Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ZABADAK@Live Spot RAG | Main | 名古屋の夜は更けていく―鈴木祥子@TOKUZO »

June 08, 2008

鈴木祥子@大阪Shangri-La

080608shangrila_002 このところ、ライブ感想ブログになっておりますが、今日も今日とて鈴木祥子さんのデビュー20周年記念ツアー「鈴木祥子“SHO-CO-SONGS VOL.1~1988~1990”発売記念ツアー“SHO-CO-SHALL BE RELEASED ~いろいろあったよ20年~”」の最初を飾るライブに行ってまいりました。場所は大阪梅田の「Shangri-La」。僕は初めてのライブハウスです(「空中庭園」こと新梅田シティの方向です)。このツアーはタイトルの通り、祥子さんの初期アルバム4枚が再編集、リマスタリングされ、ついでに初期の映像が入ったDVDを付けて発売されるのに合わせた「レコ発(再販)」ツアーなのです(今日は発売日前ということで会場での先行販売はなし。しかし来週の名古屋からは物販有りだそうです)。
僕は早めに自宅を出て、梅田周辺をブラブラして(かっぱ横丁の古本屋とヨドバシカ○ラくらいというのが情けないですが)、5時頃現地に到着。そこではライブで知り合いになった「祥友」のいつもの皆々様が。いつものように談笑しているうちに開場です。

080608shangrila_003 以下では、いつものようにセットリストを書きつつレポートしたいと思います。

時間通りにライブはスタート。舞台の左側にピアノ、右側にエレキギターというシンプルなセットです。祥子さんは真っ赤なワンピースドレス。う、か、可愛すぎる・・・。こんな服をさらっと着こなせる祥子さん、やはり恐ろしい子(笑)。
1)危ない橋(P)
1曲目は、リマスタリングしたアルバム『風の扉』から。祥子さんは最初照明が点いた時「あ、雰囲気明るいね、この照明。でも、予定通り暗い曲から始めます(笑)」とこの曲を。
2)もう一度(P)
これは、復活したリクエストボードに書き込まれていた曲ですね。僕の近くの人(R.R.さん)が密かにガッツポーズ。おめでとうございます。
3)あじさい(P)
これもこの季節の曲ですよね。聴きたかったんだよな~。後で歌詞カードを見直すと、「紫陽花はむらさき」で「藤棚はアメジスト」だったんですね。「藤棚ってあったっけ?」と思ったのですが、僕の記憶違いでした。祥子さん曰く、「今日はリクエストボートに書いてもらった曲を中心にお送りする予定です」。事実祥子さんは、あらかじめ歌おうと思った曲の楽譜をクリップボードに重ねて止めていて、一曲歌い終えるごとに、その楽譜をどんどん床に置いていっていました。
4)swallow(P)
これも今の季節の曲ですよね。この歌を終えてから、今回発売されるCDとDVDセット「Sho-co-songs collection 1」についての宣伝MCに突入。

「今回リマスタリングして音がすごく良くなりました」「若い時の恥ずかしい映像、あ、恥ずかしいなんていうと変な意味みたいですね(笑)、若かりし頃の映像が入っています」「よく言えば初々しい、悪く言えば目が泳いでいる(笑)。確かにプロモーションヴィデオはちょっと気恥ずかしかったりしますが、ライブの良い映像も入っていますので、よろしければ」

我々は当然買いますよ、というお返事の意味の拍手。あと、今回のツアーのグッズとしてキーホルダーも作られています(僕などは当然購入)。
5)ささやかな奇跡(P)
これも好きだなあ。僕が始めて買ったアルバムに入っていた曲だもんなあ。
080608shangrila_004 6)愛はいつも(P)
これはアルバムの曲通りではなく、最初のサビの部分をわざと飛ばして、半ばからスタートするライブバーション。で、ここで、最前列に座っている我々の服に祥子さんが「あ、着てくれてる~」と気付いてくださいました。そう、僕たちは今日、ちょっと示し合わせて(言い出しっぺは僕です、済みません)、去年のツアーで売られていた特製Tシャツを揃って着ていたのでした(写真参照。この写真は打ち上げの飲み会で撮ったものですが、こんな風に、まるでパチンコのフィーバーのように並んでいたのです)。僕はこのTシャツ、着るのは今日が初めてでした。まあ、こういう時に着るもんでしょうしね。
7)月とSNAPSHOTS(P、リクエスト)
で、祥子さん、ここで「あの~、何かリクエストあります」とやってくれました。「リクエストを募ると中だるみになるから止めようかな、と思うんですが、一人だとついついリクエストをやりたくなるんですよね」とおっしゃいましたが、この曲は楽譜をもってきていなかったようで、途中で止め。「ごめんなさい、今度の楽しみにしておいて(笑)」
8)Sickness(G、リクエスト)
今日初めてのギター。しかもリクエストを受けて(リクエストなさったのはすたあまんさん)。僕この曲好きなんですよ(このブログで何度も言っていますが)。で、この曲の後、今日の衣装についての解説が加えられました。「今日はこういうの(派手目の)にしたのは、大阪対策なんですよ~(会場爆笑)。以前大阪で白いドレスを着た時「ここは大阪やでえ」みたいなことを書かれちゃったんですよ。」ええっ、その可愛すぎる真っ赤なドレスは大阪仕様だったんですか?でも誰だ、祥子さんに「もっと派手にしろ」なんてことを書いた奴はぁ!大阪がますます誤解されるやないかぁ!!
9)風の扉(G)
先ほどのリクエストから流れるようにこの曲へ。この曲で、何故か我々は手拍子足拍子の大盛り上がり。祥子さんも「どうしたの?こんなストレートな反応、久しぶり。東京じゃ考えられない(笑)。Thank you, Osaka!って、まだ終わりじゃないよ(笑)」うーん、やはり関西人の図々しいリアクションの方がアーティストの方には良いのかも知れませんね(と関西人であることを正当化しておきます)。
10)最後のファーストキス(P)
これは友人めんちかつさんのリクエストボードでのリクエスト。何とこの曲をライブで歌うのは19年ぶりという激レア曲。後ろの席を振り返ると、彼はやはり小さくガッツポーズ(笑)。祥子さん曰く、この曲が発表された頃「アイドルっぽい」とか「可愛い子ぶっている」という評が聞こえてきて、余り歌う気になれなかったのだそうです。「若い時はそういう評価を受けると頑なになっちゃって・・・」
11)わたしの望み(P)
12)あの空に帰ろう(P)
これはライブでは珍しいでしょうね。僕の行ったライブでは、去年のステラボールで、会場からのリクエストでやってくれていますが。僕の隣のよしみさん、大満足(よしみさん、リクエストボードに書いていたのです)。
13)完全な愛(P)
これは、いつもお世話になっている友人りゅうさんのリクエスト。実は最初のリクエストタイムの時、りゅうさんが「完全な愛!」と叫ぶと祥子さんは「後でやろうって考えてるの」と言っていましたが、とうとうその時が来ましたよ。二年越しにリクエストし続けて、とうとう実現。りゅうさん感涙。
14)Father Figure(P)
15)5years,/AND THEN(P)
立て続けに、今度の9月に出る久々のオリジナルアルバムに収録予定の曲を2連発。まあ、この2曲は結構この一年ほどのライブでやってくれていますが。去年末、拾得でやってくれたテイクが、祥子さん初の「アナログ版」となって結実したわけですが、今日も物販で売っており、少なからぬ人が買っていました。祥子さんも「買っとくれ~」と言っていました。
16)Get Back(P)
この曲でのピアノは物凄く軽快でした。個人的に、今日のプレイの一等賞。祥子さんも乗っているらしく、「楽しいっ!!」。我々も手拍子でノリまくり。やはり「大阪人=ラテン人」という説は本当なのかも(まあ、遠くから遠征してきている方も多く、関西人一色では決してないのですが・・・)。
17)光の駅(P)
祥子さんが言うには、この曲が入っている4枚目のアルバム『Long Long Way Home』にはスタジオに閉じ込められて曲を書かされまくったとか、そういう嫌な思い出がいっぱいらしく、このアルバムを思うとブルーになっていたそうですが、この曲で締めてくれました。祥子さんは一旦舞台袖に入りましたが、そのまますぐに再登場。
さて、ここからアンコールです。
アンコールの始めに、アナログ版の話になった時、「この中で、アナログプレーヤーをお持ちの方ってどれくらいいらっしゃいます?」と訊いたら、僕も含めて多くの挙手が。それ を見て祥子さんは「すご~い、この人数でこれだけ持っているなんて、大阪恐るべし」と言ってくださいましたが、それは大阪(及びファンの我々)を買いかぶりすぎ。僕を含めて、祥子さんの「アナログは良いよ~」という説得(というかファンの我々にとってはご命令)で、例のアナログ版発売に合わせて慌てて購入したのが、恐らく6割はいっていると思います。アンコールはオールリクエスト。矢継ぎ早に出されるリクエストをほとんど拾って次々とこなしてしまう祥子さん、やっぱりすごいとしか言いようがありません。
18)モノクロームの夏(P、リクエスト)
初夏に相応しい選曲。
19)メロディ(P、リクエスト)
20)プリヴェ(P、リクエスト)
21)Circle Game(G、リクエスト)
これほど激しい「Circle Game」は初めてだと思いました。
22)忘却(P、リクエスト)
しっとりと歌い上げる祥子さんの横顔を見つめてしまいました。
ここでまた祥子さんは一旦控え室へ。しつこい我々はもう一度アンコールを求めて手拍子。再び現れた祥子さんはギターを手に。ラストは意外な曲で終わることになりました(リクエストだから何が来るのか分かりませんけど)。
23)サンデー・バザール(G、リクエスト)
最初の「ジャララ~ン」というのはギターで一弦(下)から上に引き上げるようにして出していたんだ、と意外な発見。

今日は全て祥子さんのオリジナル曲。堪能しまくった我々は最後の最後でスタンディング・オベイション祥子さんも「わわわ、こんなのデビュー以来初めて」と喜んでくださいました
レコ発ツアー最初のライブということで、祥子さんも大分サーヴィスしてくださいましたね。ありがとうございます。
ライブが終わった後は、阪急梅田の裏側の安い居酒屋で、祥友の皆さんと軽く打ち上げ。今月は何度かお会いすることになるでしょう、来週以降もよろしくお願いします、と言い合ってお別れしました。

« ZABADAK@Live Spot RAG | Main | 名古屋の夜は更けていく―鈴木祥子@TOKUZO »

鈴木祥子」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

お疲れ様でした。予約メールではお世話になりました。完全な愛が聴けたのはかわせさんのおかげです。完全な愛はリクしだしたのはここ2年程[待ってても演ってくれないので・笑]ですが待ってたのは5年でした。感謝です。
それを除いたとしてもライブは最高でした。一番いいものが一番いい形で出来上がった典型のような気がします。祥子さんがご機嫌なのがなによりです。
終了後の打ち上げでもいつも幹事役をこなしていただいて感謝です。皆さんとの交流がライブの楽しみの一つになっておりますので。今回参加された皆さん、お疲れ様でした、今週またお会いしましょう。

うぉ、もうUPされてますね、相変わらず仕事がオハヤイ。
こちらは新幹線の中からコメント中です。
良い雰囲気のライブでしたね〜。やはり関西は良いなぁ。

来週末は名古屋の夜で盛り上がりましょう。

タカヤさんこんにちは~♪
祥子さんのライブレポ、いつもありがとうございます!
詳細すぎて、泣きそうなくらいやばいです!
聴きたいなあ。。
ホントにありがとうです。

祥子さんTシャツ着ていったのは大正解でしたね!

またもや、行けずじまい。
前日に、別ライブで散財することがわかってたので、
やむなく断念してました。
いつになったら祥子さんみれるかなあ。。
今年は、どこかへ観にいきたいともくろみ中です。
でも、祥子さんライブの場合はチケットとるのが大変だったりするので
計画しないとねえ。
9月あたり、ペルフルに祥子さんあたりのらイブねらってます!

赤のワンピ、似合うだろうなあ。いや、何を着てもかわいいですけどね。

ども(^^;)ガッツポーズ見られましたか(^^;)リクエストが採用されたのが久しぶりだったのでつい(^^;)客席の反応が良かったせいか、終始祥子様の機嫌はよかったですね。本編がちょっと短い気がしましたが、カバーなしのオールオリジナル、選曲といい演奏といい文句なしの良いライヴでした。次はzanpanoでお会いしましょう♪

お疲れ様でした。今回は参加せずでしたが、ゆきさん同様このレポで行った気になりましたw
終演後のオフ前に皆さんと合流させていただきましたが、会うなり皆さんから矢継ぎ早に「farther figureやっちゃったよー」と言われてグラっときました(ノд`)

 かわせさま、詳細なレポ、ありがとうございます!「あぁ、こんな事言ってた、言ってた!」と復習までできる、たいへん素晴らしいレポです。 今回は2列目に座ることができ、更に祥子さんと何度も目が合って(8割方妄想でしょうが...)、もう「いつ死んでもいい」状態でした。感動でした。
 次、京都ZAMPANOに必ず参上しますので、その時は「祥友」のみなさんにごあいさつできれば、と思います。
 おじゃましましたー。

いつもながら、確実な仕事?ぶりレポ拝読いたしました。そして、レポを楽しみにしているファンの多いこと!!祥子さんも見てるかしら?と思わずにはいられません。
それにしても、大阪は楽しそうですね~。私はライブのたびにラテンのノリ?!に憧れて、そういう会場があれば参加したい・・と思ってます。うってつけですね。
あじさいをリクエストしたので、歌っていただけた♪のがうれしいです~。祥子さんの歌の力を早く感じたい、マンダラ待ちのマリンでした☆

皆さま、早速のコメント、ありがとうございます。

りゅうさん、念願かなってよかったですねえ。僕がりゅうさんの立場だったら、まさに昨日は「忘れられない夜」だったでしょう。

K崎さん、大阪は(カレー以外でも)堪能されましたよね?(笑)祥子さんにあんな事言われたんですから、南青山マンダラでは大盛り上がりにしなくちゃダメですよ(笑)。とりあえず来週の名古屋でお目に掛かりたいと思います。

ゆきさん、喜んでいただけてこちらも嬉しいです。
Tシャツは、気の弱い僕がこっそり「僕は着ていくけど、みなさんはどうなさるのかなあ・・・」と遠回しなお誘いを掛けたら、それに応じてくださった方が何と4名(K崎さん、よしみさん、K口さん、shineyokoさん)。おかげで浮かずに済みました(笑)。

みきてぃさん、このところご無沙汰です。京都に来られるときがあれば、またお話ししたいです。赤ワンピですが、最前列の「女子部(こう呼びたくなる)」から「可愛い~」と黄色い声が飛んでおりました。その「女子部」はライブ終了時の盛り上がりにかこつけて、祥子さんとハイタッチをしてもらっており、横の「男子部(僕含む)」に「いーなー」と嫉妬されておりました(笑)。

めんちかつさん、まずはおめでとうございます。今頃「19年ぶりに歌わせたのは僕」という優越感に浸っておいででしょうか(笑)。ZANPANOは、どういうレコードを持っていけばいいか、悩みどころですね。まるで宿題の気分です。

YOHさん、あちらを立てればこちらが立たず、という典型的なジレンマ問題を今月抱えてらっしゃいますが、月末の京都に期待しましょう。なんたって2日連続ですしね。「Father Figureよかったよ~」と意地悪を申し上げて済みませんでした(笑)。

すたあまんさん、今回もナイスなリクエスト、GJです!僕はすたあまんさんの斜め前にいました。僕も何度か祥子さんと目が合ったような気がして、つい目を伏せてしまうシャイな(嘘)関西人です。ではこんどZANPANOでお目に掛かりたいと思います。恐らくまた図々しくも最前列近くにいると思います(整理番号がけっこう早いので)。

あ、マリンさん、僕がまとめレスしている間に書き込んでくださったのですね。
そうそう、「あじさい」のリクエストはマリンさんでしたよね。マンダラでもやってくれると良いですね。

祥子さん、昨日の大阪の(妙な)テンションがけっこうお気に召したようで「東京じゃこうはいかない」「考えられへん」などとおっしゃっていましたが、上のK崎さんへのコメントでも書きましたが、東京でも、ちょっぴり図々しいくらい「今の最高っ!」てな感じの素直な反応をすればいいと思いますよ。とか言いながら、僕もなかなか立ち上がるのを躊躇していたんですがね(横のりゅうさんやよしみさんに促されたんですが・・・)。人のことが言えないですね、済みません。

楽しみにしていたレポを今読み終えました!!
タカヤさんはじめ、昨日お会いできた方々、
本当にありがとうございました。
これからもライブ参加しますので、宜しくお願いします。

今までにない、とてもノリのよいライブでしたね。
こんな感じのライブも好きです。
そして、大好きな「あの空に帰ろう」では思わず涙が・・・

笑いあり、涙ありの最高のライブでした!!

ラリーさん、ようやくじっくりお話しする機会ができましたね。
昨日は祥子さん、終始ご機嫌でこっちまで嬉しくなっちゃいました。
どうも僕のライブレポを読んでくださる方が全国で数十名ほどいらっしゃるようですので、ついつい張り切ってしまいます。「魚とレポートは鮮度のあるうち」というのは半ば冗談ですが、その日の晩に書くというのが大体のスタイルになりつつありますね。
今日はさすがに早く寝ますが(笑)。

詳細なレポですね!読んでいてとても羨ましく思いました。
やっぱり関西と関東(東京)
ノリは違いますよね。
スタンディング・オベイション?想像ができません(笑)
羨ましすぎます!詳細なレポありがとうございます!

sadaさん、どうもありがとうございます。
祥子さんも関東(東京)の「おとなしさ」を気にしているみたいですね。まあ、元々祥子さんファンはシャイな人が多いし、東京の態度は「都会的な洗練さ」の裏返し、と弁護できるかも知れませんが。
sadaさんはこの6月のツアーは参加なさらないのですか?僕は出張にかこつけて、明日の名古屋には参加予定です。

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/41460902

Listed below are links to weblogs that reference 鈴木祥子@大阪Shangri-La:

« ZABADAK@Live Spot RAG | Main | 名古屋の夜は更けていく―鈴木祥子@TOKUZO »