at 12:38 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/40090828

Listed below are links to weblogs that reference 「ひたすら反対する」という依存:

« 鈴木祥子 absolutely ALONE in 京都拾得(New Year's Eve) | Main | はなむけのことば »