« 『国家と宗教―宗教から見る近現代日本(上・下)』発売中! | Main | 微発酵、古酒(くーすー)入り ―zabadak&斎藤ネコ@晴れたら空に豆まいて »

September 23, 2008

津和野への旅

山口大学に22日から26日まで集中講義に行きました。23日は春分の日でお休みなので、思い立って、山口線でぶらっと津和野の方面に向かうことにしました。電車の本数が思った以上に少ないのが難ですが(一時間に一本のペース)。
僕はこのところ講義で幕末維新期の宗教史のことをしゃべっているのですが、そのあたりを研究していると、有名な国学者の出身地(大国隆正とか福羽美静とか)及び復活キリシタン(浦上キリシタン)の流配先として、津和野という地名は気になっていたのです。近代史においては、西周とか森鴎外の出身地として知られているでしょう。
乗ったのは、観光SLとして特別に運行されている「やまぐち号」。僕は最初、こういう特別列車に乗るつもりはなく、普通の快速とかでもいいやと思って004いたのですが、午前中に津和野に向かう列車はこれしかなく、否応なく指定席を取って乗ることになりました。
列車はほぼ満員で、家族連れ、団体旅行、「乗り鉄」、「撮り鉄」の皆さんに周りを囲まれる形となって(一人旅の方が珍しいので目立つ。そのせいで、隣のおばさま四人連れに声をかけられて「お兄さん、一人旅で気楽やねえ、大学生?」と訊かれました。ちょっとショック)、彼らのテンションに感染しちゃって(笑)、僕も長時間停車する駅では列車から降りて、SLの写真を撮りまくっちゃいました。驚いたのは、線路の脇から写真を撮る人の多さです。沿道にずっと途切れなくいて(おそらく車で待ち伏せして撮っている人でしょう)、何の気なしに乗っていることに申し訳なささえ感じたほどでした(特に僕は「鉄分」の足りない人間ですから)。

山口から約一時間四〇分ほどで、津和野に到着。実は、これが僕の初島根県入りです。
駅につい029てまず向かったのが、浦上キリシタンの殉教の地「乙女峠」。いきなりこちらに向かう人はほとんどおらず(中心街の正反対ですから)、僕はこれ以降、しばらくはほとんど他の観光客ともはち会わず、静かな道を歩くことになりました。ここはよかったですよ。今はカトリック教会が「マリア堂」という記念の聖堂を建てたりしているのですが、元々ここには廃寺が存在し、明治初年に長崎から流されたキリシタン達が閉じこめられ、ひどい仕打ちを受けた場所なのです。「ここで高木仙右衛門や守山甚三郎(浦上キリシタンのリーダー。ひどい拷問にあっても棄教せず、長崎に帰り天寿を全うした)が拷問されたのか・・・」と思うと、思わず他の殉教者のために祈りたくなってしまいました。そこでこの「乙女峠」に関するパンフレットを二冊購入。

しばらくこの殉教の地にたたずんでいると、ある道しるべが見えました。それは、殉教者達030 をまつったお墓への道でした。しかもその山道は、キリストのゴルゴダの丘へ向かう道筋になぞらえてあって、「これは行かねばなるまい」とザクザクあまり整備されていない道を突き進むことにしました。この道には、十幾つの石碑が建っており、それにはイエスのゴルゴダに向かう物語の各シーンが解説されていました(写真参照)。それを一つ一つ写真に撮っていたのですが、猛烈な勢いで、ヤブ蚊が襲いかかります。おそらく僕は「久048々のごちそう」だったのでしょう。というわけで、僕は石碑を見ては佇み写真を撮り、すぐにヤブ蚊を追い払うために小走りに道をズンズン進んでいき、なにやら比叡山の回峰行みたいなことになってしまいました(少し大げさ)。でも、六百メートルほどの山道を一〇分足らずで走り抜け、殉教者の墓に一礼し、坂を下って中心街にある津和野カトリック教会に 向かいました。

050 こぢんまりとした教会ですが、ここも面白い教会で、中に入ると畳なんですね。そこにステンドグラスからの光が落ちている、というのは不思議な落ち着きというか、穏やかさを醸し出していました。外観もしっかりしているし、冬に雪の積もったときの様子などは非常に絵になります(そういう絵はがきを購入してしまいました)。教会の外には、乙女峠の物語りの展示室もあり、あらためて浦上キリシタン達の信仰心に感動してしまいました。「日本人は無宗教で・・・」などと訳知り顔で言う人がいるかもしれませんが、今から一四〇年前の「旅の話(各国に流配された浦上キリシタンは、その地での苦労話を「旅の話」として語り伝えまし052た)」を読むと、そんな考え、吹っ飛びますよ。おそらく、去年と今年、僕の講義を聴いてくれた学生諸君はうなずいてくれることでしょう。事実、「講義中で興味を持ったことでレポートを書きなさい」という課題を出したのですが、思った以上に「復活キリシタン」を題材にレポートを書く学生が多くてびっくりした記憶があります。おそらく学生諸君も、浦上信徒の信仰心に少なからず感動したのでしょう。ここもおすすめです。

068 先ほど電車がない、といいましたが、実は帰りの電車(同じSLにしました)が、到着から三時間後に新山口に向けて出発です。というわけで、正味三時間しか観光できません。乙女峠とカトリック教会でほぼ二時間を取ってしまったので、その後、ちょっとはずれの方にある森鴎外と西周の旧家跡に走り、駅への帰り道で太鼓谷稲成(たいこだにいなり)神社に行って(ちゃんと階段を上って参拝してきました、写真参照)、駅に着いたのは電車の発車一〇分前。これに津和野の小旅行は終了。けっこう歩いたなあ(アップダウンが激しくてちょっと疲れた)。後で宿の近くの足湯場で疲れを癒しました(宿は湯田温泉という温泉街)。

|

« 『国家と宗教―宗教から見る近現代日本(上・下)』発売中! | Main | 微発酵、古酒(くーすー)入り ―zabadak&斎藤ネコ@晴れたら空に豆まいて »

Comments

鉄分豊富な私としてはえらくそそられるたびでございます(笑)

Posted by: かるてーか | September 24, 2008 at 11:36 PM

そうなんですか、かるてーかさんは「鉄子」だったのですね(笑)。実際、本当に「撮り鉄」の人が多かったのですよ。沿道の人たちは、おそらく勢いよく煙を吐き出している勇壮な姿を取っていたのだと思います(駅では煙を吐かず、迫力としてはいまいちでしたから)。内装も凝っていて、乗り鉄の人には辛抱たまらん列車だと思います。train

Posted by: 川瀬 | September 25, 2008 at 12:11 AM

私同様に凹んでいるかと思いきやそれなりにエンジョイされているようで一安心・笑。
宗教を身近に感じることがあまりない私でも教会や寺院などに入ると凛としたものを感じ浄化されるような気になるから不思議です。この不浄の固まりがです・笑。

Posted by: りゅう | September 25, 2008 at 05:52 PM

いや、へこんでないんですよ。祥子さんについては僕は6月の四回のライブでけっこうおなか一杯ですって(笑)。
まあ、出張は出張先を満喫しなくちゃ、ってことですね。一人旅は寂しいですが、津和野は行ってよかったですよ。
僕も宗教を研究しているといっても、俗にまみれた人間ですよ。そんな人間じゃないと、罰当たりな学問はできません(笑)。

Posted by: 川瀬 | September 25, 2008 at 10:04 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/42579672

Listed below are links to weblogs that reference 津和野への旅:

« 『国家と宗教―宗教から見る近現代日本(上・下)』発売中! | Main | 微発酵、古酒(くーすー)入り ―zabadak&斎藤ネコ@晴れたら空に豆まいて »