Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ギターと鈴と譜面台と私2010@RAG | Main | zabadak「私の罪は三千年」@郡上八幡照明寺 »

July 20, 2010

ギターと鈴と譜面台と私2010@アポロシアター

Rimg0582 昨日の興奮も覚めやらぬ中、今日も夕方ダッシュで名古屋に向かい(新幹線だと近いものです)、またまたzabadakのライブに行って(追っかけて)しまいました。今日の会場は、新栄町の「アポロシアター」。僕は初めてです。ホテルにチェックインして、すぐに会場に向かいます(極力近いところを取りました)。今回も整理番号が良かったので、遅刻するわけにはいかなかったのです。平日の夕方ですから、最初はお客さんの集まりが悪いかな、と思いましたが、始まる直前にはほぼ入っていましたね。
それではここからはいつものように、セットリストに簡単に感想を挟んでいきたいと思います。

1)樹海
ええ、今度はこれを初っぱなに持ってきますか!!一気にzabadakワールドに引き込まれますね。
2)一番好きな時間
冒頭、この二曲を挨拶無しで一気に演奏。「こんばんは。こんな酷暑の中、よくおいでくださいました」
3)Still I'm fine
冒頭三曲はサビでけっこう盛り上げていくのが続きましたね。
4)夏日記
ちょっとクールダウンという意味合いもあったのでしょうか。「名古屋の暑さには全く似合いませんね、この曲(笑)」
5)旅の途中
おお、今日にやってくれました。キーが高くて大変そう。この前、授業でも「皆さんの中にも『狼と香辛料』というラノベを原作としたアニメを見た人がいるかもしれませんが・・・」と振ったら、何人か含み笑いしてやがったな、そういえば(笑)。
6)マーブルスカイ
このあたり、観客の我々が静かに聞き入るものですから吉良さんが「(この沈黙に)耐えられん(笑)。皆さん、もっとしゃべって良いですよ。私語とかも。あと、歌える人、ハモれる人は遠慮なさらず参加してください。一人は寂しいので(会場爆笑)。隣の人がうるさいとか、そういうことは思わないことにして」とおっしゃるので、これでご本人の許可が得られたと我々は理解し、この曲以降、声を出す人は出していましたね。まあ、昨日の関西人の図々しさには敵いませんが(笑)。僕も主に「口笛」でこの曲参加。
7)おかえり(新曲
これは、前回の南青山でやったものですね。「参加してくれといっておいて、いきなり参加できない曲をやる俺って(会場爆笑)。予知能力のある人は、参加してください(再び爆笑)」と吉良さん。この曲はしっとりした曲ですよね。アルバム収録の際はどのようなアレンジが為されるのでしょうか。
8)ひと(新曲)
これも南青山での「ギタ鈴」でお披露目したやつですね。吉良さん曰く「今度のアルバムは、今までもそうだったんですが、この曲を含めて人の生き死にに関するテーマのが多い予定」なのだそうです。実は先日、僕は自分の授業で「Wonderful Life」をかけ、学生の皆さんに死生観や霊魂感を考えてもらう授業をしたばかりなんですよね(自己満足と「布教」の意図もありますが、この曲はそういうことを考えさせる本当の名曲です)。
9)かえりみち
今回は、わざと「ため」を作るアレンジでしたね。
10)休まない翼
この曲の途中「ああ、チューニングがやばいっ!」。でもちゃんと弾ききりました。昨日も聴いたけど、僕は好きな曲なので何度でもOK。
11)Colors
これは久々だなあ。この曲が終わり「弦も錆びてきたようです。短いつきあいだったなあ。では、ここで弦の張り替えの休憩を取らせてもらいます」と、ここで前半戦終了。

12)The Sage(ELPカヴァー)
13)?(Led Zeppelinカヴァー)
昨日同様、吉良さんは後半戦初っぱな、プログレのカヴァーを持ってきました。1曲目は昨日と同じものでしたが、そこからつなげて演奏されたツェッペリンの曲名はよくわからなかったです。情報求む。吉良さんは「最近の若い人はプログレを聴かない。僕が高校生のときはけっこうみんな聴いていたんだけどな」という話をされて、僕の真後ろに座っていた吉良さんの元同級生とおぼしき方がその通り、という感じで盛り上がっておりました(笑)。そういえば、僕も実はあんまり聴いてないんだよなあ。今手元にあるのはKing Crimsonくらいかな。   
14)遠い音楽
「ではここからzabadakに戻ります」と言って始められたのが、定番のこの曲でしたが、この曲を終えて僕らが拍手しようとしたら、それを制するかのように続けて演奏されたのが
15)水の踊り
だったので、この曲がものすごく好きな僕は超感動。今日の一番のヒット(個人的に)。「Follow Your Dream」のシングル盤で何回聴いたことか。ライブヴァージョンの「歌詞が少しイヤらしい(上野さん談)」の方も愛していますが、今日は完全インスト。上野さんの声に当たる部分の一部はハーモニクスで表現されていたりして、これまた感動。思わず吉良さんを拝んでしまいました。
16)宇宙のラジヲ
京都でリクエストがあったのですが、それはスルーして、直前にちょっと練習なさったとのこと(笑)。
17)駆け抜ける風のように
実は客席からのリクエストで、Caramel Boxの劇伴の「Truth」が挙がっていたのですが「あれ俺の曲じゃないし、歌詞もないから、代わりにこれで」ということで。
この曲で意気が上がったのか、吉良さんは昼間の散策についてMC。何と吉良さんは昼間、京都の貴船の方に遊びに行って、川床などをぶらぶら冷やかしていたそうです。「でも、一人で鮎食ってもうまいわけないから、入らなかったけど」「貴船は蝶の宝庫。それでヒサマツミドリシジミという珍しい蝶がいるかも、と期待していったんですが、この暑さじゃ蝶も飛ばんわ(笑)。暑さと急勾配を見て100メートルも行かないうちに引き返しました」とのこと。けっこうお昼、余裕あったんですね・・・。ていうか、元気すぎ。ミュージシャンの体力はすごいなあ、と感動。
18)夕焼け
しんみりと聞かせます。でも歌い終わったとたん「こういう曲、楽だなー(会場爆笑)」
19)約束のうた
「旅の途中」のB面(最近はそういう言い方をしないですが)。「自分でもけっこう好きな曲なので。バンドの時はだいたい小峰公子さんが歌うんですけど、今回は自分で」
20)人形たちの永い午睡
アルバムではロマンティシズムが前面に出ているような気がするのですが、ライブではいつもこの曲、ロックですよね。
21)夢を見る方法
客席からのリクエストでもありましたが、吉良さん自身も終盤にかけてやるつもりが最初からあったような感じでした。「これとこれとこれで終わろう」と独りごちて始められました。我々の手拍子なども最高潮。
22)ブランシェ
やったー、またまたやってくれましたここも、途中の変拍子、最初はちょっとずれちゃいましたが、二度目からはみんなで手拍子が合わさりました(さすが、調教済みのファンばかりw)。でも、このメロディラインをギター一本でやっちゃう技量に、改めて恐れ入りました。やっぱすごすぎ。
23)Easy Going
本編ラストは、これまた定番ですが、前の二曲から、もう手拍子が止まりません(笑)。僕なんかはちょうど着ていたzabadakのTシャツにプリントされているこの曲の歌詞を読んじゃったりしました(笑)。この曲で大盛り上がりで終了。
一旦舞台袖に引っ込んだ吉良さんをすぐにアンコール要求の拍手で連れ戻し、アンコールは昨日同様
24)Mather
でしっとりと締め。
終わった後、平日の夜のせいか、みんな一気に帰ってしまい、アンケートをだらだら書いていたら、最後の4,5人になってしまい、すごすごと退場(ちょっと吉良さんにお声をかけたかったのですが、敵いませんでした)。
僕と、東京から遠征なさったCさんは昨日、今日と両方見たのですが(他にもいらっしゃったかもしれませんが)、「両日ともよかったね」と言い合って駅でお別れしました。いやあ、堪能した。明日から、また日常に戻るのがつらい(笑)。

« ギターと鈴と譜面台と私2010@RAG | Main | zabadak「私の罪は三千年」@郡上八幡照明寺 »

zabadak」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

ライブレポありがとうございます!

聴きたい曲ばっかりでちょっとくやしい。

郡山と盛岡では何を歌ってくれるのかしら。

今度は東北もいらっしゃいませ。

かるさん、コメントどうもです。

>聴きたい曲ばっかりでちょっとくやしい。

大丈夫、東北でもやってくださいますって。最近は僕もますます貪欲になりつつあり、「定番以外のは、今日は何やってくれるんだろうか」という期待をもってライブに臨んでしまいます。それで、この名古屋での一番のツボが「水の踊り」だったわけです。
盛岡、行きたかったなあ。翌日の授業さえなければ・・・。

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/48922484

Listed below are links to weblogs that reference ギターと鈴と譜面台と私2010@アポロシアター:

« ギターと鈴と譜面台と私2010@RAG | Main | zabadak「私の罪は三千年」@郡上八幡照明寺 »