Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 微発酵、古酒(くーすー)入り ―zabadak&斎藤ネコ@晴れたら空に豆まいて | Main | 誕生日ゼミコンリターンズ »

October 25, 2008

おぐしょこ・秋の団交@大阪Shangri-la

20081025ogushoko_002 今日は久々に鈴木祥子さんのライブに行ってまいりました(といっても4ヶ月ぶりですけど)。この「Shangri-la」での祥子さんのライブは二回目。前回も大盛り上がりでしたが、今回はゲストミュージシャンとしてギタリストの小倉博和さんを迎えて、ユニット「おぐしょこ」でのライヴです。8月に東京で行われたこの組み合わせのライブを見逃した僕としては、期待がふくらみます(祥友の皆さんから「良かったよ~」という意地悪なレポを拝聴していましたので)。
で、今回のタイトルが「おぐしょこ・秋の団交」と題されたわけですが(交渉相手は我々観客でしょうか?)、期待を裏切らぬものでした。以下に、そのセットリストを記していきます。

予定より少しだけ遅れて、「女王様」祥子さんが登場です。衣装は真っ赤なロングドレス。しかもスリット入り(衣裳のデザインは祥子さんのお母様だそうです。どんなドレスだったかは、スタッフのH澤さんのブログ参照)。これだけで、最前列だった僕は辛抱たまらん目のやり場に困りました。挨拶抜きで始められたのがこの曲。
1)Angel(P、アカペラ)
初っぱながこの曲だったので、ビックリ。どっちかって言うとこの曲はライブの終盤とかアンコールに相応しい感じだし、実際そういう場面で歌われていたことが多かったので。
2)あたしの場所で(EG)
祥子さんは赤いドレスに映える青いエレキを抱えてこの曲。最初はギターの音量が小さかったのですが、スタッフがいじったおかげ(?)で、今度はすごく大きな音に。
3)どこにもかえらない(EG)
この曲のアレンジにはビックリ。僕は音楽に詳しくないのではっきりしたことは言えないのですが、リズムが違う。3拍子か何か、別のリズムで刻まれていたので、手拍子もできない(笑)。今日は口笛は自粛(いつも高い音が出なくて失敗するし)。祥子さん曰く「今日はいつもよりキーを低めでお送りしています。ローテンションって事じゃないですよ(笑)」
4)ベイビー イッツ ユー(EG)
ノリの良いこの曲に、乗りやすい「ラテン系(嘘)」の関西ファンは手拍子。ところが、この曲が終わった途端、祥子さんは「盛り上がってまいりましたが、盛り下げたいと思います(笑)」なんておっしゃって、始められたのが、「確かに手拍子とかはできないようねえ」とみんな納得した
5)電波塔(P)
でした。アルバム『水の冠』で一、二を争う暗い曲かも知れません、確かに。「本当は知ってるの わたしは安心するわ もしもあなたが ひとりぼっちなのを見たなら」なんて歌詞だもんなあ。でも、この「しんみりさ」が好きなのも祥子さんファンの大多数と申し上げて良いでしょう。続けて、
6)水の冠(P)
で、また盛り上げます。「♪時間をムダにする魔法をかけられて♪」というフレーズ、好きなんですよ、僕。我々の盛り上がりに「大阪は(やっぱりノリが)良いねえ。I love Osaka!!京都に住んでいる時は、大阪って近くて遠いって気がしていたんですが、今は大阪に親しみを感じます」なんて事をおっしゃってくれます。元大阪人(僕は堺出身)の僕としても嬉しいですね。
そして、ついにゲストギタリストの小倉さんが登場、ユニット「おぐしょこ」のスタートです。祥子さんも小倉さんもハーモニカを用意して始まったのが
7)風の扉(V、ハーモニカ)
でした。これも、いつもとリズムが違うアレンジがなされていたと思います。ハーモニカを吹く祥子さんを見るのは、僕は初めて。
8)ローズピンクのチーク(my mama said,so)(P)
この曲はニューアルバム『Sweet Serenity and chocolate milk-tea』に入っていますが、祥子さんが京都に引っ越してきて初めて作った曲なのだそうです。しかも、その時は「暗すぎるし、没だな」と思っていたのとエピソードも。この2曲で、一旦小倉さんは楽屋に戻り、再び祥子さんのソロになりました。
9)Father Figure(P)
聞けば聞くほどいい曲。ニューアルバムの中でも個人的に一番聞き返した曲です。
10)本当は哀しい関係(P)
この二曲はアルバムの並び通りですね。シームレスで続けられました。
この曲は「自発的な欲望、なんて無い。愛、は、誰かの欲望のコピー、だっ、て、本で読んであたしは目をうたがって」という歌詞で始まります。
学者っぽい興ざめなことを敢えて言えば、ルネ・ジラールが説くように、大抵の欲望は模倣から始まると僕は思っていますが(R.ジラール『欲望の現象学』法政大学出版局)、恋愛などに関しては、「どうしてこの人でなければダメなんだろう」というギリギリのところで、模倣を越えた部分があると信じています(僕もロマンティストだなあ。ジラールの本の原タイトルは「ロマンティークの虚偽とロマネスクの真実」っていうんですけどね)。
ここで、再び小倉さんが登場しましたが、祥子さんは衣装替えのため一旦楽屋へ。そこで、小倉さんがソロでインスト2曲を披露。ただし、全くCD化もされていない曲なので、ここにいる人は皆初めて聞いたことになりました。ということで、曲名は不明。持ってきたサンプリングマシーンに直前に弾いたメロディを記憶させ、それをあとで被せて・・・ということを繰り返す手法で、不思議な世界を拡げていました。感触としてはプログレというか、一部は同じメロディが続きますので、スティーブ・ライヒのようなミニマル・ミュージックみたいな感じで、小倉さんの違う側面を見せつけられました。

さて、黒のジーンズとジャケットですっきりした恰好の祥子さんが戻ってきましたが、正面を向いた時、僕を含めた男子は全員驚愕(しなかった、という人がいたら後で職員室に来るように)。ジャケットの中がですね、何と説明したら良いんでしょうか、布地は黒で、前が三つのリボン型の飾りで繋がっていて(恐らくリボンの裏にボタンでもあるのでしょう)、胸の真下あたりとおへそのあたりに「菱形」の隙間ができて素肌が見えているような衣装なのです。確か、去年のステラボールでも赤い同様のものを着ていらしたのですが、その黒バージョンでしょうか(これもお母様のデザインなのでしょうか・・・)。もう僕らの「服」という既成概念を超越していたので、のちに僕たちは「あの布」「大変な布」と呼ぶことになりました(笑)。遠目の舞台で見てもすごいと思ったのに、この近さ。嬉しいのだが目のやり場に今まで以上に困る、という感じで、最前列の美味しすぎるポジションにいながら、僕の頭の中は「大変だーっ!!」「祥子さん、それ以上近づかないでください(まんじゅう怖い、みたいなものか)」「ああ、祥子さん、屈んじゃダメ」など、非常に忙しいことになってしまいました。で、そのセクシーすぎる衣装で小倉さんと一緒に
11)ELECTRIC FINGERZ(V、ハーモニカ)
でしたので、盛り上がりますよね、やっぱり。みんなサビに突入する直前の「1,2,3,4,5,6,7」のカウントダウンを指折り数えて腕を突き上げてしまいました。そのまま
12)ラジオのように(P)
に突入。ノリの良いこの2曲で我々観客のボルテージも上がり、ステージ上で祥子さんと小倉さんが「そろそろあれやろうか」とひそひそ話をして始められたのが
13)True Romance(V)
で、我々も辛抱堪らず総立ち。今日は大入り満員で後ろの方には立ち見の人も多かったのですが、この曲以降、アンコールを含めてほぼみんな立ちっぱなし。平均年齢高いライブなのに。我々のやんやの拍手を背に、お二人は一旦楽屋に消えます。もちろん、僕たちはアンコールの拍手。「祥子さ~ん」とか「お~ぐしょこ」なんて掛け声も。「お~ぐしょこ」、というのはYOHさんとか、僕らの周りだけだったか?(笑)。祥子さんはすぐに出てきて、以下はアンコールとなります。

e1)まだ30代の女(P)
大体、祥友の女性方はほとんどがまさにこれなんですよねえ(後の飲み会でしみじみ)。30代の男はどうなんだろう、なんてちょっと自分のことを思ったりもしました。
e2)月とSnapshots(D)
祥子さんのドラムキターッ!!小倉さんもギターで参戦。ピアノの弾き語りの次に、もしかしたらドラム叩いている祥子さんが好きかも知れない、僕は。格好良すぎます。しかもあの衣装なんだから。
e3)Happiness→Piece Of My Heart(by Janis Joplin) (アカペラ→D)
「ねえ、どうして手を離すの」とアカペラから始まり、小倉さんのギターをバックに歌いまくる祥子さん。そして途中から、いきなりジャニス・ジョップリンの曲にスライド。これにはビックリ。しかもそれを終えたら、そのままドラムに向かい、この曲を締めるんだからたまりません。すごいアレンジを考えるもんだよなあ(後で祥友にお聞きしたら、9月21日の渋谷でも同じ事をやっていたそうですが、僕にとっては初めて)。
アンコール直前からずっと立ちっぱなしですが、この時、僕の気分はまさに「スタンディング・オヴェイション」でした。祥子さんと小倉さんは、この3曲で再び楽屋に戻り、僕たちはしつこく再アンコール。
ちょっと時間がかかって、再びお二人が戻ってきました。今度は、今マーチャンダイズで売っているTシャツを着て(笑)。祥子さんは宣伝タイム。グッズの販売や、年末の南青山マンダラでのライブ告知は当然でしたが、我々関西ファンを驚喜させたのは「来年2月、神戸でライブやります」という宣言。特に神戸方面からいつもいらしている祥友のお二人の胸中はいかばかりか。僕も当然、行きたいと思っています(仕事とかぶりませんように)。神戸から京都に戻るのは大変だから、その晩は泊まっちゃうかも・・・。小倉さんも今度、京大横の知恩寺でライブをするとの告知を。井上鑑さんとか、僕も一度だけ京都のジャズバーでお姿を拝見しているジャズシンガー舞妓の真箏さんとご一緒なさるようです。ちょっと興味を惹かれています。さて、次の曲は、という時に、どうも打ち合わせ時とは食い違いがあったようで、「あれ、おかしいな」という感じではありましたが「そっちでいこうか」と
e4)逆プロポーズ(仮)+That's The Spirit(by Judee Sill )(V)
がそのままなし崩しに(笑)始まりました。ジュディ・シルの「That's The Spirit」という曲が挿入されたバージョンです(これは祥友によると、9月の渋谷と同じだとか)。これを歌い終わると、祥子さんはピアノに向かいます。
e5)あたらしい愛の詩(P)
本当のラストが、僕の大好きなこの曲。歌い出しで「大阪の夕暮れは~」なんて事までしてくださいました(本当は「東京の」です)。
そして、最後の最後に最前列の我々は、祥子さんと小倉さんがお互いを称え合ってハイタッチをしたご相伴にあずかり、祥子さんにハイタッチをしていただきました。嬉しゅうございました。今回も大盛り上がりで、大変充実したライブでした。最初は「あれ、今日は曲数ちょっと少なめかな」なんて思いましたが、アンコールでこれだけやってくだされば、文句のあろうはずもありません。

その後は、恒例の「祥友」飲み会。あたらしいメンバーの方も加わり、今日は12名もの大人数。しかし、「明日仕事が・・・」という方や、「明日、南青山マンダラにチケットを買いに行かねば」と夜行バスで東京に戻る猛者も多く、どんどんメンツは抜けていき、終電までいたのは僕を含めて4名になってしまいました(僕以外は泊まり)。僕は京都方面の終電に乗り、脳みそがオーヴァーヒートした状態で帰宅しました。

« 微発酵、古酒(くーすー)入り ―zabadak&斎藤ネコ@晴れたら空に豆まいて | Main | 誕生日ゼミコンリターンズ »

鈴木祥子」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

レポ、お疲れ様ですfullつい昨日ライヴを見たところなのに、もう次が見たくなるのだから困ったものです(^^;)僕の位置からは遠めだったので「あの布」の御威光が薄かったのは残念でしたがwではまた(^^;)

やっぱり早いですね~
「祥友」の飲み会に終電まで残って、帰ってすぐにレポですか? さすが飲み会で「2チャンより早い!」と言われていただけの事はありますね。

いつものリクエスト満載のゆったりライブもいいですが、たまには昨日のようにきちんと!?構成されたライブもノリやすくていいですよね。

神戸の告知にはマジで驚きました!!!
大阪にライブに来ていただけるようになっただけでもスゴイなぁと思っていたのに、神戸!ですよ!

めんちかつさんではないですが、もうつぎの神戸が待ち遠しくてたまりません。

以前、桜ノ宮のライブの時に、
ドリンクをこぼして、ご迷惑かけてしまったことがあって
一度書き込みさせていただいたことがあります。
それから、いつも楽しみに読ませていただいていたのですが
昨日のライブがほんとに最高だったので
つい書かせていただきました!
セットリスト、参考になります。
特に、Hapinessのきっかけになった曲を知りたかったので
うれしかったです。

実は、チケット160番台だったのにかかわらず
関係者の予約席に座らせていただくことができました。
その時に、どうぞ座ってくださいと声かけてくださった方が
なんと祥子さんのおかあさまだったそうなんです!


皆様、コメントありがとうございます。

めんちかつさん
昨日は打ち上げご一緒できなくて残念でした。僕はとりあえず、また出張にかこつけて(笑)、東京のライブに参戦しますが、神戸でご一緒できればいいですね。神戸では、もう「あの布」は良いです。これ以上されるとショック死しちゃいそうです(笑)。

シャインさん
昨日は「大人買い」というか「マイケル買い」を目の当たりにしてびびってしまいました(笑)。神戸の告知は本当にビッグニュースですねえ。神戸での打ち上げ(あるのか)は、とりあえずシャインさんとYOHさんにおまかせしたいと思いますので、よろしくお願いします。

みたかさん
お久しぶりです。お顔は残念ながら憶えておりませんが、コメントくださった事は憶えています。昨日のライブの後半は立ちっぱなしで年寄りにはきつかったですが(笑)、最高でしたね。
そうそう、祥子さんのお母様が来ていらっしゃいました。他にも恐らく舞台のお二人の親族の方と思しき人が多くいらっしゃいましたね(この方々のための「関係者席」だったようです)。でも、例えば僕が祥子さんの叔父だったとして、姪のあんなセクシーすぎる衣装を見たら、叔父としても困ってしまうんじゃないかと要らん心配をしてしまいます(笑)。

昨日は、別ものとかぶったので、残念ながら。。
しかし、衣装の詳細まであって、興奮いたしました。
私も観たかったー(笑)
「水の冠」いつになったら聴けるかなあ。好きな曲なので
いつか再発とかしてほしいなあと思うのでした。

お疲れ様です。
衣装ネタはこれ以上書くと祥友女子部に完全に干されると思うので割愛しますがw、それを省いてもあのスタンディングでの距離感は実際始めての感覚な部分が多かったです。
彼女の躍動感を一心に受けるって感じですか。いやぁ、最高でした。
神戸は是非是非♪ですか、うちは名ばかりの神戸市民なんで最近市街で飲み会とかしたことがありません、不案内必死なんでなんとか予習しておきます(汗

昨夜はお疲れ様でした。
楽しくレポを読ませて頂きました♪
ライヴ後、チーム御見送りはシャングリラの店前or裏口、どっちから出てくるか!?で、あっちへ走りこっちへ走りとてんやわんやでしたw(正解は裏口)
年末東京ライブは行きたくてx100仕方ありませんが、いけそうにないので、神戸までなんとか生きながらえます。
ではまた~♪

みきてぃさん
祥子さんのライブでは、本当にご無沙汰していますよね。実は僕も、鬼怒さんの動きが気になっているので、そのあたりで偶然お目にかかれるかも知れませんが。ちなみに昨日の祥子さんの衣装、ある祥友女子部の意見によると「私ならガン見」だそうです(笑)。

YOHさんもレポート及びお仕事、お疲れ様です。網膜に焼き付いた「あの布」、多分一生消えないんじゃないでしょうか(笑)。神戸の件ですが、そのライブハウスの近所の居酒屋さんがあれば、それで充分ですよ。

R.R.さん、「出待ち」お疲れ様です(笑)。僕は東京も辛抱堪らず行ってしまう事になりました(21日だけですが)。神戸でまたお目にかかりましょう。

川瀬さま、今回も速攻のレポ、ありがとうございます。私も今回別件と被ったため、回避しましたが、こんな丁寧なレポ書いていただいたら少しだけ行った気分、でいられます、ありがとうございます!「大変な布」どころか、祥子さまと目が合っただけで卒倒しそうな私にとっては、そんなもの見た日には寿命が縮みそうです(汗)。「Father Figure」は最初はそれほどでもなかったのですが、最近はスルメのように「聴けば聴くほど」状態です。
 来年2月、神戸なんですか!!! そう、私は神戸在住なので、何をさしおいても行きます!
 飲み屋は好きなので何軒か知っています(昨日も行ってました)が、居酒屋は三宮界隈なら「掃いて捨てる」程ありますし、大バコな店も多いですから、大丈夫ですよ。ちなみに三宮チキンジョージは改築により、前とは全然雰囲気が変わっています(外観だけですが。中は見てないので)。
 今度はぜひ「祥友」飲み会に参加したいです!よろしくお願いします!また次の東京レポも楽しみにしています。
 

すたあまんさん、お久しぶりです。昨日も「来ておられるかな?」と一応会場をぐるりと見回しては見たんですが、大入り満員で、もしいらっしゃったとしても、見つけられなかったかも知れません(立ち見も多数)。
上のコメントで祥友YOHさんもおっしゃるように、これ以上「あの布」に触れると、顰蹙を買ってしまいそうですが(笑)、あの衣装で1メーターほどの距離に来られたら、「これは夢なんだ」と思い込まねば平静を保てないほどでした・・・。
2月、神戸でお会いできればいいですね。場所はまだ発表されていないのでどこになるかは不明なのですが、アフターの打ち上げ、よろしければすたあまんさんが引率してくだされば幸いです。そのときにまた。

いえいえ、「あの布」は女子だって驚愕!の衣装でございましたよ(笑)

土曜日はお疲れ様でした!
ライブもオフ会も久しぶりに参加できて楽しかったです♪
自己紹介するオフ会なんて、久しぶりだし(^^)
夜行バスの強行軍だったため、ご挨拶もそこそこにお先に失礼してしまいすみません。

「水の冠」は、私が初参加のライブで一曲目に歌ってくださった、当時一番好きな歌だったので、大感激でした!

私のレポは、また後日~♪(ほんとに書けるのか?)

ともも☆さん

>いえいえ、「あの布」は女子だって驚愕!の衣装でございましたよ(笑)

ですよね~(笑)。
夜行バスの強行軍、お疲れ様です。僕なんか東京に確実にただで泊まれる場所があるんだから、甘えちゃいけないって気になります。
上のみきてぃさんもそうですが、「水の冠」が好きな女性は多いようですね。爽やかで少したくましい男の子の無邪気さを愛でる、という感じなのでしょうか(あの歌詞からは、結構スポーツマンタイプの男性像が結ばれますが)。
それでは、今度は東京で、でしょうか?

土曜日はお疲れ様でした~。
祥友飲み会も初に参加させていただき、ありがとうございました。ライブでよくお見かけする方々のお顔と名前が一致して、良かったです。

ライブ、ほんとに良い時間でした。
祥子さんの弾き語りでしっとりのライブも好きだけど、
本当はああいう、はっちゃけられるのが大好きです。

神戸・東京など遠方は参加できないので、また大阪に来てくれるのを願うばかりです。

またお会いできるときまで!

ミキニーナさん
そういえば、飲み会は初めてでしたよね。今後とも時間(というか家族)の許す限り、ご参加ください。

>本当はああいう、はっちゃけられるのが大好きです。

実は横目で、ミキニーナさんの「はじけっぷり」は拝見していました(笑)。祥子さんのブログで、今回のライブがどう書かれるのかが楽しみですね。お互いいい感触だったと思うのですが・・・。

お疲れ様でした。川瀬さんのハイタッチのご相伴に与かりました、ラッキー・以外に祥子さん力強かった。名古屋の時の倍以上。
祥子さんには今回も達成感みたいなものを感じていてくれたらなー・などと思っています。今回は皆で作り上げたライブという気がするんです。祥子さんのブログupを期待して待ちましょう。
飲み会に行けなかったのとサイン会が無かったのとリクエストコーナーが無かったのには悶々。贅沢?
次回こそは・の私でした。頂き物有り難うございました。
南の21 は行きたいのですがキツイなー・川瀬さんのレポに期待してます。

りゅうさん、おはようございます(そんな時間に起きていて、大丈夫ですか?)。

何かよく判らないうちに、ハイタッチしていただきましたね。前回のシャングリラでは、最前列の「女子部」中心で、ちょっぴり羨ましく思っていたので(笑)、今回は思い残すことはありませんheart04
リクエストがなかったのは確かに少し寂しかったですが、その分、南青山マンダラ(21日の方)でどうなるか期待しているところです。
今度は、打ち上げご一緒したいですね。

いつもこのサイト楽しく閲覧させて頂いてます。先週祥子さんのライブ初参加、故に単独でしたがそれを忘れる位熱くて素晴らしい時間でした。おぐしょこと観客との化学反応があちこちで起こってて僕もトリップしそうでした。祥子さんも感極まりそうになってた様に見えました。川瀬さん多忙なのに楽しいライブレポを有難うございました。又宜しくお願い致します。

古都のまりんさん、初めまして。コメントありがとうございます。
もう一週間経ってしまいましたが、いいライブでしたよね。祥子さんのブログでも、大阪でのこのライブは好感触のようですし。2月の神戸はどうされますか?僕は都合が合う限り行きたいと思っていますけど・・・。まあ、その前に、12月、東京のマンダラがありますが。自己満足のライブレポですが、宜しければまたご覧ください。

川瀬さん初めまして。古都のまりんと申します。直々のコメント非常に嬉しいです。2月神戸は僕も仕事と要相談ですが有休取れたらな…、と思ってます。先日僕は「Swallow」が聴けず少し残念でしたが、川瀬さんは「あたらしい愛の詩」がラストで良かったですね(羨)。又宜しくお願いします。

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/42898543

Listed below are links to weblogs that reference おぐしょこ・秋の団交@大阪Shangri-la:

« 微発酵、古酒(くーすー)入り ―zabadak&斎藤ネコ@晴れたら空に豆まいて | Main | 誕生日ゼミコンリターンズ »