Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« zabadak@近江八幡「酒游舘」 | Main | 鈴木祥子@Billboard Live Tokyo »

August 07, 2009

鈴木祥子「無言歌Romances sans Paroles」@渋谷UPLINK

090807_gundam_shoko_009 今日から、僕はちょっとした「夏休み」。今回上京したのは、鈴木祥子さんのドキュメントフィルム「無言歌Romances sans Paroles」が渋谷のUPLINKでレイトショー上演されていて、日によっては祥子さんのミニライヴやトークショーがあり、なかなか身動きが取れなくてやきもきしていたのですが、ようやく休みとなり、千秋楽の今日だけは参加することができたのでした。
ただ、レイトショーということで昼間は時間がありますので、鈴木祥子さんのライヴでよくご一緒しているみなさんと計4名でお台場に設置されている「実物大ガンダム」を見てから会場に向かおうということになりました。この「お台場ガンダム」は、さすがに夏休みだけあって、お子さん連れや、我々のようなアラフォー及びアラサー世代も加わり、人波がすごい。木陰に見える機体に向かって駆け足で駆けより、写真を撮りまくります。妙にテンションあがっちゃいましたね。ここまでの大きさになると、もはや大仏とかと同じように「拝みたくなる対象」に。でもすでに会場限定のグッズも売り切れていたので、写真を撮りまくり、その周りを一周して堪能した我々は、そのまま「りんかい線」に乗って、今日の本来の目的地である渋谷に向かいました。
090807_gundam_shoko_023 レイトショーとは言え、開場1時間前に整理券を配り始めるイヴェントでしたので、それよりも早めに渋谷に着いておかねば、と思ったのです。りんかい線で乗り換えなしで渋谷に到着。まだ時間があるということで、軽くおなかに入れようと東急本店近くのカフェでケーキセットなどを食していると、突然集中豪雨が!!「バケツをひっくり返したような」という常套句がぴったりな凄さ。しばらく閉じ込められましたが、小雨になってきたときに店を出て、整理券をもらうための列に加わることにします。早めに行ったおかげで、列の先の方に並ぶことはできたのですが、雨上がりの湿気がものすごい!UPLINKの狭い廊下に延々と並ぶ我々。噴き出す汗。結局汗だくになりながら1時間弱ならんで、整理券をゲット。まだ上映まで一時間弱あるので、行列で汗をかいた我々はたまらず、1階にあるレストランで生ビールなどで乾杯。ひとここちついて、改めて開場前に戻り、開場時間となりました。今日はこれまでと違い、映画上映の後にミニライヴ、というスケジュール(昨日までは逆で、カッチリ時間が決まっていたそうです。どっちにせよ、僕は行けなかったわけですが)。

さて、映画本編が始まりました。僕は最前列に座っていたのですが、このフィルムはSANYOのXACTIで祥子さんがセルフ撮りをしている場面が多く、細かい「揺れ」がどうしてもあるので、結構目が疲れちゃいました(笑)。
で、内容ですが、これがまとめるのが難しい。というのも、ストーリーはある意味あってなきがごとしだからです。祥子さんの「自分語り」と、コンサートのリハーサル光景、亡くなったお父さん(写真を初めて拝見しましたが、似ているなあ、と思いました)ゆかりの地を訪ね歩く祥子さんの映像、ライヴ映像が細切れに配置されていて、ある結論に向かって収斂されていくような、一貫したストーリーを持つ性質のものではなかったからです。もしかしたら、地方で公開、もしくはDVD化された暁に未見の方は見ていただくということで、あえてこの映画で語られた祥子さんの言葉の断片を載せることは避けたいと思います。
でも評論家っぽく少しだけ言及するとすれば、これはまさしく「鈴木祥子」というアーティストそのものの記録であり、このような映像ができるのは、祥子さんのパーソナリティに負うところが大だ、ということです。というのは、この映画の大半は、祥子さんが自宅などで「音楽」「女であること」「父」などについて思うところを述べている、という映像なのですが、彼女が率直すぎるほどに語ってしまっているので(性格的に、そういう人だとは長年ファンをやっている僕にも想像がつきますが)、どのように編集しようが(編集に苦労なさったはずの井上監督には申し訳ないですけど)、それ以上のものにも、それ以下のものにもなりようがないのです。これは、例えば同じ「ドキュメント」と言ってもウソをつきまくる人を撮ろうとした原一男監督の「全身小説家」と比較すれば一目瞭然だと思います(この映画は「うそつきみっちゃん」と呼ばれた井上光晴を主人公に据えたドキュメントの傑作です)。

090807_gundam_shoko_021 さて、映画本編が終わり、いよいよ千秋楽のミニライヴの始まりです。祥子さんは真っ白のノースリーブのロングドレス。映画を観た直後にご本人を観たせいかもしれませんが、特に今日の祥子さんは僕の眼には凄絶な美しさに見えました。祥子さんは登場して開口一番「この2週間、私は幸せでした(笑)」。いや、この2週間、ミニライヴのある日を通い詰めた友人(あえて名を秘す)も十分すぎるほど幸せだったと思います(笑)。ミニライヴは毎日テーマを換えて行われてきたのですが、千秋楽の今日は「迷いの30代を振り返るDAY」といテーマ。
「30代の時、『Candy Apple Red』『私小説』『あたらしい愛の詩』『Love, painful love』というようなアルバムを作ったのですが、今日はそのあたりからやりたいと思います」とおっしゃり、以下の曲からスタートです(Gはエレキギター、Wはウーリッツァー)。

1)苦しい恋
(G、『Candy Apple Red』)
これを荒々しいギターで奏でる、なんていうのはレアでは?ディストーション気味の音。これを歌い終わった後祥子さんは「女の人は30代でひどい目にあった方がいいと思います(笑)」などといって、映画本編に負けず劣らずの問題発言。

2)破局(G、『あたらしい愛の詩』)
これはレア、というか「ライヴでやるのは初めて」とのこと。で、一番驚いたのは、この曲のタイトルを決める時、たまたま当時の芸能ニュースで話題になっていた「羽賀研二・梅宮アンナ破局」というところからつけたということ。えー、祥子さん、そんなのがきっかけだったんですか?(笑)

3)この愛を(G、『あたらしい愛の詩』)
祥子さんは「最近は何かギターをかき鳴らしたいモードに入っている」ので、最初の3曲は立て続けにギターで弾いたとのこと。

4)恋人たちの月(W、『あたしの旅路』)
「自分でも気に入っている曲なんですが、ドラマのタイアップの曲をアルバムに入れたせいで、この曲がアルバムから押し出される形になって、ベスト盤にしか入っていません」とのこと。

5)いつかまた逢う日まで (W、『あたらしい愛の詩』)
2曲連続、ウーリッツアーでロマンティックモード。

6)Gimmie Some Life (G、『Love, painful love』)
祥子さん曰く「元々アルバムでは一人多重録音をして、この曲はギターを除いて、ドラム、ベース、ピアノだけでロックっぽさを出そうという試み、まあ、若気の至りですが(笑)、でも今日はエレキギターで弾いている私(会場爆笑)」

7)忘却 (G、『鈴木祥子』)
リクエストに応えて。

8)そしてなお永遠に (G、『私小説』)
やっぱ、ドラマティックな曲だよなあ、これ。
いったんここで祥子さんは退場しますが、我々はもちろんアンコールを促す拍手・手拍子。すぐに踵を返して戻る祥子さん。

e1)道 (W、『鈴木祥子』)
これもリクエスト。今日のリクエストはともに女性の声。にしても、暗い曲を(笑)。この曲の時、ウーリッツァーがちょっと音程が狂って、祥子さんは無理やりいろいろ運指を工夫してやりきってしまいました。すごい。

e2)I'LL GET WHAT I WANT 超・強気な女 (W、『Romance Sans Paroles』)
これまたリクエスト(これだけ男性)。祥子さんも「そうね、明るくこの曲で終わりましょうか(笑)」。予告通り、明るくこの曲で終了。
レイトショーの後のこの「大盤振る舞い」でしたので、終わった時間は11時をとうに超えていました。慌ててグッズ(ポストカード数枚)を買った後、渋谷駅に戻り、遠征している人の宿舎近くということで、新宿で途中下車して、7名で軽く(?)飲み会。当然のように終電を逃し、タクシーで午前様。会場で会った皆さま、どうもありがとうございました。今度は9月の「Billboard Tokyo」で何人かの方とはお会いすることになるでしょう。その時はまたよろしくお願いします。

« zabadak@近江八幡「酒游舘」 | Main | 鈴木祥子@Billboard Live Tokyo »

映画・テレビ」カテゴリの記事

鈴木祥子」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

千秋楽はやはりの大盤振る舞いでしたか。
出来る事ならこちらに参加したかったです。

私はやはりこの辺りの作品に強烈に惹かれます。

遠征お疲れ様でした。次々回はご一緒しましょう。


りゅうさん、今回はご一緒できなくて残念でした。祥子さんも千秋楽ということで、ライヴを映画の後にやってくださり、僕は一回こっきりでしたが充分過ぎるほど美味しい思いをしました。
映画、関西でやるときはまた行っちゃうだろうな…。

こちらには初めて書き込みます。
金曜日にはお会い出来て嬉しかったです。
以前からこのブログ愛読してましたので。

ライブの後の呑み会もお付き合いしたかったんですが
終電を逃しちゃうので今回は見送りました。
9月のビルボードは1回目に行く予定です。
もし、お会い出来たらそのときにでも。

また、遊びに伺わせていただきますね~。

ながわさま、コメントありがとうございます。
僕もながわさんのブログは以前からこっそり拝見しておりましたので、お会いできて嬉しかったです。

映画は、ながわさんがおっしゃるように「重かった」ですよね~(笑)。でも、僕が思うに、祥子さんの「暗さ」って、根本的な部分で「根」がしっかりしているから大丈夫に見える「暗さ」なんですよね。「暗さ」を貫き通せるのは、一種の「強さ」というか「明るさ(楽天性)」があるからだと思います。

あの晩、僕も迷ったのですが、僕も終電逃すのを覚悟の上で飲み会に参加して、帰宅いたしました(一部は完徹した猛者もいたようです)。
僕もビルボードの一回目を取っております。その時にまたお会いしましょう。
それではまた。

遠征、お疲れさまでした。
ガンダム、でかいですね~。拝んでしまいそうです(笑)

祥子さんのミニライブ、私もこのあたりの曲が好きなんで
聴きたかったです…。
関西での映画の上映、あるのかなあ…。
今日、やっとサントラ買いました。
ちゃんと、新しい曲も聴けてうれしかったです。

みたかさん、コメントありがとうございます。いや、本当に拝みたくなりますよ(オガンダム、という大昔に流行ったダジャレまで思い出しちゃうほど)。

この30代のアルバムは、コアな祥子サンファンはみんな好きでしょうね(逆に「踏み絵的」ともいうべきでしょうか)。
関西でも上映はどうもある模様ですので、その時またご一緒できれば、と思います。ではでは。

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/45868964

Listed below are links to weblogs that reference 鈴木祥子「無言歌Romances sans Paroles」@渋谷UPLINK:

« zabadak@近江八幡「酒游舘」 | Main | 鈴木祥子@Billboard Live Tokyo »