« 観察映画「精神」@京都シネマ | Main | zabadak@近江八幡「酒游舘」 »

July 30, 2009

zabadak@Osaka Muse

090730_zabadak_muse_001 相変わらずのライヴレポです。今日行ってきたのは、zabadakのライヴ。4月初頭の渋谷のライヴ以来です。場所は大阪心斎橋の「Osaka Muse」。 このライヴハウス、僕は本当に久しぶりです。前に来たのが何と、19年前の1990年8月の、このzabadakのライヴなのです。大学入学で上京して初めて行ったライヴが、今は亡き日清パワーステーションでのzabadakのライブ(1990年6月)、そしてその延長のライブを追っかけて帰省したんだよなあ、と年寄りらしく感慨にふけります。
今日のメンバーは吉良知彦さん(G,V)、小峰公子さん(V,Aco)、難波弘之先生(Key)の三人編成。

090730_zabadak_muse_005 さて、僕は早めに心斎橋に着き、一応ライヴハウスの場所を押さえるために下見に行き、すんなり見つけて安心した僕は、ライヴ前に軽く腹ごしらえをすることにしました。どこか適当なところはないかな、と周辺をうろうろしたら、ある文字が目に入りました。それは「KARAKU(果楽)」。思わず目を疑ったのですが、末尾に「U」がちゃんとあります。フルーツパーラー兼カレー屋さんのようで(夜は結構お酒も飲めそうなところでした。つまみにこれだけドライフルーツの類がある店は少ないと思いますが)、この店の名前に運命を感じてしまったので(笑)、僕はこのお店に入り、タイカレーセット・ミックスジュース付きを食しました。
090730_zabadak_muse_002 食べ終わった時、まだ開場まで時間がありましたが、うろうろしていてもしょうがないと思い、およそ開場30分前にMUSEに戻り、まだ並ぶのは早いと思ってビルの一階の外で一人携帯とかをいじって時間つぶしをしていたら、ここでハプニング(事件)発生。何と、ラフなカッコをした吉良さんがお一人で登場(外で買い物でもして帰っていらしたのでしょうか?)。慌てて僕も帽子を取り「きききき吉良さん、こんにちは」と思いっきり挙動不審な挨拶をしてしまいました。吉良さんは「こいつ、何か見覚えあるかも」と思ってくださったのか、鷹揚に「あれ、まだ開場始まってないの?」とおっしゃり、僕は「ああああと30分後くらいです」とお答えしました。「こんな(ラフな)カッコでごめんね、また後で」と颯爽と吉良さんは楽屋の方に・・・。いやあ、早く来て良かった(笑)。
開場は時間通りに始まり、僕は番号が良かったので、最前列の左側に座ることができました。舞台は機材から左から難波弘之さん、吉良さん、公子さんと判りました。僕は難波さんと吉良さんのちょうど中間あたり。僕の後ろには、以前京都のRAGでのライヴで顔見知りになった方がいらしたので、一年ぶりにご挨拶。ドリンクチケットを缶ビールに替え、飲みながら周りの席の方と喋っているうちに開演です。吉良さんは足に鈴をつけ、ギターのチューニングを始めます。
以下では、セットリストを書いていきます。一応ツアー途中の「ネタバレ」要素も含みますので、ご承知おきください。

1)Prologue(『賢治の幻燈』)
吉良さんが登場したとき、片手にリコーダーを高く掲げていたので、どうしたのかな、と思ったら、この曲で吉良さんはリコーダーを!そして曲の中間では、何と吉良さんの朗読が!これにもビックリ。朗読されたのは、以下のものです。

 わたしたちは、氷砂糖をほしいくらいもたないでも、きれいにすきとおった風をたべ、桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます。
 またわたくしは、はたけや森の中で、ひどいぼろぼろのきものが、いちばんすばらしいびろうどや羅紗や、宝石いりのきものに、かわっているのをたびたび見ました。
 わたくしは、そういうきれいなたべものやきものをすきです。
 これらのわたくしのおはなしは、みんな林や野はらや鉄道線路やらで、虹や月あかりからもらってきたのです。
 ほんとうに、かしわばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかったり、十一月の山の風のなかに、ふるえながら立ったりしますと、もうどうしてもこんな気がしてしかたないのです。
 ほんとうにもう、どうしてもこんなことがあるようでしかたないということを、わたくしはそのとおり書いたまでです。
 ですから、これらのなかには、あなたのためになるところもあるでしょうし、ただそれっきりのところもあるでしょうが、わたくしには、そのみわけがよくつきません。なんのことだか、わけのわからないところもあるでしょうが、そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです。
 けれども、わたくしは、これらのちいさなものがたりの幾きれかが、おしまい、あなたのすきとおったほんとうのたべものになることを、どんなにねがうかわかりません。(注文の多い料理店・序)

公子さんは鉄琴、というかグロッケンを。このライヴでは、このグロッケンが大活躍(僕も欲しくなった)。

2)Still I'm Fine(『Signal』)
2曲目は爽やかなこの曲を。

3)星ぬ浜(『COLORS』)
おお、夏らしい、というか、沖縄だー。吉良さんはギターの前面に三線をおいて弾き、「ダブルネックです(嘘)」と言いつつ、ギターと三線両方を弾いてしまいました。公子さんはヴォーカル及びティン・ホイッスル。

4)COLORS(『COLORS』)
一転して、しっとりしたこの曲を。

5)はじめてうたったうた(『平行世界』)
これは、ライヴで映える曲だと思いました。
この曲が終わったとき、MCで吉良さんが「今回は、時々夏っぽいものが混ざります(笑)」と言い、公子さんが「次のもそうだよね?」と言って始まったのが、

6)夏至南風(『COLORS』)
でした。再び沖縄フレーヴァーの曲。この曲の後半部の盛り上がりは見事。持って行かれました。

7)線香花火(『回転劇場』)
というわけで、「夏」シリーズは続きます。でもこの曲を始める前に「あれ、これはどーゆー組み合わせだっけ?」と吉良さん。コーラスパートとかのことなのか、自分と公子さんを指さして「こうでこうだよね」難波先生も「そうそう」、我々観客から笑みがこぼれます。
この曲を終えて、吉良さん曰く「実は、今日、吉良家は車で来たんですが、凄い渋滞につかまって、時間には遅れるわ、大阪に着いても大阪の道が判らないわで、結構オタオタしてしまいました。40過ぎてここまでオタオタしたのは初めてかも(会場爆笑)」とのことでした。こうやって会場を和ませておいて、難波先生のキーボードと公子さんのグロッケンで何が始まったのかと思ったら、

8)Wonderful Life(『Wonderful Life』)
でした。いやあ、この曲、僕は本当に聴けば聴くほど好きになっていきます。のめり込むように、と言うと大袈裟かも知れませんが、そんな気持ちです。ここで前半が終了、一旦休憩に入ります。

さて、十数分の休憩の後、後半が始まりました。そして、一曲目は何と、
9)桜(『桜』)
でした。我々観客は、全身を耳にして、という感じで聞き入ります。何度聞いても、この曲は素晴らしい。昨年のソロツアーでこの曲をお一人でやろうとして、自ら「無謀な試み」とおっしゃっていた吉良さんでしたが、今回は3人。もう、陶然としてしまいました。そしてこの曲に続いて

10)樹海―umi(『平行世界』)
が演奏されたのに、僕などはビックリ。だって、「桜」と言いこの曲と言い、そんなしんどいことを立て続けに・・・と思うのが素人。やはりプロは違います。4月に渋谷で聴いたときは、この曲はまさに音の圧力で圧倒されましたが、今回は難波さんの流麗なアレンジのイントロから始まり、一瞬何が始まったのか判らなかったほどです。
この2曲の連続が、僕としては最も鳥肌ものの展開でした。
でも、終わった後にさすがに「やる度に、違う演奏になりますよね(笑)」「やはり3人では無謀」との本音が(笑)。

11)平行世界(『平行世界』)
でも、そういいつつ、またまたアゲアゲのこの曲をやっちゃうんですから、すげーよなー。で、この曲が終わって吉良さんが堪らず「告知で休もう」と提案(笑)。まずは難波先生から告知があったのですが、8月、9月の関西でのスケジュールをど忘れしたみたいで、結局「ホームページみてね」ということに・・・。吉良さんも「今度関西で、Caramalboxの「風を継ぐ者」の再演、やるんですよね、場所と期間は・・・いつどこでだっけ」とこっちもグダグダ(笑)。結局観客席から正しいインフォメーションがなされて、事なき(?)を得ました。

12)旅の途中(『平行世界』)
13)夕焼け(『平行世界』)
最新アルバムから結局3曲連続になりましたね。「旅の途中」はやっぱいいなあ。「夕焼け」も毎度の事ながら、沁みる歌ですね。

14)この空で会えるよう(『LiFE』、Japanese Version)
おお、これはレア。しかも日本語ヴァージョンです。元々この曲は「満洲」で亡くなった人たちを供養する地蔵を建立するときに作られた曲です。

15)雲の言葉(『回転劇場』)
どんどん音階が登って、こっちのテンションもゆっくり上昇させられます。

16)休まない翼(『桜』)
これ、もしかして結構久々じゃないでしょうか。ばあっと、目の前が開けていくような、そんな曲。これ、聴けて良かったあ。
この曲の後、難波さんから「実は今、タマホームのキムタクが出ているCMで、Deep Purpleの曲のオルガン弾いているのは僕です」との情報提供があり、何でもタマホームの偉いさんに、Deep Purpleの熱烈なファンがいて、彼がギターの音にダメ出しをしまくったとのこと。その難波さんのお話のBGMに吉良さんがしっかりDeep Purpleの曲をつま弾いちゃうから笑っちゃいました。
さて、ライヴもラストスパートの雰囲気に。

17)Deir Paider(『IKON』)
シャンシャン手拍子足拍子、って感じで、僕も思わず手拍子と足を踏みならしてしまいました。でも、実はこの曲「せーの」で入ろうとしたら、吉良さんが「ごめん」と細かいチューニングのやり直しを始めてストップ。公子さんもアコーディオンで「はらほれひれはれ」といった感じの音を出したので会場爆笑。

18)Tears(『Something In The Air』)
「一応、これで最後の曲です」と吉良さんが言うと、当然我々は「笑っていいとも」の客のような反応をするわけですが、「明後日また来ますから」と公子さんが言ったので爆笑(明後日は近江八幡でのライヴです)。締めはCaramalboxでもよく使われた名曲のこれ。

我々のアンコール要求の拍手で3人が戻ってきてくださり、やはり定番のこれが演奏されました。
e1)Easy Going(『Welcome To Zabadak』)
我々も総立ち。そして、よく調教訓練されている我々は、息の合った「合いの手」を入れます(毎度の事ながら、気持ちいいなあ。個人的には、この息の合い方は、矢沢永吉ファンのタオル投げに匹敵すると思っています)。吉良さんが促すので、この曲だけはみんなはじけまくり、声出しまくり。
またまた皆さん一旦引っ込んで、今度は吉良さんと公子さんだけが出てきて「ごめんなさい、一人減ってしまいました」と笑わせておいて、しっとりとした

e2)遠い音楽(『宇宙のラジヲ』)
で本当のラストでした。

なんだかんだで、しっかり2時間半ほど。平日、ということもあって、みんな足早に帰ってしまい、会場は急激に寂しくなりました。僕もアンケートを出してそのまま帰宅しました。ちょっとお酒が飲めなかったのは残念でしたが、仕方ありませんね(このブログ書きながら一人で泡盛飲んでますが)。
とにかく、明後日もあるのかと思うと、自然と顔がにやけてしまいます(今日お会いして喋った皆さんもほとんど明後日再会することでしょう)。この興奮は、まだ続く・・・。

|

« 観察映画「精神」@京都シネマ | Main | zabadak@近江八幡「酒游舘」 »

Comments

レポありがとうございます!!

実は……「旅の途中」まで、会場におりましたhappy02
最終の新幹線に乗るために泣く泣く退席しました。
前日に切符揃えて行ったため会場着もギリギリで、
ご挨拶もせずに失礼しました。

私としては、「Prologue」聴けただけでもう御の字なのですが、
あの後どうなったのかな〜と、ヤキモキしてました。
難波さんの参加で、いろんなところが豪華になってましたよね。
最後まで観られなかったのは残念です。

明日の近江八幡ではお会いできるとよいのですが。
そのときはよろしくおねがいします。

Posted by: chiyo | July 31, 2009 at 09:04 PM

仙台ライブの余韻も冷めないうちに、こんなライブレポを読まされたんでは、もう、悔しくて仕方がないですよ!

休まない翼聴きたい!
吉良さんの朗読聴きたい!
この、序文、大好きなんですよ私。
吉良さんの声で…なんて、そんな美味しすぎる!

しかし、ライブ前の目撃情報多いですよねえ、吉良さん。
そんな出歩いて大丈夫なのでしょうか。
でも、うらやましいハプニングだなあ。

Posted by: かるてーか | July 31, 2009 at 09:41 PM

chiyoさん、えー、会場にいらしたんですか?気づかなかった・・・。でも途中退席なんて、なんてmottainai!!明日は最後までいらっしゃいますよね。僕も実は近江八幡で降りるのは初めてで、ちょっと早めに行って観光しようと思っています。ではまた明日!

かるてーかさん、いやあ、僕の方からすれば、郡山と仙台では悔しい思い、しましたからねえ(笑)。

>しかし、ライブ前の目撃情報多いですよねえ、吉良さん。

そうなんですか。ちょうどそこには僕の他のファンの方もおらず、完全にマンツーマンで会話してしまいました。舞台に登場した吉良さんを見て「おお、変身した」とちょっぴり思ったのは内緒です(って書いちゃうけど)。

Posted by: 川瀬 | August 01, 2009 at 12:10 AM

大阪は残念ながら仕事の休みが取れませんでした~。
難波さん観たかったです。

リベンジは近江八幡で!
顔を見かけたら声をかけて下さいね!

Posted by: うしろだ | August 01, 2009 at 12:41 AM

うしろださん、こんばんは。
やはり平日でしたからねえ・・・。開演前も、集まりが悪いな、と思ったくらいでしたし(始まる直前にはさすがに席は埋まっていましたが)。「ザバ歌関西」の皆さんもこのライヴ、チラホラいらっしゃっていましたよ(お話ししたのはM上さんとS方さんですが)。
では、明日近江八幡でお目にかかりたいと思います。

Posted by: 川瀬 | August 01, 2009 at 01:13 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/45683729

Listed below are links to weblogs that reference zabadak@Osaka Muse:

» ZABADAKライブ日記 仙台MACANAライブ その3 通しではその7 〜... [午後のお茶にはフェンネル入りのホットビスケット]
夏続き、次は「線香花火」線香花火の最後の赤い玉が足の上に落ちると貫通する。と名古屋では言われていたそうで。「誰か試してみてください。」って、誰も試しませんよ、絶対。冷房がかなりきつい中(どうやらエアコン一台で会場全部を涼しくするようになっていたので、吹...... [Read More]

Tracked on July 31, 2009 at 09:46 PM

« 観察映画「精神」@京都シネマ | Main | zabadak@近江八幡「酒游舘」 »