« 鈴木祥子&カーネーション@Billboard Tokyo | Main | はなむけの言葉 »

March 04, 2011

上野洋子@旧立誠小学校

今日は、仕事の後、いそいそと木屋町に行き、ライブを見てきました。今日のライブは、タイトルの通り、上野洋子さんのライブでした。まず、洋子さんが京都に来てくれること自体レアですので、これは這ってでも行こうと、このライブのインフォメーションを聞いた途端、メール予約してしまいました。僕が洋子さんを京都で見るのは二回目です。一回目は、難波弘之先生のサポートメンバーとしていらしたとき(このライブも素晴らしかったです)。ついでに言うと、この廃校になった小学校でのライブも二度目で、一回目は鈴木祥子さんのライブでした。今回のライブと、以前の祥子さんのライブをともに企画したのが「P-hour」というイヴェンターです。概要は以下のような感じでした。

P-hour presents "with piano III" トウヤマタケオ・上野洋子
2011年3月4日fri.18:00open 18:30start
トウヤマタケオ・上野洋子(asterisk、Marsh-Mallow)
会場:元・立誠小学校

今回はまず最初に洋子さんのソロライブ、その後トウヤマさんというピアニストのライブという二部構成でした。では、洋子さんのライブを中心に、憶えていることをメモっていきたいと思います。

まず会場ですが、元小学校ということで、色んな部屋を改造してイヴェント会場にしているわけですが、今回は何と「職員室」!。そこにグランドピアノが一台ドンと置いてあり、あとは洋子さんが使うマック一台。足下にはエフェクターなどが置いてありましたが、いつもの洋子さんに比べれば、シンプルきわまりない舞台装置。予定時間より少し遅れてライブはスタート。洋子さんは黒いセーター、グレーのロングスカートという出で立ち。場所が場所ですし、脇に譜面を挟んでしずしずと登場する様は、まるで音楽の先生みたいでした。

1)曲名不明
洋子さんのスキャットと、それにマックによるナレーションをかぶせる、という手法の曲。最初、マックが上手く作動せず、「しばしお待ちを」といった洋子さんが可愛かったですw。
2)雨が降ってる
アルバム『自然現象』所収の曲。これを洋子さんはをシーケンサーを使い、その場で自分の声を録音して「一人輪唱」という技を。やっぱ凄い。
ここで最初のMCは大体こんな感じでした。
「実は、ピアノの弾き語りは30年ぶりくらいかも知れません(笑)。」
「今回のイヴェントでは、ピアノを弾いて何かしろ、というリクエストだったのですが、普通にピアノを弾くのではなく、ピアノで変なことをしようと思っています」
「実は私、ピアノが苦手なんです」
などと、相変わらずの洋子さん節でしたが、確かにこれ以降、どんどん変なことをする「上野洋子実験工房」の様相を呈していったのでした・・・(ちなみに、洋子さんは30年ぶりとか大げさなことを行ってらっしゃいますが、僕の記憶では、昔zabadak時代に「歩きたくなる径」という曲でピアノソロ弾き語りをしたと思います。ちょっと自信がないですが。ともかく、一人でピアノ弾き語りが超レアなのは間違いありません)。
3)庭の千草
これはまさに実験的なやり方。何か小さな箱のような機材をグランドピアノのワイヤーの上に置いて「ブワーン」と音を反響させ、歌うというもの。あの機材、何だか判りませんでした。小さな洋子さんはグランドピアノの中に「よいしょ」という感じで手を伸ばし、その謎の箱を置いてそれを動かしながら歌っていました。「今日はいい悪いは別にして、変なものを見たと自慢できるコンサートにしたいと思います」というのが洋子さんの弁。さすがすぎるw。
4)hyakunincho2:48p.m.
『Tokyo Humming』所収。これはピアノとマックで。この曲は元々迫力がありますが、非常に鬼気迫る演奏と歌で、曲が終わった後、我々観客が拍手をしそびれたほど。洋子さんも別に拍手を要求するでもなく、淡々と次の曲にそのまま進行してしまいました。
5)「つ」の歌
これもピアノとマックで。最初「釣りをしよう~♪」と歌い出したので、ビックリ。洋子さん、そんな趣味があったんかいな、と思って。歌い終わったあと「‘つ’の付く言葉をたくさん入れてみました」と聞いて笑いましたが。
6)Mozart Piano Sonata K331~トルコ行進曲
で、次は何とクラシックからインスパイアされた曲ということで、モーツアルト!グレン・グールドの演奏をマックに取り込んで、それを利用したものでした。洋子さん曰く「グレン・グールドは、なぜか私が好きなミュージシャンで好きな人が多い(ので使ってみた)」「クラシックを使いながら、それを冒涜するようなことをしちゃいました(笑)」と前振りがあったのですが、確かにこの曲は凄かった。まず最初はグールドの演奏に寄り添うように洋子さんがピアノで「合いの手」を入れるという感じだったのですが、ソナタから、かの有名な「トルコ行進曲」にいつの間にかスライドすると、それをBGMにしながら、みんな知っている歌の歌詞を乗せてしまう暴挙に(笑)。まず「ドナドナ」、「ひな祭り」そして「ヘイ・ジュード」。コードの関係で乗せやすかったのかも知れませんが、しれっとした顔で歌い続ける洋子さんの顔をあんぐり見ちゃいました。

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|  あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|  『おれはトルコ行進曲を聴いていたと思ったら
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ   いつのまにかドナドナやひな祭りや
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |       ヘイ・ジュードを聞いていた』
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人  な…何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ おれも 何をされたのか わからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ      頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \   催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ  そんなチャチなもんじゃあ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }   断じてねえ

もっと恐ろしい洋子さんの才能の片鱗を味わったぜ…

 
7)宇治抹茶ババロアの歌(新曲、京都限定)
ここら辺になると、「さて、次なる出し物は」と自分でいってしまう洋子さん(笑)。「京都に行く、ということになって、新曲を作っちゃいました」といって、こんな曲を。これまたしれっとした顔で歌い続けるので、突っ込んでいいものやら。えー、どういう曲かといわれると説明に困るのですが「宇治抹茶のババロア」「うじうじせずに食べればいいのよ」という感じの曲でした(笑)。
8)月ぬ美(かい)しゃ
ある人によると、どうもこの曲だったようです。僕は詳しくないので、とりあえず信用しますが、ともかく沖縄民謡だったことは確か。でも、この曲は圧巻でした。座ったまま、天井まで突き抜ける洋子さんの声。そうそう、この声を聞きに、僕は来たんだ!この曲が今日のライブで、「ヴォイスパフォーマー」としての洋子さんのベストテイクだったと思います。でも、一番驚いたのが、この曲が終わった後の台詞でした。「実は、このごろライブの前になると、お腹が痛くなることもあって、お薬を飲むときがあるんですよねー」。ええっ、僕のイメージだと、洋子さんは準備とかも冷静沈着にこなしていそうなのに・・・。あと「こんな事もしてやれ、という感じで企画を立てすぎて、疲れて企画倒れになったのも多い」って、そんな(笑)。「もっと楽な方向にしないといけませんね」その通りです、洋子さん!
9)椎葉の春節(アンビエントヴァージョン)
最後に、この曲の捻ったヴァージョンを持ってくるところが洋子さんらしいと言えば言えるのでしょうか。これも最初にピアノの音や声をサンプリングして、それをバックに朗々とマイクなしで歌い上げました。洋子さんのソロライブはこれにて終了。ファンとしてはもっとととねだりしたいところですが、濃密な1時間あまりでした。にしても、素直な弾き語りがほとんどなく、何らかのひねりを加えている洋子さん。やはり彼女の本質は「パンク」なんだと改めて実感しました。

次に休憩のあと、ピアニストのトウヤマタケオさんのソロライブ。洋子さんが褒めてらっしゃるように、なかなかかっこいい曲を書き、弾く人だと素直に思いました(物販で一枚CD買っちゃいました)。今ちょっと調べたら、Ego-Wrappin'のレコーディングとかにも参加してらっしゃるんですね。じゃあ、一応聞いたことはあるんだな・・・。トウヤマさんもシャイな方のようで、MCはほとんどなしで、ぐいぐい曲を弾きまくり、1時間ほどでフィニッシュへ。
アンコールはお二人で二曲ほど(ともにトウヤマさんの曲)。
淡々とした流れでしたが、何よりも京都の地で洋子さんが歌ってくれただけでも、僕のようなファンは満足です。どんなことをされても喜んじゃうマゾなファンですのでw。また、関西も来てほしいな、とファン仲間と語らいながら帰りました。

|

« 鈴木祥子&カーネーション@Billboard Tokyo | Main | はなむけの言葉 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/51033966

Listed below are links to weblogs that reference 上野洋子@旧立誠小学校:

« 鈴木祥子&カーネーション@Billboard Tokyo | Main | はなむけの言葉 »