« 鈴木祥子@大阪Shangri-La | Main | レコプレ関西連合集会@京都ZANPANO »

June 15, 2008

名古屋の夜は更けていく―鈴木祥子@TOKUZO

080615tokuzo_002 この土日は、名古屋に出張でした。「宗教と社会」学会という学会が南山大学で開催されたのです。僕はおよばずながら、この学会の常任委員及び機関誌の編集委員を兼ねておりますので、この両日は朝から夕方まで人の発表を聞いたり、もしくは会議にかり出されたりと死にそうになりました。
まあ、それはともかくとして、何と恐ろしい偶然ながら、我が愛しの鈴木祥子さんもこの土日、二日連続で、名古屋今池のTOKUZOというライブハウスで連続公演です。祥友の皆さんの中にも、誤解なさっている人がいるのであえて申し上げますが、この学会の日程は一年前からすでに決められており、僕がどうにかした、という陰謀論は妄想です(笑)。だいたい、僕は一番下っ端なんですから。まあ、こういう偶然を言い表すのには「天の配剤」という立派な言葉がふさわしいでしょう。というわけで、学会が終わるや否や、地下鉄を乗り継ぎ、二日目のライブに参加してしまいました。勿論、スーツのままで(さすがの日曜日、スーツ姿の人間は僕一人でした。当たり前ですが)。TOKUZOの前には、いつもの祥友の皆さんが(実は、昨日学者同士の二次会の後、彼らの打ち上げに付き合っていたので、十数時間ぶり)。リハーサルが長引き、ちょっと遅れての入場です。
080615tokuzo_008 ステージは左手にはピアノとエレキギター、真ん中にはマイクスタンドと奥にベース(今日のゲスト、かわいしのぶさんのもの)、左手にはドラムセットという配置でした。
今日の祥子さんの衣装はピンクのジャケットにデニムのスカート、そしてピンクのヒールという、ピンクを基調としたコーディネート。実は、今日のピンクのジャケットは名古屋栄の三越のナネット・レポーに買いに行って、たまたまそこの店員さんが祥子さんファンでお互い驚いた、というエピソードが後で話されましたが、そりゃ店員の方は息が止まるかと思ったことでしょう
では、以下ではいつものようにセットリストを書きつつ、感想を挟んでいきたいと思います。

1)夏はどこへ行った(P)
まさにデビュー曲。一曲目にふさわしいといえましょう。ただ、スネアドラムのねじをゆるめ忘れていたせいで、ブーンと共鳴してしまっていましたが。
2)あの空に帰ろう(P)
この曲が好きなファンは多いと思います。この曲が終わった後、スネアに気づいた祥子さんが「ドラムを叩くと思いきや」などと言いつつ、ねじをゆるめていました。
3)もう一度(P)
この曲は出だしにいつもやられてしまいます。
4)わたしの望み(P)
これは先週の大阪でもやってくれた曲ですね。
5)夢の庭で(P)
これはレア。『風の扉』から。祥子さんもこれは久しぶりと言っていました。
6)水の中の月(P)
待ってました。この曲、僕は好きなんですよね。「リクエストボードに書いてくれていましたけど、実は難しくてあまりやりたくなかった曲なんだけど(笑)」といいつつしっかりやってくださいました。ありがたや。祥子さんは今回再販された初期四枚のアルバムについて「すごくシリアスじゃないですか、このアルバムって(笑)。そのシリアスさとかセンチメンタルさが恥ずかしい、と思ってしばらく遠ざかっていたんだけど、二〇年たってみるともう時効というか(会場爆笑)」。そして「今回のツアータイトル、長いですよね。年を取ると言いたいことが多くなってしまうの(笑)」とも。
7)最後のファーストキス(P)
確かに改めて聞いてみると、可愛らしい曲ですよね。
この曲が終わった後、祥子さんが「今日のvery cute pretty guest、かわいしのぶちゃんでーす」とかわいしのぶさんを呼び、ここから数曲二人のセッションが始まりました。かわいさんの衣装も、ピンクの上着にジーンズと、今日のお二人のコンセプトは「女の子のハッピーな色としてのピンク」なんだそうです。よく見ると、かわいさんのベースのベルトもピンクのモコモコがついたもの。徹底してるなあ。お二人がタッグを組むときのバンド名は「Crazy Sweet Honey」というそうですが、今日だけ(?)「Pink-Chan」だそうです(笑)。
8)風の扉(G&B)
ズンズンズンとかわいさんがベースでメロディをかき鳴らしたと思ったら、「風の扉」でびっくり。すげー。
9)あじさい(P&B)
ピアノとベースの組み合わせ、という二人組の音楽を聴くのは初めて(ぼくは、生のかわいさんを拝見するのも初めてでしたが)。ベースが加わるとこうも変わるのか、とちょっと感動してしまいました。
10)Get Back(P&B)
プロの人に言うのも失礼ですが、「かわいさんベースうめー」と口をあんぐりさせてしまいました(素人目にもすごく映りました)。祥子さんは激しいピアノで、ブレスレットの「カチャカチャ」という音も聞こえてきます。
11)holdmethrillmetrustmeloveme(G&B)
もともと『CD Journal』の付録CDに入っていた曲で、ちゃんとしたリリースは未だにないこの名曲をノリノリでやってくれましたよ~。すごかった。祥子さん曰く「男の子がいないと生きていけない女の子の依存の歌です」。ノリノリの二人は、ギターとベースのネックを呼吸を合わせてマイクスタンドに「バーン」とぶつける悪のり。何でこんな事をしたかというと、昔三軒茶屋のHeaven's Doorというライブハウスで、このお二人とGraceさんを加えた三人でライブをやったとき、同時にマイクスタンドを倒して気持ちよかった、ということがあったからなんだそうです。わからんわ、説明されなければ。もちろん、今回はTOKUZOのスタッフに怒られるから、軽くぶつけただけですが。
12)海辺とラジオ(P&B)
これもレア曲と言っていいでしょう。途中で祥子さんがちょっとトチってしまいましたが、かわいさんがナイスフォロー。ここで一旦かわいさんは控え室に。
13)Father Figure(P)
一転してしっとり。この落差に今日の僕はやられてしまいました。僕としては、今日のピアノソロで一番の演奏。これが終わった後、ちょっとMCに。例の「全国アナログプレイヤー普及委員会(レコプレ)」の一環として、今回のツアーのアンケート用紙には「あなたは今回発売された特別アナログ盤を買いましたか?」という項目と、「こんどまたアナログ盤が出たら買いますか?」という項目があるのですが、意外とアンケート回答には否定的というか、拒否するような回答が多かったらしく、祥子さんは「嘘でもいいからはい、と言ってくれ、セイ・イエス!(笑)」とおっしゃっていました。まあ、確かに実家のアナログプレーヤーの針は故障していてしかも生産中止、なんて人も多いでしょうからねえ。でも、ここは「はい」と言いましょうね、皆さん。
14)5years,/AND THEN(P)
この二曲を連続でやる、というのはこのところよくある流れですよね。アナログ盤の収録曲でもありますが。この「五年」というのは、一旦事務所から独立して、ライブハウスのブッキングなどをみんな自分一人でやり始めて五年たったな、という意味なんだそうです。
15)ステイションワゴン(P、リクエスト)
「何か聴きたい曲あります?」と、恒例のリクエストタイムに。すかさずこの曲名が聞こえると、「ええ?わかったよ、やりゃいいんでしょ、なんて逆ギレしてどうする、私」と「ツンデレセルフつっこみ」をする祥子さん(笑)。

一旦ここで祥子さんは控え室に戻り、ここからアンコールです。
16)光の駅(G)
すこしPAのトラブルがあったようですが、すぐに回復。これもアルバムのオープニングにふさわしい曲だったなあ、と改めて実感。ここでふたたびかわいしのぶさん登場。
17)そしてなお永遠に(G&B)
これはまさに「鬼気迫る演奏」という表現がふさわしい。ものすごく祥子さんはワイルドなギタープレイ。目が奪われました。
18)月とSNAPSHOTS(D&B)
とうとう、ドラマーのしょこたんの登場です。僕もドラム叩いているときの男前な祥子さんが大好きなので、さあ、何の曲をやるのかとワクワクしたら、意外な選曲で二度びっくり。ライブでフルでやるのは十三年ぶり、と言っていました(先週は残念ながら、途中でストップでしたからね)。これも、さっきの「そしてなお永遠に」のテンションのまま。ただ、ひたすらすごかったですよとしか言いようがありません。この曲が今日のライブでのベストですね、やっぱり。
ここで再び祥子さんとかわいさんは控え室に戻り、僕たちは当然再度アンコールを求める拍手。すぐに祥子さんは戻ってきてくれて、開口一番「何か聴きたい曲あります」とリクエストアワーに。祥友りゅうさんが「paingiver!!」と言うと、すぐにギターを抱えて応えてくれました。りゅうさん、またまた感涙(マジで思い残すことはないでしょう)。というわけで、
19)paingiver(G、リクエスト)
この曲を終えた後祥子さんは「まだ一曲やりたい気分、何かあります?」と聞いてきたので、今度はIさんがリクエストしたら、通りました。ラストはその曲
20)Sweet Basil(P、リクエスト)
ということになりました。これも可愛い曲なんですが、じっくり歌詞を読むとすごく哀しい状況なので、いい意味で裏切られる曲の一つですよね。
これで今日のライブは終了。今日はけっこう祥子さんも僕たち観客のノリもよく(手拍子も途切れませんでした)、最後はまたまたstanding ovationで祥子さんを讃えます。いいライブでございました。

080615tokuzo_018 そのまま僕を含めたライブ友達はTOKUZOに居残って、軽く飲み食いすることにしました(外に出て店を探す手間が惜しかったので)。アンケートを力入れて書いたり、ビールを飲みながらだべっていると、控え室から片付けの終わった祥子さんが現れたので、僕は今日買った「Sho-co-songs collection1」のスリーヴにサインをしていただきました(調子に乗って写真も撮らせていただきました)。僕も思い残すことはありません(笑)。
080615tokuzo_011 祥子さんやかわいさんを見送った後もTOKUZOで僕たちは飲み続け(遠くから来てらっしゃる方は電車やバスの時間が迫っていましたので「いつかまた会う日まで」と言いつつどんどん消えていきましたが)、地元の方や僕のように泊まる人間数名は、ここにとても書けない「内緒話」に興じ、こうして楽しい名古屋の夜は更けるのでした(その話のせいで眠れなくなり、真夜中にこうしてブログを更新しております←ちょっと嘘)。

|

« 鈴木祥子@大阪Shangri-La | Main | レコプレ関西連合集会@京都ZANPANO »

Comments

おはようございます(^^;)いや~、なんだかすべて川瀬さんの思い通りに世の中動いているみたいですね~(^^;)ドラムでの月とスナップショットは聞いてみたかったな~。あと、sweet basilも。CDは待ちきれずに買っちゃいましたよ(^^;)

Posted by: めんちかつ | June 16, 2008 at 05:44 AM

大阪に続き素晴らしい夜でしたね、レポお疲れ様です。


今月の週末は良いライブの日々が続きますね〜よい感じです。
またお会いしましょう〜

Posted by: すらすら | June 16, 2008 at 08:26 AM

川瀬さん、ありがとう!
名古屋のレポは見られないのか?と思っていました。リクエストボードも、名古屋の方はあまりされてないようだったので、どんなライブになるんだろう?って、思わず行きたくなったりして(笑)。かわいしのぶさんのベースは一度聞いてみたい!!かなりリズミカルでかっこいい音ですよね。私は彼女の影響でベースを始めたいと思ってるくらいです←マジで。

いよいよ、今週はマンダラです。スタンディングオベーションもリクエストも絶対しよう!体調管理しっかりしよう!と意気込んでおります。

それでは、また☆

Posted by: マリン | June 16, 2008 at 10:58 AM

みなさま、京都に戻ったばかりの川瀬です。浮かれたぜ、じゃなくて疲れたぜ(笑)。

めんちかつさん、「この出張は仕組まれたものなんじゃないか」と複数の人から訊かれたんですよ。そんなわけないっちゅうの(笑)。あと、めんちかつさんの「行きて~」という叫びが名古屋今池まで響いてきました(笑)。やっぱ、祥子さんのドラムは最高ですね。

すらすらさんもそろそろ帰路でしょうか?
来週の東京南青山マンダラは行けませんので、様子を教えてくださいね。再来週の京都でまたお会いしましょう。

マリンさん、どうもありがとうございます。
僕が何かに追われるように早くアップしすぎ、と言うのもあるかも知れませんが、実際土曜日の名古屋ライブの様子もまだ余りよくわからないんですね(日記やブログに書いている人が少なくて)。まあ、人数もそんなに多くないアットホームなライブでしたが(テーブルを出しっぱなしでしたし)。
あと、かわいさんは可愛い上にベースも上手く、僕もイチコロでした(僕と同い年なんだよね)。
ではでは。

Posted by: かわせ | June 16, 2008 at 12:26 PM

お疲れ様でした。やること全てやりつくしました[笑]。[自分どんだけアグレッシブなんだよ]と幸福感8割 反省2割。でも祥子さんも終始ご機嫌でしたしライブの完成度はシャングリラに匹敵する内容だったと思っています。客席に楽しんでますか?という確認が無かったことからも手応えを感じていたのでしょうね。やはりロックは盛り上がりますな・しのぶさんが参加すると激しくなりつつも和やかになるのでこれまたGOOD。いいもの見せていただきました。マンダラは参加不可ですので関東参加組の皆さんのレポお待ちしております。皆さん今回もお世話になりました、有難うございました。

Posted by: りゅう | June 16, 2008 at 12:59 PM

りゅうさん、まさにこの名古屋では「貪欲デイズ(しょこたんこと中川翔子ちゃんの本のタイトルです)」といった趣ですね(笑)。反省2割とか言って、実は反省していないくせに(笑)。
おっしゃるように「楽しんでくれています?」という問いかけがありませんでしたもんね。日曜日は上にも書きましたが、全体的にノリの良いライブだったと思います(土曜日は知りませんが)。では再来週の京都で!

Posted by: かわせ | June 16, 2008 at 07:46 PM

いつも詳細なレポありがとうございます。
名古屋も盛り上がったみたいですね~!!
かわいしのぶさんとの共演見たかったな~。
2ショット写真もうらやまし~い(笑)

磔磔でまたお会いできるのを
楽しみにしております。

Posted by: ラリー | June 16, 2008 at 08:26 PM

お疲れ様でした 
あーうらやましい ただそれだけです。一度でもTOKUZOに行って、その味をしめた人間ならなおさらですw

「海辺とラジオ」かぁ、聴きたかった。京都じゃ合わないかもしれませんしね。
MNDA-LA終わったら、リクエスト書き込みするぞー!!w

Posted by: YOH | June 16, 2008 at 10:25 PM

ラリーさん、磔磔で「collection」を買って是非サインをしていただきましょう。かわいしのぶさんとの共演は今後も色んなところでやって欲しいですね。

YOHさんの叫び声もTOKUZOまで聞こえてきましたよ(笑)。やはりセットリストは初期4枚の曲を中心に考えてらっしゃるようですが、まさかと思うような選曲もあったりするようなので、余りこだわらずにリクエストボードに書いた方が良いでしょうね。

Posted by: かわせ | June 17, 2008 at 01:40 AM

南山まで徒歩2分の所にすんでいるのですが、
こんな面白い大会があったんですね~。
週末こっそりと学生のふりして入り込みたかったです。

しかし、ライヴいいですね。
私も夏なので何かライヴに行って盛り上がりたいです。

Posted by: 千香 | June 17, 2008 at 08:04 PM

千香さん、そんなに南山のお近くにお住まいだったとは。そうなんですよ、学会幹事だから、というのでもありませんが、まあまあ面白い学会ですよ、ここは。学生さんの振りしなくても、誰でも参加できます。

僕はこのところ、余り季節に関係なく盛り上がってしまっています。済みません(笑)。
この夏は大変でしょうが、お体にお気をつけて。

Posted by: かわせ | June 18, 2008 at 01:32 AM

出張、←よかったですね(笑)。
祥子さんのライブと同じ日にちだったなんて、いいなあ。
2ショット写真もすっごいうらやましいです。
祥子さんかわいい。heart04
あの空に帰ろう
聴きたい曲です。

Posted by: ゆき | June 19, 2008 at 10:30 AM

ゆきさん、上にも書きましたが、まさに今回の出張は天の配剤です。
個人的には密かにやって欲しいなあと思っていた「水の中の月」をやってくれただけで大満足ですが、ギザピンクなしょこたん(笑)にも会えましたしね。

Posted by: かわせ | June 19, 2008 at 07:19 PM

かわせさま、詳細な(そして、とても羨ましい)レポ、堪能させていただきました。なんですか、あの祥子さんとの2ショット写真!デラお宝ショットではないですかっ!いいなーいいなーと、名古屋に行けなかった私などは大阪の夜を思い返しているのでありました。
 京都のレコプレ委員会では、うちの「秘密兵器」を持参してみたいと思います(笑)。祥子さんのセンスに通用するのか、わかりませんが.....
 それにしても、あの写真、いいなぁー。

Posted by: すたあまん | June 19, 2008 at 10:56 PM

すたあまんさま、済みません、ちょっぴり自慢しちゃって(笑)。ギザピンクnoteな祥子様を目の前にして、つい「お願いします」と言ってしまいました。祥子様もご機嫌麗しく、応じてくださいました。今、僕のPCの壁紙はこの写真です(笑)。
レコプレですたあまんさんが何をもってこられるのか、楽しみです。僕は未だに考えあぐねています。ロクなのが今のアパートにはないですからね(実家の倉庫にはまだあるかも知れませんが)。

Posted by: かわせ | June 19, 2008 at 11:24 PM

詳細なレポ、ありがとうございます!
いーなー!!名古屋、行きたかったよー!
と叫ぶ人が、ここにも一人(苦笑)

しのぶさんと一緒のライブですもん、楽しいに決まってるじゃないですかー!(じたばた)

南青山は参加しますが、レポは自信ありません(爆)

Posted by: ともも☆ | June 20, 2008 at 03:40 AM

ともも☆さん、どうも(すごい時間に書き込んでますね、大丈夫ですか?)。

>南青山は参加しますが、レポは自信ありません(爆)

そうおっしゃらずに、お願いしますよ(笑)。
特に「女の子」目線からのレポ、期待してます。

Posted by: かわせ | June 20, 2008 at 09:03 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/41548374

Listed below are links to weblogs that reference 名古屋の夜は更けていく―鈴木祥子@TOKUZO:

« 鈴木祥子@大阪Shangri-La | Main | レコプレ関西連合集会@京都ZANPANO »