Recent Trackbacks

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« zabadak「ひと」ツアー@神戸チキン・ジョージ | Main

May 03, 2011

新居昭乃@Umeda Akaso

存在を知ったのはもう25年も前、そして聞き込み始めたのは10年ほど前からになりますが、ようやく初めて、新居昭乃さんのライブに行くことができました。本当は京都のRAGでのライブに行きたかったのですが抽選で外れて、大阪の、旧バナナホールの「AKASO」に。改装後のこのホールは初めて。開場は4時でしたが、雨がぱらついてきたので、慌てて中に入り、早速物販で色々買い込んじゃいました(今まで買っていなかったアニメの主題歌のシングル盤など)。
今回のツアーは「新居昭乃弾き語りLive Tour 2011 Little Piano」と題されたもので、何と全国で12カ所ほどを回るという、かつての「全くライブしないので幻だった」昭乃さんを知っている人には驚きなのではないでしょうか?(僕もそれで、いつもチケット取り損ねていた)
というわけで、僕が確認できたセットリストを以下に書き記しますが(よく判らないのもあったので、あとで検索&確認します)、まだツアーは続いていますので、他会場で白紙状態で見たい、という方はスルーしてください。

まず、開場のバックのスクリーン上に「Little Piano; Music and rhythm find their way into the secret place of the soul」と写されており、このあともスクリーンは様々な映像(アンビエントな万華鏡みたいなのが多かったが)を映し大活躍。ツアータイトル通り、ステー ジ上はグランドピアノと、ギターが一本というシンプルさ。ほぼ時間通りに、白いベールをつけ、白いドレスという昭乃さんが登場。佇まいからして、おお、と いう声が漏れそうになる。

1.inori(震災後、急遽昭乃さんが発表した曲だったと思います。YouTubeに上がっているはず)
2.Voices
この曲で一気に昭乃さんワールドに連れて行かれましたね。この曲が終わって、最初のMC。「連休の中日にわざわざ来ていただいてありがとうございます。こ のライブのせいで遠出できなかった人もいるかも知れませんが、最後まで一生懸命歌いますのでよろしくお願いします」などと、異常に丁寧なご挨拶をされる昭乃さん。こっちが恐縮します。基本的に、淡々とピアノの弾き語りでぐいぐい進んでいきました。
3.ハローハロー
4.星の雨
5.Siva―佇む人―
6.Trance, Transistor Table Radio
7.バニラ(これはギターで)
8.風と鳥と空―reincarnation―
9.音叉
10.ハヤブサ
11.美しい星
多分歌ってくれるとは思っていたけど、これがもう圧巻。震えが来るほど感動。
12.wanna be an angel
13.鉱石ラジオ
昭乃さんが「皆さんも歌って」と煽り、みんな手拍子(その手拍子が速かった!)。
14.砂の岸辺
15.虹
手嶌葵に提供した曲、かな。ここで一旦本編は終了。以下はアンコールです。

まず、様々な物販グッズを持って来て再登場した昭乃さん。その紹介振りが、マジで可愛かった・・・。年齢不詳とか、そういうのを吹っ飛ばして、佇まいが可 愛いんだよね。「大阪の皆さんの財布のヒモは固いのは知っていますが(会場爆笑)」とかいわれたら、意地でも色々買わなきゃ、と思っちゃいますよね。で、 グッズの紹介のあとは、何とリクエスト大会。まさかこんな事を昭乃さんがやるなんて、想像もしていなかったのでビックリした。会場のあちこちから声が飛ぶ が、みんなマニア過ぎて、僕も曲名、3分の1くらいしか付いていけませんでした(笑)。で、勝ち抜いたのは以下の曲。
e1.叶えて
e2.At Eden
昭乃さんが「At Eden、ギターとピアノ、どっちがいい?」というと会場から両方の声が乱れ飛んだのですが「ギターだとボロボロになるだろうな(笑)。で、どっちがいい?(会場爆笑)」ということで、無難にピアノで。
e3.人間の子供
e4.花かんむり
e5.虹色の惑星
これは歌詞がスクリーンに出て、合唱(といっても、難しい曲ですよ、これ!)。
e6.Happiness is here(昭乃さんがタンバリンを持って歌ってくれました。どうもこの曲名らしいです)。

これにてライブは終了。初めての昭乃さんライブですが、もの凄く感動してしまいました。大ホールよりも、これくらいのハコでやってくださると、嬉しいです。本当、彼女の声はまた素晴らしいものがありますね。早い時間にスタートしたので、会場の外に出ると、また「夜はこれから」という感じで、現実感が一瞬失われフワフワしながら帰路に就きました。

« zabadak「ひと」ツアー@神戸チキン・ジョージ | Main

音楽」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34862/51571403

Listed below are links to weblogs that reference 新居昭乃@Umeda Akaso:

« zabadak「ひと」ツアー@神戸チキン・ジョージ | Main